久保建英

レアルさん、久保建英のレンタル再配置を検討している模様…

レアルがレンタル選手の状況を分析 「クボも例外ではなかった」

スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英のレンタル移籍を巡り、保有権を持つレアル・マドリードは“レンタル再配置”を検討していたという。レアル・マドリード専門メディア「ディフェンサ・セントラル」が報じた。
久保は9日のリーガ・エスパニョーラ第23節エスパニョール戦(0-1)で後半途中から出場。フィジカルコーチから「人種差別的なジェスチャー」を受けた可能性が指摘されており、海外メディアでも話題となっている。
その一方で、久保の去就についてレアルが検討していたと「ディフェンサ・セントラル」が報道。「レアル・マドリードは、冬の市場ですべてのレンタル選手の状況を分析し、タケフサ・クボも例外ではなかった」と伝えている。
昨夏レアルからマジョルカに期限付き移籍で加入した久保は、徐々に出場時間を増やし、11月のビジャレアル戦(3-1)で移籍後初ゴールを決めるなど存在感を発揮。コンスタントに出場しているものの、1月に入ってからはベンチスタートが増えていた。
記事では「クボは1月すべての試合に出場しているが、クボなしでチームがバレンシアに勝利(4-1)して以降、その重要性は下がっている」と指摘。「グラナダ戦では90分、バレンシア戦では10分、レアル・ソシエダ戦では19分、レアル・バジャドリード戦では31分、エスパニョール戦では25分出場。一方、カップ戦のサラゴサ戦ではフル出場した」と近況に触れている。
選手に対して「感触や狙いを問い合わせた」 最終的にマジョルカ残留を決断
そうした状況もあり、「レアルは他チームへレンタル再配置の可能性を検討し、さらに選手自身に対して感触や狙いを問い合わせた」と言及。「最終的に時間の経過とともにより多くプレーしているという考えのもと、マジョルカに残る判断をした。事実11月、12月はしっかり出場機会があり、主役を務め、ゴールやアシスト(1得点2アシスト)で決定的な仕事をしている」と指摘している。
久保の来季去就は不透明ながら、リーグ後半戦のパフォーマンスが影響を及ぼすのは想像に難くない。「マドリードでは彼に対する注目を続けており、日本人の状況を不快な思いとともに見守っている」と伝えるなか、18歳の日本人アタッカーは結果を残せるだろうか。
2/13(木) 18:01 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200213-00246446-soccermzw-socc

続きを読む

【動画】練習試合3試合3得点の16歳久保建英!J1開幕スタメンの可能性は・・・

◆練習試合 F東京1―1北京控股(6日、沖縄・糸満市陸上競技場)
F東京は沖縄2次キャンプ7日目の6日、中国2部リーグの北京控股(こうし)と練習試合を行い、FW久保建英(16)が2試合連続で得点し、1―1で引き分けた。今季初めてフル出場するなどコンディションも向上。24日の浦和とのJ1開幕戦(味スタ)スタメンへのアピールに成功した。
久保は鋭い眼光で蹴ったボールの行方を追った。後半13分、自身が得たPKを左足でミートし、ゴール右隅へズバッと決めた。「PKでしたが、どんな形でも結果を残せて良かったです」。0―1から追いつくチームにとっても重要な得点だった。
積極果敢なプレーが生きた。スローインからボールを受けるとドリブルで仕掛けて相手のファウルを誘った。主審がPKを宣告すると、すぐさまボールを抱え、キッカーの意思を示した。昨季、F東京U―23で記録した2得点は流れのなかから。練習試合とはいえトップチーム初のPK得点。ゴールにこだわる姿勢が表れた。
1月27日に途中出場したインドネシア王者バヤンカラFC戦で2得点したのに続く2試合連続ゴールとなった。「良かったと思います。先発で出てもサブで出ても結果を残すことが大事だと思います」。練習試合は3試合3得点。背番号を昨季の「41」からユース時代の「15」に変更した今季、好調を維持している。
若手主体で臨んだ北京控股戦は前半苦しみ、後半はペースを握った。「後半はほぼ全部、前から(守備に)行くようになり、相手のコートでプレーできたのが良かった」。2トップの一角として守備のスイッチを入れ、相手のミスも誘って主導権を奪い返した。
長谷川健太監督(52)は「前半は仕事してなくて、後半は仕事をした。後半はアグレッシブにやってくれた。ポテンシャルは持っている。あとは本人のやる気次第」と発破をかけながらも評価する。開幕戦まで3週間を切った。強化試合は10日の名古屋戦、17日の横浜M戦の2試合を残す。今季初めてフル出場した久保は「コンディションを上げていければ」と開幕スタメンを目指し、さらに調子を上げていく。(羽田 智之)
2/7(水) 6:05配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000349-sph-socc

