長友佑都

長友佑都はなぜこれほど長く日本代表で活躍できるのか?


日本代表・長友佑都は9月、キャップ数を119に伸ばし、岡崎慎司と並んで歴代3位タイへと浮上。2位・井原正巳の122を追い抜くのも時間の問題だ。幼いころからエリートとしての道を歩んできたわけではない男は、なぜこれほどまでに進化を続けてきたのか。そして、ベテランと呼ばれる33歳になったいまも変わらず、飽くなき向上心を持ち続けられるのか。その情熱の源泉を紐解く――。
ベテランとなり、若い選手とともにして芽生えた気持ち
南アフリカ、ブラジル、ロシアと3大会連続でFIFAワールドカップ代表に選出され、日本代表が戦った11試合すべてで先発フル出場。フィールドプレーヤーとして前人未踏の記録を打ち立てた過程で、サイドバックとして初めて国際Aマッチの出場試合数が100を超え、今月12日には33歳になった。
ベテランと呼ばれる存在になって久しい長友佑都(ガラタサライ)が、無意識のうちに拒絶反応を示す言葉がある。森保ジャパンに初めて招集された昨年10月。濃密な経験を伝える立場になったことを理解しつつも、それでも苦笑いしながら胸中に秘めた思いを明かしている。
「継承という言葉が、実は好きじゃないんですよ。継承というと何だか経験を伝えるだけで、去っていくようなイメージがあるじゃないですか。若い選手たちとともにこのチームに残っていって、新しい日本代表を創造していきたい、という気持ちが僕のなかに芽生えているんです」
船出となった昨年9月シリーズで、森保一監督はロシアワールドカップで主軸を担った選手たちをあえて選外とした。久しぶりにピッチの外から見た日本代表戦。コスタリカ代表から3ゴールを奪い、快勝した一戦で躍動した若手選手たちの一挙手一投足が長友のハートに火をつけた。
「また違った日本代表を若い選手たちが見せてくれた。試合に出始めたばかりの、若いころの僕たちのようにギラギラした何も恐れないプレーを見て、僕自身も初心というか、原点に返れた気がします」
若手の象徴が中島翔哉(当時ポルティモネンセSC、現FCポルト)、南野拓実(ザルツブルク)、そして堂安律(当時FCフローニンゲン、現PSVアイントホーフェン)で構成される2列目トリオだった。特に自身の前方となる左サイドで何度も目の当たりにした、中島のプレーに衝撃を受けた。
当時のFIFAランキングで5位につけていた南米の強豪、ウルグアイ代表と壮絶なゴールの奪い合いを展開。4-3で勝利した10月16日のキリンチャレンジカップ後には、こんな言葉を残している。
「気持ちがいいくらいにイケイケでしたね。あのレベルの選手たちを相手にして、あれだけドリブルを仕掛けられるんだ、と。テンポも速いし、オッサンはついていくのが必死でしたよ。これだけ技術があって勢いがある若手選手たちが多いと、体を張ったプレーをしなかったら『長友、さようなら』となってしまうと思って熱いプレーをしました」
最終ラインに目を移せば、センターバックで当時19歳の冨安健洋(当時シントトロイデンVV、現ボローニャ)が威風堂々としたオーラを放っていた。自らが19歳だった、明治大学体育会サッカー部に入部したころを思い出しながら、自虐的な言葉を介して冨安を賞賛したこともある。
「僕が19歳の時は、大学で太鼓を叩いていましたからね。19歳であれだけ堂々とプレーできるのは、本当にうらやましいですよ。もう嫉妬しちゃいそうですよね」
10/8(火) 7:10配信 REALSPORTS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00010000-realspo-socc

