酒井宏樹

【ハイライト動画】フル出場の酒井宏が2点目の起点に、地力の差見せたマルセイユはEL2回戦第1戦で先勝

[3.8 EL決勝T2回戦第1戦 マルセイユ3-1ビルバオ]
ヨーロッパリーグ(EL)は8日、決勝トーナメント2回戦第1戦を行った。日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユ(フランス)はホームでビルバオ(スペイン)と対戦し、3ー1で勝利。右SBで出場した酒井はフル出場した。第2戦は15日にビルバオの本拠地で行われる。
8年ぶりにベスト16入りを果たしたマルセイユ。直近の公式戦で4試合白星なしの中、メンバーは主力を総動員し、酒井も主戦場である右SBで先発出場した。
試合は開始早々に動く。マルセイユは前半1分、PA右に進入したMFフロリアン・トバンが左足インスイングのクロスを上げ、ファーサイドのMFルーカス・オカンポスが右足アウトサイドで技ありのワンタッチで流し込み、先制に成功する。
前半14分には酒井が起点となり、マルセイユが追加点。右サイドを突破した酒井が右足クロスを上げるが、相手選手にブロックされる。しかしクリアされたボールは敵陣PA内に入り、FWディミトリ・パイェがボールを奪うと胸トラップから鋭い右足ボレーを放ち、ゴール右に突き刺した。2点リードしたマルセイユだが前半終了間際、DFアディル・ラミがPA内でのハンドを取られてPKを献上。相手にPKを決められ、前半を2-1で折り返す。
嫌な形で前半を終えたマルセイユだが、勢いは止まらない。後半12分、パイェは右サイドを突破し、PA内を確認しつつ鋭い右足クロスを上げる。すると、素早く詰めたオカンポスが右足で合わせ、相手GKに阻まれるも、ボールはそのままゴール左に吸い込まれた。地力の差を見せたマルセイユが3-1でホームでの第1戦を勝利。15日に行われる敵地での第2戦に向けて弾みをつけた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-01651281-gekisaka-socc
[得点者]
ルーカス・オカンポス 1′(マルセイユ)
デミトリィ・パイェ 14′(マルセイユ)
アリツ・アドリゥス 45’+3(ビルバオ)
ルーカス・オカンポス57’(マルセイユ)

続きを読む

日本代表・酒井宏樹と韓国代表・ソンフンミンがチームメイトに!?


日本代表DF酒井宏樹にトットナム移籍の可能性浮上 「強い興味を抱いている」と英報道
サイドバック強化に向けて「ポチェッティーノ監督の求める選手像に一致する」と指摘
フランス1部の名門マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は今季、リーグ戦27試合出場1得点を記録し、チームの中心選手として継続的な活躍を見せた。そんな酒井にプレミアリーグのトットナム移籍の噂が浮上している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。
酒井は2012年に柏レイソルからハノーファーに移籍。ブンデスリーガで評価を高めると、2016年にマルセイユに加入し、同クラブでこれまで122試合に出場してきた。本職の右サイドバック以外でも起用され、チームに欠かせない存在として活躍している。
欧州9年目を迎える来季に向けて、プレミアリーグ挑戦の可能性が浮上した。「スカイ・スポーツ」は「トットナムがマルセイユの右サイドバック酒井宏樹の獲得を考えている」と見出しを打って報道。「トットナムは強い興味を抱いている」と伝えつつ、同時に「29歳という年齢が不安材料になっているようだ」としている。
また、「日本代表の右サイドバックは、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の求める選手像に一致する」として、酒井が指揮官の求めるタイプに合致することを強調する一方、クラブ方針として23歳以下の選手を好んでいることも指摘。さらにクラブの現状を踏まえ、次のように続けている。
「ポチェッティーノ監督は両サイドバックを強化したいと考えており、DFキーラン・トリッピアーとDFセルジュ・オーリエへのオファーがあれば、聞き入れる構えだ。スパーズの補強が思い通りにいかなければ、マーケット終盤になった時、酒井はより真剣なターゲットとなるだろう」
今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で決勝に進出し、新スタジアムも完成するなど、近年の進境著しいトットナム。酒井は今夏、その一員となるのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190610-00195203-soccermzw-socc

