サウサンプトンでプレーする日本代表DF吉田麻也が、強力なリヴァプール攻撃陣をシャットアウトし、現地で高評価を受けている。
サウサンプトンは11日、EFLカップ準決勝ファーストレグでリヴァプールと対戦。試合は前半にホームのサウサンプトンが先制すると、プレミアリーグで最もゴールの多いリヴァプールの最強攻撃陣を90分間無失点に抑え、1-0で逃げ切った。
イギリス紙『デイリー・メール』では、決勝点を挙げたネイサン・レドモンドらとともに吉田にはチーム2位タイの「7.5」という採点が与えられ、 「移籍を模索するジョゼ・フォンテの代わりとして出場したが、ほとんどミスを犯すことなく、ボックスに入ってくる選手に冷静に対応した」と評価されている。
なお、両チームで単独最高点が与えられたのはサウサンプトンMFオリオル・ロメウで「4バックの前のストッパーとして素晴らしい仕事を果たした」と述べられた。
リヴァプールを相手に土を付け、先勝したサウサンプトン。2戦目は25日で、敵地アンフィールドで行われるが、決勝進出を果たすことはできるのだろうか。
GOAL 1/12(木) 8:09配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000029-goal-socc
【スコア】
サウサンプトン 1-0 リヴァプール
【得点者】
1-0 20分 ネイサン・レドモンド(サウサンプトン)
https://goo.gl/zyuCtT
吉田フル出場のサウサンプトン、リーグ杯決勝進出へ前進…リヴァプール撃破
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00540588-soccerk-socc

続きを読む