浅野拓磨

金髪の浅野拓磨「カッコつけることをやめました」


埼玉スタジアムで行われたFIFAワールドカップ・アジア2次予選、日本vs.モンゴルの一戦。
浅野拓磨は6-0と快勝した試合のピッチに立つことはなかったが、試合後のミックスゾーンでの表情は晴れやかだった。
「久しぶりに代表に来て、雰囲気がいいなと思いますし、何よりここに来て、いろんな選手から刺激を受けられることが物凄く大きいんです。やっぱりここに来ないと受けられない刺激があるなと改めて感じました」
森保一監督が就任してからは2度目の代表合流。森保体制発足となった2018年9月に初めて招集されて以来、約1年ぶりの代表戦だった。その間、一切声が掛からなかったわけではない。何度か森保監督は彼を召集しようとしたが、いずれも負傷などが重なった。今年1月のアジアカップの23人には選ばれていたが、大会前に負傷離脱を強いられていた。
「代表が遠いものとは思っていなかったのですが、離れていたという部分では正直焦りのようなものはありました。選手としても所属チームで試合に出られなかったりとか、なかなか厳しい状況だったので……。『なぜタイミング悪い時に怪我をしてしまうんだろう。運がないのかな』とか、『サッカーの神様は本当に見てくれているのだろうか』など、いろんなことを考えてしまいました。本当にしんどかったというか……」
多くの人が驚いたセルビア移籍。
森保ジャパンが発足する直前に、彼は2シーズン過ごしたシュツットガルトを離れ、同じブンデスリーガのハノーファーにレンタル移籍。開幕戦からスタメン出場するなど、幸先の良いスタートを切っていた。
だが、徐々に出番が減り、さらに今年に入ると籍を置くアーセナルとハノーファーの契約問題など、外的要因も影響し、ベンチから外れるようになった。ハノーファーの2部降格が決まった試合もスタンドから試合を見つめることになった彼は、次なるシーズンに向けて動き出していた。
そして、今年8月1日。彼が新天地に選んだのはセルビアの名門パルチザン・ベオグラードだった。このニュースには多くの人が驚かされただろう。Jリーグ復帰も噂されていた中で、誰もが予想していなかったセルビア行き。国内リーグ優勝8度を誇る名門クラブへの完全移籍を果たした。
この決断の裏には大きな葛藤があった。
10/14(月) 19:01配信 ナンバー
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191014-00841085-number-socc

続きを読む

【動画】パルチザン浅野拓磨、チームメイトからめっちゃ怒られるw

敵DFを退場に追い込んだが…

現地時間9月19日に開催されたヨーロッパリーグのグループステージ第1節で、浅野拓磨が所属するセルビアのパルチザンが、菅原由勢が新加入したオランダのAZとホームで対戦。2-2のドローに終わっている。
4-2-3-1の左サイドハーフで先発した浅野拓磨は、1点ビハインドで迎えた27分、DFラインの裏に抜け出ようとしたところをAZの右SBのヨナス・スベンソンに倒され、FKを獲得。決定機阻止でスベンソンを一発退場に追い込んだ。これにより、右SBが必要となったアウェーチームは、菅原をピッチに送り出している。
しかし、浅野はこの“手柄”を帳消しにしてしまう。1-1で迎えた48分、サデョク・ウマルのスルーパスを受けて左サイドを抜け出すと、逆サイドで右SBのネマニャ・ミレティッチがフリーで走り込んでいたにもかかわらず、シュートを選択。これはGKの正面を突き、そのこぼれ球を拾ったゾラン・トシッチの一振りも枠から外れてしまった。
すると、うずくまりながら悔しがっていた韋駄天FWの元に、激しく声を張り上げながらすごい勢いで詰め寄る選手がいた。パスを出してもらえなかったミレティッチだ。その様子から、激怒していたのは間違いないだろう。サデョクがすぐにふたりの間に入り、揉め事にはならなかったとはいえ、シュートという判断がベストではなかったのは明らかだった。

現地メディア『Blic Sport』は、その浅野にチーム最低の5.5点をつけ、「日本人選手にとって評価に乏しいゲームだった。ボールを失い、ミスを犯した」と厳しい評価。くだんの場面については、「チームメイトが寄り良いポジションにいたのに、自分でトライをした」と綴った。
また、このシーンについてファンからは、「フリーだった選手からガチギレされる」、「パス出さないで真正面にシュートされたんじゃ、そりゃ怒りたくもなる」、「決めないと代表なんて夢のまた夢」といったコメントが寄せられている。
絶好のチャンスを逃し、悔しい結果となった浅野。次節、敵地でのアスタナ戦で汚名返上のゴールが奪えるか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190921-00064404-sdigestw-socc

