東京五輪

【画像】東京五輪のサッカー日本代表ユニは迷彩柄!

10/22(火) 5:00 日刊スポーツ
サッカー日本代表、東京五輪ユニは迷彩柄を初採用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-10210894-nksports-socc
日本代表新ユニホームのイメージ

サッカー日本代表が20年東京五輪で使用するユニホームに、初めて迷彩風のデザインが採用されることが21日、分かった。A代表、世代別代表ともに着用することになる。
日本代表のユニホームは、2年に1度デザインが新しくなるのが通例で、現行モデルは、W杯ロシア大会前年の17年11月から着用している。今回は、11月14日のW杯アジア2次予選キルギス戦(アウェー)でお披露目される可能性が高い。その流れなら、東京五輪世代のU-22(22歳以下)日本代表はその3日後、17日の国際親善試合キリンチャレンジ杯のコロンビア戦(広島・Eスタ)で初めて着用するとみられる。
来年の東京五輪は、56年ぶりの自国開催。大一番に向け、用意されたユニホームはまさに“勝負服”となった。濃淡ある青を基調に、黒と白を配色。斬新なデザインに仕上がった。元来は戦闘時などにカムフラージュを目的として使われる迷彩風の柄に。広く浸透し、現在はファッション性も高いデザインとして、幅広く親しまれている。五輪の規定で、左胸の協会エンブレムはなくなり、日の丸だけとなる見込みだ。
ラグビー日本代表がW杯で8強入りし列島を席巻。赤と白のジャージーのデザインは戦国時代のかぶとがモチーフとなっており「武士道の精神」が表現された。ユニホームにはチームの信念が宿る。迷彩風の柄のコンセプトは「空」だという。壮大な思いが込められたユニホームで日本代表が世界と戦うことになる。
(おわり)

続きを読む

キングカズがOA枠で東京五輪出場へ!森保監督も招集の可能性を示唆!

日本代表の森保一監督(50)が4日のJ2横浜FC―大分戦を視察し、ともに“ドーハの悲劇”を経験したカズこと元日本代表FW三浦知良(51=横浜FC)と約7年ぶりに再会した。
2011年8月の「日伊レジェンドマッチ」以来の対面に「『カズさんのことも見ています』と話した。東京五輪はオーバーエージ枠もある」と招集の可能性を示唆。後半アディショナルタイムに途中出場したカズは「アピールしたい」とヤル気満々で、日の丸への意欲は衰え知らずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000009-tospoweb-socc

続きを読む

久保建英の東京五輪出場へ!レアルが了承!


