日本代表

日本代表、正念場のオマーン戦!“大迫依存“脱却なるか?


オマーン戦予想フォーメーション

●グループステージ突破のかかる大切な一戦
13日22時30分(日本時間)、森保ジャパンはAFCアジアカップ2019(UAE)グループステージ第2節・オマーン戦に臨む。
9日のアジアカップ初戦・トルクメニスタン戦(3-2)で2ゴールをマークし、チームの窮地を救った大迫勇也(ブレーメン)。その絶対的1トップが13日のオマーン戦直前2日間のトレーニングを欠席した。
●大迫離脱、試されるチームの力
この重要な一戦の布陣を予想すると、まずGKは東口順昭(ガンバ大阪)の出場もあると目されたものの、彼は大迫とともに前日練習を欠席。その可能性はなくなった。
そこで、すでに警告を1枚もらっている権田修一(サガン鳥栖)をそのまま起用するのか、197cmという長身を誇るシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)かは判断の分かれるところ。ただ、最終ラインとの連係を重視するなら権田の連続出場が有力だ。
最終ラインは右から酒井宏樹(マルセイユ)、吉田麻也(サウサンプトン)、槙野智章(浦和レッズ)、長友佑都(ガラタサライ)の4枚が不変だろう。初戦はボランチに入った20歳の冨安健洋(シント=トロイデン)をセンターバックに下げ、
槙野に代えて使うプランもあり得るが、やはり次こそは相手を零封して、強固な守備を取り戻さなければいけない。チームの土台を固める意味でも初戦と同じ組み合わせが妥当と言える。
ボランチに関しては、初戦では本職でない冨安と柴崎岳(ヘタフェ)の急造コンビの距離が空いてしまい、バランスが悪く、機能したとは言い切れないものがあった。
中盤を安定させる意味でも、今回は体調不良から回復した遠藤航(シント=トロイデン)と柴崎のコンビに戻すはず。森保ジャパンにおけるボランチのファーストチョイスと位置付けられる2人に託されるものは少なくない。
●サイドの攻防が勝負を分ける
オマーンは日本と同じ4-2-3-1を基本としており、FIFAランクは82位。トルクメニスタン以上に底力のあるチームとも言える。今大会は初戦でウズベキスタンに1-2で敗れているため、
オランダ人指揮官ピム・ファーベク監督も「全力を尽くし、勝つために日本のあらゆる弱点を突いていくつもりだ」と、決意を新たにしている。
「彼らは速攻もできれば、ボールを動かしながら遅攻もできる。われわれも我慢しながらやっていかなければいけない」と森保監督も警戒を怠らない。
特に注意すべきなのが、組み立てに優れた左サイドバック・アルブサイディと鋭い攻め上がりを誇る右サイドバック・アルムハイニの攻撃参加だ。つまり、サイドの攻防が勝敗を分ける重要なカギになるのだ。
日本が有効なサイドアタックを数多く仕掛けられれば、初戦のような中央の網に引っかかることもなく、多彩な攻撃を繰り出せる。
屈強なフィジカルとヘディング力を持つ武藤も生かすことができ、南野がスペースに入り込む状況も作り出せるはず。
タテ関係に入るであろう武藤と南野は、2015年10月の国際親善試合イラン戦でともに招集されているが、試合終盤の88分に武藤から南野に交代したため一緒にプレーした経験はない。
しかし、南野は「よっちくん(武藤)は実績も含めて頼りになる選手」と全幅の信頼を寄せており、この背番号9がボールを収める役割を補完し、武藤の前線での負担を減らせれば、新1トップはゴール前での力強さをより出せる。
大迫不在時のオプションを確立する意味でも、2人の連係をより研ぎ澄ませていってほしい。
攻撃が活性化すれば、守備陣もメンタル的にラクな気持ちで戦える。「トルクメニスタン戦もゼロで抑えられたら簡単な試合になったと思う。1失点したから難しくなった。
そうならないように、次は1-0でもいいからしっかりゼロでいきます」と酒井も決意を新たにしていたが、後ろがゼロ封してくれれば勝利はそう遠くない。
ワールドカップやアジアカップ本戦のような短期決戦は、手堅い守備から入るのが鉄則。リスタートの守りを含め、キャプテン・吉田が軸となって約束事を再徹底し、苦境を乗り越えたい。
2位通過の場合、日本はB組2位が濃厚なオーストラリアとラウンド16でいきなり当たる可能性が大。1位通過を目指す意味でも、この一戦はやはり落とせない。
1/13(日) 15:00配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00010016-goal-socc

