中島翔哉

中島翔哉はすでにキャリアの半分は約束されている!?

ポルティモネンセに所属する日本代表FW中島翔哉について、イタリアメディア『プレミアムスポーツ』が4日、ロシア・ワールドカップでの活躍が見込まれる選手にスポットライトを当てる「W杯2018“ロシア風サラダ”」のコーナーで、特集を組んだ。
ポルトガルリーグで評価を高め、各国から注目を集めている中島に、イタリアからも熱視線が注がれた。ポルトガルで躍動する日本人選手は、「日本サッカー界の新たなフェノーメノ(怪物)」として紹介されている。
セリエAにおける日本人選手を振り返り、ローマでスクデットを獲得した中田英寿氏や、レッジーナで活躍したMF中村俊輔を挙げ、冗談交じりに、「苗字の始まり方ですでにキャリアの半分は約束されている。ナカ・タ、ナカ・ムラ、次はナカ・ジマだ」とつづった。
またプレースタイルについて、「ギアのチェンジ、モダンなプレー、クオリティーは数少ない玄人向き」、「利き足は右で、背中には23番を背負う。胸に入ったファストフードのスポンサーのせいか、相手チームの選手を食べ尽くす。対面したDFを虚脱状態に追い込む能力は、10点満点だ。相手を引きつけ、ニギリを作るスシ職人のようなスピードで次のプレーを選択する」と、ユニークに描写した。
さらに1543年、ポルトガル人によって日本に火縄銃がもたらされたことにも言及。「ナンバン・ボーエキは100年後に禁止されたが、ポルティモネンセのおかげで両国関係が良好になった」とギャグ風につづっている。
最後に、「次は“ジマ”の番だ。マリとの親善試合で代表デビュー、初ゴールを決めた彼は、苗字を生かし、ロシアへ羽ばたいてほしい」とエールを送りつつ、「火縄銃を密売するためではない」とジョークで締めくくっている。
5/5(土) 11:30配信 ゴール
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00000003-goal-socc

続きを読む

【動画】中島翔哉、今季最終戦でも2アシスト!欧州挑戦1年目10ゴール12アシスト!

来るロシア・ワールドカップへ好アピール!

期待のホープが今シーズンを締めくくる一戦で魅せた。
現地時間5月13日に行なわれたポルトガル・リーグ最終節で、ポルティモネンセはパソス・フェレイラと対戦して3-1で勝利を収めた。そんな本拠地での一戦で殊勝なパフォーマンスを披露したのは日本代表MFの中島翔哉だった。
シャドーポジションで5試合連続先発出場を飾った中島は開始早々から機敏な動きを見せると、27分に左サイドのライン際からドリブルで切れ込んでからゴール前へ絶妙なスルーパスを供給。これが味方FWピレスへと繋がって先制点を演出した。
さらに1-0でリードして迎えた77分には、再び日本代表MFを起点に得点が生まれる。速攻から仕掛けた中島がシュートし、相手GKが弾いたところをピレスが押し込んだのだ。

その後、パソス・フェレイラに1点を返されたポルティモネンセだったが、後半アディショナルタイム2分にトドメを刺す。このダメ押し弾を呼び込んだもの中島だった。
センターサークル付近でボールを持った中島は右サイドへ展開し、再びマナファからのリターンパスをゴール前で受けると、ワンタッチで流して、ウェリントン・カルバーリョのゴールをお膳立てした。
欧州初挑戦となったシーズンの最終戦で2アシストを含めて全3ゴールに絡んだ中島。公式戦の記録も10ゴール・12アシストにまで伸ばして、迫るロシア・ワールドカップ出場へ向けてきっちりとアピールしてシーズンを終えた。
サッカーダイジェスト 5/14(月) 5:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180514-00040329-sdigestw-socc

続きを読む

中島翔哉に届いている公式オファー→PSG、ポルト、ベンフィカ・・・

・パリの名門なら2000万ユーロの違約金も軽々と?

