久保建英

「韓国代表イ・ガンインは出発点や技術面で同じ17歳の久保建英より上!」by韓国メディア

バレンシア所属のイ・ガンインがプレーでも実績でも上回ると強調

U-19アジア選手権の準決勝で、日本はサウジアラビアに0-2で敗れたが、準々決勝でインドネシアを破りベスト4に進出したことで、来年のU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会の出場権を獲得した。
今大会でも注目を浴びた日本の久保建英について、韓国メディアはバレンシアに所属する17歳のMFイ・ガンインと比較している。
スポーツ専門サイト「スポータルコリア」は、「U-19アジア選手権での久保のプレーはとても良かった。北朝鮮とのグループリーグ初戦では、芸術的なFKを決め、イラクを相手にアシストも記録した」と評価している。
そして、「韓国サッカー界が久保に注目する理由は、イ・ガンインと同じ2001年生まれだからだ」と、才能あふれる日韓の若きフットボーラーについて比較を始めた。
「久保とイ・ガンインは『FOXスポーツ・アジア』が選定する『世界のサッカーを支配するアジアの有望株5人』の中に入った。ただ、イ・ガンインが1位だった。久保がそこに入ったからといって、実力が同じだということではない。それは所属チームでの状況を見ればよく分かる。久保は日本のJリーグ、イ・ガンインはスペインリーグでプレーしている」
さらに同サイトは、「久保は今年8月にヴィッセル神戸を相手に、横浜F・マリノスでデビューゴールを決めた。今季は(横浜FMで)リーグ3試合に出場している状態。一方、イ・ガンインは10月31日にスペイン国王杯4回戦で、トップチームデビューを果たした。有望株とはいえ、出発から違い、技術の差も明らかだ。そもそも比較対象ではない。久保がイ・ガンインを超えるためには、実力の証明が必須だ」と報じている。
現状の結果においては、イ・ガンインが一歩前を進んでいるのは確かだが、久保が国際大会で活躍すればするほど、韓国での注目度は、これからも高くなるだろう。日本と韓国が生んだ若き才能の、今後の成長が楽しみだ。
11/2(金) 20:20配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181102-00145384-soccermzw-socc

続きを読む

15才・久保建英がFC東京のトップチームで初練習!5日の長野戦で“J最年少出場記録”の可能性

長野戦に出場すれば、“15歳と5か月1日”と最年少出場記録に。
16年11月4日、FC東京U-18所属の久保建英がトップチームで初練習。おそらくメンバー入りするだろうJ3の長野戦に向け、小平グラウンドで調整した。

クラブの関係者に加えて複数のテレビクルーも見守るなか、久保はおよそ1時間半のトレーニングをこなし、パスやシュート練習では正確なキックを披露していた。その久保について、FC東京U-23の中村忠監督は練習後にこう述べている。
「技術的に非常に高く、判断力も優れていて可能性のある選手。(明日の長野戦で)試せるチャンスがあれば使いたいと思いますけど、そこは明日になってみないと分からない。流れを見て、決めたいと思う。出場した場合は、攻撃のクオリティーの部分を出してもらいたい。
正直、(久保が)メンバーに入るかもわかりません。試合当日にスタメンを決めるので、なんとも言えないところがあります。メンバーのバランスなんかもみて決めたいと思いますが、全員の選手に先発でもサブでもちゃんと準備するように言いたいです」
FC東京U-18在籍の平川怜が10月30日の相模原戦でJ3最年少出場記録を更新(16歳と6か月10日)したばかりだが、仮に2001年6月4日生まれの久保が長野戦に出場すれば“15歳と5か月1日”と新たなレコードを樹立することになる。
ちなみに、J1の最年少出場記録は森本貴幸(当時・東京V)の15歳と10か月6日、J2のそれは菊池大介(当時・湘南)の16歳と2か月25日。J1~J3の枠を取り払い、Jリーグという広い範囲で見ると、久保が長野戦に出場すれば“Jリーグ最年少出場記録”を更新することになる。
注目の長野戦は11月5日、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で13時にキックオフ予定だ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161104-00020279-sdigestw-socc

