国内サッカー

【動画】ルヴァン杯セレッソ戦で札幌・荒野拓馬がPKを失敗させようと、ペナルティスポットを耕す・・・

昨日の荒野

続きを読む

【祝!】清水・河井陽介が人気女性アナウンサーと結婚!【画像あり】

清水エスパルスMF河井陽介(28)と静岡朝日テレビ広瀬麻知子アナウンサー(30)が、大安の1月11日に婚姻届を提出していたことが分かった。清水が25日、河井のコメントを発表した。
「このたび、私ごとではありますが、1月11日に静岡あさひテレビアナウンサーの広瀬麻知子さんと入籍いたしました。
自分が怪我をして苦しい時、いつも明るく笑顔でいてくれる彼女に精神的に支えていただきました。
これからは二人で支え合いながら、笑顔溢れる家庭を築いていきたいと思います。これからもお互い、より一層精進してまいりますので、あたたかく見守っていただければ幸いです」
河井は、清水きっての人気選手と静岡県人気NO・1女性アナが夫婦になった。
関係者によると、2人は知人の紹介で出会い、昨年4月から交際を開始。静岡市内の飲食店などでデートを重ねており、目撃情報も浮上していた。
河井は静岡県藤枝市出身。藤枝東では、3年時にチームを全国高校サッカー選手権準優勝に貢献した。慶大では1年からレギュラーとして活躍し、12年、清水に入団した。クレバーで状況判断に優れたプレーが特徴で、2013年シーズンは背番号10を付けた。
昨季は開幕戦で左アキレス腱(けん)を断裂するも、リーグ終盤に戦列復帰してチームのJ1残留に貢献した。
日刊スポーツのインタビューでは「勝っている時の、アイスタの後半最後の雰囲気が好きですね。声援の後押しがすごいので」などとコメント。真面目でひたむきなキャラクターで、多くの清水サポーターに愛されされている。
広瀬アナは、10年に静岡朝日テレビに入社以来、明るい天然キャラで人気を博し、県内外にも多くのファンがいる。進行役の「ピエール瀧のしょんないTV」(静岡では木曜深夜)は、県外14局でも放送。同番組がきっかけで、プラモデル作りが趣味になり、真剣に女子野球に取り組むなどしてきた。
また、J1磐田の名波浩監督との共演を機に、サッカーのリフティングにはまり、練習を重ねた時期もあった。16年には、テレビ朝日系「アメトーーク」「Qさま」に出演している。
妻として河井を支える広瀬アナは、今後も仕事を続ける。
日刊スポーツのインタビューでは「タイミングが来たら、結婚して、子供も産めればいいなと。その中でもアナウンサーという仕事をうまくやっていければなと思います」と話していた。
ある静岡朝日テレビ幹部も「広瀬が静岡に残ってくれることは、うちにとっても大きい。今後も家庭と両立しながら
頑張ってほしい」と話し、2人の結婚を喜んでいる。
なお、広瀬アナは、今日、静岡エリアで深夜0時35分放送の「ピエール瀧のしょんないTV」で河井との結婚を報告する。
https://www.nikkansports.com/soccer/news/201801250000162.html
学習院大理学部 天然キャラで人気/広瀬麻知子略歴
https://www.nikkansports.com/soccer/news/201801250000161.html
藤枝東で選手権準V U20代表も/河井陽介略歴
https://www.nikkansports.com/soccer/news/201801250000160.html

