長友佑都

「海外には"イクメン"なんて言葉はない!そんな言葉ができることがまず問題」by長友佑都


サッカー日本代表DF・長友佑都、32歳。
2018-19シーズンは長年プレーしてきたイタリアを離れ、トルコのガラタサライに移籍。移籍1年目からチームに貢献する活躍を見せ、リーグ制覇を成し遂げた。
一方、最近では実業家としてビジネスの世界にも進出するなど活動領域は広がり、6月20日には「長友ドリーム」と名付けたプロジェクトを発表する。
そんな忙しい日々の中、長友選手は子育てにも積極的に関わっていることで知られる。
かつてはステレオタイプな“日本男児”像を持っていた彼に、約10年の海外生活はどんな変化をもたらしたのか?ハフポストは長友選手に単独インタビューし、思いを聞いた。【ハフポスト日本版 小笠原遥】
トルコは「本当に愛にあふれた国」
イタリアからトルコに渡って約1年。
トルコでの生活について聞くと、長友選手からは絶賛の声が返ってきた。
トルコ、大好きになりました。まず温かいんです、人が。
家族に対しての思いがすごく強い国なので、子育てをしていても皆が助けてくれるんですよね。
本当に愛にあふれる国だという印象でした。
現在は妻と2018年2月に誕生した子どもと共に生活する中、子育て環境については、早くもトルコと日本の違いを感じているという。
トルコは、どこのお店でも子連れで入れるんですよ。
これが日本の場合、結構「子連れはダメ」っていうところが多かったりして、レストラン1つにしても行くのは結構大変だと思うんですけど、トルコは、僕の中ではそういった経験がほとんどないので、快適に過ごせています。
あとは、環境というよりも、やっぱり“人の温かさ”ですね。
例えば、子どもが泣いていたとしても、トルコでは他人があやしてくれたり、手を差しのべてくれる。
この温かさは、これまで感じたことがないくらいです。私はプレーをする側なので詳しくは分からないですけど、妻は、「子連れでもすごくスタジアムでサッカーが観戦しやすい」と言っていますね。
6/20(木) 12:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00010005-huffpost-soci

続きを読む

【画像】長友佑都が披露した"神ボディ"に現地トルコ紙も衝撃!「ブルース・リー・長友!」

「動ける身体の結果」と綴る長友、自身のSNSで鍛え上げられた肉体を披露

トルコ1部ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は、これまで自身の公式ツイッターでトレーニング風景などを度々公開してきたが、7日には鍛え抜かれた上半身を惜しげもなく披露。割れた腹筋をはじめ、筋骨隆々の上半身姿にトルコ紙「ミッリイェト」は「ブルース・リー・長友」と報じている。
「ガラタサライの日本人選手であるユウト・ナガトモのSNSが大きな関心を集めた」と報じたのは、トルコ紙「ミッリイェト」だ。長友は自身の公式ツイッターで「魅せる身体ではなく、動ける身体の結果。日々の食トレやコンディションサポートに感謝」と綴る、上半身裸の写真を投稿した。
同記事では「フィットネスルームで体を誇示した」と報じ、「まるでブルース・リーだ」というファンの声も伝えている。実際、返信欄では伝説のアクションスターであるブルース・リー、ジャッキー・チェン、そして長友の筋肉美を比較するような写真が貼られている。数々の神業で衝撃を与えてきたブルース・リーに比肩すると称賛された長友。その身体はもはや“神ボディ”とも言える高純度なもので、海外ファンにも高く評価されているようだ。
長友はあくまで「動ける身体」を追求した結果と言い切っており、その後の投稿でも「またトレーニング動画載せます!」と意気込んでいる。「フィジカルモンスター」と称される男は、飽くなき探求心で高みを目指し続けていく。
フットボールZONE 5/11(金) 21:20
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180511-00103275-soccermzw-socc

続きを読む

インテル長友佑都、ミラノダービーで急きょ先発の可能性!


インテルのDF長友佑都が、現地時間15日に行われるミランとのミラノダービーで先発する可能性があるようだ。 伊メディア『スカイ』が伝えている。
長友は1月28日のペスカーラ戦で先発したのを最後に、ベンチスタートが続いている。
2月以降はセリエAで1試合に出場しただけ。その1試合も試合終盤に投入されただけだった。
だが、『スカイ』の情報によると、長友は試合前日の練習でDFクリスティアン・アンサルディに代わってレギュラー組に入っていたそうだ。そのため、同メディアは長友が先発メンバーに名を連ねる可能性が高まっているとみている。
今回のミラノダービーは日本人選手に出番がない可能性が高いと思われていたが、
ステファノ・ピオリ監督の選択肢に長友がいるのかもしれない。
フットボールチャンネル 4/14(金) 23:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170414-00010031-footballc-socc
インテル日本語公式HP
http://www.inter.it/jp/news/15625
日本時間 土曜日 19時30分 インテルvsACミラン
http://www.goal.com/jp/fixtures/%E3%A4%E3%BF%E3%AA%E3%A2-%E3%BB%E3%AA%E3%A8a/13?ICID=HP_TN_6_3

