香川

「特に大事な1年」by香川真司

香川真司「特に大事な1年」原点宮城で自主練習公開
日本代表MF香川真司(30)が4日、宮城県内で行った自主トレを公開した。中高時代は、生まれ育った神戸市からFCみやぎバルセロナ(仙台市)に越境留学。
「30を超えて迎える新たなシーズンの準備を、プロになるための濃い時間を過ごした場所でした」と個人合宿地に選び、この日は約1時間半きっちりトレーニングした。
一定の距離を近接した1対1で競走してからのフィニッシュ練習では、かつて川崎フロンターレや北海道コンサドーレ札幌で活躍した元U-23日本代表DF、現在は香川のマネジメント事務所に所属する薗田淳氏(30)らと質の高い動きを披露した。最後は地元利府高サッカー部のGKを相手にしたシュート練習で状態を高めた。
会場は、みやぎ生協めぐみ野サッカー場。先月9日に日本代表のエルサルバドル戦が行われた、ひとめぼれスタジアム宮城に近く「県サッカー場(旧称)は、よく試合や練習で来ていた場所。におい、風景が懐かしかった」と原点の芝に笑顔を見せ、東北のサッカー少年にとって登竜門となるカメイ杯(U-15東北選抜大会)で「優勝したことも覚えている。ここ宮城に来なければプロになれていなかったと思う。慣れ親しんだ地で最高の準備をしたい」。その後も成長し、異例の高校2年でセレッソ大阪と仮契約。Jリーガーになり、日本代表に選ばれ、ドルトムント、マンチェスターUと進んで2度のW杯にも出場した土台となった。
https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/201907040000876.html

続きを読む

プレミアリーグ史上最高のアジア人選手は?香川と岡崎は韓国人選手に大きく差をつけらる・・・


イングランド・プレミアリーグ公式サイトでは、「リーグ史上最高のアジア人選手は誰だ?」と題し、公式ウェブサイトで25日から投票を行っている。
元韓国代表のパク・チソン氏は、2005年6月24日にマンチェスター・ユナイテッドに加入することが決定した。リーグ公式サイトではそれからちょうど14年が経過した日をきっかけとする形で、同リーグで実績を残したアジア出身の選手たちを振り返っている。
パク・チソン氏はユナイテッドに在籍した7年間でプレミアリーグ4回優勝。チャンピオンズリーグでの優勝や決勝戦出場を初めて経験したアジア人選手にもなった。
他に候補として挙げられているのは日本人選手2人と韓国人選手2人。ユナイテッドで2年間プレーしたMF香川真司、昨季までレスター・シティに在籍していたFW岡崎慎司、現ニューカッスルのMFキ・ソンヨン、現トッテナムのFWソン・フンミンの4人だ。
香川はアジア人として初となるプレミアリーグでのハットトリックを達成。岡崎は歴史的快挙となったレスターのプレミアリーグ初優勝に貢献した。キ・ソンヨンはパク・チソン氏を上回る韓国人選手最多のプレミアリーグ出場数を記録。ソン・フンミンはアジア人初のリーグ月間MVPを受賞し、通算得点数もアジア人選手最多となっている。
現時点の投票結果では、パク・チソン氏とソン・フンミンの2人が票を二分している形。その他の3人はわずかな得票率にとどまっている。
フットボールチャンネル編集部
6/26(水) 23:54
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00328289-footballc-socc

続きを読む

バイエルン戦のドルトムント香川、採点は「3.5」でチームワースト2位!

独スーパー杯バイエルン戦で、チームワースト2位タイの低評価に
日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは14日(日本時間15日)に、ドイツ・スーパーカップでバイエルン・ミュンヘンと対戦し、0-2で敗れた。トップ下で先発出場した香川は前半には見せ場も作ったが、バイエルン守備陣の前に完封された。 独地元メディアの評価でも、香川はチームワースト2位タイと振るわなかった。
独地元紙「ルールナハリヒテン」が、この試合の採点(1点が最高、6が最低)を公開。香川はワースト2位タイとなる3.5点と評価された。前半は動きも良く、同7分にはエリア内に侵入して右足でシュートを放ったが、枠を捉えることはできず。後半には存在感が薄くなってしまった背番号23に対して、寸評ではもっとできるはずとの見方をされている。
「活発で、足取りも軽く、クリエイティブだったが完璧ではなかった。日本人はゲッツェとの争いになるだろう。もっとできる」
今夏の移籍市場で、バイエルンから3シーズンぶりの復帰となるドイツ代表MFゲッツェがチームに加わった。この試合は欧州選手権参加の影響からコンディションの整っていないゲッツェは欠場となったが、今後は中央のポジションを争うライバルになると推測されている。
2失点は喫したものの、ビッグセーブを披露したGKビュルキ、右サイドバックで奮闘した18歳のパスラックがチームトップタイの2点。バイエルンへ渡ったDFフンメルスの後継者として期待のDFバルトラが2.5点で続いた。
MFカストロ、MFローデら4人が3点。FWオーバメヤン、DFシュメルツァーが香川と並ぶ3.5点で、FWラモスが単独ワースト評価の4点となった。

http://www.football-zone.net/archives/38595/2
ドルトムント香川が独スーパー杯先発も得点に絡めず バイエルンが2-0で4季ぶり5度目の制覇
http://www.football-zone.net/archives/38592
続きを読む

【日本代表】ハリル新構想は「脱・香川」!?クラブで崖っ縁、代表でも大ピンチ!尻に火がついた10番は意地を見せられるか?