続きを読む

「日本ではみんながいろいろしてくれる!韓国では、何かをするにも助けてくれなかった」by札幌FWアンデルソン・ロペス


清水戦で4ゴール&看板裏2m落下珍ハプニングのFWロペス、日韓の違いについて言及
北海道コンサドーレ札幌のブラジル人FWアンデルソン・ロペスは、9日のJ1リーグ第3節清水エスパルス戦(5-2)で4ゴールと大爆発した一方、
ゴール直後に看板を飛び越えて2メートル近く落下する珍ハプニングが注目を集めた。
そんな海外助っ人は昨季プレーした韓国と比較し、日本での快適さを称賛している。米スポーツ専門局「ESPN」ブラジル版が伝えた。
現在25歳のA・ロペスは、アヴァイやマルシリオ・ジアス、トンベンセ、アトレチコPR を経て、2016年夏から1年半にわたってサンフレッチェ広島でプレー。
2017年は32試合10ゴールと結果を残すも、2018年は韓国1部のFCソウルへ移籍した。韓国Kリーグでもコンスタントに出場し、30試合6ゴールを記録している。
今季札幌に加入し、リーグ戦4試合5ゴールで得点ランキングトップタイ(大分トリニータFW藤本憲明が同順位)と強烈なインパクトを放っているなか、韓国移籍について「韓国も似ていると思う。
だけど、移籍は失敗だったし、後悔している」という。
記事では「ロペスは、隣国で日本と同じような雰囲気になるだろうと思っていた。ところが、韓国のクラブでは選手やスタッフのクールな対応に直面し、サッカーも彼が慣れ親しんだものとは違った」と触れている。
さらにA・ロペス自身も日韓の差について次のように語った。
「日本では、僕にストレスがかからないようにして、みんながいろいろしてくれる」
「日本では、僕にストレスがかからないようにして、プレーに専念するようにみんながいろいろしてくれるんだ。
韓国では、何かをするにも助けてくれなかったし、歓迎してくれるような感じではなかったよ」
また、A・ロペスは日韓におけるサッカー面での相違についても言及。「(韓国では)基本的に力強さが求められる。
そこでは走って、蹴って、走って、蹴って、それがすべてだった。日本では、戦術やテクニックが重要で、リーグ自体の質も上だ」と指摘している。
A・ロペスにとって韓国時代は苦い思い出だったようだが、「私の家族はここだ」と語っているとおり、すっかり日本での生活に溶け込んでいるようだ。
新天地で躍動し、J1得点王の期待も懸かるストライカーは、このままゴールを量産し続けるのだろうか。今後のプレーに一層注目が集まりそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190320-00177488-soccermzw-socc
3/20(水) 6:40配信

続きを読む

大分の藤本憲明の経歴が凄い!「まるでヴァーディー!」「カッコイイ!」


藤本憲明
アマチュア時代に青森山田と近畿大でサッカー続けるも、特別目立たずプロからのオファーはなし 。近畿大卒業後はJFLの佐川印刷にアマチュア選手として加入し、工場で本の梱包作業の仕事をしながらプレー。
しかし4年目にチームが活動休止を発表し、「これからサッカーを続けることが出来るのか」と頭が真っ白に。
プロへの思いを諦めきれず移籍先を必死に探す中、翌年J3へ昇格する鹿児島ユナイテッドからオファーが届き、移籍。鹿児島では二年連続でJ3得点王になるなどチームの主力として大活躍。
そして去年、J2の大分に移籍。チーム得点王となり、大分の自動昇格に貢献。
JFLから這い上がり、遂に今季8年越しでたどり着いた夢舞台J1の開幕戦で鹿島相手に2ゴールを決めて勝利に貢献。JFL、J3、J2、J1の開幕戦でゴールを決めた初の選手に。
そして今日の横浜戦で2ゴールを決め得点ランキングトップに立った。

続きを読む

J1観戦者の平均年齢が初の若返り!若者の来場増か

J1観戦者の平均年齢が初の若返り、若者の来場増か
1/29(月) 16:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00111949-nksports-socc

笑顔で観客の声援に応えるC大阪FW杉本(2017年7月2日撮影)
Jリーグは29日、東京・文京区のJFAハウスで、昨季スタジアム観戦者調査の報告会を開いた。
昨季のリーグ戦で、J1、J2全クラブの来場者(11歳以上の男女)を対象にアンケートし、有効回収数は1万7136票。
同調査は04年から実施しており、J1では初めて前年より平均年齢が若くなった。16年度の40・8歳から昨季は40・1歳。
出井宏明Jデジタル専務(52)は「実際に来場者は1歳、年を重ねるので、毎年、平均年齢は上がっていた。0・7歳若くなったと言うことなので、現実的には2歳弱若くなったということ。
昨季は全体的に来場者が増えているので、中年以上はそのまま維持して、若い方の来場が増えたと、考えられる」と話した。
続きを読む

