久保建英

久保建英がたった5ヵ月の期限付き移籍で劇的に成長した理由


● 期限付き移籍という“旅”で、 メンタル面は一回り大きく成長
「トップチームのサイドハーフは、強度がものすごく高いプレーをしなければならない。長谷川監督の下で今、建英は守備の基本を教わっています。トップチームでなかなか試合に出ていないので、どうしたのかと思う方もいるはずですけど、彼は確実に強くなっています。もうちょっとだけ待っていただけると、恐らくJ1でも再び出られると思っています」
長谷川監督を含めて、FC東京としては「急がば回れ」を久保に説いていた。ただ、カンテラと呼ばれるスペインの名門、FCバルセロナの下部組織の入団テストに10歳で合格。約3年7ヵ月に渡って心技体を磨き上げてきた久保も、自分自身に対して絶対的な自信を抱いていたのだろう。
ゆえに慰留を振り切って飛び出し、FC東京としても「可愛い子には旅をさせよ」の心境でマリノスへ送り出した。この時から、昨年末までと定められていた期限付き移籍の期間は延長しない、という方針があった。久保が持つ非凡な能力に期待を寄せていたと、大金社長は振り返る。
「選手には(期限付き移籍という)旅をしながらしっかり成長するタイプと、何だか旅先の居心地がいいなと感じてしまうタイプと2通りあると思うんですね。建英の場合は自分のことを客観的に、自分の視点を持って見られているし、目標となるゴールをしっかり見定めてサッカーに取り組める。そういう点もあったので、どこへ行っても間違いなく成長できる、と考えていました」
トップレベルの試合に出られない理由を、監督をはじめとする外側ではなく、自分自身の内側に見つけたからだろう。進むべき道がはっきりと見えていた久保は、期限付き移籍を終えて復帰するために設けられた交渉の席で、大金社長を驚かせる言葉を発している。
「建英は『僕は間違いなくやれます』と言ったんですよ。自信満々だったというか、ちょっと言い過ぎなところもあるかなと思ったくらいですけど、とにかく『絶対にチームのためにやれます』と。一番変わったのはメンタルですよね。技術力といったところは以前から高かったところへ、メンタルの部分でひと回り大きくなって帰ってきたと思いました」
● 体感トレーニングの成果で 体を張ってボールを奪う場面も
心の変化だけではない。チーム活動以外でもプロトレーナーの木場克己氏に師事し、今現在に至るまで地道に積み重ねてきた体幹トレーニングの成果。栄養士の助言を受けながら、食生活に施してきたきめ細かな配慮のすべてが相乗効果を成し、長谷川監督の評価を鮮やかに覆させた。
「びっくりするくらい変わりました。キャンプ当初から意欲も違いましたし、練習試合を重ねるごとに成長する姿を目の当たりにして、開幕戦から(先発で)行けるんじゃないかと。若い選手の1年間の成長は本当にすごいと、あらためて驚いています」
王者・川崎フロンターレのホームに乗り込み、スコアレスドローで勝ち点1を獲得した2月23日の開幕戦。利き足の左足から放たれた、強烈な直接フリーキックが右ポストを叩いた前半41分の決定機が注目を集めたが、本当の意味での久保の変化は直前のプレーに集約されていた。
日本代表でプレーした経験もあるDF車屋紳太郎と激しいボディコンタクトを展開しながら、昨シーズンまでなら転倒していた場面で踏ん張る。最後は強引かつ巧みに体を入れてボールを奪い、素早く反転してドリブルを仕掛け、チャンスを作り出したプレーを久保はこんな言葉で振り返っている。
「何て言うんですかね……他の選手たちもああやって体を張って守っていますし、変な目で自分を見ることなく、普通にボールを取った、というくらいに思っていただければ幸いです」
特別なことではなく、チームの一員として当然のことをしただけという意識が、ちょっぴり困惑した表情を生み出していた。成長という名の旅の手土産を存分に発揮し、精かんな顔つきとともに大人への階段を駆け上がっている久保を見ながら、父親のような思いを大金社長は抱いている。
「階段を駆け上がり過ぎちゃって、どこかに行っちゃうのかなという、親心にも似た気持ちもあらんでもないな、と。活躍すればするほど注目されるし、世界から見られる、となった時に、子どもが留学する時に親が抱く寂しさみたいなものあるかな、というのがありますね」
2019.3.10 ダイヤモンド
https://diamond.jp/articles/-/196396?display=b

続きを読む

17歳久保建英、「枠内シュート数」「パス成功率」「敵陣パス成功率」でトップに!