サッカー日本代表MF久保建英(18=マジョルカ)の20年東京オリンピック(五輪)出場に向けた障害がクリアされていることが11日、分かった。
今夏に東京からスペイン1部の強豪レアル・マドリードに完全移籍する際、五輪本番での代表招集を了承されている模様。東京五輪は招集の拘束力がないため、久保の招集が可能となれば悲願の金メダル獲得への追い風となりそうだ。久保らミャンマー戦を終えた日本代表はこの日、ヤンゴンで解散した。
◇ ◇ ◇
地元日本で開催される五輪のピッチに、久保が立てる可能性が高まった。
五輪は日本サッカー協会(JFA)による代表招集への拘束力がなく、前回の16年リオデジャネイロ五輪では得点源と目されたFW久保裕也(当時ヤングボーイズ)を呼ぶことができなかった。だが来年の東京五輪で主役となる久保については、関係者によると、今夏のRマドリード移籍の際にクラブ側から招集に前向きな回答を得ており、期限付き移籍先のマジョルカもその意向を踏襲している模様だ。
久保が五輪世代に加われるとなれば、金メダル獲得という目標達成に向け、これ以上ない“強化”となる。すでにA代表で5試合に出場し、10日のミャンマー戦では後半36分から途中出場。18歳98日でワールドカップ(W杯)予選のピッチに立ち、風間八宏(当時筑波大)が80年に記録した19歳67日のW杯予選での日本代表史上最年少出場記録を更新した。シュートこそなかったが、大雨後のピッチでもヒールパスなど高い技術を披露。金田喜稔の19歳119日という日本代表の国際Aマッチ最年少ゴール記録の更新も期待されるなど、A代表での存在感は高まってきている。
順調にいけば、攻撃陣の中心に太い柱が入ることになる。A代表でも主力のMF堂安、6月の南米選手権でウルグアイから2得点したMF三好らと、豪華な中盤を形成。五輪代表の攻撃力アップは計り知れない。
今後は所属先のマジョルカでの定位置確保が最優先になる。この日午前にミャンマーをたち、主戦場となるスペインへ。コンディション次第だが、13日の次戦ビルバオ戦(アウェー)に出場する可能性もある。試合後には「しっかり休んで、クラブでの活動が始まるので、この活動を言い訳にせず、しっかりと挑んでいければ」と頭をすでに次なる戦いへと切り替えていた。スペインでレギュラーをつかみ、東京五輪、そしてその先の22年W杯カタール大会へ。久保が挑戦を続けていく。
◆久保の五輪ロード 堂安や冨安と同様、今後もA代表を軸に選出され、五輪代表には来夏の大会前に合流するとみられる。今回、五輪世代のU-22日本代表はA代表の活動の裏で北中米へ遠征。一方で同世代の久保ら4人は飛び級でW杯予選に呼ばれ、より高いレベルに置かれた。10、11月と来年3月も活動は重なるが、原則はA代表。12月28日に行われるU-22代表の親善試合(長崎)と、来年1月にU-23代表が出場する同アジア選手権(タイ)にも久保は招集されない見通し。クラブとA代表で成長して東京五輪に向かう。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-09110520-nksports-socc

続きを読む

「東京五輪に呼ばれたら行きたい!」by家長昭博


川崎のMF家長昭博(32)が16日、東京五輪にオーバーエージ(OA)枠での出場意欲を見せた。「見る側として楽しみにしていたけど、呼ばれたら行きたいです」。
家長はU―23日本代表で10試合出場も、2008年北京五輪には出場できず。今季は32試合出場6得点7アシストと、J1連覇に大きく貢献。「来季は自己最多の11得点を超えて、全タイトルを勝ち取りたい」と目標を掲げた。この日は宮城・登米市で被災地の子供たちとの交流活動に参加。宮城県内の小中高生約50人と触れ合い「子供たちから元気をもらえた」と笑顔を見せた。
スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000221-sph-socc

