久保建英

久保建英のバルサ復帰報道に海外メディアも大注目!


FC東京のU-21日本代表MF久保建英が来夏にバルセロナへ復帰する見込みだと報じられており、海外メディアからも多くの注目を集めている。
久保は10歳でバルセロナの下部組織に入団。しかし、2014年にバルセロナがFIFAから18歳未満の選手移籍に関する規定違反による罰則を受け、試合に出場できなくなったため、翌年にFC東京の下部組織へと移籍した。17年には16歳でトップデビュー、昨夏から横浜F・マリノスへの期限付き移籍を経て、今季FC東京に復帰していた。
6月4日に18歳の誕生日を迎えるため、国際移籍が可能となる。そして、海外メディアは久保のバルセロナ復帰をこぞって報じている。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」はマンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンからも関心を寄せられていたなかで古巣への復帰を本人が決断したとし、来季のバルサB加入が成立する見通しだと伝えている。
フランスメディア「フット・メルカート」も、「“日本のメッシ”の目的はバルセロナへの帰還を見据えながら日本で成長を続けることだった」と報じている。また、トルコメディア「SPOR ARENA」は「世界各地に派遣しているスカウトを通じて将来のポテンシャルを特定するバルセロナは、日本で才能を発見していた」と久保について触れると、「久保は日本に帰らなければならなかったが、バルサは彼を見守ることをやめなかった」と綴り、退団後も継続して注視していたことを指摘していた。
Jリーグで新シーズンを迎える久保だが、去就を巡る動向が大きな注目を集めることになりそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00170567-soccermzw-socc

続きを読む

久保建英、レアルに移籍して東京五輪に出られない?


皮肉にもスペインの名門レアル・マドリードへの移籍決定が、18歳MF久保建英の東京五輪出場を阻む障害となりそうだ。久保は南米選手権(ブラジル)で1次リーグC組のチリ戦(17日=日本時間18日)に先発しフル出場。18歳13日で日本代表の公式戦最年少出場記録を更新した。試合は0-4の惨敗だったが、90分間で26本のパスを通し、9本のドリブル突破を演じた久保の評価は急上昇。活躍すればするほど、レアルが来年の東京五輪派遣に難色を示す可能性は高くなる

惨敗の中でも、18歳は紛れもなく日本代表の“主役”を務め、一筋の光明となった。前半11分、相手MFプルガルと対峙し、あっさり股を抜くと、そのままドリブルで驀進。これには普段辛口で鳴る各スペイン紙も“あっぱれ”を連発した。
0-2で迎えた後半20分には、2人をかわして得意の左足でシュート。しかし外側からサイドネットを揺らすにとどまり、両手で地面をたたいて悔しがった。
久保は試合後、「(ドリブルでは)何も考えず(相手を)すらすら抜ける」、「(シュートを)決めていれば、こっちの時間帯だった」と強気なコメントを並べた。
森保一監督(50)も久保に関しては「相手の守備を混乱させるだけのプレーはした」と評価。久保だけはFIFA(国際サッカー連盟)ランキング28位の日本にあって、同16位の南米の雄チリに対して貫禄負けするところはなかった。
久保が活躍すれば、移籍先のレアルの見る目の確かさが証明されることにもなる。
今回、久保サイドが交渉した複数のビッグクラブのうち、古巣でもあるバルセロナは年俸25万ユーロ(約3000万円)、2年間Bチーム限定での出場を求めたのに対し、レアルは破格の年俸200万ユーロ(約2億4000万円)、Bチームでのプレーを最短で1年間にとどめることができる条件を提示。
バルセロナでは、久保に提示した年俸3000万円がほぼBチームの選手の上限。レアルのBチームには5000万-6000万円の有望株も含まれているが、それにしても2億4000万円は破格、例外中の例外である。
となると、レアルは久保の商品価値を高めるため、細部にわたって久保を拘束するのは必至。「問題は来年の東京五輪です」と日本協会関係者が眉をひそめる。
FIFAが管轄するサッカー界ではあくまでW杯が最高峰で、五輪への選手派遣を各クラブに強制することはできない。特に近年、欧州のビッグクラブになるほど、五輪への選手派遣に消極的。国際オリンピック委員会(IOC)とFIFAには相いれない部分があり、IOC側にも「アマチュアの祭典である五輪に、べらぼうな年俸をもらっている選手が参加するのはいかがなものか」との批判的な考えが根強い。
2019.6.20 夕刊フジ
http://www.zakzak.co.jp/smp/spo/news/190620/scr1906200001-s1.html?ownedref=genretop_all_newsList01

続きを読む

久保建英のバルセロナ復帰はガセネタ!?


