南野拓実

リバプール南野、確定!?「日本メディアとは、これからしょっちゅう顔を合わせることになるだろうね」byリバプール・クロップ監督


【リバプール(英国)13日=森昌利】
イングランド1部リバプールのユルゲン・クロップ監督(52)が、オーストリア1部ザルツブルクの日本代表MF南野拓実(24)の獲得が近づいていることを示唆した。
14日のワトフォード戦を前に会見を行い、南野について「現時点では何も言えない。ただ非常にいい選手だということは言っておく」と話した。さらに日本メディアに対し、
「たぶんこれからしょっちゅう顔を合わせることになるだろうね」とリップサービス。交渉が順調に進んでいることをにおわせた。
複数の英メディアによると、移籍金725万ポンド(約10億4000万円)でリバプールに移籍することで基本合意したもよう。
ザルツブルクの公式ツイッターでは、フロイントSDが「現在リバプールと話し合いを重ねていることを認めざるを得ません。
あのようなクラブが我々の選手に興味を示してくれることは名誉なことです」と交渉している事実を明かした。
南野は10月2日の欧州CL1次リーグ第2節のリバプール戦で、敵地で1得点1アシストの活躍。 さらに10日のリバプール戦でもヒールパスから好機を作り出すなど、好プレーを披露していた。
クロップ監督はドイツ1部ドルトムントを率いていた時に、当時21歳だったMF香川真司をレギュラーに抜てき。2年連続でリーグ優勝を果たすなど、日本人とは浅からぬ縁がある。
リバプールは、昨季は欧州CLで優勝を果たし、今季もリーグ戦で15勝1分けと首位を独走する欧州屈指のビッグクラブ。
移籍が実現すれば、日本サッカー界にとっても大きな出来事となる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-12140000-sph-socc

続きを読む

リバプール南野、英雄ジェラードの背番号を着用!?

リバプール移籍が取り沙汰されている南野 英雄ジェラードの背番号を着用する可能性も?

ザルツブルクの日本代表MF南野拓実は現地時間12日、リバプールへの移籍で合意に至ったことが英国内でこぞって報じられているが、英地元紙「リバプール・エコー」は「南野はレジェンドの着用したナンバーが利用可能だ」と、移籍が実現した際の背番号に注目を寄せている。
ザルツブルクで6シーズン目を迎えている南野だが、世界を驚かせたのはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)第2節の敵地リバプール戦(3-4)だった。要塞アンフィールドで豪快なボレー弾を叩き込み、1ゴール1アシストの大活躍を披露。リターンマッチとなった現地時間10日の第6節(0-2)でも、縦横無尽な走りで決定機を演出するなど、リバプール守備陣を苦しめていた。
英紙「インディペンデント」はリバプールが違約金の設定額である725万ポンド(約10億4000万円)を支払うことで南野獲得の合意に至ったと報じ、英国内では一気に加入のニュースが飛び交った。そして、英地元紙「リバプール・エコー」は、移籍が実現した場合に、南野がリバプールで選ぶことのできる背番号に注目している。
「1~15番までは利用できないが、16、17、18、19はフリーだ。加えて、22、23、24、26、27、32、48、51、62、66、67、及び72以外の数字であれば、南野はどれでも選ぶことができる。そして、2000年から2004年にかけ、伝説のキャプテンであるジェラードが着用していたのが、17番だ」
リバプールのレジェンドである元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード(現レンジャーズ監督)と言えば、8番が象徴的な背番号として知られているが、その前に付けていた17番が空いている状況であることを説明したうえで、「南野はレジェンドの着用したナンバーが利用可能だ」と強調した。移籍が実現した際には、南野の背番号にも熱視線が送られそうだ。
フットボールゾーン12/14(土) 6:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191214-00234242-soccermzw-socc