この夏の移籍市場を賑わす存在となりそうだ。

2017-18シーズンのポルトガル・リーグで一躍ブレイクを果たし、スターダムを駆け上がった中島翔哉。入団1年目ながら10得点・12アシストをマークし、いまやポルティモネンセの押しも押されもしない攻撃の中軸だ。FC東京からの完全移籍が早々に発表され、いまや複数の強豪クラブが引き抜きを画策している。
そんななか、ポルティモネンセの強化部門でトップを務めるロブソン・ポンテ氏が自身のインスタグラムを更新して私見を述べた。かつて浦和レッズでプレーし、2007年にはJリーグMVPに輝いたあのレジェンドである。2年前に同クラブのテクニカルディレクターに就任した同氏は、まず今回の中島の落選についてこう持論を展開した。
「なぜナカジマが落選したのか理解できないよ。ニシノ監督は明らかに間違っている。35年間サッカーをしてきたけど、信じがたいコメントだ。『ナカジマはポリバレントではない』なんてね。彼は4つのポジションでプレーして、10得点・12アシスト。アシスト数はチームトップで、リーグ全体では4番目だ。しかもリーグのベストイレブンにも選ばれているんだよ」
ポンテTDはそこまで記して、中島がどれだけ欧州で評価されているのかを示すため、正式オファーを出してきた6クラブの名前を明かした。
「現在オフィシャルなオファーが届いているのは6つのクラブ(パリ・サンジェルマン、ポルト、ベンフィカ、スポルティング、シャフタール、ガラタサライ)。加えて10以上のクラブが興味を示しているんだ」
これまでボルシア・ドルトムントやヴォルフスブルクなどのドイツ勢やアトレティコ・マドリー、サウサンプトンなどさまざまなクラブが候補に挙がっていたが、強化責任者が明示した6つの名前にはやはりリアリティーがある。しかもトーマス・トゥヘル新政権が誕生したばかりのパリSGは、一度も候補リストに挙がってこなかった。この世界屈指のメガクラブであれば、ポルティモネンセが設定したとされる2000万ユーロ(約26億円)の違約金も難なく支払えるだろうか。
サッカーダイジェスト 5/23(水) 5:54
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180523-00040789-sdigestw-socc

続きを読む

中島翔哉は「進化後のルカワくん」になれるのか?


ホームで1-4と大敗した昨年のベネズエラ戦で、なにより気になったのが中島翔哉のプレーだ。相手に止められても、止められても、なぜセンターサークル付近でドリブルを繰り返したのか。
いや、そこに疑問を持っても無意味なのかもしれない。焦点は、“王様気質”で自由奔放な中島をどう使うかだ。
◆ ◆ ◆
2014年の年末、当時シャルケ(ドイツ)に在籍していた内田篤人(現・鹿島)のインタビュー取材で、こう訊いた。
「もっとも厄介なタイプのアタッカーは?」
すると、彼は間髪を入れずに次のように答えた。
「進化後のルカワくん」
「ルカワくん」とは、国民的バスケットボール漫画に登場する主要キャラクターのひとり。その彼は「オフェンスの鬼」とも呼ばれ、1対1の局面では高い確率でドリブルを仕掛けていた。
それが、ある出来事をきっかけに“パス”という選択肢の重要性を認識するのだ。
ドリブルに固執せず、状況次第でパスも巧みに使うようになったのがつまり、「進化後のルカワくん」なのである。
内田の名回答が深く記憶に刻まれているからこそ、記者席から観ていて強く思った。ベネズエラ戦で、中島はドリブルにこだわる必要があったのか、と。
11月19日にパナソニックスタジアム吹田で行なわれた親善試合、日本はベネズエラに1 -4と完敗を喫した
。前半だけで4失点と見るも無残な内容だったが、個人的になにより気になったのが執拗にドリブルを繰り返す中島のプレーだった。
この日の中島は、4-4 -2システムの左サイドハーフで先発出場すると、少し低い位置から何度もドリブルで仕掛けた。
結果、コンスタントにチャンスを作るどころか、センターサークル付近で何度も潰され、むしろブレーキとなっていた。
アジアの弱小国には脅威のドリブルも、ベネズエラにはほぼ通用しない。なのに、なぜ同じ失敗を繰り返すのかと、それが不思議でならなかった。
中島のドリブルがまったくダメと主張しているわけではない。仕掛けや崩しの局面でそれが利いているシーンもあるし、要は使いどころだ。
少なくとも、センターサークル付近で多用しても相手は怖くない。むしろ格好の餌食となり、ウイークポイントになりかねない。
いや、ベネズエラ戦では明らかな弱点になっていたとあえて言わせてもらう。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200103-00010003-thedigest-socc
1/3(金) 16:08配信

続きを読む

【動画】ポルト中島翔哉、今季初ゴール!!


【ポルト 1-0 サンタ・クララ タッサ・デ・ポルトガル 5回戦】
タッサ・デ・ポルトガル(ポルトガルカップ)の5回戦が現地時間19日に行われた。試合はホームのポルトが1-0で勝利した。ポルトに所属する日本代表MF中島翔哉は85分間プレーし1得点を挙げた。
中島翔哉の待ちに待った今季初ゴールでポルトがカップ戦ベスト8進出を決めた。29分、ペナルティーエリア右でボールを受けたコロナがDFを振り切り中央に低いクロスを入れるとフリーの中島が倒れ込みながら左足でシュート、これが決まりポルトが先制に成功する。
1点リードして折り返したポルトは追加点を奪いにいくも点を挙げることが出来ない。しかし守備陣も90分間集中力が切れることなく相手攻撃陣を抑え試合は終了。
ポルトが中島のゴールを守りきり勝利、ベスト8進出を決めた。
【得点者】
29分 1-0 中島(ポルト)
フットボールチャンネル編集部 12/20(金) 6:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191220-00354278-footballc-socc

続きを読む

ポルト中島翔哉、10試合ぶり先発で存在感・・・!?


