サガン鳥栖に所属する元日本代表FW金崎夢生(29)に、ポルティモネンセ復帰が浮上した。ポルトガル『ア・ボラ』と『レコード』が報じている。
大分トリニータ、名古屋グランパス、ドイツのニュルンベルクを経て、2013年9月にポルティモネンセに加入。在籍2シーズン半で公式戦55試合18ゴールを記録した。その後、2015年2月には鹿島にレンタル移籍。2016年2月に完全移籍を果たし、今季から鳥栖でプレーしていた。
報道によると、金崎は現在ポルトガルに滞在しているとのこと。2日に行われたポルティモネンセ対ベンフィカの試合をスタジアムで観戦したようだ。『レコード』は、日本代表FW中島翔哉とFWジャクソン・マルティネスとの3ショットを掲載している。
中島の退団報道が絶えないポルティモネンセ。最近では金崎とチームメイトの日本代表GK権田修一の獲得が取り沙汰されていたが、果たしてポルティモネンセはどういった動きをみせるのだろうか。
1/3(木) 20:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-14886758-gekisaka-socc

続きを読む