久保くん、あるぞ!開幕スタメン 今季初フル出場で2戦連発 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00000056-spnannex-socc

続きを読む

【4戦連続ベンチ】久保は不振に陥っているのか?あるいは限界なのか?

マジョルカの久保建英(18歳)に関して、懐疑的な意見が聞こえてくる。
今シーズン、久保はレアル・マドリードと契約後、期限付き移籍でマジョルカに入団。昨年11月からはレギュラーの座を確保していた。
しかし今年1月に入ってから、バレンシア戦、レアル・ソシエダ戦、バジャドリード戦と途中出場が続いている。
スペイン国王杯のサラゴサ戦は先発したが、チームは精彩を欠いて敗れ、大会から姿を消した。
そして2月9日、第23節の最下位エスパニョール戦も、久保はリーグ戦4試合連続で先発から外れている。
1-0とリードを許した展開で途中出場するが、チームを敗戦から救えなかった。
久保は不振に陥っているのか。あるいは限界なのか。
結論から言うが、久保自身は不振でも限界でもない。
ピッチに立った時の久保は、チームの中で格別の存在感を示している。
技術的には圧倒的に優れ、それを出せるだけのパーソナリティーも誇示。
特に、右サイドでボールを持った時は、相手の緊張が伝わってくるかのようで、ファウル同然のタックルを多く受けている。
直近のエスパニョール戦も、63分に途中出場すると、右サイドで起点になった。
ボールを持って、巧みにリズムを作り出していた。警戒されて周りを囲まれると、左に回ってゴールラインまで侵入
終盤には2人を引きつけてファウルを得て、自ら突破し、完璧なクロスを折り返した。
しかし、チームとしての劣勢はどうにもならなかった。
実はマジョルカは、”化けの皮がはがれた”状態にある。
メンバーの半数近くが、2年前まで2部B(実質3部)にいた選手だ。
たとえば、(クラブ収入に応じてリーガ・エスパニョーラが使用可能額の限度を設定する)サラリーキャップでも
20チーム中ダントツ最下位で、補強はままならい。そもそも戦力的に、極めて厳しい状況なのだ。
マジョルカは1部で戦うために組織力を高め、序盤戦はプレーオフからの昇格組として野心的に戦った。
第9節までにエイバル、エスパニョール、そしてレアル・マドリードに勝利。
クロアチア人FWアンテ・ブディミルの健闘などもあって、勢いとしぶとさでどうにかわたり合ってきた。
11月には久保がビジャレアル戦で1得点1アシスト。3-1と貴重な勝利に貢献している。
ホームで勝ち点3を取れたことによって(アウェーは今も勝ち星がない)、降格圏をぎりぎり回避していたのだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200211-00885850-sportiva-socc
2/11(火) 6:00配信

