清武弘嗣

セビージャが1月に清武放出の可能性!→ケルン移籍で大迫とコンビ組んでほしいよな!


セビージャは、冬の移籍市場でMF清武弘嗣を放出することになるかもしれない。地元メディア『ディアリオ・デ・セビージャ』が伝えた。
現在リーガエスパニョーラで5位につけ、チャンピオンズリーグでベスト16進出を目前としているセビージャだが、ホルヘ・サンパオリ監督とモンチSD(スポーツディレクター)は1月の市場で守備と前線の強化を検討しているようだ。
リーガで11試合を終えて19得点を記録しているセビージャ。しかしながらバルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーとタイトルを争うためには、強力なストライカーを獲得する必要があると考えているとされる。FWルシアーノ・ビエット(5得点)、ウィサム・ベン・イェデル(5得点)らは奮闘しているものの、今季サンパオリ監督の就任で攻撃サッカーを志向しているチームにおいて、得点力の不足が課題に挙げられている。
一方、守備陣に関しても問題がある。DFアディル・ラミ、ニコ・パレハ、ダニエル・カリーソ、ティモテー・コロジェイチャクと4選手がCBを務められるが、コロジェイチャクはサンパオリ監督の信頼を得られていない。指揮官は代わりに今夏右SBとして獲得したDFガブリエル・メルカドをCB起用している状況だ。そのため、クラブは1月に新たなCB獲得の可能性を模索しているという。
クラブは前線と最終ラインに1人ずつ選手を加えようと計画している。そのためには出場機会の少ない選手たちを放出し、その年俸を他クラブに負担させることによって資金をやり繰りする必要がある。GKダビド・ソリア、DFベノワ・トレムリナス、MFミカエル・クローン=デリ、清武らが放出候補になっている模様だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161116-00000016-goal-socc

続きを読む

1アシストのセビージャ清武、反省!「もっとゴールに向かう姿勢を出さなければ・・・」

ガンソ、ビトロと並び高評価
日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャは17日、リーガ・エスパニョーラ第4節でエイバルと対戦した。清武は2試合ぶりに先発出場を果たし、27分にはFWルシアーノ・ビエットの得点をアシストする活躍を見せるも、チームは退場者2人を出したエイバルから追加点を奪えず1-1で引き分けた。
清武はスペイン『as』による試合後の採点(4段階評価で3が最高点)で、MFガンソ、MFビトロと並びチーム最高評価となる「2」の評価を獲得している。清武はエイバル戦を振り返り、自身のブログで「自分自身は1アシストをしましたが、もっとゴールに絡まないといけないし、もっとゴールに向かう姿勢を出さなければ」と綴っている。
清武はインターナショナルマッチウィークを挟んでラス・パルマス戦、UEFAチャンピオンズリーグのユヴェントス戦では出場機会を得られなかった。サンパオリ監督はエイバル戦ではユヴェントス戦に出場した主力を温存。その結果、先発出場のチャンスを得た清武は「迷いながら自分を探して、地位を確立していかなければいけない現状」だと分析する。
セビージャはミッドウィークの21日に行われる次節、ベティスとのセビージャ・ダービーを迎える。試合は本拠地サンチェス・ピスフアン。絶対に負けられない一戦となるだけに、現状のベストメンバーが選ばれることになるだろう。清武はスタメンに名を連ねるだろうか。注目が集まる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00010017-theworld-socc

続きを読む

セビージャ・モンチSD「今季のサプライズとなる選手は清武だ」

セビージャの敏腕スポーツディレクターであるモンチ氏は、今夏に獲得したMF清武弘嗣に大きな期待を寄せ続けているようだ。
清武は今夏の移籍市場で、モンチSDの意向によってハノーファーからセビージャに加入。しかし、その後セビージャの指揮官はウナイ・エメリ監督からホルヘ・サンパオリ監督に代わり、サンパオリ監督は同胞のアルゼンチン人を中心として、清武と同ポジションの選手を複数人引き入れていた。
これにより清武の出場機会の確保は難しくなるとも考えられていたが、モンチSDの確信は一切揺らいでいない様子だ。その卓越した目利きによってセビージャを支えてきた敏腕SDは、スペイン『カデナ・セール』とのインタビューで「今季にサプライズとなる選手は誰か?」と問われ、「まず清武だよ」と迷うことなく返答した。
なおセビージャは14日にスペイン・スーパーカップのファーストレグ、バルセロナ戦に臨むが、サンパオリ監督は先のUEFAスーパーカップ、レアル・マドリー戦(2-3)とバルサとの2試合で全選手を試す考えと公言しており、レアル戦でフル出場を果たした清武がバルサ戦でも先発する可能性は低いとみられる。
しかし、たとえ途中出場からでも、清武にはモンチSDの言うような驚きの提供を期待したいところだ。

