日本

「南野拓実は罪を犯している」by英記者


日本はキルギスに2-0の勝利、W杯2次予選で貫録の4戦全勝
日本代表は現地時間14日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選第4節でキルギス代表と対戦。前半41分にMF南野拓実(ザルツブルク)がPKを決めて先制点を奪うと、後半9分にはMF原口元気(ハノーファー)が直接FK弾を叩き込んで追加点を決め、2-0で勝利を収めた。
この結果を受け、かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏は、南野が多くのチャンスを逃していることに対して「罪を犯している」と辛辣な意見を述べつつ、「キルギスの守備陣に苦悩をもたらし続けていたのは間違いない」と、エースとしての存在感を認めている。また、日本がアジア2次予選を全勝で突破することについて「信じない理由はない」と太鼓判を押した。
◇ ◇ ◇
アウェーでの日々は、ほとんどのアジア先進国にとって難解なものであるから、森保監督率いる“サムライブルー”は強烈で魅力的で衝動的な習慣を身につけた連勝ロードを築いている。イラン、UAE、中国は遠征先で圧力に屈し試合を落とすと、マルチェロ・リッピ監督は中国の指揮官を辞任した。日本はキルギスを相手に騒ぎの起きない勝利で行進し、予選の次の段階へ進む目前まで差し掛かっている。
堂安律、大迫勇也、久保建英の不在に加え、中島翔哉をベンチに置いたにもかかわらず、活発さを保つには充分すぎるほどで、今年序盤のアジアカップで印象的なビルドアップを見せていたキルギスを相手に急速な改善を示した。日本は昨年同じ相手に4-0の快勝で打ち負かす経験をしていたが、今回は公園を散歩するような試合とはならなかったのは確かだ。
日本が見せた貫禄の試合運び「森保監督はチームが直面している課題を認識し…」
現在のキルギスは昨年11月に比べ、より弾力性があり、より脅威な存在となっている。権田修一は何度か訪れたホームチームの猛攻を寄せ付けなかったが、日本の守備陣は以前よりもハードワークを強いられた。グルジギット・アリクロフとミルラン・ムルザエフは本物の脅威を与えており、森保監督はチームが直面している課題を認識し、ホームでの試合よりも攻撃性を控えるスタンスへと切り替えた。
長友佑都と酒井宏樹の両サイドバックは持ち味でもある攻撃参加を滅多に見せることはなかった。キルギスがポゼッションを高めている時は、ペナルティーエリア手前のスペースを混雑させるために遠藤航と柴崎岳が活用されていた。だが、それは森保監督にとっては珍しくない保守的なアプローチだ。伊東純也、南野拓実、原口元気、永井謙佑の前線4人は、それぞれ個人の力で攻撃的な仕事を敢行し、特に南野はホームチームの守備陣に問題を引き起こしていた。
ザルツブルクのプレーヤーは依然としてあまりに多くのチャンスを棒に振る罪を犯している。その一方で、キルギスの守備陣に苦悩をもたらし続けていたのは間違いなく、前半に守護神クトマン・カディルベコフにはじき出されたチャンスも、南野の本能的なプレーを物語っていた。結果として、彼自身がでこぼこで劣悪なピッチで手繰り寄せたPKは、日本にリードをもたらすのにふさわしいものだった。原口元気の輝かしいFKは、花を添える喜びだった。
日本は4試合で12ポイントの勝ち点を稼いだが、最も印象的なのは、4勝のうちの3勝が国外で掴み取ったものであるということだ。日本はグループ内で頭一つ抜けた存在であり、予選後半戦における日本の順調な航海は既定路線と言えるだろう。3月のミャンマー戦で勝利を収めれば、日本は次のステージへの進出を確定させる。現状を踏まえると、日本が完璧な記録を打ち立てて突破することを信じない理由はないだろう。
11/15(金) 20:10 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191115-00229220-soccermzw-socc