どうなる久保、あざやか超精度クロスもアシストならず…エスパニョール戦タッチ集 Take Kubo 08/02/2020

続きを読む

【動画あり】「久保建英は相手を崩す素晴らしいアクション!」by海外メディア

苦境のマジョルカ、最下位エスパニョールに0-1で敗れ18位転落

マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間9日、リーガ・エスパニョーラ第23節エスパニョール戦でリーグ戦4試合連続のベンチスタートとなった。後半20分から途中出場したものの、チームは0-1で敗戦。最下位相手に敗れて3連敗となり、降格圏の18位に転落したなか、久保の“アシスト未遂”シーンを海外メディアは「素晴らしいアクション」と伝えている。
1月19日の第20節バレンシア戦(4-1)以降、リーグ戦でのスタメン落ちが続く久保は、この日も0-1とリードを許したなか、後半20分からピッチに投入された。今季アウェーゲームで未勝利のチームを奮い立たせるべく右サイドのチャンスメーカーとして送り込まれたが、攻撃は単発で、停滞した空気を一変させることができない。
そんな苦しい状況でも、久保は決定的なシーンを生み出す。後半41分、左サイドのタッチライン際で久保が倒されて得たFKの場面。久保はいったんその場を離れるも、キッカーを務めたMFダニ・ロドリゲスの外を回って縦へ。その動きに応じてダニ・ロドリゲスが短くパスを出すと、久保がドリブルを開始する。壁役だったエスパニョールMFマティアス・バルガスが素早く距離を詰めてくるも、久保はワンフェイクでボールを押し出し鋭く縦へ突破。次の瞬間、相手2人の間を割ったマイナス方向へのグラウンダークロスを送り、フリーで待ち構えたDFマルティン・ヴァリエントが左足を振り抜くも、シュートはクロスバーのはるか上に飛びゴールネットを揺らせなかった。
この“アシスト未遂”シーンを、海外サッカーサイト「BeSoccer」スペイン版は「久保の相手を崩す素晴らしいアクション」と速報。苦しい試合展開のなかで、日本人アタッカーが決定機を作ったことを伝えている。
最下位のエスパニョールに敗れて3連敗、勝ち点「18」で並ばれ順位も降格圏の18位に転落したマジョルカ。危機的状況のチームで序列を落としている久保は、15日の次節アラベス戦で悪い流れを変えるパフォーマンスを見せられるだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200210-00245889-soccermzw-socc

続きを読む

【悲報】マジョルカ久保建英、スペイン各紙は低評価…

エスパニョール戦で途中出場したマジョルカの久保(撮影・PIKO)
MF久保建英(18)所属のマジョルカは9日、アウェーで最下位エスパニョールに0-1で敗れた。
リーグ戦4試合連続途中出場となった久保のスペイン紙評価は際立つものにはならなかった。
久保は失点後の後半20分、サルバ・セビージャと代わって出場。左サイドで切れ味鋭い突破を見せ、惜しいラストパスを送り存在感を見せたものの、ゴールには結びつかなかった。
チームは23試合で5勝3分け15敗の勝ち点18。2部降格圏内の18位に順位を下げている。
マルカ紙は久保の評価について、1点(最高3点)をつけた。チームトップはサルバ・セビージャ、イドリス・ババ、ブディミールの3人で2点。それ以外の選手は全員、久保と同じ1点だった。
アス紙の評価もマルカ紙同様の1点(最高3点)。チームトップはマノーロ・レイナ、ヴァリエント、イドリス・ババ、サルバ・セビージャの4人で2点、その他の選手たちは全員1点となっている。
久保の今シーズンの1部リーグ成績は20試合1131分間出場、1得点1アシスト。先発出場は10試合となっている。
マジョルカは次節、15日にホームで14位アラベスと対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-02100632-nksports-socc
2/10(月) 18:16配信
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10031330
成績

どうなる久保、あざやか超精度クロスもアシストならず…エスパニョール戦タッチ集 Take Kubo 08/02/2020

続きを読む

マジョルカ久保建英のこれまでの展開が本田圭佑の分析通りになっている件!