続きを読む

リバプールファン、南野の移籍報道に狂喜乱舞!w


現地時間12月12日、英国の主要スポーツメディアが一斉に、「リバプールが、来年1月にザルツブルクのタクミ・ミナミノを獲得すべく動いている」と報じ、大変な騒ぎになっている。
南野は現在、オーストリアのレッドブル・ザルツブルクに所属。同クラブは今季初のCL出場を叶えており、南野はグループステージ6試合すべてに先発出場。アンフィールドで行なわれたアウェーのリバプール戦では1G1Aをマーク。10日に行なわれたホームでのリバプール戦では得点こそなかったものの、そのプレーぶりは、リバプールサポーターの目に留まっていた。
10日の試合では、ゲームの最中から「ミナミノが大好きだ」「彼は絶対にうちに合う」「なんて走りと嗅覚だ、つい目で追ってしまう」といった声が数多く上がっていた。さらに試合終了後には「彼を1月に獲得しろ」「すっかり彼のファンだ。レッズの一員になってほしい」「クロップも絶対彼を見ていた!」などの声が、リバプールとザルツブルク、両クラブの公式アカウントに寄せられ、南野を望む声がヒートアップしていた。
詳細はリンク先をご覧ください。
「ようこそ、ミナミノサン!」「ぜひ来て!!」南野拓実の移籍報道に、リバプールサポが狂喜乱舞! 公式アカウントにコメント殺到
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191213-00067691-sdigestw-socc
12/13(金) 6:15配信

続きを読む

「ビッグクラブが掘り出し物を見つけることはほとんどないが、タクミ・ミナミノはまさにそれ!」byテレグラフ記者


大きな注目を集める南野について、『テレグラフ』のJJ ブル記者は「ビッグクラブが掘り出し物を見つけることはほとんどないが、タクミ・ミナミノはまさにそれだ」とし、そのプレースタイルや特徴を分析した。
「ユルゲン・クロップは、直接的でないにせよ、ロベルト・フィルミーノの適切なカバーを探し続けていた。ミナミノは左右ウィングでもプレーできるが、フィルミーノと同様にストライカーの後ろで頻繁にプレーする。また、守備時にも同様に“6番”の選手へのパスを消すことができる」
そしてリヴァプールとザルツブルクが対戦した試合を例に挙げながら「2人のストライカーが近い位置にいると、ミナミノは後ろから彼らを支え、ディフェンスライン裏へパスを狙う」と続け、フィルミーノとの類似性を指摘している。
「ミナミノの柔軟性は非常に役立つ。そしてライン間の危険な位置にポジションを取りたがる。さらに興味深いのは、クリエイターとしても仕事をこなし、撤退時にもストライカーとのリンクマンも果たす。これはフィルミーノがリヴァプールで行っている仕事であり、再現するのが困難なものだ」
「彼の良い部分はなかなか数字では測定できないものの、ラストパス前の効果的なパス、ファイナルサードで味方のためにスペースを空けるための利己的な動き、適切なタイミングでポジションを離れて下がり、最後の1秒まで走り続ける」
最後に「プレミアリーグに適応することはどんな選手でも難しい」としつつ、「ザルツブルクとリヴァプールのシステムは似ている」と指摘。「725万ポンドはただのバーゲンではない。もはや盗みだ」と、破格の取引だと綴っている。
現在は交渉中であり、正式に獲得が決まったわけではない。だが、すでに現地でも大きな盛り上がりを見せている。
詳細はリンク先をご覧ください。
南野拓実はフィルミーノと酷似?英記者がプレーを分析「この取引はもはや盗み」
https://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%B9/%E5%8D%E9%8E%
Goal 14:59 2019/12/13

続きを読む

なぜリバプールは南野拓実の獲得を急ぐのか?


