国内サッカー

浦和レッズは「三重苦」を打破できるのか?


復活を目指す浦和レッズが「三重苦」を打破し、開幕ダッシュを狙う。
21日にアウェーで湘南ベルマーレとのリーグ開幕戦に臨む。20日はさいたま市で非公開調整。昨季は金曜日開催のリーグ戦で7戦全敗。湘南にも2年間未勝利(1分け3敗)で、開幕戦も3年勝てていない。昨季リーグ14位と低迷した浦和が強豪のプライドを取り戻すため、開幕白星で苦手なデータをすべて払拭(ふっしょく)する覚悟だ。
◇ ◇ ◇
苦手の克服こそが、強豪復活へのステップだ。3つの苦手要素がそろったリーグ開幕戦に向け、浦和は必勝態勢を整える。昨季、金曜日開催のリーグ戦は7試合全敗。ACLの過密日程などの影響で敗因は1つではないが、「金J」が鬼門なのは間違いない。大槻監督は「結果的には(金曜日に)勝てなかったので、何としても勝ちたいと思います」と意識を高めた。
3年連続で開幕戦にも勝てていない。第1節の黒星数(14敗)はリーグでワースト。東京五輪世代のDF橋岡は「開幕戦というのは重要。良い準備をして臨めていると思うし、自信を持ってやりたい。昨年の1トップから今年は2トップになってFWもやりやすいと。得点も入っている」と、攻撃力で開幕ダッシュを図る姿勢を示した。
アルビレックス新潟から加入した昨季J2得点王FWレオナルドに、浦和の過去データは関係ない。16日のルヴァン杯のベガルタ仙台戦では移籍初ゴールを含めた2得点1アシストをマーク。「明日も再現する。ゴールで勝利に貢献したい」と自信の笑みを浮かべた。湘南は過去2年未勝利と相性の悪い相手だが、新助っ人は「浦和が勝つことだけに集中する」と勝利に導く得点を誓った。
昨季はACLで決勝進出した一方、リーグ戦は14位と低迷した。「どのチームも開幕に勝ちたいもの。勝って勢いづきたい」とDF鈴木。リーグ開幕で迎える「三重苦」を乗り越え、浦和が復活へのスタートダッシュを図る。【藤中栄二
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-02200689-nksports-socc

続きを読む

【ゴール動画】鹿島が今季初タイトル獲得!新9番の鈴木が決勝弾、浦和は2点差追いつくも散る


鹿島アントラーズ 3‐2 浦和レッズ
【得点者】
[鹿]遠藤康(39分)
[鹿]遠藤康(43分)
[浦]興梠慎三(74分)
[浦]武藤雄樹(75分)
[鹿]鈴木優磨(83分)
【ラインアップ】
・鹿島アントラーズ
クォンスンテ、西大伍、植田直通、昌子源、三竿雄斗(後半37分山本脩斗)、小笠原満男、レオ・シルバ(後半24分永木亮太)、遠藤康、土居聖真、金崎夢生(後半20分鈴木優磨)、ペドロ・ジュニオール
(控え:曽ヶ端準、町田浩樹、レアンドロ、金森健志)
・浦和レッズ
西川周作、森脇良太、遠藤航、宇賀神友弥、駒井善成(後半19分長澤和輝)、青木拓矢、阿部勇樹、菊池大介(後半19分関根貴大)、李忠成(後半0分興梠慎三)、武藤雄樹、ズラタン
(控え:榎本哲也、那須大亮、平川忠亮、矢島慎也)
Jリーグ公式
http://www.jleague.jp/sp/match/fxsc/2017/021801/livetxt/
FUJI XEROX SUPER CUP 2017が18日に行われ、鹿島アントラーズと浦和レッズが対戦した。
新シーズン開幕を告げる「FUJI XEROX SUPER CUP 2017」。昨季、J1リーグ戦と天皇杯の2冠に輝いた鹿島アントラーズと、リーグ年間2位の浦和レッズが激突した。鹿島は先発GKに新加入のクォン・スンテを起用。左サイドバックにはDF三竿雄斗が入ったほか、MFレオ・シルバがMF小笠原満男と中盤を構成した。また、前線はFW金崎夢生とFWペドロ・ジュニオールがコンビを組んだ。一方の浦和はDF槙野智章がベンチ外。DF宇賀神友弥が3バックの一角を務めた。新戦力のMF菊池大介はスタメン入り。前線はMF李忠成、MF武藤雄樹、FWズラタンで構成された。
試合開始から両チーム一進一退の攻防。4分、鹿島の金崎がエリア左からシュートを放つと、浦和は13分に青木拓矢が左足でミドルシュートを打った。しかしいずれも得点に至らない。
21分、鹿島はセンターサークル付近でボールをカットし、一気に攻め込む。最後はエリア右でボールをキープした遠藤康からパスを受けた金崎が右足でミドルシュート。しかしGK西川周作が左手一本でシュートをセーブし、チームを救った。
その後も攻め込むシーンが目立つ鹿島。39分にはゴール前で西大伍が倒されてFKを獲得し、遠藤が左足で直接シュートを打つ。するとGK西川は一歩も動けず、ボールはゴール右隅へ吸い込まれた。
勢いに乗る鹿島は43分、自陣から素早くボールをつなぎ、最後はエリア左で金崎が右足のシュート。これは右ポストに直撃するが、こぼれ球を遠藤が右足インサイドでミートし、ゴールへ押し込んだ。鹿島が2点リードしてハーフタイムを迎える。
劣勢の浦和は後半開始とともに興梠慎三を投入。すると51分、FKのこぼれ球を拾って興梠が右足でシュート。しかしGKクォン・スンテがボールをキャッチする。
それでも72分、エリア内で興梠が小笠原に倒されてPKを獲得。これを興梠自らしっかりと沈め、浦和が1点差に詰め寄る。
直後の75分、浦和が同点に追いつく。途中出場の関根貴大が右サイドからクロスを上げると、エリア内のズラタンがヘディングシュート。これが左ポストに跳ね返ったところを、武藤が左足で詰めてネットを揺らした。
2-2で迎えた83分、決勝点は鹿島にもたらされた。遠藤航のGK西川へ向けたバックパスを鈴木優磨がカット。そのままシュートし、ボールはゴール右下に流れ込んだ。
試合はこのままタイムアップ。鹿島が2点リードを追いつかれながらも、今季から背番号を「9」へ変更した鈴木の決勝点で浦和に勝利した。この結果、今シーズンの初タイトルは鹿島が獲得したこととなった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00553286-soccerk-socc