https://www.sanspo.com/soccer/news/20190917/spa19091711080005-n1.html

>「論調としてはスペイン1部(マジョルカ)で戦った方がいいと…」と聞かれると、「それは素人の考えで」とキッパリ。
本田は「久保さんてめちゃテクニックがあるんで。うまいチームで生きるんですよ。 中位や下位のチームでやっちゃうと良さこれまでのが消えちゃって。守備に追われるなどしたら本末転倒かなと。
大活躍しないと(レアルには)戻ってこられない。それは思った以上に難しいんですよ」と説明した。
ガチで本田の予言通りになりそうな展開

続きを読む

マジョルカのコーチが取った"つり目ポーズ"が物議!


日本代表MF久保建英が所属するマジョルカのコーチが取った行動が、「人種差別を連想させる」として一部で物議を醸すこととなってしまった。イギリスメディア『ザ・サン』が9日に報じている。
マジョルカは9日にリーガ・エスパニョーラ第23節・エスパニョール戦を戦い、惜しくも0-1で敗れてしまった。その試合で久保は67分から途中出場を果たしたが、交代の際に久保を呼び出したコーチの行動が今回物議を醸している。
その行動というのも、ベンチからウォーミングアップエリアに向けて、コーチがまぶたを手で引っ張り、つり目にするジェスチャーを用いて久保に出場の旨を伝えたようだ。このジェスチャーは「つり目ジェスチャー」、「つり目ポーズ」などと飛ばれ、アジア人を形容するとして、人種差別の意味が含まれているとこれまでも話題になっていたジェスチャーだ。
ネット上でも話題となっているこの件について、同メディアは「テレビの映像はコーチがウォーミングアップ中の選手たちを見ている瞬間を拾い上げた。彼はジェスチャーの前に口笛を吹いていて、一部の視聴者は『久保の注意を引き付けているのでは?』との結論を見出している」と述べている。なお、この件について公式的な発表はいまだないため、意図的であるかは不明だ。
2/10(月) 10:57配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-01032335-soccerk-socc

続きを読む

【ハイライト動画】4戦連続途中出場の久保建英は不発・・・チームも3連敗


GOAL2/9(日) 21:52配信
4戦連続途中出場の久保は不発…残留争いの重要な一戦を落としたマジョルカが3連敗
日本代表MF久保建英が所属するマジョルカは9日、リーガ・エスパニョーラ第23節でエスパニョールと対戦した。
ここまで5勝3分け14敗で暫定17位のマジョルカが、同3勝6分け13敗で最下位に沈むエスパニョールとのアウェー戦を迎えた。残留争いのライバルとの直接対決、久保はリーグ戦4試合連続でのベンチスタートとなった。
試合序盤は一進一退の攻防に。マジョルカは8分、ボックス左からカレリに際どいシュートを放たれるも、GKレイナのファインセーブで失点を回避。ハーフタイムにかけてはボールを保持して能動的に先制点を狙っていったマジョルカだが、アタッキングサードでのクオリティと精度を欠き、なかなかシュートに持ち込めない。試合は0-0で折り返す。
迎えた後半、マジョルカは54分に正面の遠めからサルバ・セビージャが際どい直接FKを枠内に飛ばすも、GKディエゴ・ロペスにセーブされる。すると、マジョルカは58分に失点を喫する。右サイドを崩されると、ダルデルのクロスから最後はラウール・デ・トマスにヘディングシュートを叩きこまれ、ビハインドを背負った。
マジョルカのモレノ監督は、65分にセビージャを下げて久保を投入。投入された直後はボールに絡んだ久保だが、時間が進むにつれてなかなか良い形で受ける場面が減っていく。86分には左サイドで縦突破した久保が好クロスを供給するも、正面で合わせたヴァリエントはシュートを枠に飛ばすことができない。
結局、マジョルカは最後までゴールを奪うことができず、そのまま0-1で敗戦。痛恨の3連敗で、エスパニョールにも勝ち点で並ばれている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00010025-goal-socc

続きを読む