続きを読む

「言葉が通じなくても心で通じるように努力したい!家族ネタで近寄っていきたい!」byアーセナル浅野拓磨

浅野、英語は「赤点ギリギリ」も…「心で通じるよう努力したい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160705-00000072-spnannex-socc
【浅野と一問一答】
――移籍の相談は。
「水本さんや家族と相談して決めました。みんなに言われたのが
“最後に決めるのは自分自身”ということ。挑戦したい気持ちが勝った」
――アーセナルの印象。
「世界最高峰のリーグの中でもアーセナルはレベルが高い。
(チリ代表FW)サンチェス選手は、僕が自分のイメージを作るために
動画を見ていた選手。いいものを盗めるし早く一緒にやりたい」
――英語は?
「高校生のときの英語の成績は、赤点ギリギリぐらい(笑い)。
言葉が通じなくても心で通じるように努力したい。
家族が多いので、家族ネタで近寄っていきたい(笑い)」
――ジャガーポーズは継続する?
「世界に広めることができれば、それだけ嬉しいことはない。
ただ、海外ではゴールした後に吠えてる選手が特徴的だけど、
僕はジャガーするときに笑っている。それがどうなるのか…自分でも楽しみ」

続きを読む

シュトゥットガルトへレンタル移籍が決まった浅野拓磨がコメント!「細貝萌選手とも細かく話を聞きました!プレーが楽しみです」

浅野拓磨、細貝所属のシュトゥットガルトへレンタル

浅野拓磨、細貝所属のシュトゥットガルトへレンタル


ブンデス2部シュトゥットガルトは公式ページにて、浅野拓磨をレンタルにて獲得したことを発表した。
レンタル期間は1年だが、さらに期間延長のオプションもつけられている。
173cmに日本代表は、今夏にサンフレッチェ広島からアーセナルへと移籍。Jリーグでは通算93試合に出場して、27得点13アシストをマークしている。
2015年には新人王も獲得、同年に日本代表デビューも果たしており、今夏のリオ五輪では2得点を挙げており、さらにW杯予選に向けた代表戦でも招集を受けているところだ。
マネージャーのシンデルマイザー氏は「攻撃陣への完璧な補強だ。得点への脅威を持ち、両足を操り、俊敏性にも優れている。細貝の存在も、拓磨の獲得を後押ししてくれたよ。
早くからブッフヴァルト氏も注目しており、上を目指すこのクラブと選手との思惑がぴたりと一致したんだ」と喜びを語り、
また浅野も「シュトゥットガルトでのプレーが楽しみです。多くの日本人選手がブンデスで成長し、貴重な経験を蓄積しています。 そのことについては細貝萌選手とも細かく話を聞きました。自分のクオリティを発揮して、クラブの助けになりたいと思います」と意気込みを見せている。

細貝に頼りすぎやー

続きを読む

【動画】シュツット浅野、移籍後初ゴール!アウェーで勝利に貢献!

2016.10.30 22:58
シュツットガルト浅野、移籍後初ゴール!クロスの折り返しを左足で合わせる【拡大】
シュツットガルトに所属する日本代表FW浅野拓磨が、ブンデスリーガ2部第11節のカールスルーエ戦で加入後初ゴールを挙げた。
浅野はカールスルーエ戦で左ウィングとして先発。カールスルーエの10番を背負う山田大記もボランチとして先発し、日本人対決が実現している。なお、シュツットガルトに所属するMF細貝萌はケガの影響でベンチ外となった。
0-0で迎えた前半10分、右サイドからのクロスをファーサイドでカルロス・マネが折り返すと、中で待っていた浅野が左足で合わせ、ゴール右へと流し込んだ。浅野にとってはヨーロッパに渡ってから、初めての得点となった。
なお、試合は浅野のゴールで先制したシュツットガルトが前半30分経過時点で、1点をリードしている。(Goal.com)

http://www.sanspo.com/soccer/news/20161030/jle16103022580016-n1.html
結果
Karlsruher SC 1-3 VfB Stuttgart
http://www.livescore.com/soccer/germany/2-bundesliga/karlsruher-sc-vs-vfb-stuttgart/1-2272672/

続きを読む

アーセナル浅野拓磨、セルビアのパルチザン・ベオグラードへ完全移籍!←これ・・・


セルビア1部のパルチザン・ベオグラードが1日、アーセナルに所属する24歳のFW浅野拓磨を獲得したと発表
クラブの発表によると、2022年6月までの3年契約を結んだという。移籍金は100万ユーロ(約1億2000万円)とのこと。公式ツイッターを通じて「浅野、ようこそ! 過去2シーズン、ブンデスリーガでプレーした日本人FWが、アーセナルから100万ユーロの移籍金で加入した。彼は今日ベオグラードに到着し、3年間の契約を結ぶ予定になっている」とコメントしている。
パルチザン・ベオグラードはセルビアの名門クラブ。ヨーロッパリーグ本戦出場を目指して戦っており、2回戦では2戦合計4-0でウェールズのギャップ・コノーズ・キー・ノーマッズFCを下し予選3回戦進出を果たしている。
8/2(金) 8:52 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190802-00332896-footballc-socc

続きを読む

【動画】浅野拓磨アシスト!細貝途中出場!シュツットガルト暫定首位浮上!


FCエルツゲビルゲ・アウエ 0-4 シュツットガルト
13′ Timo Baumgartl (assist)Benjamin Pavard
24′ Christian Gentner (assist)Takuma Asano
67′ Carlos Mane (assist)Simon Terodde
76′ Carlos Mane (assist)Simon Terodde
http://www.livescore.com/soccer/germany/2-bundesliga/erzgebirge-aue-vs-vfb-stuttgart/1-2272711/
46′ Berkay Ozcan → Kevin Grosskreutz
72′ Takuma Asano → Jean Zimmer
80′ Christian Gentner → Hajime Hosogai

続きを読む