続きを読む

日本サッカーに"足りないモノ"はプロのノウハウを持ったスタッフたち!


日本サッカーに“足りないモノ”とは?
名古屋グランパス復権の鍵を握る助っ人ストライカーが、タイトルへの想いを吐露した。元ブラジル代表FWのジョーだ。
18年にコリンチャンスから名古屋へ鳴り物入りで加入した点取り屋は、移籍初年度に32試合に出場して24ゴールを挙げてJ1の得点王を獲得する活躍を見せたものの、2年目となった昨シーズンは、足首の怪我に悩まされ、リーグ戦6ゴールと不完全燃焼に終わった。
今シーズンもチームキャンプには帯同せずに、家族の住むリオ・デ・ジャネイロの名門フラメンゴのリハビリ施設でコンディション調整を続けている。そんな32歳のストライカーが地元紙『O Dia』のインタビューに応じた。
名古屋と今年12月に契約が満了となることを明かしたジョーは、今冬に延長交渉を行なったものの、「最終的に上手くいかなかった」と告白。そのうえで、日本でのタイトル奪取への意気込みを口にした。
「契約延長の話し合いが上手くいかなかったから、このまま契約を全うすることにした。僕の最大の目標は常にタイトルにある。名古屋には2年いるけど、タイトルレースに加われていない。だから、タイトルを獲って名古屋を去りたいんだ。それが2020年の僕の目標だ」
ジョーは、CSKAモスクワやマンチェスター・シティ、インテルナシオナウ、アトレチコ・ミネイロなど国内外の強豪を渡り歩いてきた。それだけにJクラブに欠けているものを明確に感じているようだ。日本サッカー界の課題を次のように語った。
「僕のいるクラブも施設は素晴らしい。けど、日本に足りないのは、プロのノウハウを持ったスタッフたちだ。悪くはないが、その点は、ブラジルが遥かに先を行っていると感じるね。施設は素晴らしいんだ。それはブラジルにも負けないよ。けど、本当に熟練されたスタッフたちがいない」
今冬はフラメンゴの協力を得て、怪我の回復と同時に、筋力強化も図ったというジョー。はたして、名古屋でのラストイヤーに懸ける大型CFは、チームに悲願のタイトルをもたらし、有終の美を飾れるだろうか。
2/18(火) 5:40配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00010002-sdigestw-socc