「クラブ間の話し合いは、現状ではまったくない」
日本に残るのか、それとも10歳から13歳まで過ごしたバルセロナに帰還するのか。
現地時間2月14日、スペイン紙『Mundo Deportivo』が、久保建英が18歳となる今年6月にバルセロナへ復帰することで基本合意したと報じた。これを受け、FC東京の大金直樹社長が2月15日の練習後に取材に応じた。

日本の未来を担うであろう至宝の動向について、大金社長は「まったく何も動きがないなかでの報道でしかない。クラブからどうとか、本人もそういう話にはなっていないということなので、まあガセネタというか。どういう意図で出されたのかよく分わからないというのがクラブとしても受け止め方です」と『Mundo Deportivo』紙の報道を否定。さらに、「バルセロナとうちがクラブ間で話をしているかと言えば、それは現状ではまったくないです」と明言した。
また、今後の動きについては「リーグ戦も始まってワールドユース(U-20ワールドカップ)もあったりするので、そのなかで変化があるかもしれませんが」と含みを持たせたものの、現時点で具体的な話は来ていないという。
久保は川崎の下部組織に所属していた2011年8月にバルセロナのカンテラに加入。しかし、2014年に国際サッカー連盟(FIFA)で原則禁止とされる18歳未満の外国人選手を獲得した̚ことでバルセロナが制裁を受けた。久保もその対象選手となり、スペイン国内での試合出場が禁止になると、2015年3月に帰国してFC東京の下部組織に所属し、17年にトップチームに昇格。昨シーズン途中からは期限付き移籍で横浜F・マリノスでプレーしていた。
2/15(金) 15:06 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00054163-sdigestw-socc

続きを読む

バルサ贔屓紙の久保建英への皮肉っぷりがスゴイw


レアルに移籍した久保をバルサ贔屓紙が過剰に批判 「魚の乗っていない寿司を…」
日本代表MF久保建英は現地時間17日、コパ・アメリカ(南米選手権)初戦のチリ代表戦で初の先発フル出場を飾った。一方、試合は0-4で大敗を喫したことから、バルサの贔屓紙は、宿敵レアル・マドリードへの移籍が決定した久保に対し、日本発祥の食材を引用した独特な表現で皮肉な言葉を送っている。
コパ・アメリカ初戦で4-2-3-1システムを採用した森保一監督は、レアル移籍が決定し注目を浴びる久保をトップ下に起用。前半12分に相手MFエリック・プルガル(ボローニャ)へ華麗な股抜きを披露すると、後半20分にはバルセロナMFアルトゥーロ・ビダルを含めた相手守備陣3人を置き去りとするドリブル突破でゴールを脅かし、大会連覇中の王者を相手に存在感を見せた。
しかし、バルサの贔屓紙として知られる「ムンド・デポルティーボ」は、「久保はワサビよりも胃に優しい」と見出しを打って報じ、日本発祥であるワサビを引用して、久保の攻撃に迫力が欠けていたことを表現。「彼は“日本のメッシ”というラベルが貼られているが、ワサビよりも胃に優しい少年には荷が重すぎる」と指摘している。さらに、「現時点の久保は刺身ではなくガリに過ぎない」と立て続けに比喩表現を羅列していた。
また、「ビダルはマドリードの新たなアイドルに対し、実績を見せつけた」と綴り、「魚の乗っていない寿司を食べられなかったことに対し、それほど悲観的になる必要はない」と、かつてバルセロナの下部組織で育った有望株に対し、過剰な反応を示していた。裏を返せば、それだけバルセロナサイドは久保のレアル移籍に心を痛めたということなのかもしれない。
フットボールゾーン6/20(木) 12:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190620-00197831-soccermzw-socc

続きを読む

セルジオ越後さんの酷評に賛同続出!?


