本田圭佑

「学校に行くのがつらい子どもたちへ・・・別に行かんでいいよ。人生は1回!時間を無駄にするな!」by本田圭佑


1/14(月) 21:20配信
本田圭佑 学校に行くのがつらい子どもたちへ
元サッカー日本代表MF本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)が14日、自身のツイッターを更新。学校に行くのがつらい子どもたちへ「別に行かんでいいよ」「宇宙は果てしなく広いぞ」と“本田流”アドバイスを送った。
本田は、本当は学校に行きたくないものの通学している“隠れ不登校”の記事にリンクを貼り「別に行かんでいいよ 人生は1回 時間を無駄にするな 誰かの為になることを考えろ 地球は広いぞ 宇宙は果てしなく広いぞ」とつづった。
これにはフォロワーも敏感に反応。「激しく同意」「この言葉に救われる人はいっぱいいると思う」「本田さんに私の担任の先生になってほしかった」などと賛同の声が相次いでいる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000160-spnannex-socc

続きを読む

「宮迫さんは何がそんなに悪いんですかね?責任取って辞めるって文化もよく分からん」by本田圭佑


闇営業で謹慎処分中だった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)との契約を、吉本興業が解消したと19日に発表した。
これを受け同日、本田圭佑(33)がツイートした。宮迫は、反社会的勢力の主催する会合に出席していたことが、写真誌「FRIDAY」で立て続けに報じられている。
本田は次のようにつぶやいた。
「宮迫さんとは会ったこともないし、ニュースを見てるだけで真実も分かってないけど、何がそんなに悪いんですかね?良い事とは言えないのはわかるけど、長い間、多くの人を笑顔にしてきて、それがなかったことになるような大袈裟な事じゃないでしょう。責任取って辞めるって文化もよく分からんし」
7/19(金) 17:10配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-07190605-nksports-socc

続きを読む

本田圭佑さん、移籍先はプレミアかリーガを希望している模様・・・


古巣VVVに練習参加の本田圭佑、イングランド&スペイン移籍を希望とオランダ紙報道
オーバーエイジ枠での東京五輪出場を目指し、欧州でのキャリア続行を目指すプランか
元日本代表MF本田圭佑は、現在古巣のオランダ1部VVVフェンロのトレーニングに参加しながら、新シーズンに向けて欧州で所属チームを探している。オランダ紙「リンブルフ」は、本田がイングランドやスペインへの移籍を希望していると話したことを報じた。
本田は2008年に名古屋グランパスからVVVへ移籍したのが欧州でのキャリアのスタートだった。約2年間のプレーでは2部降格と2部優勝を経験し、900万ユーロ(約11億円)の移籍金を残してロシア1部CSKAモスクワへ移籍した。プレーで残したインパクト、クラブ財政に与えた影響からも、地元では本田をクラブの英雄として捉えている。
リスペクトを受けるクラブでの練習参加だが、記事では本田が「自国での五輪のために、彼はイングランドやスペインへ行くことを希望している」と話したと報じている。1年後に控える東京五輪でのオーバーエイジ枠を目指すことを明言してきたが、今回の欧州でのプレー希望はその目標につながるものとして捉えているようだ。
A代表と東京五輪代表を兼任する森保一監督は、6月のコパ・アメリカ(南米選手権)に東京五輪世代を中心としたチームで臨んだ。その中ではMF中島翔哉、MF柴崎岳、GK川島永嗣といった選手たちがオーバーエイジに該当する。一方で、中島はポルトガル1部ポルト、柴崎はスペイン2部デポルティボへの移籍が決まり、五輪への出場には所属クラブとの交渉が求められる。もっとも、それは東京五輪世代も同様のことが言える。
果たして、本田は再び欧州にキャリアの場を移すことで、目標とする五輪代表の座を勝ち取ることができるのか。古巣VVVで新シーズンに向けた始動となった33歳のレフティーにとっては、勝負の1年になりそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00204063-soccermzw-socc

続きを読む

本田圭佑、10年ぶりにVVVフェンロの練習に参加!


今季限りでオーストラリアのメルボルン・ビクトリーを退団した元日本代表MF本田圭佑がオランダ1部VVVフェンロの練習に参加することが決まった。所属事務所のHONDA ESTILO株式会社が発表している。
現在33歳の本田は、昨夏にメルボルンへ加入。公式戦23試合に出場し、8ゴール7アシストを記録していた。チームを離れる際に「僕は次のチャレンジに向けて退団します」と語っていた本田に対しては、一時は欧州復帰も取り沙汰されたが、現時点で移籍先は決まっていない。
所属事務所によると、本田は「5月末からのオフの期間、個人練習を毎日欠かさず重ねてきた」という。「これからチーム練習を積み上げることにより、移籍決定時に即座にパフォーマンスが発揮できるよう実践感覚や体力を高めていく計画」であることを明かし、そのために古巣であるVVVフェンロへの練習参加を決めたようだ。
なお、VVVフェンロへの練習参加は「クラブ側の希望とチーム練習を望む本田圭佑との想いが合致し決定した」としている。
本田は2008年に名古屋グランパスから、VVVフェンロへ完全移籍。チームは2部に降格したが、翌シーズンは10番を背負い、主将としてゴールを量産。リーグ戦36試合で16ゴール13アシストを挙げてチームの2部優勝に大きく貢献するとともに、自身もMVPを受賞した。本田にとって10年ぶりの古巣凱旋となる。
7/13(土) 17:27配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00010022-goal-socc

続きを読む

本田圭佑、美女と共にメルボルンのカジノに現る!?