開幕3戦連続スタメンの久保 枠内シュート数、パス成功率、敵陣パス成功率で両軍トップ
FC東京の17歳MF久保建英がJ1で自身初アシストをマークし、データ3項目で両軍トップの数値を叩き出した。
FC東京は10日のJ1第3節サガン鳥栖戦で2-0と勝利し、チームは2連勝。そのなかで久保が大きな存在感を示している。
開幕3試合連続スタメン出場の久保は、要所でボールを受けて積極的にゴールへ迫る。
後半13分にはMF東慶悟のスルーパスに反応した久保が相手ペナルティーエリア左で受けると、角度のないところからシュートを放つ。
これは相手GK大久保択生の好セーブで阻まれたが、意表を突いた一撃で会場を沸かせた。
後半43分にオウンゴールでFC東京が先制したなか、後半アディショナルタイムに久保が魅せる。左サイドでMF大森晃太郎のスルーパスに抜け出した久保は、一気にスピードアップしてペナルティーエリア左まで進入。
相手DFと対峙しながら、ファーサイドで駆け引きしていたFWジャエルの動き出しを見逃さず、相手から離れるようにマークを外した瞬間に絶妙な強さとタイミングでパスを送り、J1初アシストをマークした。試合はそのままFC東京が2-0と勝利を収めている。
データ分析会社「OPTA」の公式ツイッターは「久保建英は今試合では枠内シュート数(2本)、パス成功率(91.7%)、敵陣パス成功率(90.5%)が両チーム最多だった。本領」と速報。久保がデータ3項目で両軍トップの数値を残したと記し、本領を発揮したと称賛した。
J1の舞台で経験を積んでいる17歳アタッカーは、大きく飛躍しそうな予感を漂わせている。(Football ZONE web編集部)
http://news.livedoor.com/article/detail/16138240/
2019年3月10日 17時9分 Football ZONE web

続きを読む

「久保建英である!久保建英は本物だ!久保建英はマラドーナ!」by金子達仁


久保建英である。
これまで、あちこちで聞かれてきた。「彼は本物ですか?」。そのたびにわたしは答えに詰まった。まだわからない、としか答えようがないからだ。だが、いまなら言ってもいいような気がする。少なくとも、昨年よりははるかに強い確信を持って言える。
久保建英は、本物だ。
世代的に考えて、おそらく彼のアイドルはメッシだろう。だが、W杯における日本の立ち位置を鑑みれば、期待されるのはマラドーナ的役割だ。チーム力では劣っても、自分が勝たせる。そんな気概を持った選手に、久保にはなってもらいたい。
17歳のマラドーナは、78年W杯のメンバーから外された時、名将メノッティに「一生許さない」と噛(か)みついた。一人でチームを勝たせたのは、そんなメンタリティーを持った男だった。(金子達仁氏=スポーツライター)
https://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/kiji/20190301s000023CF230000c.html
続きを読む

久保建英はMFよりFWを目指すべき!?


