浅野拓磨

「浅野拓磨はプレミアで通用しない!アーセナルは売却に苦労する」by英紙


英『デイリー・エクスプレス』が今季アーセナルから期限付き移籍している選手の現在の評価を掲載した。ハノーファーに所属するFW浅野拓磨(24)については、10段階中「4」と評価した。
2016年7月にサンフレッチェ広島からアーセナルに完全移籍した浅野。イギリスの労働許可証が下りず、ドイツのシュツットガルトに期限付き移籍し、移籍初年度にリーグ戦26試合4得点でチームの2部優勝に大きく貢献した。
今季からハノーファーに所属している浅野は、ここまでリーグ戦では9試合に出場しているが得点はない。昨年12月には、アジアカップに出場する日本代表のメンバーに招集されていたが、怪我のため離脱していた。
同紙は浅野に対して「4」をつけ、「2016年に獲得するも労働許可証が下りず、直後からドイツでローンの日々を過ごしている。だが、これまでプレミアリーグで通用することを証明できていない」と厳しい評価をつけた。
さらに「今シーズンはハノーファーにいて、ここまで11試合1ゴール1アシストを記録。怪我のため、アジアカップ出場を逃したため、労働許可証を取得するチャンスを逃した。彼の価値は下がっているので、アーセナルは彼を売却しても利益を得るのに苦労するだろう」と、将来的にアーセナルでプレーする可能性は低いとみている。
怪我から復帰を果たし、1日のライプツィヒ戦では昨年12月15日のバイエルン戦以来のスタメン入りとなった浅野。残りのシーズンでこの厳しい評価を跳ね除け、チームに欠かせない選手として活躍してみせる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-27084234-gekisaka-socc
続きを読む

浅野拓磨、ゴール見逃され悔しさ露わ・・・「勝って終わりたかった。勝たないと意味がない」[無断転載禁止]©2ch.net

【日本 1-2 UAE 2018年ロシアW杯アジア最終予選】
日本代表は1日、ロシアW杯アジア最終予選の初戦でUAE代表と対戦した。
本田圭佑のゴールで先制するもUAEに逆転され、1-2で敗戦。黒星スタートとなった。
後半途中から出場した浅野拓磨は積極的にゴールを目指した。
「自分の特徴であるスピードを活かしてどんどん裏を突こうと。1-2で負けていたが、ひっくり返せると思っていた」と、強い気持ちでピッチに入った。
そして77分には本田の頭での落としを左足でシュート。
GKに掻き出されたが、映像を見る限りゴールラインは割っており、得点を見逃される結果となった。
自身初となるアジア最終予選となったが、「責任感やプライド、本当に大きなもの感じて戦うことができたが、やっぱり勝たないと意味がない」と悔しさを露わにした。
そして「たくさんチャンスがある中で、僕自身も決めきれず負けてしまった。日本の皆さんのためにも勝って終わりたかった」と述べた。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160901-00010041-footballc-socc
フットボールチャンネル 9月1日(木)22時16分配信

