乾貴士

【動画】乾貴士が2試合連続ゴール!メンディソローサのファンを魅了!

乾が2試合連続ゴールでメンディソローサのファンを魅了
ラ・リーガ・サンタンデール第27節アラべス対エイバルの一戦が現地時間9日(土)13:00(日本時間21:00)からエスタディオ・デ・メンディソローサで開催され、1-1で引き分けた。
元日本代表MFの乾貴士が2試合連続ゴールを決め、メンディソローサのファンを魅了した。
前節のビジャレアル戦で今季初ゴールとなる決勝点を記録した乾は、この試合でも右サイドハーフで先発起用され、フル出場を果たした。また、この試合は乾にとって昨シーズンまで所属したエイバルとの古巣対戦となった。
注目の乾の最初の見せ場は26分、ペナルティボックス内でパスを受け、得意な角度からシュートを放ったが相手DFにブロックされた。
38分には、乾同様古巣対戦のアラべスFWボルハ・バストンがボックス内で強烈なシュートを放つがGKがセーブした。
前半をスコアレスで折り返した両チームは、乾が49分に見せ場を作る。コーナーキックのサインプレーでボールを受けた乾は、右足を振り抜くがボールはわずかに枠を外れた。
そして乾がホームスタジアムのファンの前で輝きを放つ。58分、相手CKからのロングカウンターからジョニーのスルーパスを受けた乾が、巧みなキックフェイントでキーパーを欺き先制点をもたらした。(1-0)乾の2試合連続ゴールはメンディソローサでの初ゴールとなった。
失点を喫したエイバルは、バルセロナからローン移籍中のマルク・ククレジャを投入し攻勢を強める。リーガ4位のボール保持率を誇るエイバルは、71分にオレジャーナの折り返し途中出場のマルク・カルドナが決めて同点に追いついた。(1-1)
エイバル監督のホセ・ルイス・メンディリバルの采配が的中した。
試合はこのまま1-1で終了し、今季ホームのメンディソローサでは6勝5分1敗と無類の強さを見せるアラべスだがCLの出場権獲得に向け足踏みとなった。
(文:SPORT)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00010016-sportes-socc

続きを読む

スペイン各紙が乾貴士の2戦連続弾を絶賛!「GKを欺く魔術師」「ベティスにいた時と真逆」

前節に続いて2試合連続弾

現地時間3月9日に開催されたラ・リーガ第27節、アラベスvsエイバルの一戦は、1-1のドローに終わった。この試合で先制点を叩き出したのが、アラベスの乾貴士だ。
4-4-2の右サイドハーフで先発した日本代表MFは、0-0で迎えた57分、自陣のペナルティーエリア付近でホニにパスを出し、そのまま敵のゴール前まで駆け上がる。
そして、ホニからリターンパスを受けると、そのまま敵陣深くまで持ち込み、一度シュートフェイントをかけてGKを倒してから、落ち着いてネットを揺らした。
これでアラベスでの初得点となった前節のビジャレアル戦に続いて、2試合連発。古巣のエイバルに強烈な恩返しをした格好だ。この技ありゴールをスペイン・メディアがこぞって称えている。
『As』紙が「大きなフェイントでGKを欺いた」と報じれば、『La Vanguardia』紙は「イヌイが難しい角度から見事に決めた」と称賛。『Marca』紙も「(GKの)ドミトロビッチの裏をかくクレバーなシュートだった」として、最高評価となる星3つを与えている。
1週間前と同じく、ホニからのアシストを巧みにゴールへ流し込んだ乾の評価は高まるばかり。3試合連続ゴールが懸かる次節の相手は、現在最下位に沈んでいるウエスカだ。
3/10(日) 6:00配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190310-00055272-sdigestw-socc

2戦連続弾の乾貴士、ジョニーと共に最高評価! スペイン紙「GKを欺く魔術師」
スペイン紙『マルカ』は、乾とジョニーの2選手に3段階中「星3つ」の最高評価を与えている。
一方で、スペイン紙『アス』は「ゴールキーパーを欺く魔術師」として、2戦連続ゴールを決めた乾を称賛している。
3/10(日) 0:18配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190310-00312537-footballc-socc
アラベス乾、古巣GK翻弄の“無角度”フェイント弾に現地称賛 「重要だと感じさせた」
「乾貴士はベティスにいた時と真逆だ。キケ・セティエン監督の元で得られなかった出場機会を求めて、エリオポリス(ベティスの本拠地)を去り、アラベスへ向かった。
アベラルド監督の元で、彼はもう一度重要だと感じさせた。シーズン終盤までヨーロッパの舞台の切符を争っているほどだ。
そして土曜日(9日)、乾は人々に証明してみせた。後半、ほとんど角度のないところからドミトロビッチを欺く巧みなゴールを決めたのだ」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190310-00175112-soccermzw-socc