神戸はビジャを獲得しても優勝できる気しないんだが・・・


サッカー元スペイン代表FWダビド・ビジャ(36)がJ1・ヴィッセル神戸に加入するとツイッターで明かした。チーム側の正式発表を待つ段階だが、実現すればMFアンドレス・イニエスタ(34)、FWルーカス・ポドルスキ(33)に続く、3人目の「超大物」となる。
ただ、ヴィッセルファン全員が素直に喜んでいるわけではなさそうだ。振り返れば、世界レベルの選手がそろえながら惨敗したチームは少なくない。
ポドルスキ加入で9位、イニエスタ入っても10位
ビジャは、スペイン代表として優勝した2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会では5ゴールをあげ得点王。08年の欧州選手権(ユーロ)でも優勝と4ゴールでの得点王を獲得しており、スペイン黄金時代の中心選手となった。クラブではスペインの名門バルセロナで、かつてイニエスタと「共演」。14年からは米国MLSのニューヨーク・シティでプレーし、今季は23試合14ゴールと得点力は健在である。
ヴィッセル神戸は今季、世界的名手のイニエスタを獲得したことで、国内外で話題をさらった。17年に加入のポドルスキと合わせて、ビジャまで加われば前線の戦力はJ1でズバ抜ける。
だが来季のJ1優勝を予想する人ばかりではなさそうだ。ツイッター上では、
「それでも優勝出来ないのが神戸」
「ビジャ取っても神戸が優勝できる気がしないのは俺だけか? 生え抜きが根を生やさないチームはどうかと…」
「イニエスタとのホットラインはすごく観たいけど、それでも神戸が優勝出来るとは思えない不思議さ」
などと冷めた意見も数多い。
というのも、神戸のリーグ順位はポドルスキ加入の17年が9位、イニエスタが加わった18年は10位と、優勝争いに絡めていない。
海外スター選手の加入は話題性こそあれ、それだけではチーム強化にとって限定的だ。記憶に新しいのは14~15年のセレッソ大阪。10年南アW杯得点王でMVPの元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが加入したうえ、元ドイツ代表のFWカカウも加わり、注目を集めた。だが14年はJ1でまさかの17位。優勝どころかJ2降格となってしまった。
失点数はリーグワースト、「守備がザルなんだよ」
潤沢な資金力による助っ人外国人の獲得が目立つのは中国のクラブだが、必ずしも強化に直結しているわけではない。上海申花は今季、元コロンビア代表のMFフレディ・グアリン、同MFジョバンニ・モレノ、パラグアイ代表FWロメロ、元ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンスら強力攻撃陣を擁したが、終わってみれば7位。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権にも届かなかった。
共通するのは、攻撃陣にビッグネームがそろうのに比べ、守備の選手の獲得があまり図られていない点といえる。神戸もDF陣に日本代表クラスはゼロ。単純に失点数でみれば今季リーグワースト6位の52失点。優勝した川崎フロンターレの27失点とは約2倍の開きがある。ツイッターでは、「ヴィッセル神戸はDFを強化しろよ 守備がザルなんだよ」「神戸はビジャも来るけど守備の方が大事なんじゃねえのか」といった声もあがっている。
欧州主要リーグでも、スポンサーの資金力を背景に「多国籍軍」となっているクラブはある。英プレミアリーグのマンチェスター・シティや、仏リーグアンのパリ・サンジェルマンだ。ただし、いずれも今季は国内リーグで暫定1位。好成績なのは前線のタレントだけでなく、当然のようにボランチ、DFと世界的選手をバランスよく整えているからだと考えられる。
神戸は今回、ビジャに限らずロシアW杯代表のボランチ山口蛍の獲得にも動いていると報じられた。攻撃陣にワールドクラスをそろえ、今後はいよいよ守備陣の強化にも本格的に取り組んでくる可能性はある。
2018年12月1日 18時34分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15677458/
続きを読む

ヴィッセル神戸の沖縄キャンプ、町民のおよそ3分の1にあたる約4000人のファンが殺到!


大型補強を行ったJ1神戸が10日、沖縄・金城町で春季キャンプをスタートさせた。13日までの4日間、気温20度超の南国でトレーニングを行う。初日のこの日は練習が公開され、開始1時間以上も前からファンが殺到。町民のおよそ3分の1にあたる約4000人が神戸の選手バスを出迎えた。
今季加入した元スペイン代表FWダビド・ビジャ(37)、昨季加入した同MFアンドレス・イニエスタ(34)の2人も元気に参加。ランニングなどで体をほぐし、シュート練習などを行った。
2/10(日) 16:37配信 サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000551-sanspo-socc
続きを読む