岡崎慎司

スペイン2部マラガが岡崎慎司を狙っている!?


レスター・シティとの契約が満了となり、現在自由契約の日本代表FW岡崎慎司。一部報道では日本復帰のほか、オーストラリア行きなどもうわさされていたが、ここにきてスペインで再スタートする話が浮上しているようだ。
スペイン、マラガの地元紙『DIARIOSUR』は「マラガはオカザキとホセ・ロドリゲスとのサインを目指している」との見出しで、日本代表FWについて報じた。
記事では「33歳の日本人ストライカーは、自由契約となっており、イギリスに留まることはないだろう。今夏の移籍市場でマラガが獲得を狙っている」と伝えている。
2018ー19シーズン、マラガはスペイン2部3位でフィニッシュしたものの、昇格プレーオフ準決勝ではデポルティボに連敗を喫し、2019-20シーズンも2部で戦うことが決定していた。
岡崎に関心を示していると伝えられているマラガは、2011ー12シーズンには知将マヌエル・ペジェグリーニ指揮のもと1部リーグ4位となり、2012ー13シーズンにはチャンピオンズリーグでもベスト8進出を果たしたことでも知られる。だが近年は有力クラブに主力選手を引き抜かれ、2017ー18シーズンは1部リーグ最下位に沈み、2018ー19シーズンから2部を主戦場としていた。
マラガは岡崎獲得を検討しているようだが、果たして岡崎はスペイン行きを決断するのだろうか。新シーズンからスペイン2部デポルティボに加わった柴崎岳と、同コンペティションで戦うというシナリオは十分に現実味がありそうだ。
7/19(金) 12:04配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00010012-goal-socc

続きを読む

レスター岡崎慎司、プレミア古豪カーディフへ!?


イングランドで研鑽を積んできたサムライストライカーの獲得に新たなクラブが乗り出した。
現地時間1月15日、英紙『Daily Mail』は、その去就が話題を集めているレスターの日本代表FW岡崎慎司に対し、新たにカーディフが興味を示していることを報じた。
プレミアリーグ参戦4年目を迎えた岡崎の今シーズンは過酷なものになっている。
足首負傷によって開幕で出遅れたことに加え、チームがクロード・ピュエル監督の下、ポゼッションサッカーを志向するなかで、ケレチ・イヘアナチョやデマライ・グレイ、ジェームズ・マディソンら若手アタッカー陣が台頭。32歳のベテランFWは、プレミアリーグでの先発出場が1試合のみ(途中出場は12試合)と序列が著しく低下している。
厳しい現状に岡崎自身も当然満足しておらず、昨年12月には、地元紙『Leicester Mercury』で、「レスターを家族のように愛しているけど、欧州で新しい挑戦がしたい」と愛着のあるクラブを離れることを示唆していた。
そんな経験豊富な日本代表FWには、新年早々にハダースフィールドが獲得オファーを提示したことが伝えられた。もっとも、2019年6月までの契約を締結しているレスター側がそれを拒否したとされ、岡崎の去就は暗礁に乗り上げていた感があったが、ここにきてカーディフが動向をチェックしているという。
『Daily Mail』は、「残留を争うハダースフィールドとの日本人選手争奪戦に加わった」と報じ、現在プレミアリーグで降格圏の17位に位置するカーディフが、残留への切り札として岡崎に白羽の矢を立てたことを明らかにした。
カーディフのサッカーは、ずばり、英国伝統の「キック&ラッシュ」。ロングボールを最前線へ蹴り込み、力任せにゴールをこじ開ける手法だ。
レスターでプレミアリーグ制覇を成し遂げた2015-16シーズン、クラウディオ・ラニエリの下でプレーした岡崎は身体を張るプレーで重宝されていた。それだけに前線で奮闘することが求められるカーディフのサッカーに馴染むのに時間は掛からないだろう。
出場機会が激減し、プレーに飢えているはずの岡崎は、いかなる選択をするのか? 今冬の動向から目が離せない。
1/16(水) 19:58 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00052880-sdigestw-socc

続きを読む

本田や岡崎、アウベス・・・いい選手多過ぎ!?スペイン・マルカ紙が今夏注目のフリーの選手30人をピックアップ!