続きを読む

オシムさん、日本代表GK権田をディスる!?「ゴールキーパーは少し眠っていた」


この日、オシムはなかなか電話に出ようとしなかった。試合後の会見の後でサラエボの自宅に電話すると、日本対トルクメニスタン戦に続いて始まったオマーン対ウズベキスタン戦を見ているという。
アシマ夫人が幾度となく声をかけ、ようやく電話口に現われたかと思うと、一気に喋るだけ喋りさっさとテレビの前に戻ってしまったのだった。
しかし、彼の口から語られた言葉は、日本のサポーターやメディア、解説者などの意見や試合から受けた印象とは、たぶんまったく異なる。
トルシエもそうだが、ヨーロッパ人の指導者に共通の視点・評価の基準が彼の中にあり、それは日本的なコンテクストを離れたときに、日本人が語る言葉とは全然別の言葉となって現れるのだろうと思う。
もうひとつは、森保一という監督の資質である。これは私見だが、森保にはこれまでの日本人監督にはない、オシムやトルシエの琴線に触れる指導力がある。
日本での評価は総じて低いこのトルクメニスタン戦を、ふたりがまったく違う視点から評価しているのも、森保が持つ何か、彼がピッチ上で実践したものに対して、ふたりが敏感に反応したからなのだろう。
――日本の試合は見ましたか?
「ああ、見た」
――大会の初戦はいつも難しいですね。
「日本対トルクメニスタン戦は悪い試合ではなかった。私は今、オマーン対ウズベキスタン戦を見ているが、レベルは比べるべくもない。
トルクメニスタン戦の日本は、ボールを保持したときのプレーの成熟を示していた。サイドチェンジを繰り返しながらプレーを加速させた。あまり多くを変える必要はない。若い選手たちにとっては学ぶべきいいモデルだ。
たしかにこの種の試合は難しい。互いに相手をよく研究し、相手に対して少し恐れを抱いている。多くを期待できる試合ではない。それでも日本は個の力で優れていることを示した。
注目すべきプレーも随所にあった。的確にプレーし、これは大事なことだが効率的でもあった。彼らの今日のプレーに対して言うべきこと(批判すべきこと)はあまりない。オマーン対ウズベキスタン戦とは格段の差だ」
「日本が見せたのは本物のサッカーであるといえる。
個としてはオマーンもウズベキスタンも決して悪くはない。リーグのレベルもそれなりだろう。だが、それがチームとなると、日本との差が随所に現われる。
チームとしての意志に大きな差があるし、日本は選手もその中で存分に自分の役割と個の能力を発揮している。ロングシュートやプレーの加速……。
とりわけ2点目はワンツーやヘディングを交えたコンビネーションが素晴らしかった。一見に値するプレーであったし日本の進化を示したプレーでもあった。
日本が着実にいいチームに成長しつつあることが感じられた。日本はリスペクトを受けて然るべきチームになろうとしている。
たしかにゴールキーパーは少し眠っていたが、大したことにはならなかった。大事には至らなかったが、少し注意した方がいい。
今日のサッカーではロングシュートの一発で試合が決まることがある。そのときにGKが眠っていては勝つのは難しい」
「日本のゴールはいずれも素晴らしかった。見事なコンビネーションと個人技。とても美しいゴールで、だからこそ満足すべきだ。私はそう思う。
チームは着実に進化している。他のチームがどうかあまり良くは知らないが、日本はすでに随分先を歩いている。
もちろん韓国やイラン、中国なども警戒は必要だが、日本は優勝しても決しておかしくはない。世界との差も縮まっている。
フィジカル面で進化し、選手はよりスピーディーに、より機動性に富むようになった。技術も進歩して、以前よりずっと効率のいいプレーができる。この方向で進んでいくべきだ。今日の試合を見て、改めてそう思った」
「もちろん世代交代は必要だ。若い選手をこのような大会で起用するのはリスクが伴うが、起用しなければチームは何も変わらない。
積極的に起用すべきだし、今日のように彼らはスピーディーかつシンプルに、独善に陥るのでなくコレクティブにプレーする。
幾人かの選手は個の能力の高さで素晴らしいプレーができることを示したが、それはそれで悪くない。
今後に向けて準備を万端に進められれば、特に言うことはないだろう。今日のこの試合に満足できないのであれば、これから先もどれほど満足できるものか……。
1/13(日) 9:01配信 NUMBER
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190113-00833181-number-socc&p=2

続きを読む

アジアカップ・オマーン戦!日本代表スタメン発表!大迫の代役は北川!


