長友佑都

「義理の兄・長友佑都は心の大きさが凄い」by女優・平祐奈

2017年ブレイク間違いなしと各メディアに取り上げられる女優・平祐奈。2月25日公開の映画「きょうのキラ君」に出演する彼女にBuzzFeed Newsがインタビュー。映画への思いから、主演・中山大志との関係。姉・平愛梨への思いも語ってくれた。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】
「中山大志くんとは幼なじみの感覚」

ーー「きょうのキラ君」で演じる矢作澪は、これまでの平さんとはイメージが違う役です。
澪ちゃんはドSでクールな女の子。漫画では、長身でいるだけでかっこいいイメージ。私は背も大きくないし、演じられるか不安でした。でも現場では監督から「普段の元気な自分を出していいよ」といわれたので、クールな部分もありながら、明るさも出しました。
ーー主人公の吉良ゆいじを演じる中山大志くんとは4月公開の映画「ReLIFE」も合わせて4回目の共演しています。
大志くんとは中学時代「おはスタ」で2年間ずっと一緒で、その後もほぼ毎年映画で共演。幼なじみの感覚です。役者としては先輩ですし、いろんな顔をもっているので、いつも刺激になります。
カメラが回っていないとおちゃらけているけど、カメラが回るとスイッチが入る。18歳なのに大人の大御所俳優のような雰囲気があります。受け答えもしっかりしているし、泣きの芝居もすごい。尊敬しています。
映画の打ち上げのとき、「祐奈がいると現場が安定するよ」と大志くんに言われて。一番共演回数が多いので、そういってもらえてうれしかったです。
ーー飯豊まりえさんとも共演経験があります。
まりえちゃんとは共演が2回目。映画ではきついことを言うんですけど、仲がいいから安心してできました。普段はあんなこと絶対言いません(笑)。澪ちゃんは最初はいじわるな女の子だけど、話が進むにつれて言葉の裏にある思いがわかる。お客さんにそういう部分が伝わればいいなと思います。
ーー作品についての感想はどうですか。
キュンキュンする青春ラブストーリー。キラキラしていて、女子高生は絶対こういうの好きだと思います。私のキュンポイントはまりえちゃん演じるニノンちゃんが「365日、絶対います」というところですね。あそこはグッときます。プロポーズでああいうこと言われたらいいな。
長友佑都にかけられた優しい言葉
ーー結婚といえば、平さんと一緒に暮らしていたお姉さんの平愛梨さんは長友佑都さんのいるイタリアに移住します。お姉さんとは一緒に暮らしていました。
もうすぐです。寂しいですね。長友さんは本当に素敵なので、お姉ちゃんがこんな人に出会えてよかったな。逆にありがとうって思ってます。
私に対しても「祐奈の気持ちすごく分かるよ。俺も姉ちゃんが結婚した時、すごく寂しい気持ちだったから」と言ってくれて。心の大きさ、一人ひとりへの気遣いがすごいんです。姉だけじゃなく、家族みんなを大事にしてくれています。
ーー平さんの趣味といえば御朱印集め。まだ続けてますか。
ずっと続けています。御朱印帳は3冊目です。時代劇の撮影で京都に行っているので、お休みがあれば神社を回ってます。最近は「撮影で行きたい神社あります?」って聞かれます(笑)。
神社が好きから始まって、神社の歴史も勉強しています。どんな神様がその神社にいるとか。神社にいけば「なんで神職さんになったんですか」と質問したりします。まだ巫女さんの格好をしたことないあので、やってみたい。巫女さんのバイトを「モニタリング」とかでやりたいです!
ーー今年も映画、ドラマと大活躍。巫女さん以外のやりたいことは全部かなっているのでは?
一年の夢や目標をノートに書くんですけど、去年書いた半分以上の夢がかなってます。着物のカタログのモデルもできたし、出たいと思った番組に出られています。でも私は好奇心旺盛なので、かなったら、もっと違う挑戦をしたいという気持ちが出てきます。
この間、取材で聞かれたんですが、悩みはないんです。未来のことなんて、自分にも誰にも分からないので、今は目の前にあることだけを見ていきたいです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00010008-bfj-ent&p=2

続きを読む

【タッチ集】キレキレ躍動の長友佑都!ガラタサライ移籍後初勝利!決勝点の起点となるパスを供給

2/9(金) 4:29配信
長友佑都、ガラタサライ移籍後初勝利。決勝点の起点となるパスを供給
【ガラタサライ 4-1(6-3) コンヤスポル トルコカップ準々決勝 2ndレグ】
現地時間8日にトルコカップ(テュルキエ・クパス)準々決勝2ndレグの試合が行われ、ガラタサライはホームでコンヤスポルと対戦し4-1 で勝利した。ガラタサライに所属する日本代表のDF長友佑都はフル出場し移籍後初勝利を挙げた。
試合は開始直後から動く。14分、フォファナがペナルティーエリア内で相手DFを切り返しで交わすとGKの股の間を抜くシュート決めアウェイのコンヤスポルが先制点を挙げる。しかしその3分後にショートCKからアジスがヘディングシュートを決めガラタサライが試合を振り出しに戻す。
その後は膠着状態が続くが52分、長友が左サイドでボールを受けペナルティーエリアにクロスを送ると相手DFのクリアが短くなりこぼれ球を拾ったゴミスが落ち着いて決め逆転に成功する。
さらにコズミとロドリゲスがそれぞれ終了間際に得点を挙げたガラタサライが4-1で勝利、2試合合計で6-3とし準決勝進出を決めた。
【得点者】
14分 0-1 フォファナ(コンヤスポル)
17分 1-1 アジス(ガラタサライ)
52分 2-1 ゴミス(ガラタサライ)
88分 3-1 ゴミス(ガラタサライ)
90分+1 4-1 ロドリゲス(ガラタサライ)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00255309-footballc-socc

続きを読む

長友佑都の人間性を評価する伊メディア!痛恨ミス後のSNS投稿には「黙っておくべき」と苦言!