続きを読む

涙腺崩壊!英紙が異例の特集「アサノが号泣」・・・英国で話題にw

英紙が異例の特集「アサノが号泣」 横浜FMとの最終戦でアシスト締め
サンフレッチェ広島の日本代表FW浅野拓磨は、17日のJ1セカンドステージ第4節横浜F・マリノス戦(2-2)でラストゲームを戦い、試合後の惜別セレモニーでは大粒の涙を流した。そして、その号泣ぶりが早くもイングランドメディアで特集されている。
英紙「メトロ」は、「アーセナルに新加入のタクマ・アサノがサンフレッチェ広島の最後の出場で号泣」との見出しで特集している。
記事では「北ロンドンへの移籍のために準備するアサノは、大観衆の前で涙をこらえるのに必死だった。別れのセレモニーは非常にエモーショナルなものとなった。アーセナルファンは、ベンゲル監督が原石を発見したことを祈っている」とレポートされている。
横浜FM戦で浅野は得点こそ奪えなかったものの、FW佐藤寿人のゴールを演出するなどエディオンスタジアム広島に駆けつけた2万5845人に自らの勇姿を刻んだ。
家族から花束を受け取ると号泣
そして試合後のセレモニーでは、「広島に来て高校卒業とともにサッカー選手となり3年半が経ちましたが、この広島でいろいろな経験をさせていただきました。決して楽しい経験ばかりではなく、苦しい、悔しいことが多かったですが、支えてくれたのはファン・サポーター、関わってくれたすべての皆さん、チームメイト、スタッフ、何よりも家族が支えてくれました」とクラブへの感謝を語り、両親と妹から花束を受け取ると涙腺が崩壊した。
フランス代表FWオリビエ・ジルーらアーセナルの前線には、各国代表クラスが並ぶ。国際経験の少ない浅野はレンタルに出される可能性が高く、将来性を買われた補強とも言われている。しかし、浅野はセレモニーで「新しい地での挑戦はより厳しい環境になってくると思いますが、目の前のことに対して100%の力で頑張りたいと思います」と涙ながらに語った。
6月のキリン杯ボスニア・ヘルツェゴビナ戦では、決定機に消極的な横パスを選択。試合後には悔しさから涙を流した。“号泣ストライカー”ぶりが早速英国で報じられた浅野は、ガナーズのニュースターへの階段を一歩上がったと言えるのかもしれない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160718-00010015-soccermzw-socc
続きを読む

英メディアもアーセナルサポーターも浅野拓磨に期待集中!「“日本のジャガー“はアーセナルに戻れる」


アーセナルほどのビッグクラブにもなれば、レンタル移籍させられている若手選手も多い。そこで結果を出せばアーセナルに戻ることができ、彼らはレンタル先で自身の能力を示そうと必死になっている。昨夏サンフレッチェ広島からアーセナルに移籍し、そこからシュツットガルトにレンタル移籍している日本代表FW浅野拓磨もその1人だ。
浅野はシュツットガルトでウイングとして試合に出場しており、得点にも絡んでいる。では、来季浅野はアーセナルに戻れるのだろうか。
英『Football London』はアーセナルからレンタル移籍している選手を特集しており、アーセナルでプレイするにふさわしい選手がいるかを検証している。そこで浅野は高い評価を得ているのだ。
同メディアは浅野を「速く、エクセレントなドリブラー」と紹介しており、シュツットガルトでクオリティを見せていると評価されている。また、最前線でもサイドでも能力を発揮できるとの評価で、このまま成長できれば来季アーセナルに戻るチャンスはあると伝えられている。
さらに印象的なのが同メディアのおこなったアンケート調査だ。来季アーセナルでビッグインパクトを残せる選手は誰かとの問いで、浅野はボーンマスにレンタル移籍しているMFジャック・ウィルシャーと並んでトップとなる34%の票を集めている。シュツットガルトで見せているパフォーマンスが評価されている証だろう。
現在のアーセナルではアレクシス・サ ンチェス、オリヴィエ・ジルーらハイレベルな選手が前線に構えているが、浅野はここに割って入れるか。
theWORLD(ザ・ワールド)1/10(火) 11:50配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00010006-theworld-socc
続きを読む

【動画】浅野拓磨、今季初ゴール!…今シーズンの公式戦13試合目で初ゴール!

シュトゥットガルトに所属する日本代表FW浅野拓磨が、24日に敵地で行われたブンデスリーガ第13節のハノーファー戦で、今シーズン初ゴールを決めた。
3トップの中央で先発出場した浅野は24分、MFクリスティアン・ゲントナーのミドルシュートが相手GKに弾かれたところにいち早く詰め、左足で押し込んでゴール。開幕からアウェイ6戦全敗のチームに貴重な先制点をもたらした。
今シーズンの公式戦13試合目で初ゴールをマークした。海外初挑戦の昨シーズンは公式戦27試合に出場し、4ゴールを記録。初ゴールは出場8試合目となった昨年10月30日のブンデスリーガ2部第11節カールスルーエ戦だった。
11/25(土) 4:58配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00643327-soccerk-socc

続きを読む