酒井宏樹

【超朗報!】酒井宏樹、復帰まで最短3週間!W杯に間に合う模様!


続きを読む

ハリルさん、酒井宏樹を擁護する!


フランス1部のマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は、今季のパフォーマンスが低調であるとして批判の対象となっているが、元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏は同選手を擁護している。仏紙『ラ・プロヴァンス』が29日付でコメントを伝えた。
フランスの名門マルセイユで不動の右サイドバックとしてプレーを続けてきた酒井。プレーへの姿勢やプロ意識の面でも高く評価され、昨季はチームの成績が振るわない中でも奮闘していた選手としてファンの選ぶチーム年間ベストプレーヤーにも選出された。
だが今季はチームがリーグアンで現在2位と好調な一方で、酒井のパフォーマンスは安定せず。「2016年にマルセイユにやって来て以来最もデリケートな時期を過ごしている」「あまり攻撃参加せず、クロスが味方に合うことは滅多になく、守備も雑。停滞どころか後退という印象」と仏紙は酒井の現状について述べている。
しかし、現在モロッコ代表監督を務めるハリル氏は酒井への批判は不当だと訴えた。「いつも最高の状態でいられるわけではない。彼は格安で加入してクラブに多くをもたらしてきた。機械ではないのでペースが落ちることもある。彼のような選手を批判するのは不快なことだ」とハリル氏は語る。
ハリル氏は酒井について「模範的な選手。日々の練習も規律面も素晴らしい」と絶賛。その上で、「もう少しずる賢くならなければいけない。もっとプレーを正確にし、最後のパスで相手の意表を突けるようにもするべきだ。攻め上がった時には中央に切り込んでシュートを打つところも見たい」とさらなる成長への課題も挙げている。
マルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督は、同サイドで息の合うプレーをしていたフランス代表MFフロリアン・トヴァンの長期離脱が酒井にも影響しているのではないかという考えも示している。今後のシーズン後半戦に向けてパフォーマンスを向上させていくことができるだろうか。
1/29(水) 19:51配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200129-00360019-footballc-socc

続きを読む

マルセイユ酒井宏樹も驚く、同僚の「日本アニメ」へのハマりっぷりw

日本代表でも活躍する酒井宏樹が昨季、フランスのマルセイユでレギュラーの座を掴むうえで、なにより重視したのは「チームメイトとのコミュニケーション」だった。
「ハノーファーにいた頃よりも積極的に取り組んだおかげで、すんなり溶け込めました。年上の選手が多いからか、特に黒人選手には可愛がってもらえて。いろいろアドバイスしてくれます」
同じDFのロド・ファンニ(元フランス代表)について「ロッカーが近くて、僕のことをひたすらイジります(笑)」と話す酒井だが、特定の誰かと仲がすごく良いというわけではなかった。要するに、「みんな」とコミュニケーションを取っていたのだ。
そうした環境下で、チームメイトによく聞かれるのが「日本の文化、アニメとか」だった。
「例えば(フランス代表MFの)レミ・カベラは『テニスの王子様』の大ファンで、スパイクに主人公の名前(越前リョーマ)を刺しゅうしたりしています。『ルイ・ヴィトン』のバックに『ドラゴンボール』の何かをプリントしている選手もいますが、ちょっと勿体ないですよね(笑)。日本人の僕からすると、『それにプリントしちゃう?』という感覚です」
ただ、日本人の感覚を押し付けるようなことはもちろんしない。酒井はむしろ、フランスの文化に馴染もうとしている。
「加入当初から『フランスを好きになろう』というスタンスでやっていたので、特に問題はなかったです。僕は外国人枠ですから、自分の世界に閉じこもったままだと孤立してしまう。だから、フランス語を真剣に学ぶことで彼らを理解しようとしたし、そうすると、向こうもフレンドリーに接してくれるようになる。要は、郷に入れば郷に従え、です」
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
2017年08月11日サッカーダイジェスト
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=28682

続きを読む

酒井宏樹はプレミアリーグで通用する?

フランスのマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹がイングランド・プレミアリーグへ参戦することになるかもしれない。
イタリアメディア「Tutto sport」は、英国の名門トッテナムを率いる名将ジョゼ・モウリーニョ監督が守備網の強化として酒井の獲得を模索しており、
現在チームの右サイドバックとしてレギュラーを確保しているコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエに代わって、酒井に先発の座を与える可能性があると報じた。
モウリーニョ監督は国内リーグ22試合を終えた段階での、31もの失点数に大きな不満を抱いており、その原因の一つとして、
後方エリアに大きなスペースを与え、対人プレーでもミスの多さが指摘されるオーリエのクオリティーを疑問視。そこで、攻守にバランスの取れた酒井に白羽の矢を立て、
また右サイドだけでなく、左サイドバックとしてもプレーできる日本人DFのユーティリティー性も高く評価しているという。
「トッテナムが酒井の獲得を熱望しているとの報道は今回が初めてではなく、前指揮官マウリツィオ・ポチェッティーノが在籍していた時期にも幾度か酒井への関心が報じられていたことから、
チームとして彼との契約を継続的に望んでいる可能性が高いです。酒井は2016年夏にドイツのハノーファーからマルセイユへ加入し、常に先発の座を保証され続け、累計ではすでに100試合以上に出場。
リュディ・ガルシア監督やアンドレ・ビラス・ボアス監督と、いずれもワールドクラスの指揮官から信頼を寄せられ、日本代表含め、様々な監督から常に高い評価を受けてきました。
今回、酒井へ熱視線を向けているとされるモウリーニョに至っては世界最高の指揮官の1人であり、ネットでも『モウリーニョに欲しがられているのだとしたら凄いこと』
『イングランドで見たい』『モウリーニョに戦術叩き込まれたらもっとすごくなりそう』という反応が出ています」(スポーツライター)
果たしてマルセイユからトッテナムへの華麗なるステップアップは実現するだろうか。
今後の続報に注目したい。
http://dailynewsonline.jp/article/2163929/
2020.01.22 06:00 Asagei Biz

続きを読む

トッテナムのモウリーニョさん、酒井宏樹の獲得を熱望!?


フランス1部のマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹に対し、イングランドのトッテナムへの移籍に向けた噂が再び持ち上がっている。
名門マルセイユで不動のレギュラーとしてプレーを続ける酒井には、昨年夏の移籍市場でトッテナムからの関心が噂されていた。1月の移籍市場に向けても酒井をトッテナムの新戦力候補に挙げるイギリスメディアもあった。
伊紙『トゥットスポルト』が報じたとしてフランス『le10スポール』が伝えたところによれば、酒井にはトッテナムからの獲得打診が届いているという。トッテナムが関心を示す他の候補としてはRBライプツィヒのフランス人DFノルディ・ムキエレやナポリのアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイの名前も挙げられている。
昨夏に酒井の移籍が噂された際にトッテナムを率いていたのはマウリシオ・ポチェッティーノ前監督だったが、11月に就任したジョゼ・モウリーニョ監督も酒井を高く評価しているようだ。両サイドバックを務められるユーティリティー性が特に評価されているとも伝えられている。
昨季はファンの選ぶチーム年間MVPに選出されるなど、マルセイユでの評価は非常に高い酒井。昨年8月には契約を2022年まで延長しているが、プレミアリーグ挑戦の可能性もあるのだろうか。
1/15(水) 19:14 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200115-00357976-footballc-socc

続きを読む

酒井宏樹、今冬にソン・フンミンとチームメイトに!?


