中井卓大

中井卓大・15歳、レアルとプロ契約!キターー(☆゜∀゜)ーー!!


「ピピ」こと15歳中井卓大がレアルとプロ契約へ
白い巨人、レアル・マドリードの下部組織に所属するU-15(15歳以下)日本代表MF中井卓大(たくひろ=15)が16歳の誕生日を迎える今月24日以降にレアルとプロ契約を結ぶ可能性が高いことが22日、分かった。今夏レアルと契約し、現在はマジョルカに期限付き移籍中の日本代表MF久保建英(18)に続いて、将来の日本サッカーを背負うであろう逸材がレアルでプロに。夢の共演へ、また1歩前進となる。また、中井が今年4月から芸能大手の吉本興業とマネジメント契約を結んでいたことも判明した。
9歳から世界一の名門、Rマドリードで成長してきた愛称「ピピ」こと中井が、夢の扉を少しずつ切り開く。スペインでは16歳からプロ契約が可能となる。クラブは中井の才能を高く評価しており、関係者によると、24日の16歳の誕生日後にプロ契約を結ぶ可能性があるという。
レアルはこれまでも有望な若手選手の早期プロ契約に活発な動きをみせてきた。15年には当時16歳だったノルウェー人MFエデゴールを獲得し、トップチームデビューさせた。今年1月に16歳の誕生日を迎えた中井の同僚、スペイン人DFデラビボラとプロ契約を締結。移籍金などを設定し、未来を担うタレントの流出を防ぐ狙いもあるとみられ、クラブの中井への高い期待がうかがえる。
今年6月には日本代表MF久保が、東京から5年契約で完全移籍。現在は1年間の期限付き移籍でマジョルカでプレーしている。中井は今季からU-17相当のフベニールCというカテゴリーでプレーしており、トップチームまではU-18相当の同B、U-19相当の同A、そして今夏に久保もプレーしたBチームにあたるカスティージャ(3部相当)への昇格が必要。飛び級などの例外もあるが、順調にいけば数年後には白い巨人で、日本サッカーの未来を担うであろう2人の日本人MFの共演が見られるかもしれない。
中井は今年4月に吉本興業とマネジメント契約を結び、スペインで共に暮らす家族らも含め、生活面でのサポートも受けているという。今月12日には同じスペインのエイバルでプレーするMF乾が中井の誕生日などを祝う2ショット動画をSNSに投稿。その中で、中井は「16歳になっても、サッカー楽しく頑張ります」と笑顔で意気込んでいた。憧れの白い巨人でプロ契約、そして目標となる22年カタールW杯出場へ、日本の宝が着実に歩みを進めている。
◆中井卓大(なかい・たくひろ)2003年(平15)10月24日生まれ、滋賀県出身。ポジションはMF。アスール滋賀でプレーし、9歳の時にRマドリード下部組織に入る。18年10月にU-15日本代表に選出され、年代別の代表初招集。今季からレアルの下部組織フベニールC(U-17)に所属。幼少期に思い通りのプレーができないと泣いていたことから、愛称は「ピピ」。180センチ、63キロ。
10/23(水) 5:00配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191023-10220488-nksports-socc

続きを読む

【プレー集】ピピ君こと中井卓大君はレアルの下部組織で順調に成長している模様!

・レアル下部組織で着実に成長を遂げる中井くん、16日のアルチェ戦で1ゴールと結果残す
レアル・マドリードの下部組織に所属する“ピピ”こと日本人MF中井卓大くんが順調に結果を残している。現地時間16日に行われたカデーテB(U-15)の試合でゴールを決めるなど活躍し、クラブのカンテラ(下部組織)公式ツイッターが報じている。
2014年からレアルの下部組織に所属し、順調に昇格を果たしている14歳の中井くん。この日のアルチェ戦で1得点を挙げ、5-1の勝利を挙げるなどチームに貢献するパフォーマンスを見せた。
一時期、未成年選手の獲得違反によって、レアルはFIFA(国際サッカー連盟)からの出場禁止処分を受ける可能性があったものの回避。それにより中井くんはレアル下部組織でのプレー継続が可能になった。
世界中から選りすぐりの才能が集まるレアルの下部組織にあって、ゴールという結果を残すなど存在感を示している中井くん。激しいチーム内競争でもしっかりと地位を築き、着実に成長を遂げているようだ。
12/17(日) 8:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171217-00010009-soccermzw-socc

続きを読む

【動画】ピピはレアルの新たな希望!15歳・中井卓大が豪快弾にスペイン紙も激賞!