続きを読む

【画像/動画】バロテッリが自撮りパフォ!酒井宏樹も隣で写る!めっちゃ楽しそうw


[3.3 リーグアン第27節 マルセイユ2-0サンテティエンヌ]
フランス・リーグアンは3日に第27節を行った。日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはホームでサンテティエンヌと対戦し、2-0で勝利。酒井は左サイドバックとしてフル出場している。
前半5分、サンテティエンヌのカウンターを防ぐために酒井が素早くブロック。しかし主審にファウルをとられ、イエローカードを提示された。マルセイユは同12分に先制。右CKをMFフロリアン・トバンが蹴り込み、PA内のFWマリオ・バロテッリが豪快な右足ボレーを叩き込んだ。
ゴールを決めたバロテッリはカメラマンからスマートフォンを受け取ると、その場で自撮りを実行。チームメートと喜びを共有した。
マルセイユは前半21分、PA内で相手のハンドを誘発してPKを獲得。トバンが冷静にPKを決めて追加点を奪い、前半を2-0で折り返した。後半に入ってもマルセイユは相手の得点を許さず。そのままリードを守り切った。
マルセイユは5位からヨーロッパリーグ圏内の4位に浮上している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-34592914-gekisaka-socc
View this post on Instagram
#allezlom💙 #bravolesgars #supporterambiancemagnifiquemerci🙏🏾🙌🏾 @pumafootball @olympiquedemarseille #thefirstinstagramhistoryafteragol #NEWCELEBRATION

Mario Balotelli🇮🇹👨‍👧‍👦🦁
さん(@mb459)がシェアした投稿 –
2019年 3月月3日午後2時10分PST

続きを読む

【動画】仏メディアがマルセイユ酒井宏樹を大絶賛!

途中出場の酒井が後半アディショナルタイムに決勝弾をアシスト
マルセイユの日本代表DF酒井宏樹は、同代表GK川島永嗣の所属するストラスブール戦に途中出場し、試合終了間際に決勝弾のアシストをマークした。これに海外メディアも反応している
マルセイユは現地時間26日、リーグ・アン第7節でストラスブールと対戦し、3-2で勝利。途中出場となった酒井は劇的な決勝弾アシストで大きく貢献した。
2-1で迎えた後半7分、左サイドバックのDFジョルダン・アマヴィが一発退場となったため、酒井はフランス代表MFディミトリ・パイェに代わり途中出場し、左サイドバックに入った。
試合終了間際の後半44分に同点弾を許してしまい、肩を落としたマルセイユの選手たちだったが、土壇場で酒井が決定的な仕事を果たす。後半アディショナルタイム、ボックス左へのスルーパスに酒井が抜け出すと、左足のダイレクトパスをマイナス気味に供給。これを中央で構えていたFWヴァレール・ジェルマンが流し込み、劇的な決勝弾を奪った。
フランステレビ局「RMCスポーツ」は「マルセイユに味方した試合はクレイジーな結末を迎える」と見出しを打って特集し、白熱したシーソーゲームを紹介している。また、酒井のアシストについても「前半から良質なパスに恵まれず、後半は守備に走らされていたジェルマンへノールックでラストパスを供給した」と称えている。
主戦場である右サイドバックとは異なる役割を任せられた酒井だが、途中出場ながらチームを救う決定的な仕事を果たしてみせた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180927-00137867-soccermzw-socc
動画

続きを読む

【動画】ゴールもアシストも完璧!昌子源との対戦で1G1Aの酒井宏樹!


