日本代表は現地時間27日、AFCアジアカップ2019準決勝でイラン代表と対戦し、3-0で勝利を収めた。この結果、森保ジャパンは決勝戦に駒を進める形となっ
権田修一は試合後「何でこんなスッキリいかないんですかね、という気分です」と笑いながら取材に応えた。
「勝てたのは良かったですけど、というところですね。僕自身はやっぱりパーフェクトな試合をしたいし、結果チーム、僕以外の選手はパーフェクトな試合だと今日は言えると思うし、本当に今日はすごかった」とチームメイトを称賛する一方で「ただ僕自身はすっきり「良かったです」とは言えない状況ですよね。やっぱりこういうのがいつか失点につながってしまうので、今日はそういう結果最後また自分が防ぐことができましたけど、ただそれが防げない、失点してしまうということでチームで迷惑をかける可能性もあるので、そこはちょっと…まあスッキリはしないですよね」と前半のパスミスの場面を振り返った。
この日はアジア最強との呼び声も高かったイランを無失点に抑えた。勝因について権田は「各ポジションに本当にいい選手がイランにはいたので、そういう意味では難しかったと思いますけど、そこは1対1で負けている選手はいなかったと思うので、そういうのがしっかり抑えられた要因かなと思います」と振り返った。
相手のキーマンとされていたFWサルダル・アズムンを吉田麻也と共に完封した冨安健洋について権田は「落ち着いていますよね。ちょっと本当にこんなに信頼してしまっていいのかなというくらい、本当にいいプレーを、本当に素晴らしいプレーをしてくれています」と絶賛した。
続けて「間違いなく自分の前にいて頼もしい、吉田選手もそうですけど、頼もしいセンターバックが前に2枚いるなという感覚は今持っています。若い選手で、という感覚よりは、とにかく頼もしいセンターバックだなという感じです」と20歳に全幅の信頼を寄せているようだ。
1/29(火) 7:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190129-00307214-footballc-socc
続きを読む