マーカー2人を立て続けにかわして左足を一閃

この夏にレアル・マドリーのカデーテA(U-16チーム)からフベニールC(フベニールは17~19歳がプレー。マドリーのCチームは基本的に17歳以下の選手で構成)に昇格した“ピピ”こと中井卓大の一撃が話題を集めている。
18チームが戦うリーグ戦に参戦しているフベニールCは、9月28日にその第3節を戦い、アルバカのフベニールCに6-1の大勝を飾った。
その6発のうち、とりわけ鮮烈なゴールを決めたのが、日本の15歳だった。

3‐0で迎えた39分、ペナルティーエリアの外側のやや右寄りでこぼれ球を拾うと、ダブルタッチで敵のプレスを颯爽とかわし、中央へドリブル。マーカー2人を立て続けにかわしてシュートコースを作ると、左足を振り抜き、見事なミドルシュートを突き刺してみせた。
スペインの全国スポーツ紙『AS』は、この中井の昇格後初ゴールとなったゴラッソを動画付きで紹介。「バルデベバス(マドリーの練習場)は衝撃を受ける。マドリーの新たな希望、ピピのゴールだ」と見出しを打ち、「“ピピ”タクヒロ・ナカイは、マドリーのフベニールCのスターのひとりだ。彼は15歳で、週末にこのゴールをマークした」と綴った。
ひとつ上のカテゴリーでも特大のインパクトを残した15歳から、今後も目が離せない。
9/30(月) 6:28 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190930-00064760-sdigestw-socc

続きを読む

久保建英と中井卓大、将来成功しそうなのはどっち?


レアル・マドリードの下部組織(カンテラ)といえば、イケル・カシージャスやグティ、カスティージャ(レアルBチーム)で監督を務めるラウル・ゴンサレスなどを輩出した名門中の名門だ。今のトップチームにも、ダニエル・カルバハル、ナチョ・フェルナンデス、ルーカス・バスケスら、カンテラ出身者が名を連ねている。
現在、カンテラのカデーテA(U-16)に所属する15歳の中井卓大は、カスティージャ、その先のトップチーム昇格を目指して奮闘している。
そんな中井を、カデーテAのトゥリスタン・ロドリゲス監督はどう評価しているのか。
20年以上にわたり、クラブの育成部門をわたり歩いてきた名指導者に話を聞いた。
――カスティージャに所属していた久保建英は、スペイン1部のマジョルカに期限付きで移籍しましたが、日本人選手がレアル・マドリードでプレーする可能性が広がってきた現状をどう捉えていますか?
「明らかなことは、日本人選手のボールコントロールの技術レベルが非常に高いということ。これは私の個人的な印象だが、真面目で自己犠牲の精神も兼ね備えている日本人選手は、どこの国・クラブに行っても重宝されるはずだ。
それはレアル・マドリードという特別なクラブでも同じ。フットボールはチームスポーツであり、とくに現代サッカーでは”チームファースト”で動ける選手の価値が高いから、スペインでもチャンスが与えられる日本人選手は増えていくだろうね」
――現在、カデーテAでは中井卓大がプレーしていますが、レアルのカンテラからカスティージャ、トップチームへと進む選手はどのくらいいるのですか?
「どの世代のカンテラに入るかによっても変わってくるね。一番下(7歳~8歳が属するプレ・ベンハミン)からカスティージャに上がる選手はひと握り。フベニール(17歳~19歳の下部組織)からプレーする選手は確率が高いかもしれないけど、難しいことに変わりはないよ。
カスティージャが戦う2部B(3部相当)も簡単なリーグではない。1部リーグと比較するとボディコンタクトが多いため、フィジカル面も重要になってくる。体がまだできあがっていない10代の選手にとっては難しい部分もあるし、とくにスペイン以外の国から来た選手は、その激しさと強さに最初は戸惑うかもしれない。ただ、そこで結果を残せた選手が、数少ないトップチーム挑戦へのチャンスを得ることになるんだ」
9/9(月) 6:17配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190909-00870710-sportiva-socc

