韓国

韓国「北朝鮮のサッカー怖いよー、ヒジとかヒザ平気で使ってくるし、カンフーじゃないんだから」


「もはや戦争」「ヒジやヒザで襲いかかってきた!」韓国代表団長が明かした北朝鮮の恐るべき“洗礼”
謎に包まれていた南北決戦の全容が、いよいよ明らかになった。
現地10月15日、北朝鮮の首都ピョンヤンで行なわれたカタール・ワールドカップ・アジア2次予選。 北朝鮮代表と韓国代表による南北対決がピョンヤンで開催されたのは、実に29年ぶりの出来事だ。 ゲームはスコアレスドローの痛み分けに終わったが、ピッチ内外でトラブルが続出する異例づくしの一戦となった。
まず、ピョンヤンでの開催が正式に決まったのは2週間前のこと。韓国側は選手・スタッフ団以外の渡航が認められず、ファンやサポーター、さらには報道陣らの入国はいっさい許されなかった。
チームは現地入りしてからも携帯電話や通信機器の使用が制限され、ほぼ自由を奪われた軟禁状態だったという。
映像が残されていないため、ゲームの内容がなかなか伝わってこなかったが、帰国した韓国代表のチェ・ヨンイル団長が会見に応じ、その詳細を赤裸々に語った。全国紙『スポーツソウル』が伝えている。
「まるで戦争をしているかのようだった。相手の選手たちは絶対に負けたくないと、鋭い目つきをしていたし、常に荒々しく振る舞っていたからね。ヒジや手を使ってくるのは当たり前で、空中戦ではヒザまで使って襲いかかってきた。選手たちが怪我なく終えられただけでも御の字で、よくあのアウェーの地で勝点1を獲得できたと思うほどだ」
さらに団長をはじめとしたチームは、“無観客試合”についてなにも知らされなかったという。
「あれには本当に驚いた。キックオフの1時間半前にスタジアムに到着して、すぐに5万人の観衆が
押し寄せてくるのだろうと思っていたら、いつまで経っても会場の門が開かれない。選手たちも
パウロ・ベント監督も面を食らっていたね。どうして観客がいないんだと問い合わせると、
担当者は『来たくなかったから来なかったんだろう』と濁すばかり。目も合わせてくれなかったよ」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191018-00010002-sdigestw-socc

続きを読む

【U20W杯】韓国の"バルサコンビ"が躍動!アルゼンチンに2-1で快勝!2連勝で1次リーグ突破!【ハイライト動画】

◇U―20W杯1次リーグA組
韓国
2 – 1
アルゼンチン
韓国で開催中のU―20W杯は23日、各地で1次リーグ第2戦が行われ、A組の韓国がアンゼンチンに2―1で勝利。2連勝で勝ち点を6に伸ばし、1次リーグ突破を決めた。
韓国は前半18分にFWイ・スンウ(バルセロナU―19)が2戦連続となる先制弾。同42分にはMFペク・スンホ(バルセロナB)が、こちらも2戦連続弾となる追加点。
後半にアルゼンチンに1点を返されるも、そのまま逃げ切った。韓国は勝ち点6でA組1位。同組のイングランドはギニアと1―1で引き分け勝ち点4。ギニアは勝ち点1で3位、アルゼンチンは勝ち点0でまさかの1次リーグ敗退が濃厚となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000146-spnannex-socc

続きを読む