GOAL8月14日 20時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160814-00000014-goal-socc
◆スペインスーパーカップ
試合日程
8/15(月) 5:00
セビージャvsバルセロナ
8/18(木) 6:00
バルセロナvsセビージャ
http://www.wowow.co.jp/sports/liga/
【実況】サッカーch
http://rio2016.2ch.net/livefoot/

続きを読む

セビージャ清武弘嗣「スペインはプライドが高い選手も多く、孤独を感じますね…サッカー以外のことが一番苦しい」

清武弘嗣が躍動した。10月6日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選イラク戦。
清武は先発でトップ下に入ると、日本代表のチャンスを次々と演出した。
25分、本田圭佑にパスを出した後、右サイドを駆け上がり、その本田からパスを受けると原口元気の先制点をアシスト。 さらに後半のアディショナルタイムにはフリーキックから山口蛍の勝ち越しゴールを演出するなどの活躍を見せた。
さらに続くオーストラリア戦では、ベンチスタートとなったものの少ない出場時間で存在感を示し、日本代表で確固たるポジションを掴んだと言えるだろう。
その清武はスペインに戻り、所属するセビージャで出場のチャンスを伺っている。
清武自身もポジション争いに関しては、「厳しいですけれど、それを楽しまないといけないですし、それを望んでここに来たので。
ただ、ベンチ外になった時は、うーんってなりますけどしょうがない」と話す。
今シーズン、ブンデスリーガから移籍した清武はリーガ・エスパニョーラについて、独特の困難があると言う。
「ドイツに比べたら難しさはある。やはりドイツ人は日本人をリスペクトしてくれている方だと思う」と清武。
一方で、「スペインはプライドが高い選手も多く、孤独を感じますね。そういう部分がリーガの難しさなのかなと思います。
コミュニケーションだったり、私生活だったり、そういうサッカー以外のことが一番苦しい」。
今後、セビージャで試合に出るために必要なことを聞くと、「コンディションを崩さずに自分のことをしっかりやっていれば、選手層は厚いとはいえチャンスはある。
集中を切らさずにやるだけだと思う」。そして、「ベンチ外になっても、またすぐに試合があるので、そんなに深く考えないようにしている」とも語った。
熱狂的で知られるセビージャのサポーターについては、「スタンドから観戦していて思ったんですが、プレーに対しての野次が凄いことにはびっくりしました。
プレー中はあまり感じなかったですけど、一つ一つのプレーに対しての要求ですよね。熱いなと思いながら見ていました」。
リーガ・エスパニョーラで現在3位につけているセビージャは、23日に首位のアトレティコ・マドリード戦を迎える。
さらにチャンピオンズリーグでディナモ・ザグレブとホームで対戦した後、11月6日(日)には、バルセロナとの試合もあり、厳しい日程となっている。
スーペルコパでバルセロナと戦ったあと清武に感想を聞くと、「バルセロナは強かったし、(リオネル)メッシが凄かった。メッシは代えが効かない、本当に世界に一人の選手だと思いながらやった」。
そして、再びピッチで戦うチャンスがあることに関して、「凄い楽しみ。もう1回やってみたいなと思っていた」と語った。
日本代表から戻りチームに合流した直後の第8節、レガネス戦ではベンチ入りメンバーから外れた清武だが、今後、ヨーロッパでの戦いも並行して行われるだけに、出場機会は巡ってくるはずだ。
その時は日本代表でもそうだったように、数少ないチャンスをモノにして、セビージャの監督や仲間、そしてサポーターに存在感を示すことだろう。
http://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20161023/506698.html?cx_top=topix
写真

セビージャがアトレティコ戦のメンバー発表 清武はまたも招集外に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161023-00506675-soccerk-socc

続きを読む

現地スペインにセビージャ清武弘嗣のファンクラブが早くも完成!

セビージャに所属する日本代表MFの清武弘嗣は、現地のファンたちにしっかりと受け入れられているようだ。『Goal』の記者フランシスコ・リコが現地から1枚の写真を送ってくれた。
セビージャのファンは日の丸に「IYO-TAKE」とつづり、今夏に加入した日本人プレーメーカーを歓迎している。清武は現地で「KIYO」と呼ばれていて、「IYO」はアンダルシアの言葉で「HEY」を意味する。これをもじって「IYO-TAKE」とつづられているわけだ。また「Pena」は同好会という意味があるため、このフラッグは「清武のファンクラブ」を示している。
清武は開幕戦のエスパニョール戦でリーガ・エスパニョーラ初得点をマーク。17日のエイバル戦ではアシストを記録するなど、結果を積み上げている。現地のファンの心も徐々につかんでいっているようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00000012-goal-socc

続きを読む