続きを読む

「体の小さい日本人はなめられている」by長友佑都


「キリンチャレンジカップ、日本-ウルグアイ」(16日、埼玉スタジアム)
サッカー日本代表は13日、新潟市内で練習後、ウルグアイとの国際親善試合(16日・埼玉)に向け、埼玉へ移動した。3-0で勝った前日の国際親善試合・パナマ戦をベンチから見守ったDF長友佑都(32)=ガラタサライ=は、不要なファウルが目立った守備の改善のため、若手らに駆け引きなどの重要性を説く“長友ディフェンス塾”を開くことを示唆。強豪のウルグアイ戦、来年1月のアジア杯(UAE)へ、ピッチ外でも森保ジャパンを引っ張る。
豊富な経験で培った熟練の技術を、次世代を担う若手とも共有する。自身にとってはW杯ロシア大会以来となる日本代表戦を、長友はベンチから見つめていた。3-0で勝った90分間を「見ていて気持ちよかったな、というのが率直な印象。若い選手たちが躍動して、結果を出すのはうれしいし、僕自身も本当に刺激をもらっている」と振り返る。
一方で、気にするのが不要なファウルの多さ。パナマ戦の日本のファウル数は21回あり「ギラギラした気持ちは大事だけど、ピッチに入ったら頭は冷静な部分が(大事)」と語る。そして守備に必要な“駆け引き”の部分を「(来年)1月にはアジア杯もある。彼ら(若手)に伝えていきたい」と話す。
100試合を超える代表戦だけでなく、イタリア、トルコでの戦いで学んできた。「プレーだけじゃない。精神的な駆け引きがサッカーでは大事。海外では、日本人はフィジカルが弱い、体が小さいというところで、正直なめられている」。特に重要なのが開始直後の激しさと話し「ファーストプレーで『いるぞ。オレはここにいるぞ』と精神面でダメージを与えると、駆け引き、勝負は変わってくる」と説明した。
世代交代を進める森保ジャパンだが、長友は「コミュニケーションの世界大会があったら優勝できる自信がある。コミュニケーションの鬼」と自負する。守備の極意を伝授する“長友塾”で、日本の守備を強化する。
10/14(日) 5:01配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000001-dal-socc
森保ジャパン、焼き肉で“決起集会”長友ら若手と思い語り合う
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/10/14/kiji/20181014s00002014031000c.html

続きを読む

「中島は若い時に出てきた香川真司を見ているよう!ドリブルお化けでしょ!」by長友佑都

「ビッグクラブに行けるだけの能力はある」

2018年10月16日、日本代表がウルグアイを4-3で下したが、試合後、左サイドバックを務めた長友佑都に同サイドでプレーしていた中島翔哉の印象を訊いてみた。「中島選手のドリブルとパスの使い分けについて、どう感じましたか?」と。

すると、長友は「使い分けとかじゃないでしょ」と即答。「ドリブルお化けでしょ、アイツ。びっくりしたわ」と続けた。
「あんなドリブル凄いんだ、と。(ウルグアイの)右サイドバックのカセレスも元ユベントスで今はラツィオでやっているけど、そういう選手をチンチンにしていたんでね。おそらくこのままの勢いでいったら、ビッグクラブに行けるだけの能力はあると思いますよ」
そして、あのアタッカーに例えてさらに称賛した。
「若い時に出てきた香川真司を見ているような、あの勢いと能力と才能を感じましたね」
そう話す長友は、堂安律や南野拓実など活躍した若手選手も含め「あそこまで堂々とプレーできるのは、ある意味、芸術ですよね。観ていて気持ちいいし、面白いですよ」ともコメント。中島をはじめとするヤング世代の台頭に目を細めていた。
10/16(火) 23:16サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00048801-sdigestw-socc

続きを読む

「今の日本代表はテンポ早い、ついて行くので必死!」by長友佑都


「俺らおっさんはついて行くので必死」
ウルグアイに4-3で勝った試合後、長友佑都はすっきりした表情で意気揚々と話し始めた。 チームとしてかなり大きな手応えがあったらしく、 「今後の未来に期待を持てる内容だった」と言うようにポジティブなスタンスでゲームを振り返ったのだ。

