ベルギーリーグのシント・トロイデン(STVV)は15日、FW小野裕二との契約を解除するとクラブ公式サイトで発表した。
現在24歳の小野は、横浜F・マリノスの下部組織出身で、2010年に2種登録ながらJリーグデビュー。
翌年にトップチーム昇格を果たすと、背番号「10」を背負ってプレーした。
2013年1月にスタンダール・リエージュへ移籍を決断した小野。2014-15シーズンにはヨーロッパリーグでのプレーを経験した。
小野は2015年7月に同じベルギーリーグのシント・トロイデンへ移籍。
昨シーズンのリーグ戦では22試合に出場した。
しかし今シーズンはケガの影響で6試合のプレーにとどまり、ノーゴールが続いていた。
同サイトによると、シント・トロイデンと小野は、現契約を解除することで同意に達した模様。
さらに、クラブ名は明かしていないものの、小野が「日本に帰る」と説明し、4年ぶりのJリーグ復帰を果たすことが明らかとなった
SOCCER KING 1/16(月) 3:46配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00541975-soccerk-socc
写真

transfermarkt. PERFORMANCE DATA
http://www.transfermarkt.com/yuji-ono/profil/spieler/155761

続きを読む