続きを読む

中村憲剛、レアル中井卓大(15歳)に抜かれる・・・


川崎フロンターレの元日本代表MF中村憲剛が自身のブログを更新。“息子のアイドル”である15歳と共演を果たし、「中学三年生にして身長178センチということで既に抜かれているっていうね…」と笑い飛ばした。
川崎は今季史上5チーム目のJ1連覇を達成。プロ16年目の中村は33試合6得点と攻撃を牽引し、史上最年長でベストイレブンに選出された。
現在は鹿島アントラーズ以来となる3連覇を目指す来季に向けて束の間のオフを過ごしているが、中村家にとって嬉しい出来事があったようだ。中村は25日、自身のブログで「今日は哲生さんにご招待いただいて、ピピ君ことレアル・マドリード所属の中井卓大君とボール蹴ってきました」と綴り、元Jリーガーで引退後はサッカー解説などを務める中西哲生氏の計らいでレアル下部組織カデーテA(U-16)のMF中井卓大とトレーニングしたことを報告。大いに刺激を受けたという。
「哲生さんと3人でパス交換をしましたが、ボールが止まること止まること。徐々にボールスピードを上げていきましたが、あまりにしっかり止められるので最後らへんはついつい試合と同じくらいのテンポで出してしまいました…。もちろんトラップミスをすることはありますが、それもそこまで多くなく、むしろパススピードが速いボールの方がしっかりコントロールできている印象でした。正直、ボールコントロールや身のこなしは中学三年生のものとは思えませんでした」
Jリーグ屈指のテクニシャンとして知られる中村から見ても、日々レアルで研鑽を積む中井の技術は15歳の枠を超えていたという。
“レアル中井”のパススピードに衝撃「すごい刺激を受けました」
「話を聞けば普段から周りはこのパススピードとのこと。それはちょっと衝撃でした。わかっていたこととはいえ、この年代でこのパススピードが日常なのだとしたら…。レアル・マドリード所属でもあるしそりゃそうだろうなと思いつつ、38歳も自分の息子でもおかしくない年齢の選手に負けないように、もっともっと質を追求していかねばならないなとものすごい刺激を受けました」
その他にも、「中学三年生にして身長178センチということで既に抜かれているっていうね…苦笑」と言及。38歳で身長175センチの中村をすでに3センチ上回っており、思うところがあったようだ。中井は昨年末に帰国した際、MF乾貴士(ベティス)とも共演していたが、乾は中井が2年で身長20センチ伸びたと聞き、「身長がもう抜かれた」と公式ブログで綴っていた。
中村の息子にとっても「ピピ君がアイドル」とのことで、中村家にとって中井とのひと時は特別なものになったようだ。
2018.12.26 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/156962

続きを読む

レアルU16・中井卓大、1年で身長10cm急成長も成長痛なし!


