5/31(木) 16:30配信
W杯日本代表 約半分が4年前と同じメンバー 西野監督「最終的には今朝決めた」
日本サッカー協会は31日、東京都内のホテルで田嶋幸三会長(60)、関塚隆技術委員長(57)、西野朗監督(63)が出席して記者会見を行い、6月14日開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表メンバー23人を発表した。
主将のMF長谷部誠(34=フランクフルト)やDF長友佑都(31=ガラタサライ)、MF本田圭佑(31=パチューカ)、MF香川真司(29=ドルトムント)、FW岡崎慎司(32=レスター)ら前回の14年ブラジル大会経験者から約半分の11人が選出。その一方で、前日30日のガーナ戦に招集されていた26選手からはMF三竿健斗(22=鹿島)、MF井手口陽介(21=クルトゥラル・レオネサ)、FW浅野拓磨(23=シュツットガルト)の若手3選手が落選した。
西野監督はW杯出場権を持たないガーナ代表に0―2で完敗した前日30日のW杯壮行試合を踏まえて「最終的には今朝決めた」とし、落選となった3選手については「非常に有望な若手3人。この舞台に立たせてくれたのも彼らの力も大きい。代表でのパフォーマンスは強く感じている」と労った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000123-spnannex-socc

続きを読む