香川真司

ドルトムントU23戦で4アシストの香川真司にブーイング!?


ドルトムントU-23戦出場の香川、4アシストも“洗礼” 独報道「ブーイングを受けた」
トップチーム起用を望む声もある一方で、スタジアムのファンからは厳しいブーイング
ドルトムントの地元紙「ルール・ナハリテン」が公式ツイッターで得点経過を速報すると、「アシスト4つ。シンジは悪いムードではない」「彼にすぐにプレータイムを!」とトップチームでの起用を望む声がコメント欄で上がったが、香川が置かれている立場は傍から見る以上に厳しいようだ。
ドイツメディア「sport.de」は「カガワがBVBのU-23チーム登場で非難」と特集。記事によれば、トップチームでチャンスをつかみきれない香川とドイツ人MFセバスティアン・ローデには、会場にスタメンの名前が読み上げられた瞬間から口笛やブーイングが飛んだという。
「日本人は試合中、ボールを触るたびにブーイングを受けた。加えて、スタンドからは『プロフェッショナルでなければチャンスなしだ』とのチャントが再三聞かれた」
日本代表の11月シリーズのメンバーに招集されなかった香川。ここからの巻き返しが期待される。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181107-00146436-soccermzw-socc

続きを読む

伊メディア予想!「香川真司は1月か6月にドルトムントを旅立つ」


CLアトレチコ戦メンバー外の香川、伊メディアが“今後”を予測 「1月か6月に旅立つ」
20年まで契約が残るが、「カルチョメルカート・コム」は今冬、来夏の移籍を独自予測
ドルトムントのMF香川真司は、現地時間6日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節アトレチコ・マドリード戦の遠征メンバーから外れるなど、不遇の時を過ごしている。そんな日本人プレーメーカーの苦境を受け、イタリアメディアは「次の1月か6月に旅立つだろう」と今冬ないしは来夏の移籍を予測している。
香川はドルトムント通算7年目の今季、リーグ戦で開幕3試合連続ベンチ外と苦しいスタートを切った。しかし、現地時間9月18日のCLグループステージ第1節クラブ・ブルージュ戦(1-0)で今季初出場をマークし、同22日のリーグ第4節ホッフェンハイム戦(1-1)ではトップ下で先発起用されるなど、徐々にチャンスが巡ってきていた。
ところが、足首の負傷で現地時間9月29日のブンデスリーガ第6節レバークーゼン戦(4-2)以降は公式戦を欠場。10月31日のDFBポカール2回戦ウニオン・ベルリン戦(3-2)で久々の出場を果たしたが、6日のCL第4節アトレチコ戦の遠征メンバーからは外れた。
イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」は、思うように出場機会を伸ばせない香川に言及。記事では、「シンジ・カガワのための将来はドルトムントから遠ざかる」とし、「日本の一流プレーメーカーは、2020年まで契約があるにもかかわらず、次の1月か6月に旅立つだろう」と今冬もしくは来夏の移籍を予測している。
2017年夏に20年まで契約延長したが、来年3月で30歳を迎える香川は、新天地を求めることになるのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181106-00146112-soccermzw-socc

続きを読む

【ドルトムント】シュトゥットガルト戦のスタメン予想!ドイツ各紙が香川を先発と予想!


「BVBは遂に転換を成し遂げたようだ」
マルコ・ロイスとの契約延長ののち、勝利を手にして負の連鎖を断ち切ったドルトムント。
さらなる勝ち点3の積み上げが期待されるシュトゥットガルト戦、地元紙は香川真司をトップ下での先発に予想した。
■レヴィアシュポルト紙による、シュトゥットガルト戦の先発予想は次のとおり。布陣は4-2-3-1である。
【GK】バイデンフェラー、【DF】右SBピシュチェク、右CBソクラティス、左CBスボティッチ、左SBシュメルツァー、【MF】ボランチにサヒン、ギュンドアン、
2列目は右からカンプル、香川真司、ロイス、【FW】オーバメヤン。香川はトップ下での先発予想となっている。
■19日付のキッカー紙による、シュトゥットガルト戦の先発予想は次のとおり。布陣は4-2-3-1である。
2列目は右からカンプル、香川真司、ロイス、【FW】オーバメヤン。こちらも香川はトップ下での先発予想となっている。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150220-00010016-footballc-socc
28時45分~ボルシア・ドルトムント×シュツットガルト
http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=56

続きを読む