インテルサポーターによる個人攻撃は「正しくないことに思える」

インテルの日本代表DF長友佑都は、4月30日の本拠地ナポリ戦で、相手のクロスボールの対応で痛恨のクリアミスを犯し決勝点を献上。チームが0-1で敗れたことで現地メディア、サポーターから激しい批判を呼んでいた。長友はツイッターで持論を展開すると、インテルサポーターの怒りを買って炎上していた。
タリアのサッカー情報サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、これまで約7年間イタリアでプレーしてきた長友の人間性を高く評価しつつも「このような時は黙っていた方が良い」と、アドバイスとも取れるような言葉を掲載している。
「ユウトは確かにナポリ戦で大きなミスをした。それは事実だ。
だが、彼はインテルとの契約期間内において、彼のクラブに迷惑をかけるようなことや、悪い影響を与えるようなことはしてこなかった人物だ。サポーターたちが彼を個人攻撃するのは、正しくないことに思える」
記事ではこう記し、長友がインテル在籍期間中にクラブのために行動してきたことを忘れるべきではないとしている。その上でプレーの面ではなく、個人的な部分で攻撃を仕掛けるのはいかがなものかと、サポーターに苦言を呈している。
「耐えてプレーを続ける方が良い」
その一方で、「同様に、サポーターが勝敗を分けるミスに怒りを覚えるのは仕方のないことだ。このような場合には、黙っていた方が良い。
より耐えること。耐えてプレーを続ける方が良いということを指摘しておかなければ」と、SNS上に持論を展開した行動に対して疑問を呈している。
長友はナポリ戦が3試合連続のスタメン出場だったが、続く今週末の敵地ジェノア戦でもスタメン出場すると現地メディアで揃って予想されている。
忍耐を要求される環境のなか、プレーでその価値を示していくことが求められそうだ。
Football ZONE web 5/6(土) 14:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170506-00010012-soccermzw-socc
インテル長友4試合連続先発へ 相手はかつて決勝ゴール決めたジェノア
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170506-00000102-dal-socc

続きを読む

「日本のFWはゴールに向かうところがちょっと足りない」by長友佑都


1月にアジアカップを控える日本代表は30日に国内合宿を終えたなか、取材に応じたDF長友佑都(ガラタサライ)が“日本人FWに足りないもの”について語った。日本代表で歴代6位の110試合に出場し、長年海外リーグで戦い続ける男はある意識について強調している。
30日に流通経済大とのトレーニングマッチを行った日本代表は、2-0と勝利して合宿を打ち上げた。合宿にはトレーニングパートナーとしてDFの菅原由勢(名古屋グランパスU-18)と小林友希(ヴィッセル神戸U-18)、MFの三苫薫(筑波大)と伊藤洋輝(ジュビロ磐田)、FWの旗手怜央(順天堂大)と上田綺世(法政大)の6選手が参加。試合でも代表戦士に交じって溌剌としたプレーを披露した。
そんな若手6人に対して、長友は「日本の未来を背負っている。彼らが貪欲にA代表に入っても、俺が中心ぐらいの気持ちで、ギラギラしたやつが出てきてほしい」とエールを送っている。
その一方で、日本人FWに不足しているものについて言及。「ゴールの意識があるから、動き出しを含めてすべてが変わってくる。今日一つの動き出しをレオ(旗手)にも話していたんだけど、日本のFWはゴールに向かうところがちょっと足りない」と指摘した。
「ゴールに向かう怖さのある選手が増えないと日本サッカーも変わっていかないと思っている。そういうところも意識の部分で変えていかないと」
特大のポテンシャルを秘めた若手たちにアドバイスをしたという長友。「年を重ねるごとに、どんどん熱くなって困ってるんですよ。情熱だけがどんどんレベルが上がっている」と冗談交じりにもらしたが、世界を知る男の言葉は日本サッカー界にとって金言と言っても過言ではないだろう。
9日にグループリーグ初戦トルクメニスタンを迎える日本。2011年大会以来の優勝を目指すなか、“ゴールの意識”をどれだけ強く持ち、プレーとして表現できるかも王座奪還のポイントになりそうだ。
2018/12/31(月) 6:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181231-00158179-soccermzw-socc

続きを読む

「よしもとさん頼みます!」by長友佑都

https://hochi.news/articles/20190723-OHT1T50000.html
2019年7月23日 0時11分スポーツ報知
トルコ1部・ガラタサライの日本代表DF長友佑都(32)が22日、自身のツイッターを更新。事務所を通さない直営業(闇営業)を行い、詐欺グループから金銭を受け取った問題が大きな騒動となっていることに持論をつづった。
「人を笑顔にしたり、笑わせたりする人の心が笑ってないと気持ち届かないよね」とお笑い界の“笑えない状況”をチクリ。そして「芸人さんが心から笑うから僕たちもガッツリ感情持っていかれるのよ。よしもとクリエイティブエージェンシーさん頼みます!」とつづった。
吉本興業の岡本昭彦社長は22日、都内で会見を開き、「闇営業」問題について言及。詐欺被害者へ謝罪するとともに、騒動の発覚からこれまでの経緯などを説明したが、かみ合わない会見の問答にSNSなどで批判の声も挙がった。

続きを読む