現地時間6月17日に行われたサッカー南米選手権「コパ・アメリカ」で、日本代表はチリ代表に0対4の大敗を喫した。多くのメディアが敗戦を伝えつつ、初めて先発出場した久保建英選手を取り上げており、偏向的な報道にサッカーファンから疑問の声が相次いでいる。
久保は今月14日、スペインの名門クラブであるレアル・マドリードへの移籍が発表されたばかり。経歴を振り返ると、2011年から15年まで同じスペインのFCバルセロナの下部組織・カンテラに加入。帰国後の15年からはFC東京U-15むさしに加入し、17年には16歳という若さでFC東京とプロ契約を結んで注目を浴びた。
過熱ぎみの報道姿勢に久保本人も戸惑いを隠せない様子で、そんな状況に苦言を呈したのが今月9日に行われたエルサルバドルとの親善試合。久保は代表デビュー戦を2対0の白星で終えたが、試合後のインタビューで「アップの時とかベンチばっかカメラあって気まずかったんですけど、結果的にデビューできて良かったです」とコメントしている。
またサッカー解説者のセルジオ越後氏も、エルサルバドルとの試合後に声を上げたひとり。セルジオ氏はウェブサイト「サッカーキング」で、永井謙佑選手による2得点の活躍が一面の見出しにならなければおかしいと苦言。続けて「これはメディアの姿勢の問題。久保に責任はなく、気の毒だ。スポーツを芸能と同じやり方で報道していては、国としてサッカーの成長は無い」との見解を示した。
17日のチリ代表戦で久保が先発出場を果たしたことで、久保にクローズアップするメディアが続出。だがセルジオ氏は「日刊スポーツ」のコラムで、「久保も完全フリーにならないと、持ち味が出し切れなかった。Rマドリードへの移籍で騒がれているが、この試合を見る限りはトップチームへの昇格はお預けだな」と厳しい評価を下している。
サッカーファンからも報道メディアへの疑問の声が相次ぎ、ネット上には「報道に冷や水を浴びせるという意味でも、セルジオさんがズバッと久保を評価したのは良いことだと思う」「久保を祭り上げて期待ばかり持たせてしまっては、せっかくの才能を潰しかねない」「メディアが久保人気に便乗しすぎ。もう少しほかの選手と平等に扱うべきでは?」といった意見が上がっている。
世界でも1、2位を争うビッグクラブであるレアル・マドリードに移籍することで、さらに報道が過熱していく可能性はある。淡々とメディア対応をこなす久保ではあるが、今後、状況は変わるのだろうか。新天地ではカメラを気にせず存分に実力を発揮してほしい。
(文=編集部)
https://biz-journal.jp/i/2019/06/post_28416_entry.html

続きを読む

30年以上ブラジルサッカーを取材する記者が驚く久保建英の「会見力」!