続きを読む

「(乾がいなくても)代わりに出場する選手がる。その選手が活躍すれば乾は苦しむことになる」byエイバル監督


クラブは外交上の問題のために日本政府からの申し出を受理したが、ホセ・ルイス・メンディリバル監督ら現場は混乱している様子。1日のビジャレアル戦を前に会見に臨んだ指揮官は不信感を語っている。公式サイトがコメントを伝えた。
エイバル監督
「我々には代わりに出場する選手がいて、もしその選手が活躍すれば乾は苦しむことになるだろう。 私はどの選手にも信頼を置いているが、誰かを特別視することはない」
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?212633-212633-fl

続きを読む

「メッシ級ゴール!」「まさに魔法!」乾貴士、スペインのトレンドワードに!


乾貴士、スペインに旋風巻き起こす!「Inui」がSNSのトレンドとなり「メッシ級ゴール」「まさに魔法」など称賛続出
アラベスに所属する日本代表MF乾貴士が、スペインで時の人となっている。
乾は9日のリーガ・エスパニョーラ第27節、ホームに古巣エイバルを迎えた一戦で、チームの先制点を記録した。58分、速攻からMFジョニーが右サイドを突破し、ペナルティーエリア内右に走り込む乾にパス。ボールを受けた乾は一度フェイントを入れ、引っかかったGKディミトロビッチに尻餅をつかせると、ディミトロビッチとゴールポストの間にボールを通して見事ネットを揺らしている。前節ビジャレアル戦(2-1)で決勝点を記録した乾にとっては、これが今季2ゴール目となった。
その後アラベスはエイバルの同点弾を許してしまい、結局1-1で試合を終えることになったが、乾のゴールはスペイン国内に衝撃を与えている。
乾のゴール直後、スペインでリーガの試合を放送する『Beinスポーツ』の実況や解説は「センセーショナルなゴール」「見事なフェイント」など乾のフィニッシュを絶賛。それはSNSでも同じで、スペインの『ツイッター』では「Inui」がトレンドワードとなり「乾の今日のゴールはメッシ印」「あのフェイントはまさに魔法」「今節のベストゴールだろう」など称賛の言葉があふれた。
その一方で、乾が今季前半戦に在籍したベティスのサポーターらしき『ツイッター』ユーザーは、「なぜベティスは乾を生かせなかったのだろうか」「欧州カップ出場を争うライバルに何て贈り物をしてくれたんだ……」と、乾を生かすことができなかった自クラブに対して批判の矛先を向けていた。
またスペインのスポーツ紙『マルカ』の採点で、乾はジョニー、エイバルFWマルク・カルドーナと並び、最高点となる3点をつけられている。同紙は日本人MFのフィニッシュが「天才的」なものであったことを強調した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00010009-goal-socc

