岡崎慎司

岡崎慎司、レスターでのラストマッチに66分から途中出場!


岡崎にとってレスターでの最後の試合に出場
5月12日、プレミアリーグの最終節が行なわれた。ホームにチェルシーを迎えたレスターは、0-0のスコアレスドローに終わっている。
今季を最後にレスターを退団する意向を明らかにしている岡崎慎司はベンチ入り。
勝てば3位が確定するチェルシーは、つい先日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝第2レグでPK戦の末にフランクフルトを下したメンバーを中心としたメンバーで臨んだ。
エデン・アザール、オリビエ・ジルーらはベンチスタートとなっている。
攻めるチェルシーと守るレスターの一進一退の攻防が続き、前半はスコアレス。
後半もスコアレスが続いたがレスターは66分、ウィルフレッド・ディディに代えて岡崎慎司投入。
21試合目となるプレミアリーグ出場を果たした。
サポーターの拍手に迎えられた岡崎は、さっそくジェイミー・ヴァーディ―とのコンビでゴールに迫る。
しかし、追うように、チェルシーは69分にアザールを投入。エースに託す。
レスターは76分に、岡崎同様”奇跡のプレミア優勝”を成し遂げたメンバーであるダニー・シンプソンも投入。
80分には右サイドを駆け上がったベン・チルウェルからのマイナスのパスに岡崎が飛び込むチャンスを迎えたが、最後の息が合わなかった。

一方のチェルシーは、ELの疲れもあるのか、アザールがボールに触る機会が少なく、チャンスらしいチャンスを作ることができない。
83分、アザールとルベン=ロフタス・チークのワンツーから決定機を作るが、シュートに結びつけることができなかった。
岡崎はその後もハードワークを続けたが、シュートを放つことは叶わなかった。
だが、その確かな存在感は「ミラクルレスター」の記録とともに、サポーターの記憶に深く刻まれているに違いない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190513-00058503-sdigestw-socc
5/13(月) 0:58配信

続きを読む

【正式発表】レスター、岡崎慎司の退団を発表!「チームは日本代表選手を大いに頼りにしていた」


レスター、岡崎慎司の退団を正式発表。「チームは彼を大いに頼りにしていた」
レスター・シティは8日、同クラブに所属するFW岡崎慎司およびDFダニー・シンプソンが今季限りで同クラブを退団することを発表した。
両者は今季終了後に満了するレスターとの契約を更新しておらず、岡崎はメディアに対しても今季限りでチームを去ることを明言していた。だがクラブからも正式な形での発表が行われた。
岡崎は2015/16シーズンに加入したレスターでの1年目にリーグ戦36試合に出場して5ゴールを挙げ、サッカー史上に残る快挙となったプレミアリーグ初優勝に貢献。数字に表れない献身的な守備も含め、チームに欠かせない存在として現地メディアやファンから高い評価を得た。
2014年から在籍していたシンプソンもレスターのプレミアリーグ優勝に貢献した選手の一人。クラブは両者の退団を発表するにあたり、「レスターで優れたキャリアを過ごした」「タイトル獲得に重要な役割」「永遠に尊敬される」とその業績を称えた。
岡崎については、「疲れ知らずの走りと運動量はレスターの守備と攻撃を繋ぐ助けとなった。見事なタイトル獲得を成し遂げたチームにおいて、おそらく最も重要であり最も過小評価された役割のひとつを務め、チームは日本代表選手を大いに頼りにしていた」と述べている。
現地時間12日にホームで行われる今季プレミアリーグ最終節のチェルシー戦では、岡崎とシンプソンの退団セレモニーが行われるとのことだ。クラブはファンに向け、両選手に最後の別れを告げるためスタジアムを訪れるよう呼びかけている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190509-00320755-footballc-socc

続きを読む

「岡崎慎司はレスターのレジェンドとして去る・・・次の移籍先も欧州」byレスター・ロジャース監督


今シーズン限りでレスター・シティを去ると表明した岡崎慎司。現地時間2日に行なわれた前日会見で、同クラブのブレンダン・ロジャース監督も岡崎の退団を認めた。地元紙『Leicester Mercury』が報じている。
2015年にマインツから移籍したきて岡崎は、今年の6月いっぱいで契約が満了する。3月には本人がメディアを通じて、退団の意向を示していた。
ロジャース監督は会見で、岡崎と話し合ったうえでの結論であることを認め、このように語った。
「シンジ・オカザキは、クラブ史において“レジェンド”として名が残る。チャンピオンの経験を持つ彼は今シーズン終了後にクラブを去る。
数週間前にシンジと話をしたが、彼はどうやらストライカーとして戦いたいという意志が強く、ヨーロッパのどこかのクラブでプレーする機会を探すようだ。
レスターにおけるシンジの貢献は計り知れない。彼の笑顔、熱意、クオリティー……。この素晴らしいクラブの歴史の中で、貴重な役割を果たしたと考えている」
岡崎はレスターで「奇跡」と呼ばれた2015-16シーズンのプレミア優勝に貢献。だが、今シーズンは出場機会に恵まれず、まだ1ゴールも奪えていない。
「彼は最後まで、チームが可能な限り上位で終えられるようにチームをサポートしたいと考えてくれている。我々も彼に感謝の気持ちを示す機会を与えたいと思っているよ」
残されたゲームは残り2試合。岡崎にとってラストゲームとなるのは、12日に行なわれるホームのチェルシー戦だ。同紙によれば、この最終戦で地元サポーターに見送られて退団することになるようだ。

岡崎の新天地はどこになるのか――。注目が集まる。
5/3(金) 6:12 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190503-00058001-sdigestw-socc

続きを読む