続きを読む

レヴァークーゼンのボス監督、日本で2つのカルチャーショック・・・

現役時代にジェフユナイテッド市原でプレー

レヴァークーゼンのピーター・ボス監督が『Goal』の独占インタビューに応じ、日本での思い出を語っている。
ボスは現役時代に母国オランダやフランス、ドイツでプレー。キャリア終盤の1996年から1年間ジェフユナイテッド市原(当時)に在籍し、引退の地にもジェフユナイテッド市原を選んだ。その理由としてボスはフェイエノールト時代の思い出を挙げている。
「フェイエノールトにいたとき、一度冬のキャンプを広島でやったことがあった。そこで経験したことがとても印象的だったんだ。人々と、その関係性がとても素晴らしいものだった。日本の人は絶対に『ノー』と言わないものなんだけれど、望んでいないときがあるということは覚えておかなければならない。それから、彼らは握手をしない。彼らの考えだと、その行為はやりすぎだと思っているんだ。代わりに、お互いにお辞儀をする。互いに上手くやりとりすることがとても敬意を持った方法なんだ」
また、日本で経験した2つのカルチャーショックについてもこのように説明している。
「初めての練習のとき、チームメイトがライン際でボールを止めたんだ。コーチも何も言ってなかったから、普通はプレーを続けると思うだろう? けれど、その選手はボールが出たと自分から言ったんだ。『アイツはおかしなヤツに違いない』と思ったよ。けど、それが日本のメンタリティであり、文化なんだ」
「それから、私たちは何度も電車で移動していて、大きな荷物を持っていかなければならなかった。ちょっと長い時間を過ごさなきゃならなかったから、コーヒーを買いに行きたくなったんだ。選手はみんなホームに荷物を置いていったけれど、私は持ち歩きたかった。けれど、そうする必要は一切ないといわれた。それは、他の人のバッグを持っていくことなんて誰もしないからだったんだ。それに、選手たちは、練習場の駐車場にある車の中にキーを置いていく。誰も車の中にあるキーを盗もうなんて考えないからなんだ」
食べ物の素晴らしさ、そして日本の住みやすさなども話したボスは「日本にもう一度戻る機会があればいいと思うよ」と語る。住むのか、そこで監督として仕事をするのかということに関しては言及しなかったものの、日本については非常にいい思い出が詰まっているようだ。
11/5(火) 19:32配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00010025-goal-socc

続きを読む

南野拓実、東京五輪OA候補に急浮上!


日本が誇るイケメンストライカーが東京五輪オーバーエージ(OA)の有力候補に急浮上した。日本代表は10日のカタールW杯アジア2次予選モンゴル戦(埼玉)で6―0と圧勝して2連勝。MF南野拓実(24=ザルツブルク)が3戦連発となる先制弾を決め、日本をゴールラッシュへと導いた。抜群の決定力は日本の大きな武器となっており、来夏の五輪で金メダルを目指す森保ジャパンでもエースの働きが求められそうだ。
国際サッカー連盟(FIFA)ランキング31位の日本は、同183位の格下モンゴル相手に序盤からゲームを支配しながらも分厚い守りに攻めあぐねた。そんな嫌なムードを払拭したのが、今季絶好調の南野だ。前半22分、MF伊東純也(26=ゲンク)のクロスに豪快ヘッドでゴール左隅に突き刺した。
2日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグで昨季王者の強豪リバプール(イングランド)を相手に1ゴール1アシストと活躍した勢いのまま、待望の先制点をもたらした。その後はゴールラッシュで圧勝し「試合の中で、そこでチャンスになる場面が多かったし、それは狙っていた。うまくゴールにつながってよかった」と充実の表情を浮かべた。
これでW杯予選2戦連発を含め代表3試合連続ゴールで森保体制で最多となる8ゴール目。日本が誇るゴールゲッターとして着実な進化を見せている。そこで注目されるのは、東京五輪でのOA招集だ。五輪世代にはMF久保建英(18=マジョルカ)をはじめ有望株が多いが、国際舞台で決定力を見せられるストライカーはOAによる補強ポイントとなっている。
さらに、日本サッカー協会の田嶋幸三会長(61)はOA候補について「セオリーとしては中心(センターライン)だよね。あとはやっぱり五輪に出ている選手がいいかな。リオ(デジャネイロ五輪)とかね」と話したように、コミュニケーションが深められる東京五輪世代に近い年齢で、五輪の舞台を経験している選手を“推奨”している。
そのため、すでにリストアップ済みのFW大迫勇也(29=ブレーメン)やFW鎌田大地(23=Eフランクフルト)に加えて、森保ジャパンでは最多となる18試合に出場し、1トップも務めるリオ五輪世代の南野がOA候補に浮上。世界を舞台に活躍する9番が、悲願の金メダル取りの最終兵器となるか。
10/11(金) 16:32配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000024-tospoweb-socc

続きを読む

韓国メディアがサッカー日本代表の戦いっぷりに驚いている模様


「日本どうした?」「すべての面でギリギリ」韓国メディアが森保ジャパンの辛勝に驚き!「強豪3か国は揃って期待以下」とも|アジア杯
1/10(木) 18:28配信 SOCCER DIGEST Web
日本と韓国を並べて報じるメディアが目立った
1月9日に行なわれたアジアカップのグループリーグ初戦(F組)でトルクメニスタンと対戦し、3-2で勝利した森保ジャパン。逆転勝利で白星発進を飾ったが、王座奪還を目指す日本がFIFAランキング127位(日本は50位)の格下を相手に1点差で勝利した結果は、韓国メディアも意外だったようだ。

『デイリースポーツ韓国』は、「日本サッカー、トルクメニスタンに命からがら……かろうじて勝利した“びっくりな”試合」と題し、「日本が圧倒すると予想していたが、結果はその反対だった。トルクメニスタンに足を引っ張られそうになった」と報じている。
続きソース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190110-00052546-sdigestw-socc

続きを読む

Jリーグ4年目!名古屋MFエドゥアルド・ネットが日本を絶賛!