ポルトに所属する日本代表MF中島翔哉が、およそ2ヶ月ぶりの先発フル出場で存在感をアピールした。
現地5日に行われたポルトガルのリーグカップにあたるタッサ・ダ・リーガのグループD第2節、カーサ・ピア戦に中島は左サイドで先発出場。公式戦では10試合ぶりのスタメン復帰となった。
ポルトは前半こそスコアレスで折り返したものの、終わってみれば3-0の快勝。中島も2点目の起点となるボールキープや、終盤の惜しいミドルシュートなどで勝利の一端を担った。
試合から一夜明けた現地ポルトガル各紙は、中島の久しぶりの90分間を概ね高く評価している。
『レコード』紙は5点満点の採点で中島に「3」をつけ、寸評で「後半に上昇し、ルイス・ディアスのゴールの場面でプレーが始まった。終盤にはポストを叩くシュートも」と、得点に近づいた2つのプレーに言及していた。
中島は68分、DFジオゴ・レイチのヘディングクリアを最前線でコントロールして収め、走りこんできたMFブルーノ・コスタに展開。これがFWルイス・ディアスが決めたチーム2点目の起点となった。
さらに終盤の89分には得意とするゴール左からポスト直撃のミドルシュートを放ち、 スタンドを沸かせた。
この活躍に『ア・ボラ』紙は10点満点の採点で及第点と言える「6」をつけている。ただ、寸評では中島に対してポジティブな印象とネガティブな印象の両方を抱いているようだった。
「スタメンに戻り、日本人は断続的にあらゆる場所でチームから切り離されていた。いくつかのパスで違いを作ろうと試みていたが、前半はまだアウトサイドで怖がっていた。最も注目に値するのは、89分にポスト直撃のシュートを放ってゴールの匂いを感じさせたことだ」
持ち味を生かしたプレーには高評価、課題の部分には疑念という中島の現状をよく把握した寸評と言えそうだ。
ポルトは次戦、中2日でアウェイに乗り込みベレネンセスとのリーグ戦に臨む。徐々にゴールへ近づいている中島に再びチャンスは巡ってくるか。そしてポルトでの初ゴールにも期待が高まる。
12/6(金) 22:30 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191206-00351652-footballc-socc

続きを読む

【悲報】ポルト中島翔哉、EL遠征メンバー外に・・・


ポルトは27日、翌日アウェイで行われるヨーロッパリーグ(EL)のグループリーグ第5節・ヤングボーイズ戦に向けた遠征メンバーを発表した。その中に日本代表MF中島翔哉の名前はなかった。
ポルトを率いるセルジオ・コンセイソン監督は、決勝トーナメント進出に向けて勝利が必要な大一番に向けて22選手を招集した。ELのアウェイ遠征にはベンチ入りできる18人を超えて余裕を持ったメンバー編成をする指揮官だが、中島を選択肢に含めることはできなかった。
ポルトガル紙『レコード』によれば、中島は嘔吐を伴う体調不良で遠征に参加できなかったという。クラブ公式サイトに掲載された26日の練習レポートではMFロマーリオ・バロ、DFぺぺ、FWゼ・ルイスの3選手が負傷により別メニュー調整だったことが伝えられていたが、中島の体調不良に関する記述はなかった。
なお、11月7日のELレンジャーズ戦で左太ももを負傷していたぺぺは、まだ全体練習に部分合流した段階だがヤングボーイズ戦の招集メンバーに入った。負傷当初の予定通りであれば、28日の試合で復帰できると見られており、負けが許されない一戦に向けて守備の要の調整がどこまで進むか注目される。
コンセイソン監督が選んだヤングボーイズ戦の遠征メンバーは以下の通り。
GK:マルチェシン、ジオゴ・コスタ、エムバイエ
DF:ムベンバ、ぺぺ、マルカノ、ジオゴ・レイチ、サラビア、マナファ、アレックス・テレス
MF:ダニーロ・ペレイラ、ウリベ、ルーム、ルイス・ディアス、コロナ、オターヴィオ、セルジオ・オリヴェイラ、ブルーノ・コスタ
FW:マレガ、ファビオ・シルバ、チキーニョ・ソアレス、アブバカル
フットボールチャンネル編集部 11/27(水) 19:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191127-00350166-footballc-socc

続きを読む