続きを読む

本田圭佑や香川真司は落選!?東京五輪OA枠は大迫、柴崎、中島、昌子・・・


東京五輪まで24日であと1年。1968年メキシコ市大会以来の五輪メダル獲得を目指すサッカーU―23日本代表のオーバーエージ枠(OA、最大3人)の構想が、23日明らかになった。森保一監督(50)はFW大迫勇也(29)=ブレーメン=、MF中島翔哉(24)=ポルト=、柴崎岳(27)=デポルティボ=、DF昌子源(26)=トゥールーズ=を軸に人選を進めていることが判明。最強メンバー招集で悲願成就を狙う。
最強のOAを編成し、悲願のメダル獲得を実現させる。関係者の話を総合すると、森保監督はセンターラインでの採用を検討しており、1トップ、ボランチ、センターバックの3ポジションにA代表でも軸となっている選手の招集を目指す考え。すでに選手、関係者、所属クラブのいずれかにはOA選出の可能性を伝えられているという。
1トップはFW大迫勇に白羽の矢を立てる。ブラジル、ロシア大会とW杯に出場し、ロシア大会のコロンビア戦で1得点。今や代えのきかない日本のエースだ。大迫勇はロンドン五輪メンバーから落選し、選出されれば初の五輪。懸念は1月アジア杯での起用法を巡り、日本協会とブレーメンの関係が悪化したことだ。
中盤で心臓の役割を担うのはMF柴崎。森保サッカーを実現させるための肝となるボランチ。若手中心で挑んだ南米選手権(ブラジル)に柴崎を帯同した背景には、五輪を見据えて若い選手たちと融合を図る狙いがあった。ロシアW杯では出色のプレーで16強進出の原動力に。唯一の不安点は、新天地でポジションを確保し、状態を向上することができるか。
そして、最終ラインにはDF昌子が名前を連ねる。ロシアW杯では国内組唯一の主力として活躍。森保監督が求める、最終ラインから攻撃の組み立てを実行でき、フランスで対人守備にも磨きがかかった。柴崎と同じ意図をもって南米選手権の招集オファーを出したが、所属クラブから承諾を得られなかった経緯がある。
MF中島はゴール前で変化をつけられる貴重な存在。A代表でも不動の地位を確立しつつある。
OAを巡っては負の歴史がある。その時々のA代表監督が縄張り争いの意識から代表のOA派遣に応じず、人選は限定された。日本協会はこれらの反省を踏まえ、森保監督を兼任監督に起用。「メダル獲得」へ向けて、横やりを受けない体制を作った。
五輪は各国協会に選手招集の拘束力がなく、所属クラブとの交渉が必要。森保監督はかねてOA枠の早期合流を望んでいる。交渉がまとまり次第、タイミングを見て早めにMF久保建英(18)=Rマドリード=ら若い年代との融合を図る考え。悲願のメダル獲得へ、この4人を中心に人選、交渉を進めていく。
◆東京五輪の男子サッカー 出場資格は1997年1月1日生まれ以降の選手。24歳以上のオーバーエージ(96年12月31日までに生まれた選手)は3人まで。本大会登録メンバーは18人。参加国は開催国枠の日本を含めた16か国。4チームずつ4組に分かれて1次リーグを戦い、各組上位2チームが準々決勝に進出する。決勝は8月8日に日産スタジアムで行われる。16年リオ五輪ではブラジルが優勝、日本は1勝1分け1敗で1次リーグ敗退。
◆オーバーエージ(OA)
1996年アトランタ五輪から採用。登録可能な23歳以下の選手のほかに、24歳以上の選手を各国最大3人まで招集できる。五輪本大会は各国協会に選手招集の拘束力がなく、所属クラブとの交渉が必要。使用は義務づけられておらず、日本は1996年アトランタ五輪と2008年北京五輪は選出せず。12年ロンドン五輪ではDF吉田麻也、徳永悠平をOA枠で召集し、4位入賞を果たした。吉田は同五輪前年に23歳になっていたため、OA枠。
7/24(水) 5:05 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000269-sph-socc

続きを読む

レアルさん、久保建英の東京五輪出場を認める!


久保、レアル容認で東京五輪OK!本人も希望、番記者「クラブのイメージアップに」
久保にとっても朗報だ。
18歳を迎え、世界屈指の名門の一員として晴れて海外組となったが、懸念されていたのが本人も強く希望しているとされる東京五輪出場。日本協会側に拘束力がなく、招集には所属クラブとの交渉が必要となるが、レアル関係者は「クラブ側が派遣を拒否することはまずないだろう」と予想。「タケにとっては一生に一度の自国開催だし、レアルにとっても出場は喜ばしいことだ」と強調した。
来年7月24日に開幕する東京五輪まであと約1年。A代表も兼任する森保監督は「目標は金メダル獲得」と公言している。関係者によれば、レアル側は久保の強い出場希望はもちろん、久保がエースとして期待される森保ジャパンの目標も把握済みという。長年レアルの番記者を務めているマルカ紙のララ記者も「送り出すことに疑いはない」とし「なぜならレアルにとってもそれが良いイメージになる」と説明した。
トップチームのカナダ・モントリオール合宿に同行中の久保は、13日の練習でフィジカルトレーニングの様子を公開。順調にメニューを消化している。東京五輪で活躍して来季のトップ昇格へ。まずは今季、3部所属のBチームで結果を残して東京五輪へとつなげる。
▽16年リオ五輪での招集トラブル 7月1日に手倉森監督が発表したメンバー18人に選ばれたFW久保裕也(スイス1部ヤングボーイズ)は当初、欧州CL予選などに出場するため7月末に遅れて合流予定だったが、27日にクラブが負傷者が出たことなどを理由に派遣拒否を発表した。その後も日本協会はクラブと交渉を続けたが、大会初戦2日前の8月3日に招集を断念。代わってバックアップメンバーからFW鈴木武蔵(新潟)が出場した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000018-spnannex-socc

