小林祐希

【画像】「タトゥーで日本代表に選ばれなかったら仕方ない」by小林祐希


日本ではまだ“タトゥー”に対してネガティブな感情を抱く人が多い現状がある。
ラグビーワールドカップ2019日本大会に出場する各国の選手たちに対して、ラグビーの国際統括団体ワールドラグビーより日本では“タトゥー”を隠すよう指示があったという。
「日本の文化を尊重する」と選手側から反発する意見はほとんど出なかった中、日本では賛否両論さまざまな意見が飛び交った。
海外のクラブで4シーズン目を過ごす日本代表選手でありながら、タトゥーが理由で日本では「個人スポンサーはまずつかないでしょうね」と言い切る小林祐希は、
どのような想いで体にタトゥーを刻み、そしてタトゥーとともに生きる現在をどう感じているのだろうか?
家族の名前を一番最初に入れました。妹2人とお母さんの名前を(撮影=軍記ひろし)
「日本だとタトゥーは受け入れられないからダメ」
――タトゥーを入れたきっかけを教えてください。
小林 もともとタトゥーに興味はあって。ロサンゼルスに住んでいるHIROさんというアーティストの方がいて、
「タトゥー入れたいです。入れたい内容ももう決まっているんです」って話してたんですけど、「日本だとタトゥーは受け入れられないからダメ。お前のことは好きだからお前には入れない」と2年くらい断わられていたんです。
「なんでだよ。自分が入れたいんだからいいじゃん!」って思っていたんですけど。
「じゃあ、HIROさん、俺が家まで訪ねたらやってくれますか?」って聞いたら、「来ちゃったら考えるよ」って言われたから、本当に家まで行ったんですよ。
住所を聞いて、この日に行くんでって。そしたら、やるしかないなってことになって、デザインを考えてもらいました。
――それはいつ頃ですか?
小林 23歳の時ですね。まだジュビロ(磐田)でJ2の時です。まず家族の名前を一番最初に入れました。
妹2人とお母さんの名前をデザインしてもらって。実は親父がすごく厳しい人で、親父には何も言わずにタトゥーを入れて帰ったんですけど。
――お父さんの名前は入れてないんですよね?
小林 そう。そしたら電話がかかってきて、絶対怒られる……と思ったら、「なんで俺の名前が入ってないんだよ」って言われたんです(笑)。
――タトゥーを入れたことは怒られなかったのですか?
小林 入れたことは怒られなくて(笑)。親父の名前も入れる内容が決まっていたので、次の年に反対側の腕に親父の名前を入れたんですよ。
そうやって意味のあるものがちょっとずつ増えていきました。その時の自分の信条とか感情とかを、刻んで。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00010001-realspo-socc
10/21(月) 11:36配信



続きを読む

小林祐希「目標はW杯で優勝!CLでも優勝!」


ヘーレンフェーンに所属するMF小林祐希がオフィシャルパートナーを務めるKLMオランダ航空がフットサル大会「Futsal KLM CUP」を都内で開催。小林も参加した。
大会は午前中に男女の参加者によるミックスカテゴリー大会、午後はオープンカテゴリー大会が開催。小林は大会のエキシビジョンマッチに参加するとともに、トークショーも実施。長時間にわたり、参加者と交流している。
当初、小林は午前中のミックス大会はピッチでプレー、オープン大会ではPK戦のみをやる予定だったが、小林の提案で「見ていたらガチンコでやりたくなった」と、オープン大会もPK戦からエキシビジョンマッチに変更。実力者とともにプレーする中で、小林が入ったチームが敗戦を喫し、「悔しい!」と本気具合をうかがわせた。
「参加者の皆さんが楽しそうでよかったです。互いに知らなかった人でもボールを通じて知ることができるので、やっぱりサッカーっていいなって思いました」とサッカーの良さを再認識したと話した小林は、「来年は自分のチームを作って参加したいです。見ていたくないので(笑)」と、次の大会への意欲を見せた。
トークショーではオランダでの生活について触れ、
「日本の生活とそんなに変わらないです」と話す一方で、「サッカーが生活っていう感じがします。ヨーロッパはサッカーが文化なので、日本ではサッカー選手はアイドル的な感じではないです。ダメなら叩かれるし、よければ神様扱いをしてもらえる。日本では良くても悪くてもかっこいい、憧れの目で見られますが、(オランダでは)ダメだったらスーパーマーケットとかで『全然ダメ』だと普通に言われます。それくらい生活の一部ですね」と、日本とオランダの違いをコメント。
自身が描く夢については、「来年にはワールドカップがあります。勝つ姿を見せたい。ワールドカップ優勝ですね。まずは出場を」「チャンピオンズリーグの舞台に立ち、優勝したいという目標を持っています」
と、サッカー界の2つの大きなタイトル獲得を掲げている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00601723-soccerk-socc

