山口蛍

「自分がセレッソから出ることを、色んな人が重く受け止めて欲しい」by山口蛍


今オフC大阪から神戸に移籍した元日本代表MF山口蛍(26)が、移籍後初めて公の場で発言した。
28日、都内で行われた楽天グループ納会に出席。「ここだけでは話せないことがたくさんある。自分としては、それほど大きな決断をして出てきた。 自分が出ることを、色んな人が重く受け止めて欲しい。なぜ出てきたのかを伝えるのは、まだ早いと思う」と話した。
下部組織から育ち、主将も務めたC大阪を離れ、決断した神戸への移籍。
「何年かセレッソでキャプテンもやらせてもらって、チームのためにも思い切ってプレーできないこともあって、やりたいプレーがなかなか出せなかった。 チームを一番に考えていたから。そういうのを1回排除して、新しい気持ちで自分のプレーを出したい」と素直な思いも語った。
神戸では元スペイン代表MFイニエスタら、世界的な選手とともにプレーする。
「世界的な選手とやれるのは、いつ訪れるか分からない。楽しみではある。早く一緒にやってみたい」と来季への思いも明かした。
アジア杯の日本代表には入ることはできなかったが
「またゼロからの気持ちでスタートして、自分のやりたいプレーをして、代表に戻りたいという、そういう気持ちになるかもしれない。
自分のプレーを出したい」と、自身の成長を見据えていた。
12/28(金) 23:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000163-sph-socc

続きを読む

神戸、山口蛍を完全移籍で加入すると発表!「これからよろしくお願い致します」


J1の神戸は19日、J1のC大阪から今夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場したMF山口蛍(28)が完全移籍で加入すると発表した。
山口はU―15、U―18とC大阪のアカデミー(育成部門)育ちで、2009年にトップチームへ昇格。
16年1月にハノーバー(ドイツ)へ完全移籍したが、同年6月に復帰。主将を務めていた。
リーグ戦の通算成績はJ1が167試合12得点、J2が58試合2得点、ドイツ1部が6試合0得点。日本代表として国際Aマッチ45試合2得点。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00000108-spnannex-socc

続きを読む