MFと言うよりFW。久保が目指すべきはこちらだろう

メッシはなぜ、予想を越える伸びを示したのか。バルセロナで右ウイングとして登場したことと、それは大きな関係がある。デビュー以来、メッシはずっとFWだ。MFではない。アルゼンチン代表では中盤まで下がり、将軍然とプレーする。パスの出し手に回るが、バルサのメッシはそうではない。高い位置でボールを受け、ゴールを狙う。バロンドールを5回受賞した背景として、その高いポジショニングとそこで身につけた突破力、得点力を抜きにすることはできない。
中盤選手化しかねない4-4-2のサイドハーフでは、メッシにはなり得ない。そう言いたくなる。MFとして使いたくなる理由は分かる。彼のような高い技術の持ち主が中盤にいれば、それこそタメができる。チームの状態はその結果、安定する。相手のサイドバックと対峙するポジションなので、守備の感覚を養うにも最適な場所だ。経験させるべきポジションかもしれない。4-4-2を採用した時、そのサイドハーフでの起用は妥当な選択になる。
だがそれが、彼の将来にどこまで好影響を与えるかははなはだ疑問。FWで起用すれば、プレーは数段不確実になる。我慢が求められる。
試合の途中でサイドハーフに収まるのなら悪くない。アトレティコのグリーズマンのように、1トップも、2トップの一角も、あるいは4-4-2のサイドハーフや4-2-3-1の3の両サイドやその1トップ下をこなす万能型のアタッカーであるなら話は別。選手として高い価値がある。
中盤選手の概念が変わっていることも見逃せない。フィールドプレーヤーがDF、MF、FWに3分割された布陣はいま、それこそ4-4-2ぐらいだ。現在は4-2-3-1に代表される4分割が主流。MFはその結果2つに分類された。攻撃的MFと守備的MFと言えば分かりやすいが、そう単純に分かれたわけではない。攻撃的MFは、MFというよりFW的になり、守備的MFは、文字通りMFになった。FWが2分割されたといった方が伝わるかもしれない。上がり目のFW(CF)と下がり目のFW。後者が1.5列と呼ばれることもFW的であることをイメージさせる理由だ。
これは、従来の攻撃的MFがさらに攻撃的になり、FW化していかないと居場所がなくなることを意味している。かつての攻撃的MFのような匂いがする久保が、ピタリとハマるポジションは決して多くないのだ。4-3-3のインサイドハーフぐらいに限られる。4-4-2のサイドハーフも、本来ならもう少し縦への推進力が望まれるポジションだ。対応の幅を広げる必要性を感じる。
まず、磨いて欲しいのはアタッカーとしての突破力。ドリブルで突き進む推進力だ。その点に関しては、この1年で特段、伸びている印象はない。逞しくなっているがスピード感はいまひとつ。ドリブルも技巧的ではあるがダイナミックではない。17歳の割には大人しい、勝負を積極的に挑まないまさに中盤化した選手になっている。
岐路に立たされている気がしてならない。
若干20歳ながら、鹿島アントラーズで今季から10番を背負うことになった安部裕葵も、主に左サイドハーフとしてプレーする。FWなのかMFなのか、彼もまた微妙なところに置かれている選手だ。昨季の終わり頃、訊ねてみた。FWとMF。目指しているのはどちらなのか、と。
「高校時代にやっていたのはトップ下ですが、鹿島にそのポジションはない。まだ19歳なので、これからについては、まだ分かりません」。返ってきた答えはこれだった。「19歳のサッカー選手に、自分自身の将来など分かるはずがない」と、言いたげな様子だった。
久保や安部、さらに言えば、今季横浜でプレーしている三好康児にも言えることだが、小型で技巧的で、巧緻性の高そうな日本人選手が、外国人から嫌がられていることは明白だ。彼らは日本の武器になり得る、大成してもらいたい若手選手たちである。
その成長に求められているのは大人の正しい関与である。日本サッカー界が育てるべきはまずFW。点が取れる選手だ。安易に中盤に下げるべきではない。せいぜい1.5列目。4-2-3-1に落とし込むなら3の辺りだ。
時代が欲しているのは10番ではなく9番に近いアタッカーだ。かつて日本を席巻した「中盤天国」の復活は避けないと、時代から遅れることになる。川崎Fとの開幕戦を経て評価を高めている久保だが、その今後は楽しみでもあるが不安でもある。FWとして大成すれば、日本代表の成績に即、反映されることは見えている。
日本の切り札になれるのか。その行方にはとくと目を凝らしたい。
杉山茂樹 | スポーツライター
2/27(水) 12:14 一部抜粋
https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/20190227-00116318/
続きを読む