鈴木優磨

【ハイライト動画】シントトロイデン鈴木優磨、今季5点目!


シント・トロイデンのFW鈴木優磨が、22日に行われたジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)第20節のロイヤル・アントワープ戦で今シーズン5点目を決めた。
先発出場した鈴木は87分、ペナルティエリア中央でのポストプレーでパスをつなぎ、FWアラン・ゴンザルヴェス・ソウサのチャンスを演出。
ソウサのシュートは相手GKに阻まれたが、こぼれ球を鈴木が押し込んで先制ゴールを挙げた。
鈴木は今夏に鹿島アントラーズからシント・トロイデンに移籍。11月30日に行われたリーグ第17節のヘンク戦以来となる3試合ぶりで、今シーズン4点目となった。
なお、シント・トロイデンは後半アディショナルタイム4分に同点ゴールを許し、1-1で引き分けた。
なお、鈴木とGKシュミット・ダニエルはフル出場。FW伊藤達哉はベンチ外だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-01011993-soccerk-socc
12/23(月) 4:38配信
https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/bel/bel-20076659.html
試合スコア
https://www.nikkansports.com/soccer/world/belgium/data/ranking/
得点ランキング
https://www.nikkansports.com/soccer/world/belgium/data/standings/
順位表

続きを読む

【動画】鈴木優磨、今季4点目!豪快ヘッド!


STVVはリーグ戦3試合ぶりの勝利
現地時間11月30日、ベルギーリーグの第17節が行なわれ、今季チャンピオンズ・リーグ(CL)にも参加している伊東純也所属のヘンクと、シュミット・ダニエル、鈴木優磨らが所属するシント=トロイデン(STVV)が対戦した。
リンブルク・ダービーとして現地でも盛り上がるダービーマッチに、前述の3人は先発で登場。STVVは、1年半ほど指揮を執っていたマルク・ブライス監督との契約解除が発表されてから初の試合とななり、伊藤達哉のほか、イ・スンウが初のベンチ入りを果たしている。
試合開始直後に主導権を握っていたのは、伊東を擁するヘンクだった。CFマブワナ・サマッタや伊東が再度から攻撃を仕掛け、シュミットの守るゴールに襲い掛かる。そして9分に先制ゴールをゲット。
しかしその後は、フィニッシュの精度を欠いたほか、なかなかゴールラインを割るまで崩しきれず、追加点を奪うことができない。
一方、猛攻に耐えたSTVVは、18分に鈴木、デ・ノーレのふたりが前線にボールを運び、中央に走り込んだヨアン・ボリが確実に決めて試合を振り出しに戻す。そして41分には、ショートカウンターから鈴木がヘディングでシュートを決め、1-2に。前半のうちに試合をひっくり返すことに成功する。
1点を追うヘンクは後半開始早々から前がかりになり、猛攻を仕掛ける。62分にはポール・オナワチュを含む前線の2枚を投入。敵陣をかき回し、再三好機を創出するがフィニッシュの精度を欠く。
その後もホームチームの攻勢が続いた。伊東は右サイドから積極的に攻め上がり、83分にはドリブルから中央のオナワチュへ絶好のクロスを上げるなど見せ場を作るが、シュミットのビッグセーブなどが光り、ゴールを割ることができない。
90+5分には右サイドに貼っていた伊東へ絶好のパスが届き、フリーでシュート。しかしこれはゴールの左へわずかに外れ、同点に追いつく最後の最大のチャンスを逸してしまった。
再三にわたったヘンクの猛攻は実らず、試合は1-2でSTVVが勝利。日本人選手はシュミット、伊東がフル出場。今季4点目、そしてこの試合の決勝点をあげた鈴木は75分にピッチを退いた。
次節、ヘンクは7日に植田直通所属のセルクル・ブルージュ、STVVは7日にホームで強豪クラブ・ブルージュと対戦する。
12/1(日) 6:24配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191201-00067308-sdigestw-socc

続きを読む

【動画】シントトロイデン鈴木優磨ゴール!今季2点目!チームもアウェー戦で劇的な勝利!


87分に鈴木優磨の決勝点で逆転
現地時間10月30日、ベルギーリーグの第13節が行なわれ、シント=トロイデン(STVV)はメヘレンと対戦。2-1で勝利した。
STVVはGKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨が先発出場。ベンチには伊藤達哉が入ったが、出番は与えられなかった。
先制はメヘレンだった。37分に失点したSTVVは、2トップのヨアン・ボリと鈴木を中心にどうにか追い上げようとする。
しかし前半はうまくかみ合わず、1点のリードを許したまま後半に突入する。
STVVのマルク・ブライス監督は67分に前線の2枚替えを実行し、エルトン・アコラツェとスティーブ・デ・リダーを投入。これでリズムを掴んだアウェーチームは攻撃のリズムを取り戻す。
そして81分、ボリがアコラツェからのボールを冷静に蹴り込んで同点とすると、87分にはセカンドボールを拾った鈴木が、中央で右足を振り抜いてゴール。わずか6分間で逆転に成功する。
その後、メヘレンが猛烈な追い上げを見せるも、試合はそのまま終了。STVVは今季リーグ戦4勝目を挙げている。
構成●サッカーダイジェストWeb編集部 10/31(木) 6:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191031-00066007-sdigestw-socc

続きを読む

「ホームシックではなくて胃の問題!」byシントトロイデン鈴木優磨


シントトロイデンに所属するFW鈴木優磨がベルギー『HBvL』のインタビューで、8月にホームシックと報じられた件について語っている。
2015年に鹿島でプロキャリアをスタートさせ、J1通算96試合で27得点を挙げた鈴木。今年7月に初の海外挑戦としてベルギーのシントトロイデンに渡ったが、シーズン開幕後にベンチ外が続いていた。
先月にはベルギー『フットバル・クラント』が「ホームシックによってトレーニングに参加できていない」と報道。しかし、鈴木が自身のインスタグラム(@yuma.suzuki.9)のストーリーで「ホームシック?おれが?笑 ないない」とすぐさま否定していた。
ベルギー『HBvL』によると鈴木は当時、体調不良に見舞われていたようだ。「ホームシックになったことはない」と改めて一部報道を否定し、「ずっと胃の問題を抱えていた」と明かしている。
鈴木はホームシック報道後、8月31日に行われた第6節オイペン戦で途中出場から新天地デビュー。今月14日の第7節ベフェレン戦でも途中から投入され、直近2試合でピッチに立っている。
9/21(土) 17:21配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190921-43471860-gekisaka-socc

続きを読む

【悲報】鈴木優磨さん、日本からベルギーへ移籍して1か月でホームシック・・・


J1の鹿島アントラーズから今夏、ベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)へ完全移籍したFW鈴木優磨がベルギーでホームシックになっているようだ。
ベルギー『voetbalkrant』が現地時間の21日に報じた。
鈴木は小学生時代から鹿島の下部組織で育ち、2015年にトップチームに昇格。J1で通算96試合に出場して27得点を挙げた。
そして、今夏STVVに移籍し、欧州初挑戦となった。鈴木は現地時間の11日に行われたスタンダール戦ではベンチ入りしたものの、今季の出場は未だにない。
同メディアによると、鈴木はホームシックになり、先週から練習に姿を見せていないという。
鈴木は当初病気で練習を欠席と話していたが、どうやら病欠ではなかったようだ。
今季のリーグ戦出場はまだない鈴木は、ホームシックから復帰しベルギーデビューを飾ることができるのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190821-00335209-footballc-socc

続きを読む