交渉が一気に加速! 来週中にも契約成立か
レッドブル・ザルツブルクの日本代表FW、南野拓実のステップアップ移籍が成立目前だ。
新天地となるのは、現欧州王者のリバプール。現地水曜日に行なわれたチャンピオンズ・リーグのグループステージ最終節で、南野とザルツブルクが対戦したばかりの相手だ。試合はザルツブルクが0-2で敗れ去り、南野も不発に終わったが、10月2日のアウェーゲームでの活躍が記憶に新しい。アンフィールド(リバプールの本拠地)で1得点・1アシストのハイパフォーマンスを披露し、敵将ユルゲン・クロップを唸らせたあの一戦だ。
水面下で交渉は進んでいたようで、ザルツブルクのクリストフ・フロイントSDも「リバプールと話し合いをしているのは事実。我々の選手がかのようなクラブの関心を引いているのは光栄だ」と公の場で認めた。この発言を受けて英メディアは一斉に“ミナミノ”を報道。瞬く間に脚光を浴びる存在となったのである。
リバプールは今冬の獲得を画策し、ザルツブルクが設定する違約金725万ポンド(約10億1500万円)により近い額面での引き抜きを目ざした。ではなぜ夏まで待たず、冬の移籍市場で狙いを定めたのか。そこにはいくつかの理由があると、英紙『Daily Mail』は指摘する。
同紙がまず強調するのは、マンチェスター・ユナイテッドの存在だ。ACミランやボルシアMGなどとともに南野に熱い視線を送る競合相手で、ザルツブルクの同僚であるアーリング・ハーランドとのダブル獲りに本腰を入れていた。「ミナミノの市場価値は2000万ポンド(約28億円)前後。リバプールはマンUに先んじて交渉を進展させ、これ以上値が上がる前に、少しでも安く獲得しようと考えていた」のだ。
ザルツブルクとリバプールの間には、ここ数年で築き上げた太いパイプと厚い信頼関係がある。2016年夏にサディオ・マネを、18年夏(契約発表は17年夏)にはナビ・ケイタが移籍しており、その後ともに代えの利かない主軸に台頭。この実績がリバプールにとって「特大のアドバンテージになった」と説く。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191213-00010005-sdigestw-socc
12/13(金) 6:06配信

続きを読む

リバプールの主将やファンダイクが南野の獲得を熱望したという事実

複数ビッグクラブ注目も、リヴァプールは確信

リヴァプールからの関心が明らかとなった日本代表FW南野拓実だが、ユルゲン・クロップ監督に獲得を進言したのは選手たちだったようだ。『Goal』の取材で明らかとなった。
10月2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のリヴァプール戦で豪快なボレーシュートを叩き込んだだけでなく、今月10日の最終節でも好パフォーマンスを披露した南野。今シーズンはここまで公式戦22試合9ゴール11アシストと、好調を継続している。
そんな南野に対し、この度リヴァプールが関心を持っていることが『Goal』の取材で明らかになったが、クロップ監督やクラブ上層部へ獲得を進言したのは選手たちだったようだ。そして、スポーツ・ディレクターを務めるマイケル・エドワーズ氏や指揮官自身も南野のエネルギーや動き、スキル、多彩さに惹かれており、契約解除金725万ポンド(約10億4000万円)を支払っての来年1月の獲得を確信しているとのことだ。
なおクラブ間交渉は先月から加速しており、個人条件面やメディカルチェックは問題ない模様。1月1日の移籍市場開幕に合わせて、リヴァプールは取引が完了すると信じているという。今夏の移籍市場では最小限の補強に留まっていたものの“適切な時期に、適切な価格で、適切なプレイヤー”を虎視眈々と選定したが、それが日本代表アタッカーとなった。
その一方で、南野へは数多くのビッグクラブも関心を示していることがわかっている。
マンチェスター・ユナイテッドは、トップターゲットであるレスターMFジェイムズ・マディソンの獲得に失敗した場合、セカンドオプションとして南野の動向を追っている模様。またミランは、視察のために10日のザルツブルクvsリヴァプールにスカウトを派遣している。その他、ブンデスリーガ首位を走るボルシアMG、ドルトムントも興味を抱いていることが確認された。
それでも、リヴァプール側は争奪戦の勝利を確信している。まだ南野がセレッソ大阪でプレーしていた2013年から注目しており、1月の獲得は“完璧な取引”になると見込んでいるようだ。
オーストリアで着実に実力をつけ、日本代表でも欠かせぬ存在となった南野。そして、現欧州王者にしてプレミアリーグ首位を独走するメガクラブへのステップアップが近づいている。
12/13(金) 7:08配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00010007-goal-socc

続きを読む