日本代表は13日、アジアカップのグループリーグ第2節でオマーン代表と対戦する。試合に先立って日本のスターティングメンバーが発表された。
日本は初戦でFIFAランク127位と格下のトルクメニスタンと対戦。前半に先制を許す苦しい展開も、後半に逆転し、3-2で競り勝った。日本は初戦から中3日で行われるオマーン戦で勝利し、グループFのもう1試合でウズベキスタンが引き分け以上に終われば、2位以内が確定。決勝トーナメント進出が決定する。
そんな重要な第2戦を前に大迫勇也と東口順昭が前日練習を欠席。その理由について森保一監督は「大迫は右の臀部に違和感がまた出てきていて、東口は昨日の練習で腰に痛みが出た。練習は回避して治療に充てて、早期のチーム合流に向けてやっていく」ことを明かした。
その上で指揮官は「間違いなく新たに先発に入ってもらう選手がいる」と新選手の起用を明言。その言葉通り、初戦2発の大迫の代役には清水エスパルスの北川航也を起用。
また、発熱の影響で初戦はベンチから戦況を見守った遠藤航も先発に復帰。最終ラインと2列目はトルクメニスタン戦と同じ布陣で臨む。注目の第2戦は22:30にキックオフする。
日本代表のスターティングメンバーは以下の通り。
【日本代表 先発メンバー】
GK
12 権田修一/サガン鳥栖
DF
5 長友佑都/ガラタサライ(トルコ)
16 冨安健洋/シント=トロイデンVV(ベルギー)
19 酒井宏樹/マルセイユ(フランス)
22 吉田麻也/サウサンプトン(イングランド)
MF
6 遠藤航/シント=トロイデンVV(ベルギー)
7 柴崎岳/ヘタフェ(スペイン)
8 原口元気/ハノーファー(ドイツ)
9 南野拓実/ザルツブルク(オーストリア)
21 堂安律/フローニンゲン(オランダ)
FW
11 北川航也/清水エスパルス
【日本代表 控えメンバー】
1 東口順昭/ガンバ大阪
23 シュミット・ダニエル/ベガルタ仙台
2 三浦弦太/ガンバ大阪
3 室屋成/FC東京
4 佐々木翔/サンフレッチェ広島
18 塩谷司/アル・アイン(UAE)
20 槙野智章/浦和レッズ
10 乾貴士(レアル・ベティス)
14 伊東純也/柏レイソル
17 青山敏弘/サンフレッチェ広島
13 武藤嘉紀/ニューカッスル(イングランド)
15 大迫勇也/ブレーメン(ドイツ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00010031-goal-socc

続きを読む

【動画】VARがなくてよかった?日本代表オマーン戦の"長友の神の手"


前半終了間際にあわやの場面が…
アジアカップのグループリーグ第2戦・日本代表対オマーン代表は1月13日、UAEのザイード・スポーツシティ・スタジアムにおいて現地17時30分にキックオフされた。

試合は序盤から日本が攻勢を仕掛けて多くのチャンスを作ったが、決定力を欠いてなかなかゴールを奪えない。しかし、迎えた25分。南野のシュートのこぼれ球を拾った原口が、相手のファウルを誘ってPKを獲得。これを原口自らが決め、先制点を挙げた。
その後も日本が主導権を握って試合を進めたが、前半終了間際にあわやという場面を作られてしまう。クロスのこぼれ球をオマーンのMFが拾ってシュート。これがブロックに入った長友に当たってゴールの枠を外れた。直後にオマーンの選手たちは、主審に詰め寄って長友のハンドを主張。
リプレー映像では、ブロックに入った長友の左手に当たったように見えたが、主審はハンドを取らずに、CKで試合は再開された。
こうした得点に関わる重要なシーンの判定を助けるために、FIFAは該当シーンをビデオで確認するVAR制度を採用している。AFCも今回のアジアカップでVAR採用を決めているが、実施されるのは準々決勝から。日本は過去にVARでPKを与えたり、退場処分を受けたこともあったが、今回もVARが実施されていれば、PKを献上することになっていたかもしれない。
1/13(日) 23:44 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190113-00052711-sdigestw-socc

続きを読む

日本代表・長友、素直に認める・・・「腕に当たりましたね。神の手になって良かった・・・」


判定に救われた日本…“疑惑のハンド”に長友「VARがなくて良かった」
19/1/14 01:54
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?264143-264143-fl
当然、オマーンの選手はハンドをアピールして猛抗議したが、主審は判定を変えず、そのままオマーンのCKに。
このシーンについて聞かれた長友は「腕に当たりましたね」と率直に認めた
。追加副審が採用されている今大会は準々決勝以降、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が導入されるが、グループリーグでは採用されていない。
「VARがなくて良かったとホッとしている。結果的に神の手になって良かった。VARがあったらハンドになっていた可能性が高かった」。冗談をまじえながらもその表情は厳しい。「体を投げ出した格好になったけど、腕が残っていて当たってしまった。気をつけないといけない」と反省した。
“中東の笛”に悩まされることも多いアジアカップ。この日、試合を担当したマレーシア人のモフド・アミルル・イズワン主審は接触プレーで細かく笛を吹き、イエローカードも両チーム合わせて5枚出たが、大きな判定で言えば、日本に味方する場面も目立った。
先制点につながるPKを獲得した前半26分のシーンについても長友は「ファウルがあったか分からない状況でPKをもらえた」と指摘。MF原口元気がPAギリギリでサレハに倒されたが、ファウルの有無、位置ともに微妙ではあった。「ペナルティーエリア内はあらためて引き締めて戦いたい」。長友はそう言って表情を引き締めた。

やっぱPKだったんじゃねーか…
うーんこれは日本弱くなってるわ

続きを読む