Jリーグ

「興奮していた。後で映像を見てからやったことの重さを認識した」byキム・ミンヒョク

3日の鹿島―鳥栖戦の後半、金敏は鹿島のMF金崎を倒し、警告を受けた際、顔を足で踏みつける行為があった。審判は確認できなかったが、規律委は鹿島の申し立てを受け、映像で確認した。7日には本人からも聞き取り調査を行い、4月8、22日のナビスコ杯と12、18日のリーグ戦の計4試合の出場停止を決めた。Jリーグは昨季から処分を同一大会で消化する規程に改めたが、行為の悪質さを考慮し、直近のナビスコ杯も対象にた。
Jリーグによると、金敏は「興奮していた。後で映像を見てからやったことの重さを認識した」と 話したという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150407-00000039-asahi-spo

続きを読む

Jリーグ誤審防止はどうするべき?


一度認められたゴールがオフサイドだったとして取り消され、約9分間の中断後に再びゴールに変わった、審判団による前代未聞の不適切対応問題が依然として尾を引いている。
18日には東京・文京区のJFAハウスで、レフェリングや判定について理解を深めることを目的としたJFAレフェリーブリーフィングを開催。オフサイド判定を話し合う事例として、13日の横浜F・マリノス対浦和レッズの後半14分に訪れた問題の場面が取り上げられた。
審判団を統括する日本サッカー協会(JFA)は、前日17日に審判委員会を開催。件の一戦を担当した松尾一主審に1か月間の公式戦割り当て停止、田尻智計副審には1試合の公式戦割り当て停止、相樂亨副審と大坪博和第4審には1か月間の資格停止措置をそれぞれ科している。いずれも試合翌日の7月14日から、すでに適用されている。
完全にゴールラインを割った得点が誤審で見逃されてノーゴールとなった、5月17日のレッズ対湘南ベルマーレでは山本雄大主審と川崎秋仁副審に2週間、中野卓副審と熊谷幸剛第4審には1週間の公式戦割り当て停止措置がそれぞれ科された。2つの試合における措置で異なるのは、「公式戦割り当て禁止」と「資格停止」となることがわかる。
後者がより厳しい内容となっているのは、ゴールを巡る判定が二転三転した事情と密接に関係している。問題の場面は左サイドを抜け出したマリノスのFW遠藤渓太がレッズゴール前へ送った、シュートにも映った低く速いクロスを、ファーサイドを詰めてきたFW仲川輝人がレッズのMF宇賀神友弥ともつれ合いながら、最後は胸でゴールへ押し込んで生まれている。
仲川は明らかなオフサイドポジションにいた。しかし、審判委員会による聴き取り調査では、複数の選手がブラインドになった関係で松尾主審には得点者が見えず、レッズ陣内を担当した田尻副審にも仲川のゴールなのか、宇賀神のオウンゴールなのかがわからなかった。
7/19(金) 6:03配信 THE PAGES
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00010002-wordleafs-socc

続きを読む

サガン鳥栖のGK林彰洋がキム・ミンヒョクの踏みつけ行為について言及!「彼が韓国人の選手だからといって…」

サガン鳥栖のGK林彰洋が6日、自身のブログを更新。鹿島アントラーズ戦で起きたDFキム・ミンヒョクの行為について言及した。
3日に行われた同試合でキムは、鹿島のMF金崎夢生の突破を防ごうと倒してしまう。
その際、故意に相手の顔を踏みつけたように見える場面が問題となっている。この踏みつけについては、今の所お咎めなしとなっている。
林は「一文」というタイトルのブログ記事の中で、「この話題に触れないことも考えましたが僕の見解を言わせていただきます」と始め、こう綴っている。
「実際にテレビの方でも見ましたが、まずあの反則については不必要な行為であった事は間違いないと思います。そこを擁護するわけではありません」と、キムの行動が批判の対象となっていることに理解を示した。
しかし、「ただ僕は思ったのは彼が韓国人の選手だからといって、「韓国が悪い」や、「彼の根本を否定する発言まで見受けられるように思います」それは本当に必要なことなのでしょうか?」と、キムのルーツや人格を攻撃するような意見に疑問を呈した。
「もちろん。こういうプレーは2度と見たくないです。そしてこういったコメントも見たくないと思ったのが僕の感想です」
最後に林は「長いシーズンの中で、これから先を皆さんと協力してよりいいものを作り上げたいと思います。よろしくお願い致します」と結んだ。
キムの行為は波紋を呼び、鹿島側はリーグに申し立てを行うという報道もある。それでも、「韓国が悪い」という表現は人種差別的と捉えられるもので、あってはならないだろう。

http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/9979077/

続きを読む