レアル・マドリード

中村俊輔、レアル移籍破談の噂の真相・・・


フットボールチャンネルの次世代サッカー情報番組『F.Chan TV』。第33回に、元サッカー日本代表通訳のフローラン・ダバディ氏がゲストとして登場した。
昨季、激戦のヨーロッパCLを制してクラブW杯に出場するため来日している“銀河系軍団”レアル・マドリーは、言わずと知れた超ビッグクラブ。番組では、チームにまつわる5つのトピックを挙げ、同チームを特集した。
中でも注目を集めたのが、日韓W杯が開催された2002年当時、現在横浜F.マリノスでプレーする中村俊輔にW杯メンバーへの招集が条件でレアル・マドリーからオファーが届いた、という逸話の真相である。同選手はトルシエ監督によって選外になったため、オファーも破談になったとのこと。
ダバディ氏は、トルシエ日本代表元監督の専属通訳として活躍した当時の関係者。しかしこの逸話については、「本当に初耳。おそらくそんな話はなかったはず」と明かした。
2002年当時のレアル・マドリーは、現在監督を務めるジネディーヌ・ジダンや“怪物”ロナウドを擁するスター軍団。ダバディ氏は「当時のレアルでスタメンを取ることは難しかったと思うから、(移籍できた方が)良かったかどうかは分からない」と話す。
ダバディ氏によると、トルシエ元監督によって中村俊輔がメンバー選外になったことを、監督自身も後悔をしていたとのことで、この逸話を初めて聞いたという同氏も逸話の真偽に関わらず「一人のサッカーファンとして、もし選ばれていたらと思うと、切ない」と語った。
中村俊輔は、2002年日韓W杯メンバーには招集されなかったものの、同年秋にはレッジーナ(当時セリエA)に移籍。さらに2005年にセルティック(スコットランド)に移籍すると、2006-2007シーズンにはスコットランド・プロサッカー選手協会年間最優秀選手に選出された。
移籍先の選択によって選手生命にも影響を及ぼす選手が少なくない中で、欧州でも一線級の活躍を見せ、38歳となった今季も横浜F.マリノスで活躍を続けている中村俊輔は、正しいキャリアを歩んだと言えるだろう。
(文:浜川絵理)
フットボールチャンネル12/16(金) 14:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161216-00010014-footballc-socc
動画 『FChan TV』
http://www.footballchannel.jp/series/f-chan-tv/

続きを読む

レアルのファン離れが深刻化?


レアルのファン離れが深刻化。西国王杯5回戦で今季最少の観衆44000人に
レアル・マドリードはホームのエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで現地時間9日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)5回戦1stレグ・レガネス戦で今季公式戦で最少の観客数となったようだ。同日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。
この一戦では前半終了間際にスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが自身のキャリア通算100ゴール目をマークすると、後半にFWルーカス・バスケスと加入1年目のFWビニシウス・ジュニオールが追加点を奪い3-0と快勝している。
しかしこのホームゲームで詰めかけた観客数はわずか44231人と今季最少となった模様。その背景としては今年6日に行われた年明け最初の公式戦であるラ・リーガ第18節・レアル・ソシエダ戦で0-2と敗戦を喫したことが考えられるようだ。
なおこのソシエダ戦でも観客数が53412人にとどまるなど、「ファン離れ」は深刻な問題となっている。果たしてマドリードはピッチ上での結果によって再びファンをスタジアムへ呼び戻すことができるのだろうか。

レアルのファン離れが深刻化。西国王杯5回戦で今季最少の観衆44000人に

続きを読む

ベイルさん、レアル加入後14度目の負傷交代…


ガレス・ベイルが“ガラス”のごとくまたもや負傷を負った。
2-2のドローに終わったビジャレアルとレアル・マドリーの一戦で後半開始時に最初の交代選手となったのはフィジカル面に違和感を覚えたマドリディスタだった。
監督のサンティアゴ・ソラーリはベイルのこれまでの前歴を考慮してリスクを犯さない決断を下し、彼のポジションにイスコを投入した。
ベイルは既に前半終了間際にメディカルスタッフの助けを借りる必要があったが、前半はプレーし終える事ができ、チームメイト達と共にロッカールームに戻った。
しかし、ベイルは最後の数分は全くスプリントを行わず、違和感を感じている部位を気にする素振りを見せていたため、怪我の恐れは既に周囲にも伝わっていた。
負傷の原因となったアクションは時計の針が39分を差した頃に起こった。
ベイルはハイボールをコントロールしようとした際、筋肉系の小さな損傷を患った可能性が高い。
未だその怪我の程度は明らかになっていないが、ベイルの怪我の前歴がチーム・マドリディスタのテクニカルスタッフを怯えさせている事だろう。
1/4(金) 11:35配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00010006-sportes-socc
ベイル、レアル加入後14度目の負傷交代…ソシエダ戦も欠場のおそれ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00886528-soccerk-socc