日本サッカー協会は17日、ロシアW杯アジア2次予選アフガニスタン戦(24日)とシリア戦(29日、ともに埼玉)に臨む日本代表メンバー24人を発表した。FWハーフナー・マイク(28=デンハーグ)がハリルジャパン初招集を果たした一方で、窮地に追い込まれているのがMF香川真司(27=ドルトムント)だ。指揮官は異例のレギュラー白紙まで言及し“ポスト香川″探しに着手する。
香川は今年に入って大不振に陥り、1月末のリーグ戦再開後はノーゴールが続いた。13日のドイツ1部リーグ・マインツ戦でようやく公式戦17試合ぶりの得点を挙げたが、トーマス・トゥヘル監督(42)の評価は依然として低いままだ。
クラブで崖っ縁に立たされるなか、代表でも大ピンチだ。バヒド・ハリルホジッチ監督(63)は要となるトップ下で起用し続けてきた香川に関して「残念ながら、向こうではまだ(レギュラーを)奪えていない。そして、A代表でも奪えるかまだ分からない」と白紙を強調。これまで大黒柱に据えてきた背番号10への信頼が大きく揺らいでいるのだ。
実際、今回は“脱香川”を想定してメンバーを選出。右足第5中足骨の骨折から復帰したばかりの清武弘嗣(26=ハノーバー)を「私にとっては早い復帰だった。ケガをしていたので、かなり考えてこの決断をした」と強行招集。どうしてもトップ下で起用したいためで「真司と競争しないといけない。我々を助けてくれるプレーがある。パス、FK、最後の30メートルでかなりパフォーマンスが高い」とチーム合流が1日遅れる香川に代わり、アフガニスタン戦の先発起用が濃厚だ。
さらに指揮官は“第3の男″まで指名。「原口(元気=24、ヘルタ)は真ん中でもできる。今、現地(ドイツ)でやっている役割とは違うものを求めようと。彼は中盤でもできる」とFWからMF登録に変えてトップ下候補と明言した。これまでトップ下は2人の争いだったが、香川を諦める選択肢も想定して新たな可能性を探る構えだ。
実際にハリルホジッチ監督からは新構想まで飛び出した。「これまでとは違ったやり方をトライしたい。9月からはできるだけ良いチームでスタートしたい。最もパフォーマンスの良いオーガナイズ(組織)を9月から見せないといけない。そのための準備が今回に含まれている」
9月からはW杯最終予選がスタート。これまでのように楽な相手は皆無で厳しい戦いが待ち受けている。いつまでも香川に固執している余裕はなく、今後の香川外しも見据えてチームを作り上げていくが、尻に火がついた10番は意地を見せられるか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00000022-tospoweb-socc
続きを読む

長友&平愛梨の結婚で心配される独身の香川真司www


日本代表GK川島永嗣(33)=メツ=が24日、東京・多摩市で「JIFFインクルーシブフットボールフェスタ2016」にサプライズゲストとして参加した。
同イベントは障害者サッカー7団体と在京のJリーグ、なでしこリーグ、Fリーグの全クラブが協力し、障害者と健常者が一緒になってサッカーを楽しむというもの。23日に帰国したばかりだが、主催者の日本障がい者サッカー連盟・北澤豪会長(48)=スポーツ報知評論家=のラブコールを受けて参加を決めた。電動車椅子を体験するなど、同じくゲストとして出席した日本サッカー協会の副会長で、FC今治の岡田武史オーナー(60)らと共に参加者と積極的に交流した。自身もこれまでに障害者と健常者が一緒にプレーする大会を開催しており、「健常者もこうやって体験することで、障害者の思いも分かるようになる。こういう機会が増えるのは素晴らしいこと。どんどん参加したい」と歓迎した。
またこの日、女優・平愛梨(32)との婚約を発表した日本代表DF長友佑都(30)についても祝福。「おめでたいですね。2人にとって素晴らしいことだし、ぜひ幸せになって頂きたい」と喜んだが、「(独身の)香川が心配ですね」と笑わせた。岡田オーナーは、今治のある愛媛が生まれ故郷の長友に「結婚したら早く今治に戻ってきて欲しい」とラブコール。北澤氏も「これまで以上にプロ選手として責任を持って頑張って欲しい」とエールを送った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00000121-sph-socc
続きを読む