なかでも、ガンガン仕掛ける若手選手たちに大きな刺激を受けたようだ。
「いやあ、気持ちいいね。イケイケやからね。全然恐れていないから、伸び伸びプレーしている。 観ていて、僕らおっさんはついていくので必死だよね。テンポ早いし、チョンチョンチョンチョンって行くから」
長友がそう称賛したのはこの日大活躍の中島翔哉、南野拓実、堂安律といった若きアタッカーだった。 ワールドカップで優勝経験もあるウルグアイにも怯まず、果敢に立ち向かう彼らの姿勢を「芸術」と言った。
「あそこまで堂々とプレーできるのは、ある意味、メンタル的な芸術ですよね。観ていて気持ちいいし、面白いですよ。 プレーしながらですけど、気持ちいいなと思ってみていました」
嬉しかったのは、長友が同じクラブでプレーしていた、もしくは、している選手たちからの言葉だった。
「実際にガラタサライで一緒にやっているGKのムスレラと、インテルのベシーノと話しましたけど、『すげーな』と。 『日本はこんなに強いのか』ということを言っていたんですよ。それはお世辞でもなんでもない。 彼らふたりは本気の目でそう言ってくれた。それだけレベルの高いところでやっている選手たちからそう言われるということは、 日本サッカー、このまま進化していけるんじゃないかと。僕は楽しみで仕方ない」
そう話す長友の目には確かな希望が映し出されていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181017-00048842-sdigestw-socc

続きを読む

長友と平愛梨のキューピッドは三瓶!平愛梨が自らブログで報告!

ご報告
このような形での報告になってしまうことをご了承下さい。
明日、フライデーさんから記事が出るそうですが、どうせ書くならちゃんとしたことを、真実を…と思い書かせて頂きます。
サッカー選手の長友佑都さんとお付き合いさせて頂いてることは本当です。
交際期間は1年です。
妊娠はしていません!!
私の親友!!三瓶さんが長友さんの大ファンだったことから都内で長友さんの友人と私と三瓶さんでお食事しました。
街中にある長友さんの看板のイメージとは全く違いケラケラ笑い、三瓶さんとの雰囲気も非常に良く出逢った時から素敵な方でした。
【全文】
http://ameblo.jp/taira-airi/entry-12166721076.html?timestamp=1464869457
妊娠はしてないようだ

続きを読む

今の日本代表で長友佑都の代役って誰?

CLシャルケ戦で緊急交代、診断の結果は肺気胸 現地紙は「2~3週間はプレーできない」

ガラタサライの日本代表DF長友佑都は、現地時間24日に行われたCLグループステージ第3節の本拠地シャルケ戦(0-0)に左サイドバックとして先発出場。華麗なダブルタッチのドリブル動画がCL公式インスタグラムに取り上げられた一方、終盤に途中交代し、病院で肺気胸と診断された。トルコ紙「Milliyet」は「2~3日後に退院の見込みだが、2~3週間はプレーできない」と報じ、11月の代表戦出場が絶望視されている。
シャルケ戦に出場した長友は圧巻のスキルを見せつけた。タッチライン際でパスを受け、相手のイタリア代表MFダニエル・カリジューリをダブルタッチで翻弄し、股抜きで抜き去るドリブルを披露。CL公式インスタグラムがこのプレーを取り上げ、「スキル・オブ・ザ・デイ」として動画も投稿し、ファンから称賛を浴びていた。
だが後半37分、相手のクロスを長友がブロックした際にそのまま倒れ込み、途中交代するアクシデントに見舞われた。試合から一夜明け、クラブは気胸と診断結果を公式発表している。
トルコ紙「Milliyet」は「ナガトモは大きな危険に晒されていたので、すぐさま病院に向かった。2~3日後に退院の見込みだが、2~3週間はプレーできない」と指摘。11月16日にベネズエラ戦、同20日にキルギス戦と日本代表の連戦を控えるなか、コンディション調整や経過観察を踏まえると、11月シリーズの出場は困難と見られている。
来年1月にはアジアカップを控え、長友は不動の左サイドバックとして起用が予想されていた。しかし、今回のアクシデントで大会の出場も不透明な状況となっている。
10/26(金) 22:37配信 FOOTBALL ZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181026-00143957-soccermzw-socc