続きを読む

「久保建英は驚異的な日本のアタッカー!PSGなども注目!」by英誌

U-19アジア選手権でも存在感を示している17歳

10月28日(現地時間)に開催されたU-19アジア選手権の準々決勝で、U-19日本代表は7万人収容のスタジアムがほぼ地元サポーターで満員になるなか、インドネシアと対戦し、2-0で勝利。準決勝へと駒を進め、来年ポーランドで開催されるU-20ワールドカップ行きを決めた。
初戦の北朝鮮戦に続き、注目を集めたのは、スタメン出場し、宮代大聖のゴールをアシストした久保建英だ。英国のサッカー専門誌『Four Four Two』は、同大会でも輝きを放つ久保を、「ブレイク必至のアジアで注目すべきヤングスターベスト5」に選出している。
久保についてはこう綴られている。
「彼はすでに“和製メッシ”として知られた存在だ。バルセロナの下部組織で選手としての基盤を形成する時期を過ごしたが、FIFAの制裁を受けて14歳で一度故郷に戻ることを余儀なくされた。
日本のFC東京に移籍した久保は、15歳10カ月で日本のトップリーグでデビューを飾った最年少の選手となった。2017年にはU-17ワールドカップとU-20ワールドカップに参加。現在はU-19アジア選手権に参加しており、監督はビッグマッチでの起用を考えてか、控えめな起用となっている(事実日本はノックアウトステージに進出した)。
この驚異的な日本のアタッカーは、Jリーグでアンドレス・イニエスタを擁するヴィッセル神戸との対戦で得点を挙げた。彼の“株”は引き続き上昇中で、18歳になったらバルセロナに戻るとも噂されている。ほかにもパリSGを含む欧州クラブが追跡し続けていると噂されている」
このほか、バレンシアの2部に所属するイ・カンイン(17歳)、イランのアッラーヒャル・サイヤッド(17歳)、中国の陶强龙(16歳)、インドネシアのイギー・マウラナ・ヴィキリ(18歳)の名前が挙がっている。
U-19日本代表は11月1日(現地時間19:30、日本時間21:30)、本日開催されるサウジアラビア対オーストラリア戦の勝者と対戦する。はたして、久保を擁する若きタレント軍団は、どこまで上に行けるだろうか。
10/29(月) 17:10配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181029-00049528-sdigestw-socc

続きを読む

韓国メディア、久保建英を絶賛する・・・


北朝鮮戦で先制点演出&華麗な直接FK弾 「ファンタスティック」と讃える
U-19日本代表FW久保建英(横浜F・マリノス)は、来年のU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会の予選を兼ねたU-19アジア選手権グループB初戦、北朝鮮戦に先発出場し、決勝点となる値千金の直接FKを叩き込んだ。チームの5-2勝利に貢献したレフティーの活躍に、韓国メディアも熱視線を送っている。
インドネシアで19日に行われた一戦で、日本は序盤に2点のリードを奪いながらも、連続失点で2-2の同点に追いつかれた。迎えた後半20分、ゴールから約25mの位置でFKを得るとキッカーを務めたのが久保だった。力強く左足を振り抜くと、鋭いカーブを描いたシュートはゴール右上に突き刺さった。
韓国のスポーツ専門サイト「SPOTVニュース」は、このFK弾を「日本が大事に育てている有望株、タケフサ・クボがファンタスティックなゴールで日本に勝利をもたらした」と称賛。また記事では、前半8分の先制点の場面についても、相手に囲まれながらの見事なスルーパスでFW斉藤光毅のゴールを演出したことについても触れていた。
バルサ下部組織出身で国内外から注目を集める久保は、昨年のU-20W杯にも2世代の飛び級で出場。J1リーグにも16歳でデビューし、今夏には出場機会を求めてFC東京から横浜FMに期限付き移籍、待望のJ1初ゴールも決めた。2001年生まれの久保は今大会にも飛び級で招集されながら、9番を背負うなどエース格としての活躍が期待されているが、大会初戦でスルーパスや直接FK弾を炸裂させ存在感を発揮したことで、韓国メディアからも熱視線を送られているようだ。
Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-00142883-soccermzw-socc

続きを読む

久保建英は世界屈指のサッカー選手になれそう?

10/11(木) 21:12配信
久保建英 同年代の世界ベスト60の一人に
イギリス紙『The Guardian』はFCバルセロナのフベニール(U-19)に所属するコンラ・デ・ラ・フエンテを2001年生まれの世界ベストプレーヤー60の1人に選出した。
アメリカ人ウインガーのコンラは現在、デニス・シルバ率いるフベニールAの主力選手としてUEFAユースリーグにも出場している。
マイアミ出身のコンラの最大の特長は爆発力にあり、それは相手守備陣のバランスを崩すための大きな武器となっている。
スペイン人選手からはマンチェスター・シティのエンリク・ガルシアとナビル・トゥアイジ、アトレティコ・マドリードのビクトル・モジェホ、スポルティング・ヒホンのペラヨ・モリージャが選出されている。
さらに注目すべき名前はFCバルセロナのカンテラを離れて現在、日本の横浜F・マリノスのトップチームでプレーする久保建英である。
その他には元ブラウグラナ、リリアン・テュラムの息子で現在、ASモナコに所属するチェフレン・テュラムも選出されている。
(文:SPORT)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00010016-sportes-socc

続きを読む

15歳・久保建英がU-20日本代表にも招集へ!3月予定の欧州遠征


U―20日本代表の内山篤監督(57)が3月20~28日に予定している欧州遠征で、FC東京U―18のFW久保建英(15)を招集する方針であることが分かった。
昨年12月のアルゼンチン遠征で初招集した際に、その能力を高く評価。3月の欧州遠征で、5月に開幕するU―20W杯韓国大会メンバーに入れるかどうかを判断する。
1月下旬にはU―20~U―15日本代表の合同スタッフ会議を実施。久保にはU―16以上のカテゴリーの招集資格があるが、日本協会関係者は「W杯を控えるカテゴリーを優先するという話になった。5月にW杯のあるU―20が最も優先順位が高く、次が10月にW杯のあるU―17になる」と明かした。所属するFC東京と連携をとりながら、久保の成長を促す最善の招集方法を模索していく。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00000131-spnannex-socc

続きを読む