続きを読む

「ハグって不適切な行為なのか?」by小林祐希


オランダ1部ヘーレンフェインMF小林祐希(26)が1日、自身のツイッターで、U-17(17歳以下)女子日本代表“リトルなでしこ”を率いる楠瀬直木監督(54)がJFA女性職員に対するハグなどの不適切な行為があったとして、辞任した件について触れた。
その中で「ハグって不適切な行為なのか? ファンサービスで写真撮る時に腰や肩に触れるのも気を付けないとですね」と疑問を呈した。
小林にとって、楠瀬氏はJ2東京ヴェルディの下部組織・東京Vユースに在籍していた当時の監督で、10年には日本クラブユース選手権で優勝した時の恩師だ。
小林は同年に下部組織に在籍しながらJリーグの試合に出場できる、2種登録選手としてトップチームに登録され、翌11年に昇格したが、楠瀬氏は11年にも東京Vユース監督を務め、日本クラブユース選手権連覇に導いた。
小林は「楠瀬さんは高3の時に沢山お世話になった人だからから残念です」(原文のまま)と複雑な心情をつづった。
11/1(木) 20:14配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00379555-nksports-socc

続きを読む

無所属の小林祐希、無事に移籍先が決まりそう!


無所属の日本代表MF小林祐希、ベルギー1部のワースラント=ベベレンと契約へ。現地紙が報じる!
ベルギーでプレーする11人目の日本人選手となるか
日本代表MFの小林祐希の新天地が、ベルギーに決まったようだ。現地紙『Het Laatste Nieuws』が報じている。
小林は6月末でオランダ1部のヘーレンフェーンとの契約を満了。いったん日本に戻り、古巣のジュビロ磐田の練習に参加するなど、調整を続けながら移籍先を探していた。そんななか、今月5日に、日本を旅立ったことを自身のSNSで報告し、動向が注目されていた。
新天地とされているのは、ベルギー1部のワースラント=ベベレンだ。『Het Laatste Nieuws』によれば、小林はすでに現地入りしており、金曜日にメディカルチェック等を済ませ、クラブと複数年契約を結ぶ見込みだという。
ヘーレンフェーンではコンスタントに出場機会を得ていたものの、3月末に18-19シーズンいっぱいでの退団を表明。クラブ側の事情として、現地では「能力は評価できるが、EU外選手であるうえ給料が高く、契約更新が難しい」と報じられた。
その後、本人の意向もありヨーロッパでの新天地探しが続いていた。
ベベレンには、2017-18シーズンに森岡亮太(現シャルルロワ)が在籍していた。「日本人選手の能力に対する評価は高く、小林は即戦力として期待されている」(『Het Laatste Nieuws』)という。
現在ベルギーでプレーしている日本人選手は、GKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨、MF伊藤達哉(いずれもシント=トロイデン)、三好康児(アントワープ)ら初挑戦組を加えて10人にのぼる。
小林の契約が順調に進めば、11人目の日本人選手が誕生することになる。
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190906-00063824-sdigestw-socc