今、オーストラリアはテニスの4大大会「全豪オープン」で盛り上がっている最中。その第三の都市として栄えるメルボルンにある世界有数のカジノに現れたのは、参院選タレント候補の1人にも挙げられていたサッカー元日本代表の本田圭佑(32)だ。本田は今年、錦織圭との対談も実現させている。
「オーストラリアはサッカーよりもアメフトやテニス、クリケット観戦が盛んで、正直、彼が所属するメルボルン・ビクトリーというチームは関心を持たれていません。本田を見てもほとんどの人は気づかないので、周囲の目を気にすることなく、かなりリラックスした雰囲気で車から降りてきました」(駐在員)
着飾った本田の隣には、とびきりの美女がぴったりと寄り添っていた。
「本田の横には、ファション誌から飛び出てきたような美女がいて、紳士的にエスコートしていました。2人は、カジノと同じビルにある高級日本料理店に入っていきましたが、パッと見には恋人同士のように見えましたね」(同)
本田は’08年に結婚、’12年には第一子も授かっている妻帯者だが、この日、同伴していた女性は妻ではなさそうだ。
「実は、本田と美女の目撃情報は、この女性だけではないんです。本田がこの日本料理店に連れてくるのは、日本人女性から外国の美女まで、それこそ“日替わり”です。本田の夜遊びぶりは、現地でけっこうな噂になってますよ」(同)
サッカー関係者によれば、本田はイタリアのミランでプレーしていた’16年のシーズンまでは家族を帯同していたが、’17年のメキシコ・パチューカからは単身赴任で、現在も1人暮らし。
「奥さんや子供も折りに触れ渡豪しているようですが、それ以外の日は羽を伸ばしているんでしょう。サッカースクールや投資ファンドを立ち上げるなど、実業にも手を出しているので、交友関係も広いからね。ただ、本田は誰よりも自分に厳しい性格。家庭やサッカーに影響が出るような遊び方はしてないと思いますけどね」(スポーツ紙記者)
現在、リーグ2位と好位置につけるチーム内で主力として活躍する本田だが、新年早々ケガが発覚し、戦線離脱している。
新春の錦織との対談の中で、本田は、選手、監督、オーナーなど一人で何役もこなことについて、「今できないことを今やることの方が楽しい。それの幅がちょっと普通の人より広い」と話す一方で、「結構やりすぎてちゃって、『これケツ拭くの俺やぞ』」と本音も明かした。ホント、やり過ぎにはご注意を!
https://wjn.jp/article/detail/2675906/

続きを読む

「YouTuber本田圭佑」爆誕!?


(左から)本田圭佑、AnyMind Group十河宏輔氏
テクノロジーソリューションカンパニーのAnyMind Groupは、プロサッカー選手の本田圭佑と、「YouTubeをはじめとしたSNS(Facebook・Instagram)上での活動における
サポートに関する契約」を締結。公式YouTubeチャンネル“Keisuke Honda”を開設した。
動画の概要欄には「本田圭佑に挑戦してほしい企画をコメント欄に書き込もう。あなたからの挑戦が選ばれるかどうかはあなたの熱量次第」と書かれており、広く企画を募集・実施するという意味では
ただの公式チャンネルというより、様々なことに挑戦するYouTuberデビューともとれる。
今回の活動とあわせ、本田はAnyMind Groupのアドバイザーにも就任し、AnyMind Groupは本契約に伴い、本田が手がける個人ファンド「KSK Angel Fund LLC」を引受先とした
第三者割当増資を実施した。
今回のアドバイザー就任、公式YouTubeチャンネルの開設、SNS上でのサポート、資本業務提携に伴い、ティザー映像も公開に。同社のインフルエンサーマネジメント事業である
CastingAsia Creators Networkを主とした協業を通して、本田のグローバルな知見を活用し、相互の成長を目指しながら、クリエイター・インフルエンサーのマネジメント、育成、
コンサルティングを強化していくという。
・本田圭佑からのコメント
“本田圭佑に限界なし。”というのをYouTubeを通じて、挑戦していければと思っています。自分自身が“挑戦者”として様々なことに本気で取り組んでいくことで、世の中に良い影響を
与えていくことが最大の目的になります!
代表の十河さんと意気投合したことが出資をさせて頂こうと思った主な理由です。インフルエンサーへのコンサルティングや育成という幅広い領域を、しかもグローバルでやっていくという
挑戦をするということを聞いて、僕も近くで応援したいという気持ちになりました。
・AnyMind Group CEO 十河宏輔からのコメント
スマートフォンが普及し、ソーシャルメディアが普及した事で、誰もが手軽に“クリエイターとして情報発信ができる”世界となりました。
私たちは“Anyone can be a creator and go global”をスローガンに掲げ、全てのクリエイターがグローバルで輝ける世界を創りたいと考えています。本田圭佑氏のようにサッカー選手が
海外リーグに挑戦するように、バスケットボール選手がNBAを目指すように。今回の本田圭佑氏との取り組みを一つの大きなきっかけに、今後もAnyMind Groupとしてこれまで
グローバルで築き上げてきたネットワーク、テクノロジー、チームを駆使し、才能溢れるクリエイター達がより個人の力を最大化し、グローバルで活躍しやすい世界の創出を実現していきます。
リアルサウンド編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190711-00010015-realsound-ent

続きを読む