フランス1部のマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は、1月の移籍市場でプレミアリーグのトッテナムの新戦力候補になり得るという見方を英『スカイ・スポーツ』が伝えている。
同メディアは1日から開始される冬の移籍市場に向けてプレミアリーグ各クラブの補強の見通しを分析。トッテナムについては、センターバックやアタッカーなどに加えて、右サイドバックも補強が検討されるポジションのひとつだとされている。
その新戦力候補として挙げられたのは酒井と、ナポリのアルバニア代表エルセイド・ヒサイの2人。このポジションには2000万ポンド(約28億7000万円)以上という十分な補強予算が投入可能だとも述べられている。
名門マルセイユでレギュラーとしてプレーを続ける酒井は、昨年夏にもトッテナムへの移籍の可能性が噂されていた。だがファンや監督などからの強い要望もありマルセイユ残留を選んでいる。
昨季はチャンピオンズリーグ決勝進出を果たすなど大きく飛躍したトッテナムだが今季は苦戦し、マウリシオ・ポチェッティーノ前監督は11月に解任。ジョゼ・モウリーニョ監督が後任として指揮を執っている。
1/1(水) 12:25 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200101-00355947-footballc-socc

続きを読む

欧州名門クラブで酒井宏樹をめぐる争奪戦が勃発!?

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹にイングランドやイタリア、スペインのクラブが興味を示しているようだ。イギリス紙『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えた。
2015年夏にハノーファーを去り、マルセイユの右サイドバックとして評価を高める酒井だが、今夏新たな挑戦に挑むことになるかもしれない。イギリスメディアによれば、右SBの補強を目指すロイ・ホジソンが率いるクリスタル・パレスが、サウサンプトンのDFジョエル・ワードと酒井をリストアップしているという。
また、昨年10月にマルセイユと週給5万ポンド(約730万円)で新たに3年契約を結んだ酒井を獲得するために必要な移籍金は1200万ポンド(約17億5000万円)と報じられている。そのため、同じく同選手に興味を示していると見られるブライトンやレスターは争奪戦から降りるかもしれないと伝えられた。
なお『イブニング・スタンダード』曰く、ミランやインテル、ナポリ、そしてスペインのセビージャも酒井に注目しているとのこと。日本代表としてワールドカップに臨む大型サイドバックは、今夏の移籍市場の主役の1人となるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000021-goal-socc

続きを読む

酒井宏樹とトヴァンの"ラブラブ"なやり取り!「サカイを好きにならざるを得ない・・・愛してるぜ!」


「サカイを好きにならざるを得ない」
マルセイユDF酒井宏樹とMFフロリアン・トヴァンは、絶対的な信頼関係で結ばれているようだ。
2016年にフランスの名門チームに加入した酒井。すぐさまチームにフィットすると、3年間で公式戦134試合に出場。左右のサイドバックだけでなくセンターバックとしてプレーするなどチームに欠かせない存在となり、昨シーズンはファンが選ぶ年間最優秀選手も輝いた。
そんな酒井について、右サイドでコンビを組むことの多いトヴァンは、以前から信頼を口にしていた。酒井自身も「公私ともに本当に信頼している」と語るなど、良好な関係を築いている。
現在は長期離脱中のエースについて、酒井は先日「最近練習場にいないので話す機会はないですけど、あれだけ素晴らしい選手と組んで、3年間一緒にやって来たので、少なからず恋しいという気持ちはもちろんあります」と、復帰を心待ちにしていると語っていた。
この発言を受けてか、トヴァンは28日に自身のツイッターを更新。酒井にメンションをつけ、「愛してるぜ、ブラザー」と投稿した。すると酒井も「俺もだよ、ボス」と投稿。SNS上で“ラブラブ”なやり取りを見せた。
これに対してファンは、「サカイを好きにならざるを得ない。最初から最後まですべてを捧げてくれて、ファンとクラブを本当にリスペクトしている」「ヒロキもフロリアンも愛してる」「君は家族だ」など、喜びの反応であふれている。
手術によって年内復帰は絶望と言われるトヴァン。その間にも酒井はここまでリーグ・アン11試合に先発して2位につける好調のチームを支え、最高の状態で相棒の復帰を祝う準備を着々と進めている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00010031-goal-socc

続きを読む