続きを読む

「VARはいらないと思う・・・」by乾貴士


<スペインリーグ:ウエスカ1-3アラベス>◇16日◇ウエスカ
日本代表MF乾貴士が所属するアラベスはアウェーでウエスカに3-1で勝利した。
乾はフル出場したものの3戦連続のゴールはなかった。
試合後の乾の一問一答は次の通り。
-終盤に得点とチームは強い
「そうですね。セットプレーもあるけど、ツキや運などいろんな要素がある。結果勝てていることが一番、いいんじゃないですか」
-加入後チームは無敗
「まあ、今のところはね。どっかで負ける時が来るかもしれないけど、できるだけ長く、勝ち点を多く与えることが自分の仕事だと思っている。
それが出来ていることには満足しているけど、自分の出来としてはまだまだ良くしていかないといけない。また、これからっすね」
-今日のパフォーマンス
「難しいところはあった。相手も守りのチームでこっちも守りのチーム、お互いにカウンター狙いのチームなので、お互いがそういう感じだと良さを出しきれない。難しいところはある。とにかく今は勝てていることが一番」
-VAR
「俺はいらないと思う。どんだけ判定が覆っても、こっちが有利になってもなんか後味が悪い。それなら審判がしっかりやってくれよとしか思えない。VARが必要なのかと言われたら、俺は必要じゃないという意見に」
-日本代表、前回は悔しさがあったと言っていた
「チャンスはあると思うしそこで、見せられればいい。チャンスをつかむしかない。今は選ばれるか選ばれないかの微妙な立ち位置にいると自分自身感じている。
今回、元気(原口)とか選ばれてなかったり、主力の何人かが抜けている。そういうのがあって自分は選ばれていると感じている。ベストメンバーになった時にしっかり選ばれたいと思う。
とにかく、これを続けて行くこと、試合に出ていれば見てくれていると思う。しっかりやれることをやってまた代表に戻りたい。代表ではポジション争いもあるしそこでもしっかりやっていきたい」
-コロンビアの思い出
「俺はそんなにない。その前の大会、5年前も戦っていない。そんなにない。この前勝ったってだけで俺なんかより真司(香川)とかのが思い入れがあると思う。俺が言うことは特にない」
-香川選手と再びプレー
「うれしいですよ。真司らと一緒に入れたのはすごくうれしい。欲を言えばオカちゃん(岡崎慎司)だったり、キヨ(清武弘嗣)だったりそういう選手ともまたやりたい。
自分がしっかり頑張っていればそういうチャンスはまたあると思うのでしっかりやっていきたい」(山本孔一通信員)
2019年3月17日1時56分 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201903170000010.html

続きを読む

【動画】先発フル出場の乾貴士、先制点に繋がるFK獲得!「ウエスカ×アラベス」試合結果!


ウエスカ 1-3 アラベス
ラ・リーガ・サンタンデール第28節
ラ・リーガ・サンタンデール第28節が現地時間の16日に行われ、日本代表MF乾貴士が所属する5位アラベスがアウェイで最下位ウエスカと対戦し、1-3で勝利を収めた。
乾は右MFで先発し、アラベスに移籍後6試合連続の先発出場。試合終了までプレーした。乾はポジションを左や中央に変えながら、積極的にボールに絡む。また、積極的にドリブルで仕掛け、スルーパスを出すなど、チャンスを作った。
いきなり乾がチャンスを作る。7分、右サイドをドリブルで駆け上がった乾が倒され、FKを獲得する。このFKに中央のこぼれ球からペナルティエリア右にいたDFシモ・ナバーロがシュートを放つも、GKに止められた。
だが、コーナーキックになると思われたが、試合が一時中断。主審がVARで映像を確認すると、ウエスカDFマルティン・マントヴァーニのハンドの判定となり、アラベスがPKを獲得。これをFWジョナタン・カレリが決め、アラベスが先制した。
だが13分、ウエスカが同点に追いつく。右からのアーリークロスにFWエセキエル・アビラがヘディング。だが、アラベスのナバーロが手で触れてしまい、ハンドの判定。ウエスカがPKを獲得した。これをアビラが決め、ウエスカが早くも同点に追いついた。
序盤はアラベスペースも、シンプルにボールを前に蹴るウエスカが徐々にペースをつかむ。57分、センターライン付近でウエスカが奪うとカウンターを発動。左サイドへと繋ぎ、左からのクロスにMFアレックス・ガジャルが合わせるも、これはゴールの遥か上に外れた。
だが、終盤にアラベスがチャンスを掴む。80分、右サイドのロングスローからDFギジェルモ・マリパンがニアでフリック。これをファーサイドに走りこんできた途中出場のFWヨン・グイデッティが右足で合わせた。これが決まり、アラベスが終盤にリードを奪った。
さらに86分、左サイドで受けたMFワカソ・ムバラクがディフェンスラインの裏に抜け出したカレリに絶妙な浮き球を供給すると、カレリがワントラップでペナルティエリア内に侵入。右足を振り抜くと、ゴールに突き刺さった。
これで試合は終了し、アラベスが3-1で勝利した。これでアラベスは乾が加入後、6試合負けなしとなった。アラベスは次節2位アトレティコ・マドリーと対戦する。
【得点者】
11分 0-1 ジョナタン・カレリ(アラベス)
14分 1-1 エセキエル・アビラ(ウエスカ)
80分 1-2 ヨン・グイデッティ(アラベス)
86分 1-3 ジョナタン・カレリ(アラベス)
3/16(土) 23:00配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190316-00313658-footballc-socc

続きを読む