Jリーグ4年目を迎え、日本で公式戦100試合超出場も…「僕はもっと出場したい」

J1名古屋グランパスのブラジル人MFエドゥアルド・ネットは今季でJリーグ4シーズン目を迎えているなか、「長い間、日本にいたいと願っている」と母国メディア「「UOLエスポルチ」に語った一方、「とても静かで安全」と日本を絶賛している。
2016年にアヴァイから川崎フロンターレに期限付き移籍し、1年目からリーグ戦27試合(2ゴール)に出場。完全移籍に切り替えった翌シーズンも31試合(1ゴール)とフル稼働し、チームの初優勝に大きく貢献した。2018年夏、川崎時代に指導を受けた風間八宏監督が率いる名古屋へ移籍。今季は右股関節手術で戦線から離脱するも、6月30日のヴィッセル神戸戦で戦線復帰を果たした。
ここまで日本で公式戦103試合(6ゴール)に出場しているブラジル人MFは、母国メディア「UOLエスポルチ」に対して「日本で100試合以上に出場した。それは重要な数字だけど、僕はもっと出場したいんだ」と語り、日本でのさらなるプレーを熱望している。
また「僕は日本に4シーズンにいて、すべてにおいて幸せだ」と充実感を漲らせ、「日本での生活はとても静かで安全だ」と絶賛。「長い間、日本にいたいと願っている。家族もこの国に完全に順応している」とすっかり馴染んだ様子を覗かせる。
日本サッカーは「非常に組織的」と高評価 公私ともに充実「この国に居られて本当に幸せ」
その一方、サッカーの質に関しては「日本は非常に組織的」と高く評価しており、「この国に居られて本当に幸せ」と言及するなど、公私ともに日本での生活に満足しているようだ。
チームは現在リーグ戦3連敗を喫して9位(勝ち点25)。直近リーグ戦6試合で1分5敗と苦戦を強いられているなか、E・ネットも「今は首位から離れていて、トップのFC東京(勝ち点39)を追い抜くのは難しい状況だ。タイトルが獲れなくても、アジア・チャンピオンズリーグ出場圏内(3位以内)に食い込めれば素晴らしいことだと思う」と前を向く。
E・ネットはここ2試合でフル出場するなど本格復帰を果たしており、チーム浮上の起爆剤となるだろうか。
7/10(水) 7:20配信フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190710-00202284-soccermzw-socc

続きを読む

「日本とはお互いに真っ向勝負!点の奪い合いになる!」byサウジアラビア代表ピッツィ監督


UAE(アラブ首長国連邦)で開催されているAFCアジアカップ2019、日本はウズベキスタンとの第3戦に勝利し、グループFを首位で突破。その後に行なわれたグループEの試合結果によって、決勝トーナメント1回戦の相手はサウジアラビアに決定した。
カタールとの試合に0-2で敗れたサウジアラビアの指揮官、ファン・アントニオ・ピッツィ監督は、試合後の会見でカタールを称えつつ、「試合は非常に激しかった。残念ながら、残り30分で我々はリズムを失ってしまった。しかし(GS突破が決まっている)今、この失望感は脇に押しやり、決勝トーナメントに備える必要がある」と自チームへの自信は揺るがないことを強調したようだ。インドネシア・メディアの『iNews.id』が報じている。
「今日の敗戦はうまく”処理”する必要があると思っているが、我々は再び盛り返すだろう。私はこの大会で対戦するすべてのチームを尊敬しているし、日本もそれに含まれる。だが、尊敬は恐れではない。我々は彼らより劣っているわけではなく、どんな状況になっても彼らを恐れることはない」
ロシア・ワールドカップでもサウジアラビアを率いていたピッツィ監督は、開幕戦で開催国ロシアと対戦するも5失点で完敗。だが2戦目はウルグアイを相手に堅固な守備で立ち向かい、0-1と善戦した。グループリーグで敗退が決定したものの、3試合目で、当時エクトル・クーペル(現ウズベキスタン監督)が率いていたエジプトに2-1で勝利。サウジアラビアにとっては1994年以来となる、W杯での勝利をもたらした。
アジアカップのグループリーグでは、初戦の北朝鮮戦に4-0で快勝を収め、第2戦目のレバノン戦も2-0で勝利。『iNews.id』は「組織だった守備だけでなく、細かく丁寧なパスワークが特徴」とサウジアラビアを評し、日本とは「お互いに真っ向勝負でぶつかり合い、点の奪い合いになる可能性も高い」と分析している。
日本とサウジアラビアの一戦は、現地1月21日(日本時間同日20時)にシャルジャスタジアムでキックオフされる。
1/18(金) 19:43 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00052996-sdigestw-socc

続きを読む