続きを読む

日本代表・大迫、東京五輪出場の可能性!


1/30(水) 5:32配信

迫、東京五輪OA枠候補入り 森保監督、アジア杯を選考要素に
イラン戦後半11分、ヘディングで先制ゴールを決める大迫勇也(カメラ・竜田 卓)
森保監督は20年東京五輪に出場するU―23日本代表で使用するオーバーエージ(OA)枠について、アジア杯での立ち居振る舞いを選考要素に加える考えでいるという。今回は東京五輪世代のDF冨安、MF堂安らが参加しており、そういった若手にOA候補のベテランがどう接するか。連係面の相性を含めて、見定めていく。五輪代表を兼任する森保監督ならではの選考といえる。
アジア杯組ではDF長友と槙野がOA枠に立候補している。五輪代表の強化ポイントとなっている1トップについては、今大会でも圧倒的な存在感を示すFW大迫も候補に入っている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000265-sph-socc

続きを読む

東京五輪出場という本田圭佑の野望はどうなる?


南米ブラジルで開催されているコパ・アメリカ2019はベスト4が出そろい、日本時間3日にブラジル代表対アルゼンチン代表、同4日にチリ代表対ペルー代表の顔合わせで準決勝が行われる。
準々決勝は4試合のうち3つがPK戦にもつれ込む熱戦となり、4大会ぶり9度目の優勝を目指す開催国ブラジルも90分間を通してパラグアイ代表からゴールを奪えず、かろうじてPK戦を制している。
グループCの最終戦で森保ジャパンがエクアドル代表を下していれば、ブラジルの対戦相手は日本だった。エクアドルに勝つチャンスが十分にあったことと、本気を出したサッカー王国と真っ向勝負できる価値を考えれば、逃した魚の大きさをあらためて感じずにはいられない。
もっとも、現時点で22歳以下となる東京五輪世代が18人を占める若いチーム編成で臨み、惨敗を予想する声が大勢を占めていたなかでチリ代表との初戦で大敗。最悪の状況からあと一歩まで巻き返した戦いの軌跡は、修羅場を経験したホープたちが自信と課題を得た点でポジティブにとらえていい。
しかも、ブラジルから持ち帰った手土産はまだある。五輪代表監督を兼任する森保一監督(50)は、東京五輪でのオーバーエイジ枠行使を視野に入れている。東京五輪世代の主力を招集せざるを得なくなったコパ・アメリカは、同時にオーバーエイジ候補選手との融合が図れる舞台になった。
最大で3人まで招集できるオーバーエイジ枠の歴史を振り返れば、過去の五輪では開幕直前にチームへ合流するパターンが繰り返されてきた。ひるがえって森保監督は「呼べるのであれば早い方がいい」と対照的な構想を描き、兼任監督のメリットを生かす形でタイミングを探ってきた。
「経験豊富なベテラン選手から言葉で伝えてもらいながら一緒にプレーをすることで、あるいは背中を見せてもらうことで、若い選手や経験の浅い選手は刺激を受けて成長していく。いろいろなタイミングがあると思うので、そういう(融合できる)環境を作ることを考えていきたい」
続きはこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-00010001-wordleafs-socc

続きを読む

東京五輪に出場するのは本田か?香川か?「ハンパない」大迫か?