◆南米選手権1次リーグC組第1戦 日本0―4チリ(17日、ブラジル・モルンビースタジアム)
FIFAランキング28位の日本代表は、1次リーグ初戦で大会3連覇を狙う同16位のチリに0―4で完敗した。初先発したMF久保建英(18)=Rマドリード=はトップ下でフル出場。
3人抜きでゴールに迫ったがシュート2本に終わり、金田喜稔の最年少ゴール記録(19歳119日)更新はお預けとなり、悔しさをにじませた。
堂々としていたのはプレーだけではない。30年以上ブラジルサッカーを取材する沢田啓明通信員(63)が、初取材となった久保の試合後の大物ぶりを「見た」―。
まるで南米のベテラン選手のようだった。試合後のミックスゾーン。スターの言葉を聞こうと殺到する大勢の日本人記者を前に冷静に答える姿にも十分関心させられたが、さらに驚いたのはチリ人記者が質問しようとした時のこと。
「スペイン語の質問はあとひとつだけ受け付けます」と流ちょうなスペイン語で平然と言い渡し、自ら記者会見を仕切って見せたのだ。
ブラジルでは下部組織時代から有名だったFWネイマールのように10代でも堂々としている選手は珍しくない。
だが異国の地で、しかもRマドリード移籍で注目が集まる中、自ら主導権を握って受け答えする18歳に「日本人にもこんな選手が出てきたのか」と目を見張った。
ブラジルでも注目度は高い。同国最大の週刊誌「ヴェージェ」は電子版で「なぜ『日本のメッシ』と呼ばれるかをプレーで示した。彼は日本サッカーの期待の星だ」と伝え、
ネットメディアの「ガゼッタ・プレス」も「日本の宝石はチリ戦で素晴らしいプレーを見せた」と絶賛した。KUBOのインパクトは日本だけでなく、南米でもとどろいている。(沢田啓明通信員)
6/19(水) 6:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000274-sph-socc

続きを読む

久保建英よりも、やっぱり小野伸二のほうがスゴイ?


中田浩二が「奇跡的」と語る黄金世代
世界2位の快挙から20年……今だから語る「黄金世代」の実態第9回:中田浩二(3)
1999年のワールドユースについて語る中田浩二
1999年のFIFAワールドユース(現在のU-20W杯)・ナイジェリア大会で準優勝を果たし、2002年日韓W杯でベスト16進出を果たしたフィリップ・トルシエ監督は、
05年1月、”フラット3″の体現者のひとりであった中田浩二を、当時指揮していたマルセイユに「助っ人」として獲得した。
そこには、中田への強い信頼感が見て取れる。
当時、海外へ渡り活躍していた日本人選手は中盤の選手が多く、ディフェンダーとしての海外移籍は非常に稀だったのだ。
「ナイジェリアワールドユースから世界を意識し始めて、代理人をつけました。
2年後に(小野)伸二、イナ(稲本潤一)、タカ(高原直泰)が海外に出ていって、
自分も早く彼らに追いつきたい、追い越したいという気持ちが強かったです。
05年にようやくマルセイユに移籍できましたけど、僕らの時は本当に海外移籍のハードルが高くて大変でした。今じゃ考えられないですけどね(苦笑)。
伸二たちが海外に行って結果を出したからこそ、今の選手が海外に行きやすくなったのは間違いないと思います」
中田はマルセイユに移籍後、06年1月にスイスのバーゼルに移籍した。07-08シーズンではリーグ優勝とスイスカップの2冠を達成し、08年に鹿島に復帰。
その後も鹿島でプレーしつづけ、14年に現役を引退した。
「もう少しやりたい気持ちはありましたよ。現役を続けている選手がうらやましいし、先にやめる悔しさもあった。でも、それがめちゃくちゃ大きいかと言えばそうじゃない。
僕は、サッカー選手として自分が思い描いていた以上のキャリアを残せたし、他のチームに移籍するという選択肢もなかった。
自分の中でやめるタイミングだなって思ってやめることができたので、そこは幸せだったなと思います」
昨年、同じチームで苦楽を共にしてきた小笠原満男が引退した。鹿島の象徴たる選手がユニフォームを脱ぐ姿を見て、中田は「寂しい」と思ったという。
「まだできると思っていたんでね……。ただ、伸二やイナ、モト(本山雅志)はまだ現役でプレーしている。
カテゴリーを変えながらもサッカーをやり続けているのは本当に尊敬ができるし、すごいこと。
いつか終わりが来るけど、やれるまでがんばってほしい。僕は、あっさりやめたんで(苦笑)」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190619-00863020-sportiva-socc
6/19(水) 6:37配信