続きを読む

「マスコミさん、久保建英は活躍してから取り上げて!」by長友佑都


日本代表DF長友佑都(32)が、9日のエルサルバドル戦で衝撃A代表デビューを飾った久保建英(18)に関して報道陣に“異例のお願い”を出した。
長友は12日、都内で行われた住宅・不動産ポータルサイト「LIFULL・HOME’S」などの企画運営を行う「LIFULL」のイベントに登場。
その席で南米選手権にも出場する“クボえもん”について問われると、神妙な面持ちで「クボえもんね…。彼が活躍してから取り上げて欲しい」と切り出した。
久保は同エルサルバドル戦で、ベンチに座っていた際やアップ時にも常にカメラに追いかけられ、試合後に「(周りのチームメートに)気まずかった」と漏らした。
長友は「それが彼の本心だと思う」とし「活躍してから持ち上げて欲しい。南米選手権で活躍したら持ち上げて欲しい」と集まったメディアに対して“異例のお願い”。
さらに長友自身もエルサルバドル戦後に「アイデアとか引き出しが多い。何を出すのか分からない」と、4次元ポケットから次々と道具を取り出すキャラクター・ドラえもんを引き合いに出していただけに
「僕もドラえもんと言いましたけど、次の日にYahoo!のトップで、やっちゃったなと思いましたね」と猛省していた。
また長友は、9月から始めるW杯2次予選で、本田圭佑監督率いるカンボジア代表と対戦する可能性を聞かされ「絶対勝つでしょ!。
本田圭佑には負けられない。しっかり勝ちたいと思います。それだけです」と闘志を燃やしていた。
6/12(水) 17:51配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000162-spnannex-socc

続きを読む

【ハイライト動画】フル出場のインテル長友が絶妙ロングパスで先制点演出…フィオレンティーナ下し白星発進

8/21(月) 5:42配信
フル出場のインテル長友が絶妙ロングパスで先制点演出…フィオレンティーナ下し白星発進
20日、セリエAの開幕戦でインテルがフィオレンティーナと対戦した。
長友佑都が開幕スタメンを飾ったインテルは、去就が注目されていたイヴァン・ペリシッチや、フィオレンティーナから加入したボルハ・バレーロやマティアス・ベシーノが先発入り。フィオレンティーナはジオバンニ・シメオネが新天地で早速デビューを飾った。
すると開始4分、長友の絶妙なロングパスに抜け出したマウロ・イカルディがペナルティエリアで倒されてPKを獲得。これをイカルディがきっちり決めて早くもリードを奪う。積極的な攻め上がりを見せる長友は9分にも決定的なクロスを上げるがシュートは右にそれてしまった。
さらに15分、左サイドのペリシッチが左足でクロスを供給。イカルディが一瞬の動きでマーカーをはがすとヘディングシュートを叩き込みリードを拡げた。
反撃したいフィオレンティーナは27分、長友とジョアン・ミランダの間で上手くポジションを取ったシメオネに左サイドからクロス。ドンピシャのヘディングシュートだったが守護神サミール・ハンダノヴィッチが横っ飛びのセーブをでこれを防いだ。
後半に入ると一進一退の攻防が続く。ハンダノヴィッチのセーブで2点差を維持すると、79分にインテルが試合を決定付ける3点目を決める。右サイド深い位置でボールをキープしたジョアン・マリオが左足でクロスを送る。逆サイドでフリーになっていたペリシッチがダイビングヘッドで合わせると、これがゴール右に決まった。
試合はこのまま終了。ホームのインテルが完封勝利で開幕戦を飾った。なお先発の長友はフル出場だった。
次節、インテルは26日にアウェイでローマと、フィオレンティーナは27日にホームでサンプドリアと対戦する。
【スコア】
インテル 3-0 フィオレンティーナ
【得点者】
1-0 6分 マウロ・イカルディ(インテル、 PK)
2-0 15分 マウロ・イカルディ(インテル)
3-0 79分 イヴァン・ペリシッチ(インテル)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00630417-soccerk-socc

続きを読む

流経大サッカー部員が長友佑都に謝罪!「誰だってミスや過ちはある。彼の今後を応援します」


トルコ1部のガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が1日に自身のツイッター(@YutoNagatomo5)を更新。「自身が1万円を払って教える」
企画において、不適切なリプライがあったことに怒りを表していたが、そのリプライをした本人から謝罪があったことを報告した。
同企画は、元日本代表の本田圭佑が29日にツイッター(@kskgroup2017)で「僕が10000円払うので、僕にサッカーを教わりたい人っていますか?」
という仰天の発想でつぶやいたことから始まった。本田のツイートは瞬く間に話題となり、長友はその本田のツイートをなぞる形で
「僕が10000円払うので、僕にフィジカルトレーニングを教わりたい人っていますか?」と30日に投稿。1万を超えるリツイートを記録するなど、こちらも話題となっていた。
しかし、この長友の提案に対して某有名大学のサッカー部員を名乗るアカウントから不適切なリプライが届いた。さらに同アカウントからは「これ俺が選ばれるやつやん(笑い)」と、長友の提案を小馬鹿にしたような投稿も続いた。
すると長友はこのリプライに「名門○○大サッカー部の人間がこれか。だせーな」と不快感を露わに。特定の個人に対して返信した長友の対応には、賛否両論が集まった。
怒りが収まらないのか、長友は1日に「何事もスルーして見て見ぬ振りすることは簡単で楽なんだよ。でもその人やその周りに伝えたい メッセージがあるときは、どう思われようと俺は伝えるよ」と、いわば“公開処刑だ”という批判に対して反論。
そのうえで「気づきで人は変われるから。あと家族や愛する人を侮辱する人には立ち向かうよ」と毅然とした態度を明らかにした。
そのツイートから6時間後、長友はこの件に関して進捗があったことを報告。不適切ツイートを行った人間から謝罪があったことを明かした。
「彼が謝罪に来てくれた。誰だってミスや過ちはある。名門サッカー部の看板を背負っているという誇りと責任を胸に、 後輩たちの見本となる人間になってほしい」とし、最後は「彼の今後を応援します!」と締めくくった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00010030-goal-socc

続きを読む

「久保建英の日本代表選出・・・いつか一緒にプレーしようと言ったけど、まさかこんなに早く実現するとは!17歳恐るべし!」by長友佑都


続きを読む