サッカー日本代表の『森保ジャパン』が、6月14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカに出場することが明らかになった。南米サッカー連盟(CONMEBOL)は2月4日、日本代表を招待すると発表した。UAEで開催されたアジア杯(アジアカップ)決勝では格下のカタールに1対3で敗れはしたが、日本がワールドカップで評価を上げたことも後押しになったことは間違いない。
「森保ジャパンの次の目標は『コパ・アメリカ』です。南米大陸ナンバー1を決める伝統ある大会で、20年ぶりに参戦することになります。当初、森保監督は『6月もアジア杯メンバーで臨む』と考えていたが、今回のV逸でW杯(ワールドカップ)メンバーの復帰待望論も出始めています」(スポーツ紙デスク)
日本A代表と五輪代表の監督を兼任する森保一監督(50)に託された使命は、2020年東京五輪でのメダル獲得だ。
五輪のサッカーは23歳以下という年齢制限があるため、アジア杯はMF堂安律(20)、DF富安健洋(20)ら東京五輪世代の若手を起用。“元エース”本田圭佑(32)や香川真司(29)を外して臨んだ。
「本田も香川も、自分ではまだやれると思っていますし、スポンサーもついています。今回の準優勝という結果も、内心では『俺たちを外すからだ』と思っているかもしれませんよ」(広告代理店関係者)
コパ・アメリカのグループステージではチリ、ウルグアイ、エクアドルと同組。勝ち進むとブラジル、アルゼンチンなどの強豪と戦うことになる。経験豊富なベテランがいれば頼もしいが、実際、2人の“元エース”を招集する可能性はあるのか。専門誌の記者に聞いた。
「国際サッカー連盟は、有力選手が代表戦で疲弊して負傷することを防ぐため〈大陸選手権で選手を招集する際、各国協会が拘束力を持つのは1年で1大会〉と規定しています。アジア杯のメンバーで、所属チームがブラジル行きに難色を示した場合、2人も候補に挙がるのではないか」
とはいえ、さすがに五輪は厳しいという見方が有力。
「W杯の選手登録が23人なのに対し、五輪は18人しか登録できない。本田は、24歳以上の選手でも3人まで出場可能なオーバーエージ枠で『東京五輪を目指す』と公言していますが、入れるなら現在のエース・大迫勇也(28)あたりでしょう」
本田、香川の復権か?それとも「ハンパねえ」大迫か。東京五輪に向けて“生き残り”PK戦は『コパ・アメリカ』で決定しそうだ。
2019年02月12日 17時00分
https://wjn.jp/sp/article/

続きを読む

本田監督率いるU22カンボジア代表、韓国相手に1点奪う!なお、東京五輪消滅・・・


<U-23アジア選手権タイ大会予選:U22カンボジア1-6U22韓国>◇H組◇24日◇カンボジア
本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)が実質的な監督として率いるU-22カンボジア代表が、同韓国代表に1-6で敗れ、1次リーグ2連敗で敗退が決まった。
拠点のオーストラリアから、国際Aマッチウイークを利用し、カンボジア入りし、いつものサスペンダー姿で指揮した本田監督の采配も実らなかった。
今大会は20年東京五輪のアジア最終予選を兼ねる来年のU-23アジア選手権本大会の予選として行われている。
この結果、本田がA代表とともに兼任で率いるカンボジア代表の東京五輪出場の可能性が消滅した。カンボジアの監督として、本田が東京五輪で日本に凱旋(がいせん)する姿を見ることはできなくなった。
カンボジアのH組はオーストラリア、韓国がいる死の組。カンボジアは台湾との最終戦を残すが、2連敗のカンボジア、台湾の敗退が決まった。
本田は日本の年齢制限外のオーバーエージ枠での東京五輪出場&金メダル獲得をぶち上げ、W杯ロシア大会後の現役続行を決めた経緯がある。
監督としての出場は消滅したが、同じ兼任で一国の代表監督を務める森保一監督を振り向かせ、選手として東京五輪を目指すことに変わりはない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-03250002-nksports-socc
3/25(月) 0:23配信

続きを読む