マルカが選ぶ今夏注目のフリーの選手30人
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?279242-279242-fl
1:ダニエウ・アウベス(ブラジル)
2:マリオ・バロテッリ(イタリア)
3:フィリペ・ルイス(ブラジル)
4:フランク・リベリ(フランス)
5:ダニエレ・デ・ロッシ(イタリア)
6:ヤシン・ブラヒミ(アルジェリア)
7:ファビオ・コエントラン(ポルトガル)
8:フアンフラン(スペイン)
9:ダニエル・スタリッジ(イングランド)
10:クラウディオ・マルキージオ(イタリア)
11:トーマス・ベルメーレン(ベルギー)
12:フェルナンド・ジョレンテ(スペイン)
13:ギジェルモ・オチョア(メキシコ)
14:アドリアン(スペイン)
15:ハテム・ベン・アルファ(フランス)
16:ウィルフリード・ボニー(コートジボワール)
17:岡崎慎司(日本)
18:シュテファン・リヒトシュタイナー(スイス)
19:アンディ・キャロル(イングランド)
20:アベル・エルナンデス(ウルグアイ)
21:アドリアン・ロペス(スペイン)
22:本田圭佑(日本)
23:マルケス・スサエタ(スペイン)
24:ヨハン・キャバイェ(フランス)
25:ガリー・ケーヒル(イングランド)
26:マルティン・カセレス(ウルグアイ)
27:イニャーツィオ・アバーテ(イタリア)
28:ダニー・ウェルベック(イングランド)
29:マルティン・シュクルテル(スロバキア)
30:ヨアン・グルキュフ(フランス)

続きを読む

岡崎はタイでも大人気?バンコクでレスターのユニフォームがバカ売れ!昨季は見向きもされなかったのに…

ビッグクラブのサポーターから乗り換える人も
日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは、今季プレミアリーグで首位に立つ躍進を見せている。
クラブのスポンサーである「キングパワー」はタイ最大手の免税店で、バンコクの国際空港などで
レスター・シティのレプリカユニフォームを販売しているのだが、
今シーズンはユニフォームが完売する状況となっていると英『Daily Mail』が伝えている。
2位トッテナムに勝点5差をつけて優勝に向けて邁進するレスターにタイの人々も大興奮。
昨シーズンは残留争いに絡むチームだったためユニフォームの売れ行きも悪かったが、
今ではタイのどこででもレスターのユニフォームが手に入らない人気ぶりだという。
さらにバンコク中心部にあるレスター・シティのクラブショップや空港の免税店でも、
ユニフォームの注文依頼をする人が増えており、同紙はリヴァプールやチェルシー、
マンチェスター・ユナイテッドなどのビッグクラブのファンだった人がレスターを応援していると報じた。
オーナーのお膝元タイでサポーターを増やしているレスター。スタメンで活躍する岡崎は、タイでも大人気かもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160329-00010007-theworld-socc

続きを読む

レスター地元紙「オカザキは髪の毛の半分を失い、日本から帰還」wwww

ティの日本代表FW岡崎慎司は、ロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選2試合を終えてチームに合流。各国選手も代表活動から戻り、10日に行われる敵地リバプール戦に向けてトレーニングで汗を流した。地元紙「レスター・マーキュリー」は、日本から戻ったばかりの岡崎について近況をレポートしている。
岡崎は1日のUAE戦で先発しながら不発に終わると、6日のタイ戦では先発落ちとなり出番が訪れなかった。地元紙は岡崎が代表ウィーク中に髪を切ったことに触れ、強烈にいじり倒している。
「シンジ・オカザキは髪の毛の半分を失い、日本から帰還した」
練習中の様子を収めた写真には、このようなコメントが添えられていた。
同紙は1日に行われた日本対UAE戦の結果を伝えた際にも「シティには今日、代表活動のあった1人のスターがいた。だが、新しい髪型にも関わらず、シンジ・オカザキは日本代表の勝利の役に立てなかった。実際のところ、日本はワールドカップ最終予選初戦にて、ホームで驚くべき敗北を喫した」と、岡崎のヘアスタイルに絡めて結果を伝えていた。
地元紙「彼がモデルの絵文字セットがある」
さらに、日本での岡崎人気を示す話題も取り上げられている。同紙公式ツイッターは、日本のレスターファンのツイートを引用し、「シンジ・オカザキには、彼がモデルの絵文字セットがあり、日本でとても大きな存在だ」と、メッセンジャーアプリのLINEで岡崎をモデルにした「LINEスタンプ」があることも紹介していた。
英紙「ザ・サン」の予想先発では、スタメンに名を連ねている岡崎。タイ戦を欠場したとはいえ、長距離遠征後のリーグ戦でコンディションは気掛かりだが、FWイスラム・スリマニという強力なライバルが増えたなかで熾烈な定位置争いに勝てるだろうか。
Football ZONE web9月9日 22時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160909-00010016-soccermzw-socc

続きを読む