【小野伸二】ワールドユース 当時19歳 世界レベルのテクニック

小野伸二18歳 日本代表デビュー戦ダイジェスト

続きを読む

バルサ関係者が明かす久保建英との交渉決裂の舞台裏・・・


18歳の誕生日を迎え争奪戦が勃発
全ては一枚のパンフレットから始まった。そこには、「この大会でMVPに選出された選手は、バルセロナと試合をするチャンスが与えられる」と告知されていた。
バルサという文字に心が躍った久保建英はすぐさま応募した。もうそれからはとんとん拍子で、実際にMVPに選出されてその権利を勝ち取ると、マシア(バルサの下部組織の総称)のテストを受けるチャンスを手にし、そしてそれをモノにした。
10歳になったばかりの久保は、こうして海を渡ってのスペインでの挑戦をスタートさせた。
「怖さはない。サッカーをするチャンスを与えられたという事実が、僕にとっては全てだった」
いまから数年前に当時をこう振り返っていた久保だが、バルサからレアル・マドリーへと挑戦の舞台を変えた今回もまた、心境は全く同じであるはずだ。
久保がバルサのトップチーム昇格を目指す挑戦は、18歳未満の選手の獲得および登録に関する規定違反が発端となったFIFAからの制裁により、棚上げとなったのは周知の通りだ。
「チームメイトが勝利する姿を見て、手放しで喜べない自分がいた」
制裁により公式戦に出ることができなかった当時を、久保は『Goal.com』でこう回顧している。
こうしてポーランド国籍を取得したアメリカ人ベン・レデルマンを除いて、同じ状況に置かれた他のチームメイトとともに、久保はマシアを去っていった。
しかし久保の類稀なる才能を認識するバルサは、日本に帰国してFC東京に入団した後も、その成長ぶりを調査し続けた。クラブが思い描いていた青写真は、18歳の誕生日を迎えるのを待って呼び戻すことが既定路線だった。
しかし久保の才能に熱視線を注いでいたのはバルサだけではなかった。パリSGやマドリーといったライバルクラブも扉をノックしていたのだ。争奪戦が勃発すれば、選手側の要求も上昇するのが市場の原理だ。
久保の場合もそうで、バルサ側が提示した条件に応じず、交渉は難航を極めた。
「年俸100万ユーロ(約1億3000万円)と入団2年目のトップチーム昇格を要求してきた」
スポーツ部門の関係者はその内情をこう明かす。しかしバルサは年俸を25万ユーロ(約3250万円)に上限を定め、トップチームの座も入団時から確約できないと、いずれの要求も突っぱねた。
「久保はEU圏外の選手だ。その枠は現在、アルトゥール、マウコム、アルトゥーロ・ビダルの3選手で埋まっている。マドリーも同じ状況なんだがね」としたうえで、下部組織の関係者はこう語気を強めた。
「将来のことなんて誰にも分からない。我々にとってはリスクの高いローンに縛られるようなものだった」
6/17(月) 20:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190617-00060207-sdigestw-socc

続きを読む

スペイン各紙の久保建英の大絶賛っぷりがヤバイ!


スペイン各紙が久保建英を絶賛「ハイレベルを証明」
<南米選手権(コパ・アメリカ):日本0-4チリ>◇17日(日本時間18日)◇1次リーグC組◇ブラジル・サンパウロ
MF久保建英(18=レアル・マドリード)の日本代表先発デビュー戦をスペイン紙が絶賛した。
マルカは「日本代表として初めての先発。輝かしい1週間になった」と、13日に移籍したことを絡めて伝えた。
前半に股抜きで相手を華麗にかわしたシーンでは「前半最高のプレー」として「日本の『21』番を知らないチリ人を含めた2万人が押しかけたスタジアム全体をわかせた」と、
名前を知らしめた芸術的なプレーだったと報じた。
また、アス紙でも「すべての面でハイレベルであることを証明した。敗戦にも攻撃の中心で質の高いプレーを見せてゴールに迫った」と、
18歳とは思えないプレーを見せたと伝えた。さらに「(点差がついても)彼は動きを止めず、ゴールを狙い続けた。(敗戦濃厚の)状況は関係なかった。
常に顔を上げて自分のスタイルを貫いた」と諦めないプレーを称賛。「これは偉大な選手の特徴」とスターに必要な要素を兼ね備えていると報じた。
日刊スポーツ 2019年6月18日18時49分
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201906180000685.html

続きを読む