続きを読む

【悲報】富士ゼロックスの「9人連続PK失敗」世界中で嘲笑されていた…


埼玉スタジアムで起こった“春の珍事”が世界中で話題をさらっている。
2月8日、Jリーグの新シーズン到来を告げる風物詩、富士ゼロックス・スーパーカップが開催された。
横浜F・マリノスとヴィッセル神戸の一戦は壮絶な3-3の撃ち合いを経て、勝敗はPK戦に委ねられ、後者が3-2で勝利。
世界のメディアが着目したのはやはり、そのPK戦での大失態だ。
9人連続でPKをミスするという前代未聞の事態に飛びついた。
英紙『Evening Standard』は「日本のスーパーカップはお粗末な茶番劇とともに幕を閉じた」と報道。驚きをもって以下のように伝えている。
「9人が連続してPKを失敗するなど聞いたことがない。数年前、リーグカップ、マンチェスター・ユナイテッド対サンダーランド戦のPK戦でキッカー10人中7人が外してバッシングを浴び、EURO2016の準々決勝、ドイツ対イタリア戦でも7選手がPKを失敗したが、ここまでおぞましいものではなかった。疑いなく、史上最悪だろう」
米最大のスポーツチャンネル『ESPN』はサッカーコーナーのトップ記事として扱い、「9人失敗のPK戦を終えて、アンドレス・イニエスタがスーパーカップを掲げる」と銘打った。こちらは「ノーマルタイム(90分間)はスリリングで娯楽性に満ちたゲームだった」と称えつつ、「それもこれも、PK戦の衝撃で吹き飛んだ。忘れられないPK戦として語り継がれるだろう」と綴り、「(PK戦は)ちょっとクレイジーだったね」というイニエスタのコメントも紹介している。
さらに『Fox Sports Asia』は「アジアをリードするJリーグにとって、9人連続のPK失敗はやや恥ずかしい事態と言えそうだ。それはシーズンの幕開けのゼロックス・スーパーカップで起こってしまった」と報じ、スペイン全国紙『Marca』は「観衆が目を覆いたくなるショー」と揶揄、フランスの専門誌『France Football』は「まさに異例のシュートアウト」と評した。
イタリアの『Sport Mediaset』にいたっては「信じられないシーンの連続に5万1397人の大観衆がタメ息」と伝え、「横浜は(公式マスコットの)マリノスケがファン投票で1位を獲得したが、チームは勝利を飾れなかった」と追記した。
そしてベルギーの全国紙『DH』は「いつもクールなベルギー代表(神戸のトーマス・フェルマーレン)も大事な場面でPKを枠外に外した」とピックアップ。「9人が連続して失敗する異様な空気のなか、いったい彼になにがあったのか」と不思議がった。
日本で起こった今回の珍事がこれだけ世界中のメディアに波及したのは、やはり名手イニエスタの存在が大きかっただろうか。鮮やかなスルーパスで先制点をアシストするなどハイパフォーマンスを連発してフル出場を果たし、最後はキャプテンとしてカップを掲げた。どのメディアもイニエスタの写真を前面に押し出しつつ、PK戦のハイライト動画を添えてレポートしている。
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.livedoor.com/article/detail/17789951/

続きを読む

「9人連続PK失敗」←ギネス認定!?www

ギネス記録キターーーーーー

続きを読む

「我が子を日本代表に育てたい!」by名古屋GKランゲラック


Why JAPAN? 私が日本でプレーする理由
名古屋グランバス ミチェル・ランゲラック(1)
Jリーグは現在、じつに多くの国から、さまざまな外国籍選手がやってきてプレーするようになった。彼らはなぜ日本でのプレーを選んだのか。日本でのサッカーや、日本での生活をどう感じているのか? この連載では、彼らの本音を聞いていく。
◆ ◆ ◆
昨年末、名古屋グランパスと守護神ミチェル・ランゲラックの契約が更新されて、ほっとしているファンも多いだろう。
2018年1月に加入してから、現在31歳のオーストラリア代表GKは名古屋のゴールマウスに君臨し続け、数多のビッグセーブでチームを救ってきた。一昨季、昨季と連続でJ1残留争いに巻き込まれたグランパスは、彼の働きがなければ、今ごろ再昇格の目標を掲げざるを得なかったかもしれない。
このインタビューは昨季J1最終節の前に行なわれたもので、もちろん、その時はランゲラックの未来は何も決まっていなかった。チームは最終節まで、わずかながらも降格プレーオフに回る可能性を残していた。それだけに、彼は何よりもその鹿島アントラーズ戦(0-1で敗北も、ほかの試合結果により13位で残留)に集中していたはずだ。
ただこのインタビューで彼が抱いている日本の印象を聞いていたから、きっとこの先もJリーグにとどまるのではないかと、個人的には思っていた。
「日本は生活全般の質が高く、どこに行っても清潔で安全だ。僕らのような外国人を親切に歓迎してくれる。僕と家族はここの生活を心から楽しんでいる。最高にハッピーだよ」
ランゲラックはいつも快活に、大きな声で正直な言葉を発する。見るからに裏表のないナイスガイは、好きなものは好き、わからないものはわからない、と返してくる。2年前に日本行きを決めた時のことも、次のように打ち明けた。
「率直に言うと、日本への移籍を自分で模索していたわけではないんだ」
笑顔を浮かべながら、彼は続けた。
「ドイツで7年プレーして(ドルトムントで5年、シュツットガルトで2年)、スペインに行って半年が過ぎ、その後も欧州でキャリアを積もうと思っていた。そんな時に名古屋からオファーをもらって、これはいいなと思ったんだ。
名古屋については、ジョシュア・ケネディ(元オーストラリア代表。名古屋で6シーズンプレー)から少し話を聞いていてね。僕と彼は同じエージェントに面倒をみてもらっているんだけど、ふたりとも、名古屋の街やスタジアム、クラブのすべてがすばらしいと言っていた」
2/7(金) 6:10配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200207-00885540-sportiva-socc

続きを読む

【ライブ動画】イニエスタなのか!?ヴィッセル神戸、新加入選手に関する記者会見!

続きを読む