続きを読む

「ベンゼマとか笑ってた。ラモスなんていきなり上がってくるし。遊んでいたかのよう・・・」by鹿島・昌子


レアルに完敗…昌子、力の差痛感「ポジショニング一つで全てがはめられている」
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/12/20/kiji/20181220s00002000096000c.html
完敗だった。
「2年前より力の差を感じた」と話した昌子は、終了の笛が鳴ると両手を膝についてかがんだ「最後の特に10分、15分ぐらいは、なんかこう、俺らも行きたい、取りにいきたかった。
でも行けない。パスが通らない。出せない。ポジショニング一つで全てがはめられている。
ぱっと顔を上げた瞬間に、それぞれが一応フリー。でも出せば絶対に食われるっていうのをすっごい感じた」 と振り返った。
開催国枠だった2年前とは違い、アジア王者として臨んだ今大会。プライドもあった。
「必死にやっているし、一生懸命に戦っている姿を見せたかった。例えば球際で勝つとか、食らいつくとか。戦っているところを見せる、それすらできてないからね。相手をつかめないっていうか、(奪いに)行ったらワンタッチではたかれるし、行かなかったらドリブルしてくるし。なんかこう、ほんま、いろんな言葉にできると思う。この差を痛感したことって」と率直な思いを口にした。
屈辱的だったのは「子供のよう」に扱われた終盤の戦い。
「3失点食らってからの時間帯なんて、ベンゼマとか笑ってたからね、パスミスして。
セルヒオラモスなんていきなり上がってくるし。遊んでいたかのように。普通のインプレーやのに、センターバックがオーバーラップしてきて、横パス誰かがミスってへーいみたいに笑いながら帰って行く。いらついた。でもそれをされてしまう」。
あらためて世界屈指のクラブとの差を語り、悔しさをあらわにした。

続きを読む

レアル圧倒!ベイルがハットトリック!!鹿島は一矢報いるも及ばず・・・


12/20(木) 3:21配信
ベイルが3発圧倒!鹿島は一矢報いるも及ばず、決勝はレアル対アル・アインに
日本時間20日(木)1:30にクラブワールドカップ準決勝、鹿島アントラーズ対レアル・マドリーの一戦がシェイク・ザイ―ド・スタジアムで行われ、レアル・マドリーが3-1で勝利し決勝へと駒を進めた。
このカードは2年前のクラブW杯でも実現している。その際には延長戦まで戦うも鹿島は力尽き、スコアは4-2となり。マドリーが世界一を手にした。
鹿島アントラーズはJリーグで3位の成績を残し好調を維持している。対するマドリーは今季低迷しており、クリスティアーノ・ロナウドの退団がじわじわとチーム苦しめている。両者、全く正反対のチーム状況での対戦となった。マドリーは怪我の影響で出場が不安視されていたベイルとベンゼマもスターティングメンバーに名を連ね、今いるベストなメンバーで挑んだ。
落ち着いた入りを見せた鹿島はグアダラハラ戦、3点目を獲得した19歳の安部裕葵を中心にレアル・マドリーゴールへと向かう。対するマドリーはベイルを起点に左サイドから攻め込むシーンが見られた。
前半25分を終え、マドリーはシュート本数わずか2本とコンディションの悪さを露呈した。
30分を過ぎ、ギアを徐々に入れ始めたマドリーは後半44分、ついに先制ゴールを決める。左サイド深い位置でボールを持ったベイルはマルセロとのワンツーでPA内に侵入。ファーサイドを狙い左足で放った低めのシュートは、ポストに当たりゴールネットを揺らした。(1-0)
鹿島は後半に入り、永木亮太に代わってドイツのシャルケでプレーしていた内田篤人をピッチに投入。シャルケ時代マドリーとの対戦経験もあるベテランSBを入れ試合の流れを掴みにかかる。
しかし後半最初のチャンスを得たのはマドリー。後半4分、再び左サイドを抜け出したベイルが倒れながらもクロスを上げ、中にいたベンゼマが右足でシュートを放つ。GKを抜けたシュートはマドリーの2点目になるかと思ったが、山本がゴールラインぎりぎりのところでクリアした。
そしてマドリーが鹿島の隙をつき追加点を挙げる。チョン・スンヒョンの不用意なGKへのバックパスをベイルがカットしこの日2点目となるゴールを奪った。(2-0)
続けて後半7分、バイタルエリアでボールを持ったマルセロがベイルへとラストパス。PA内でボールを受けたベイルは得意の左足で鹿島のゴールネットを揺らした。ハーフタイムを挟み11分間でベイルはハットトリックを達成。(3-0)
リズムを掴んだマドリーはさらにポゼッションを高める。後半14分、ハットトリックを決めたベイルに代わってスペイン代表のアセンシオがピッチに入る。
続けて後半23分には、ソラーリと良い関係が築けてなく連日注目を集めるイスコが、ルーカス・バスケスに代わってピッチへと入った。28分には途中出場のアセンシオが足を負傷し交代を訴え、カゼミロがピッチに。
後半33分、鹿島が一点を返す。PA内で遠藤が右サイドを抜け出し、落としたボールに反応した土居が相手の股を抜く技ありゴール。一時はオフサイドの判定でノーゴールかと思われたが、VAR判定によってゴールとなった。(3-1)
鹿島も一矢報いるも及ばず、マドリーが決勝へと駒を進めた。日本時間23日1:30、マドリーはアル・アインと決勝戦を迎える。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00010001-sportes-socc

続きを読む