内田篤人

内田篤人がサポーターと口論…「感謝していますよ!でも・・・」


1-1の引き分けに終わった川崎フロンターレ戦の試合後、鹿島アントラーズDF内田篤人がアウェーゴール裏の鹿島サポーターと口論になる一幕があった。その後、大勢の報道陣に囲まれた常勝軍団の新主将は「感謝しています」と述べつつ、「みんなを守らないといけない」とリーダーとしての思いを明かした。
ホームで迎えた開幕戦は昇格組の大分トリニータに1-2で敗戦。まさかの金星献上にサポーターからは大きなブーイングが向けられた。「前節のブーイングだったりね、厳しい声は受け入れます。ホームだし」。自身は出場機会はなかったが、不甲斐ない戦いへの思いはしっかりと受け取っていた。
しかし、この日は2連覇中の川崎Fとのアウェーゲーム。そのうえ守備に手応えを感じながらの引き分け。厳しい声には違和感があった。「今日の戦い方に関して、ああだこうだ言われるのは、僕はキャプテンマークを巻いていますけれど、そこはちょっと納得いきませんでした」。そう経緯を明かした30歳は次のように続けた。
「平日に応援に来てくれる、Jリーグを見てくれる、サッカーを見てくれる、それは本当にありがたい。ただ、アウェー(で相手)のサポーターが見ている中で、自分たちのサポーターにブーイングをされるというのは『鹿島うまくいっていないんだな』と思われても仕方ない。そこは隠してでも次に向かわないといけない。選手だけではなくサポーターも」。
熱狂的なサポーターを抱えるシャルケでプレーしてきた内田が強調するのは“関係性”の大切さだ。「もういっこレベルの高い話かもしれませんが、そういう関係性を築いていきたいなと思いました。僕も向かっていきましたけれど、笑いながら話せる代表者がいてくれてもいいかなと思います」。むろん、敵対しようというわけではない。
「でも、感謝していますよ。そういう声で僕なんかもやってきて、若い選手のプレッシャーだったり、チームとして勝たないといけないという雰囲気を作ってくれる。そういうのはあったほうがいい。ただ、みんなを守らないといけないので、僕は。チーム自体をね、だから言いました」。
国内外の大舞台を数多く経験し、サポーターの大切さを知るからこその言葉。今季新たにリーダーを任された30歳は自身のコンディションだけでなく、ピッチ上のパフォーマンスだけでもなく、サポーターも含めたクラブ全体のレベルアップを目指している。
3/2(土) 0:30配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-33767910-gekisaka-socc

続きを読む

シャルケ内田、CL圏内に自信!?「まぁシャルケの、CL圏内力(笑)」

ダービー完敗も、気持ちをみせた内田「死んでも出ようと思っていた」

ダービー完敗も、気持ちをみせた内田「死んでも出ようと思っていた」



「なんだろうね。今日はハーフタイムもすごく元て、気がなく監督が『お前らどうしたんだ?』みたいに言っていて。そういうのは珍しいんだけどね」
「一番燃える。長くいれば、いるほど、シャイセ・ドルトムント(ドルトムントのクソったれ)という感じ。 (今日負けたのは)悔しい、シャルカーですから。負け方も良くない」
CL出場権圏内の4位からは転落してしまったが「まぁシャルケの、CL圏内力(笑)」と、出場権確保には自信をのぞかせる。けがの状態も心配されるが、次節の出場にも「出るよ、たぶん」と、出場に意欲を燃やしている。
次節も出るそうだ
続きを読む

内田篤人の"パンダっぷり"が凄すぎる!

シャルケの日本人寄せパンダを手に入れたウニオン・ベルリン
「この補強はマーケティングを想定したものではありません。」と強調するも公式ツイッター反響激増でニンマリ

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?224382-224382-fl
続きを読む

シャルケ地元紙「内田との別れは悲しいものだ。ある意味で失恋のようなもの・・・」

ルール地方の地元紙『レビア・シュポルト』が、「この別れは悲しいものだ。ある意味で失恋のようなものかもしれない」と、DF内田篤人のシャルケ退団を惜しんだ。

シャルケは21日、内田がドイツ2部のウニオン・ベルリンに完全移籍すると発表。契約は2018年6月末までの1年間で、背番号は『2』に決まった。10年夏から7シーズンをシャルケで過ごした内田はブンデスリーガで通算104試合に出場したが、15年6月に右膝を手術した影響でここ2シーズンはリーグ戦出場の機会がなかった。
今回の移籍を受けて同紙は、「なぜ内田はファンから愛されるようになったのか」というタイトルの記事を掲載。「内田は常にフレンドリーであり、微笑みを浮かべていた。7年もの間、内田はシャルケファンのお気に入りというだけでなく、(シャルケのホームタウンである)ゲルゼンキルヒェンの街を越えて愛されていた。彼のことを求めて、日本の女性たちが極東から『ウッシー』に会うためにこの地を訪れ、写真を撮っていた。今後、そういったことはベルリンで行われるようになる」と別れを惜しんだ。
また、愛された選手だからこそ、今回の移籍が実現したと同紙は強調。「彼はシャルケとの契約を2018年まで残してた。ただ、今回の移籍に関わるすべての人々、シャルケ、ウニオン・ベルリンは内田のためになるように最善を尽くした。単に自分たちの利益だけを考えていたわけではない」。サッカー選手・内田の復帰を願って周りが動いた。
クリスチャン・ハイデルSDも「アツトが我々のところに来て、『移籍できる可能性はないか』と訪ねてきた。長期に渡る負傷離脱で試合勘をなくしていた彼にとっては、試合に出ることが重要だったんだ。今回の決断は我々にとって難しいものだったよ。だが、彼が再びプレーするチャンスを否定することは、我々にはできなかったんだ」と説明。
「シャルケ全員でアツトに『ありがとう』と言いたい。チームのためにいつも100%の力を発揮してくれていた。彼のこれからの成功を祈っている。プロサッカー選手としても、一人の個人としても。もちろん、彼の存在はこれからもシャルケの歴史に残り続けるだろう」と語り、内田を送り出している。また、同紙も最後に「さよなら、ウッシーーーーー!」と綴った。
ウニオン・ベルリンで再スタートを切る内田。自身が所属するマネジメント会社を通じ、「シャルケに残る事も考えましたが、それよりも試合に出続けたい気持ちが上回りました。監督のイェンス・ケラーはシャルケで一緒にやったことがあり、とても良い監督です。その監督に誘われた期待に応えたいと思います」と完全復活へ意欲を燃やしている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-01643236-gekisaka-socc
続きを読む