リーグ・アン第37節が18日に行われ、DF酒井宏樹が所属するマルセイユはDF昌子源が所属するトゥールーズと対戦し、5-2で勝利を収めた。酒井と昌子は共にフル出場を果たした。
1-1で迎えた50分、ルーカス・オカンポスの落としに反応した酒井が左足を振り抜き、勝ち越しゴールを記録。同選手にとってこれがリーグ・アン初ゴールとなった。さらに、2-2で迎えた61分には、右サイドからグラウンダークロスを入れると、クリントン・エンジがワンタッチでゴールへと流し込み、再び勝ち越しに成功した。その後も追加点を挙げたマルセイユは、1ゴール1アシストを記録した酒井の活躍もあり、敵地でトゥールーズに勝利した。
最終節となる次節は24日、トゥールーズは敵地でディジョンと、マルセイユはホームでモンペリエと対戦する。
【スコア】
トゥールーズ 2-5 マルセイユ
【得点者】
1-0 26分 アーロン・レヤ・イセカ(トゥールーズ)
1-1 29分 モルガン・サンソン(マルセイユ)
1-2 50分 酒井宏樹(マルセイユ)
2-2 61分 マックス・グラデル(トゥールーズ)
2-3 76分 クリントン・エンジ(マルセイユ)
2-4 90分 フロリアン・トヴァン(マルセイユ)
2-5 90+1分 フロリアン・トヴァン(マルセイユ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00938534-soccerk-socc

続きを読む

元日本代表監督のハリル酒井宏樹を絶賛しているんだが・・・


日本代表DF酒井宏樹は2016年にマルセイユに加入して以降、クラブ内で確固たる地位を築いてきた。本来は右サイドバックながら、今では左サイドバック、時にはセンターバックでも起用され、常に期待に応え続けている。日本代表監督として酒井を指導し、現在はナントの指揮を執るバヒド・ハリルホジッチ監督はフランスメディア「Le Phocéen」のインタビューに答え、「モンスター級のフィジカルを持っている」と称賛した。
日本代表時代に3年間、酒井を指導したハリルホジッチ監督。酒井に対する印象を問われると、「彼は愛すべき青年で、絶対に問題は起こさない」と紹介し、続けてサッカー面での特徴に言及した。
「柔軟さと度量があって、申し分のない選手だ。マルセイユのファンなら誰もが知っていることだろう。その完璧さとアスリート能力の高さによって、ルディ・ガルシア(監督)の目から見て代えの利かない存在となっている」
さらにピッチ上での詳細を問われたハリルホジッチ監督は、「彼はモンスター級のフィジカルを持っている。天性のクオリティーだね」と語り、酒井の現状に対する持論を展開している。
「今は左サイドでのプレーが多くなっているが、明らかに右サイドのほうが効果的にプレーできるだろう。守備での貢献度が非常に高い一方、彼は攻撃でも多くのものをもたらしてくれるからだ。唯一、不満を述べるとすればやや積極性に欠けることだが、それもマルセイユでの経験を通じて日に日に改善していると感じている」
かつては代表監督と選手、今は対戦相手という関係だが、ハリルホジッチ監督は酒井への愛情を隠さない。“教え子”の成長には誇らしさを感じているようだ。
3/21(木) 6:25配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190321-00177690-soccermzw-socc