続きを読む

「スペインは世界最高のリーグだと思う。できるならスペインでやりたい」by小林祐希


オランダ1部ヘーレンフェインMF小林祐希(26)が2日、成田空港から出国し、スペイン移籍の意向を口にした。既にスペイン人の代理人と契約したことを明かし「前よりは可能性は高まっている」と話した。
スペインは幼いころからあこがれていたリーグだ。ジュビロ磐田在籍時にともにプレーしたMF中村俊輔が「スペインにサッカーがある」と話していたことも心に残っているという。
「世界最高のリーグだと思うし。できるならスペインでやりたい。自分は世界最高のリーグで毎週、しびれる試合をして、そこでもがいて強くなっていきたいと思っている」と強い思いを口にした。
ヘーレンフェインで2年半プレーし、今季も17試合で16試合に先発している。
「他国のスカウトも見てくれていると思うので。ステップアップという意味では、そろそろいい時期なのかなと」と19年の飛躍を誓っていた。
1/2(水) 19:53配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00434713-nksports-socc

続きを読む

小林祐希の新天地はアメリカMLSか!?


【噂】小林祐希の新天地はアメリカ?MLSのFCシンシナティと接触との報道
ヘーレンフェーンの日本代表MF #小林祐希 がMLSのFCシンシナティと接触をしたようだ。同選手は昨季を持って所属先を契約満了になり新天地を探していた。
🔻詳細
小林祐希の新天地はアメリカ?MLSのFCシンシナティと接触との報道
ヘーレンフェーンの日本代表MF小林祐希(27)がMLSのFCシンシナティと接触をしたとオランダ『VOETBALPRIMEUR.NL』がアメリカ『MLS Buzz』からの情報として伝えた。
小林は東京ヴェルディ、ジュビロ磐田を経て2016-17シーズンからオランダのヘーレンフェーンへ移籍。加入以来コンスタントに30試合前後出場し中盤のレギュラーとして活躍していたが、同クラブとは昨季を持って契約満了となっていた。
上記メディアによると最近アメリカに滞在した小林はFCシンシナティを訪問。同クラブに入団する予定になったと伝えている。また旧知の仲でもあるPECズヴォレの元監督ジェラード・ネイカンプ氏らとも会談を持ったようだ。
6月には日本代表に選ばれるなど森保監督の評価も高い小林。選手として最も良い年齢になってきた感もある今季、はたしてMLS挑戦となるのか。その動向に注目が集まる。
https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=358018

続きを読む

日本代表・小林祐希、今季いっぱいでヘーレンフェーン退団


去就は…
日本代表MF小林祐希は、今シーズン終了後のヘーレンフェーン退団をSNSで発表した。なお、今後の去就は不透明なままだ。
2016年にJリーグのジュビロ磐田からオランダ・エールディヴィジのヘーレンフェーンに加入した小林。
移籍以降、コンスタントに出場機会を得る同選手は、今シーズンもここまで全公式戦25試合に出場してゴールこそないものの6アシストを記録する活躍を見せ、
3月のインターナショナルブレイクでは1年半ぶりに日本代表に復帰した。
オランダで2シーズン半を過ごす小林は28日、自身のインスタグラムで今シーズン終了後の去就について発表。
オランダ語と日本語で綴られた投稿には「今シーズン限りでヘーレンフェーンを去ることが決まりました」とクラブからの退団が決定したことを報告した。
この投稿にはチームメイトや監督、コーチへの感謝やサポーターへの思いが綴られており、
最後に「シーズン終了まで残り数試合。全力で戦ってプレーオフに進出できるように頑張りたい」とシーズン終盤に向けて意気込んだ。
なお、現段階で小林の来シーズン以降の去就は不透明。
今冬の移籍市場でスペイン行きなどを噂されていた同選手だが、どこのクラブで新シーズンを迎えることになるのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00010003-goal-socc
3/29(金) 8:05配信

続きを読む