「ピピ」君は1年で10センチの急成長、木場トレーナー「見違えるほど」
サッカーのスペインリーグの名門、レアル・マドリードのカデーテA(U-16)に所属するU-15日本代表MF中井卓大。
華麗な一撃が、レアルの下部組織週間最優秀ゴールに選出されるなど、“白い巨人”と呼ばれる名門で目覚ましい進化を遂げている。
「ピピ」の愛称で知られる15歳だが、1年間で身長が10センチも伸び、178センチに到達。急成長にも関わらず、成長痛と無縁な日々を過ごしていることが明らかになった。
「ピピは見違えるほど大きくなりました。1年間で身長は10センチも伸びました。現時点で178センチです。昨年までは筋力と年齢の兼ね合いでこなせないメニューもありました。
ですが、今年はタケフサと同じメニューをこなせるようになりました」
こう語ったのはプロトレーナーの木場克己氏だった。
木場氏は体幹・体軸・バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者で、競泳のリオデジャネイロ五輪代表・池江璃花子(ルネサンス亀戸)、
サッカーの日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)らトップアスリートの専属トレーナーを務め、またJP日本郵政女子陸上部ではアドバイザーとして指導に携わり、16年に創部3年目にしてクイーンズ駅伝優勝に導いたスペシャリストだ。
育成年代でも手腕を発揮する木場氏だが、小学4年時から中井を、小学5年時から横浜F・マリノスのU-19日本代表FW久保建英をそれぞれ指導している。
12月25日、2年ぶりに実現した中井と久保の合同自主トレを指導した木場氏。クリスマス休暇中で一時帰国した中井から嬉しい報告があったという。
「成長痛がないんです!」
見違えるほどサイズアップした日本サッカー界の至宝だが、成長期に伴う膝などの痛みとは無縁な日々を過ごしている。
「まだ15歳。この1年間で10センチも身長が伸びました。急激に成長すると、関節に痛みが出るケースがあります。
育成年代のアスリートで、成長痛で治療にやってくるケースは多い。それでも、ピピはレアルに入ってから一度も怪我もない。
他の選手は怪我をしているけれど、怪我もなければ、成長痛もないと言ってくれています。日々の取り組みも影響していると思いますよ」
◆急激な成長も成長痛とは無縁、そのワケとは?

木場氏は中井に対して、起床後、学校に行く前に行うトレーニングメニューを提供している。
「ピピは週4日、しっかりメニューをこなしていると話していました。体幹に刺激を与えるメニューですが、膝周りを強化する狙いも組み込んでいます。
その1つがT字後ろ足伸ばしというものです。膝とつま先が同じ方向を向いて、バランスを取るメニューですが、大腿四頭筋を意識して使うように指導しています。
このメニューをしっかりこなせないと、関節に負担がかかりやすくなります。毎朝のトレーニングで大腿四頭筋で上半身をしっかりと支える感覚を養っています。
そして、筋力もついています。この部分も成長痛が全くないという現在に繋がっている印象があります」
これまでも多くの、天才と呼ばれた才能が膝の大怪我でキャリアを棒に振ってきた。中井は日々のトレーニングで、膝周りを強化。怪我のみならず、成長痛の苦しみとも無縁なカラダを作っているという。
「タケフサともトレーニング中も切磋琢磨していました。これまで指導してきたトップアスリート以上のプロ意識も感じさせてくれます。日本サッカー界を牽引するような存在になってもらいたいですね」
マドリードで才能をグングン伸ばす「Pipi」。衝撃的な急成長にプロトレーナーは目を細めていた。
12/28(金) 21:03配信 The answer
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181228-00047497-theanswer-socc

続きを読む

【動画】レアル中井卓大、華麗な反転ターン決勝弾!“カンテラ・ベストゴール”選出!


レアル・マドリードの下部組織カデーテA(U-16)に所属する15歳MF中井卓大が、現地時間7日のセルタ戦で決勝ゴールを挙げ、1-0と勝利に貢献している。“ピピ”の愛称で親しまれる中井のゴールをレアル公式ツイッターが紹介した。
カデーテを対象としたトーナメントの準々決勝で、レアルはセルタと対戦。レアルは中央から右サイドに展開し、中央へ折り返し。ペナルティーアーク付近にいた中井は巧みな反転でマーカー二人の間をすり抜けると、右手で相手をガードしながら左足でシュートを放ち、豪快な一撃がゴール左上に突き刺さった。
レアル公式ツイッター日本語版は「PIPIのこのゴールが先週末のカンテラ・ベストゴールのひとつに選ばれました!」と動画付きで紹介。映像では、得点を決めた中井が喜びを爆発させてジャンプしながらガッツポーズを披露。すぐにチームメイトが駆け寄って歓喜の輪が広がった。実況も「ピピ! ピピ! ピピ! ゴーーーール!!」と興奮気味にその模様を伝えている。
10月にU-15日本代表の一員としてフランス遠征に参加し、年代別代表デビューを果たした中井。所属クラブのレアルに戻り、11月にはリーグ戦のアトレチコとの“マドリード・ダービー”でゴールを決めたが、“カンテラ・ベストゴール”に輝くなど強烈なインパクトを放ち続けている。
12/11(火) 18:30フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/153603

続きを読む