続きを読む

バロテッリや酒井宏樹らが所属するマルセイユが7月に初来日!なお、酒井の古巣・柏との試合はない模様・・・


酒井宏樹のマルセイユ、7月末に初来日へ…名古屋・G大阪と親善試合
日本代表DF酒井宏樹(29)の所属するフランス1部の強豪マルセイユが、今夏に日本で親善試合を行う計画があることが1日、分かった。Jリーグが中断期間となる7月末で相手は名古屋、G大阪で調整中。今夏にはバルセロナ、チェルシー、マンチェスターCが日本で親善試合を行うが、日本人選手が所属しているクラブはない。マルセイユが来日するのは初めてとなる。
マルセイユはフランス1部で9度の優勝を誇り、92―93年にはフランス代表監督として18年ロシアW杯を制したMFディディエ・デシャンらを擁して欧州チャンピオンズリーグ(CL)を制覇。現在は元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(28)や、元フランス代表MFディミトリ・パイエ(32)ら実力者が居並ぶフランス屈指の名門クラブだ。
近年、国内リーグでは今季2連覇を決めたパリSGに覇権を奪われており、今季はここまで6位。欧州CL出場圏内の3位・リヨンまで残り3試合で勝ち点差8と厳しい状況だが、酒井はチームの中で欠かせない存在となっている。16年6月にドイツ1部ハノーバーから加入し、本職の右サイドバックだけでなく、時には左サイドバックとしてもプレー。クラブはレギュラーとして活躍する酒井の母国・日本での知名度アップの狙いもあるとみられる。
試合数の多いJ2は中断期間がないため、酒井の古巣・柏との対戦は実現しなかったが、欧州の名門でレギュラーとして戦い続ける酒井の“凱旋”に注目が集まる。
◆オリンピック・マルセイユ 1899年設立。本拠地はマルセイユ。フランス1部リーグで優勝9回、欧州CLで優勝1回(92―93年)の名門。かつては元フランス代表MFカントナ、同FWパパン、同MFリベリ(現バイエルン)、元ユーゴスラビア代表で名古屋でもプレーしたMFストイコビッチら名選手が所属。04―05年には日本代表も率いたトルシエ監督が指揮し、MF中田浩二が所属した。クラブカラーは水色。リュディ・ガルシア監督(55)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-00000193-sph-socc

続きを読む

マルセイユ酒井宏樹、仏リーグアンSB部門でランキング首位!


マルセイユは26日、所属する日本代表DF酒井宏樹が、国際スポーツ研究機関(CIES)のランキングに入ったことを伝えた。
スイスにあるCIESは国際サッカー連盟(FIFA)の傘下にある研究機関。個人とチーム全体での動きから、ピッチでのパフォーマンスを独自の算出方法により導き出してランキングにしている。
前節のみの結果で、酒井はリーグアンのサイドバック部門で首位に立った。20日に行われた前節、第33節のギャンガン戦では久々の右サイドバックでプレー。フル出場で約1か月半ぶりの連勝に大きく貢献した。
さらに酒井の凄さが現れているのがその安定感だ。このランキングは前節、1か月間、3か月間、半年間に分かれている。
酒井は1か月間の括りでは3位に、3か月間では4位に、過去半年間のランキングでも2位に位置していた。この半年間で上位5位以内に入り続けているのは、酒井のみになる。
昨年6月にW杯で活躍した酒井は、帰国後もシーズン序盤からフルスロットル。昨冬にはアジア杯で再び1か月間クラブを離脱したが、
現在リーグ戦は22試合、クープ・ドゥ・ラ・リーグ(仏リーグ杯)は1試合、ヨーロッパリーグは4試合に出場している。3年目のリーグアンで酒井は着実にその成長を見せつけていた。
4/26(金) 22:59配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190426-43466370-gekisaka-socc

続きを読む

ハノーファーから移籍した清武に続き、酒井宏樹も移籍へ!フランス・マルセイユと契約間近!

昨季13位のチームを復活させられるか
ハノーファーに所属する日本代表DF酒井宏樹はフランスのマルセイユへの移籍が近づいているようだ。
昨季はブンデスリーガ最下位に沈み、降格を余儀なくされたハノーファー。
それだけに主力選手であった清武やツィーラーなどはすでに移籍を発表しており、酒井もそれに続くと考えられていた。そして新天地としてマルセイユが濃厚だとフランス『RMC』は伝えている。
同メディアによると、すでに話し合いは進んでおり、23日にはメディカルチェックが行われるようだ。
また、今夏で酒井はハノーファーとの契約が切れるため、移籍金は発生しない。
まだまだ26歳と伸び盛りの年齢だけに、次々と優秀なアタッカーが現れるリーグアンで戦うというのは悪くない選択だろう。 昨季は13位と沈んだ名門チームを復権させ、代表にも経験を還元してほしいところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00010004-theworld-socc
theWORLD(ザ・ワールド) 6月19日(日)4時13分配信
続きを読む