試合結果

【ハイライト動画】リーガ開幕戦!メッシ欠場で大波乱!?「バルセロナvsビルバオ」試合結果!


リーガ・エスパニョーラ第1節が16日に行われ、アスレティック・ビルバオとバルセロナが対戦した。
2019-20シーズンのリーガ・エスパニョーラが、2連覇王者バルセロナと昨シーズン8位のアスレティック・ビルバオの一戦で幕を明けた。
エースのリオネル・メッシを負傷で欠くバルセロナはなかなか決定機を作れず、32分になってペナルティエリア内に残っていたルイス・スアレスが、相手のバックパスに反応してターンしながら左足を振り抜いたが、これは左ポストに弾き返された。
その直後、右足を痛めたスアレスは自ら交代を要求。負傷交代を余儀なくされて、代わりにラフィーニャが投入された。
44分にはラフィーニャがエリア手前右から強烈なミドルシュートを放ったが、これはGKの好セーブとクロスバーに阻まれた。
後半に入ってバルセロナは、52分にラフィーニャがエリア内左からシュート、70分にはイヴァン・ラキティッチがエリア内のこぼれ球をダイレクトで叩いたが、どちらも得点には結びつかなかった。
試合が動いたのは89分。1分前に途中出場したアリツ・アドゥリスが右サイドからのクロスを豪快なジャンピングボレーでゴール右隅に叩き込み、ビルバオに劇的な決勝点をもたらした。
バルセロナは攻撃陣が不発に終わり、11シーズンぶりに黒星スタートを喫した。
次節、バルセロナは25日にホームでベティスと、アスレティック・ビルバオは24日にアウェイでヘタフェと対戦する。
【スコア】
アスレティック・ビルバオ 1-0 バルセロナ
【得点者】
1-0 89分 アリツ・アドゥリス(ビルバオ)
【スターティングメンバー】
アスレティック・ビルバオ(4-2-3-1)
U・シモン;カパ、ヌネス、イェライ、ベルチチェ;U・ロペス(81分 エチェバリア)、D・ガルシア;デ・マルコス(66分 サンセット)、R・ガルシア、ムニアイン;ウィリアムス(88分 アドゥリス)
バルセロナ(4-3-3)
テア・シュテーゲン;N・セメド、ピケ、ラングレ、J・アルバ;S・ロベルト(76分
C・ペレス)、デ・ヨング、アレニャ(46分 ラキティッチ);デンベレ、スアレス(37分 ラフィーニャ)、グリーズマン
8/17(土) 6:01配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00969001-soccerk-socc

続きを読む

【アジアカップ試合結果】<ハイライト>ウズベキスタンが圧巻4発で決勝Tへ!日本は首位通過へ最終戦は勝利が条件に!


ウズベキスタンが圧巻4発で決勝Tへ!日本は首位通過へ最終戦は勝利が条件に
アジアカップ2019は13日にグループF第2節が行われ、ウズベキスタンがトルクメニスタンに4-0で大勝した。この結果、F組はウズベキスタンと日本が2位以内を確定。日本は最終節に首位通過を懸けてウズベキスタンとの直接対決に臨む。
ウズベキスタンは開始早々から主導権を握ると、17分に高速カウンターから右サイドを崩して最後はチーム最年少のシディコフが決めて先制に成功する。さらに24分には、ショムロドフが2試合連続ゴールを奪取。その後2ゴールを追加し、前半だけで4点を奪った。
後半になってもウズベキスタンペースは変わらず。トルクメニスタンは序盤こそ日本戦で見せた前からのプレスで攻撃の糸口を掴んだが、後半は失速。ウズベキスタンに圧倒され、見せ場を作ることができない。
得意のサイド攻撃から攻め込むウズベキスタンは、後半こそゴールを奪えなかったものの、圧巻の試合運びで4-0と大勝。決勝トーナメント進出を決めるとともに、得失点差で日本を上回り、グループF首位に躍り出た。
ウズベキスタンは17日の最終節で日本と激突。引き分け以上で首位通過が決まる。対する日本は首位通過のためには勝利が絶対条件となった。
■試合結果
トルクメニスタン 0-4 ウズベキスタン
■得点者
トルクメニスタン:なし
ウズベキスタン:シディコフ(17分)ショムロドフ(24、42分)マシャリポフ(40分)
■グループF順位表
1 ウズベキスタン(6、5)
2 日本(6、2)
3 オマーン(0、-2)
4 トルクメニスタン(0、-5)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00010007-goal-socc

続きを読む

イニエスタ、ビジャ、ポドルスキを揃えた神戸、開幕戦でセレッソに敗れる・・・


<ヤンマースタジアム長居>
入場者数 42,221人
・セレッソ大阪1-0ヴィッセル神戸
得点: [セ]山下達也(77分)
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2019/022201/live/#live
明治安田生命J1リーグ第1節が22日に行われ、セレッソ大阪とヴィッセル神戸が対戦した。
2年連続で金曜開幕となったJ1リーグ。C大阪は丸橋祐介と舩木翔がウイングバックに入る3-4-3の布陣を採用。対する神戸はダビド・ビジャ、アンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキがそろい踏みで先発出場となった。
前半をスコアレスで折り返すと、77分に均衡が破れる。丸橋祐介のCKを木本恭生が頭でそらすと、最後は山下達也が頭で押し込み、ホームのC大阪が先制に成功する。
試合は1-0で終了。ホームのC大阪が開幕白星を飾った。次節、C大阪はアウェイで名古屋グランパス、神戸はホームでサガン鳥栖と対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00910198-soccerk-socc

続きを読む

【J1試合結果!】「磐田×神戸」

磐田 1-1 神戸
[得点者]
03’ダビド ビジャ(神戸)PK
90+3’ロドリゲス (磐田)
スタジアム:エコパスタジアム
入場者数:26,753人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/060104/live/#live
J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

続きを読む