続きを読む

「伸びしろある若者よ、"ずる賢さ"がないと世界では戦えないぞ!」by長友佑都


日本代表DF長友佑都が、13日のトレーニング後に若手へ伝えたいことを熱く語った。
ロシアW杯以来の代表入りを果たした長友。12日のパナマ戦はベンチスタートとなり、最後まで出場機会はなかったが、外から見たことで今の代表に足りないものを俯瞰して見れたという。
「見ていて気持ちよかったなと言うのが率直な印象」と述べつつも、「最終的な部分でミスが結構多かった」と課題を指摘。「やっぱり前に行って仕掛けてからのミスなので、これは本当に伸びしろがあるなって思いながら見てました」と続けた。
それはポジティブに捉えることではあるが、百戦錬磨のベテランは「相手が世界レベルになったり、ワールドカップのレベルになると、ミスを相手に与えてしまうと、結局失点につながるような部分が結構ある」と、自らの経験を踏まえたアドバイスを発した。
思い返せば、日本はロシアW杯のラウンド16でベルギーに2点を先行しながらも、最終的に試合をひっくり返され、2-3の逆転負けを喫した。一つひとつの判断ミスが命取りになることを長友は痛いほど理解している。
「そこはやっぱり修正していかなければいけないし、自分自身が伝えていきたい部分でもありますよね、その厳しさっていうのは」
さらに、長友は球際の激しさについて持論を展開。より激しさを持つ分、ファウルというリスクがついてくる。危険な位置にフリーでボールを持たせれば、危ない。だからといって球際に激しくいくと、危険な位置でのセットプレーを許してしまう。その難しい駆け引きをどう対処するのか。長友は次のように話す。
「それは試合の流れだったり時間帯、あとは場所ですよね。どこでファウルをするのか。まあ試合の始まりでよく南米の選手たちは初めに威圧するじゃないですけど、ガツンと行ってファウルをする。危険な場所ではないところでファウルをして、相手にこいつ来るなって思わせると言うか。(ハビエル)サネッティとか、(ワルテル)サムエルとか、(エステバン)カンビアッソは、僕がインテルにいた時、『まず最初に行け』と、よく言ってました。『最初に間空けるな』と。そういうところのずる賢さは、世界で戦ううえでやっぱり必要になってきます」
日本が8本の直接FKだったのに対し、パナマは21本もの直接FKを得ている。これについて
長友は「そこで高いレベルの選手たち、チームになるとセットプレーからやられる」と、セットプレーへの警戒心をもっと高めるべきとの考えを示し、「何でもかんでも突っ込んでボールをもらいにいってファウルを取られて、危ないところでファウルを取られてやられるっていう、その1点で勝敗が分かれることがサッカーにはある」と、経験者だから口にできる言葉でセットプレーの危険性を説いた。
「もう1月にはアジアカップがありますし、危険なところでファウルを与えるっていうのは、致命的になる」と危惧する長友。
「プレーだけじゃなく、精神的な部分の駆け引きも大事。特に海外選手になると日本人はフィジカルが弱いだとか、小さいだとかで、上から目線でなめてるところがある。そこでファーストプレーでいるぞ!とか、俺はここにいるぞ!というところを精神面でダメージを与えると駆け引きとか勝負は変わってくる。僕もイタリアとかでプレーしたり、代表でもプレーしてたりするので、そういう部分を若手には伝えていきたいですね」
長谷部誠や本田圭佑が引退した日本代表で、長友の役割はさらに重要となってくる。
「僕の立ち位置は別に変わらない」と前置きしながらも「長谷部さんのいい部分、圭佑のいい部分を僕が吸収して、パーソナリティを出していければと思います」と、先頭に立つ覚悟を示した。
4年後のカタールW杯は「終着点ではなく通過点」と語った長友。32歳のダイナモが森保ジャパンを高みへ導く
10/13(土) 16:11配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000014-goal-socc

続きを読む