Jリーグ

日本のバルセロナは神戸ではなくガンバ?海外メディア注目!「小野瀬のゴールはバルサ級!」

清水戦でG大阪MF小野瀬が決めたバルサ級の一撃に海外メディア注目

2日に行われたJ1第2節、清水エスパルス対ガンバ大阪(2-4)で生まれたゴールが海外メディアの注目を集めている。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」の番組「Goles de Europa」公式ツイッターは「日本のバルセロナ?」と称賛した。
賛辞が送られているのは、G大阪の25歳MF小野瀬康介が決めたゴールだ。試合は前半17分にFW中村慶太のゴールで清水が先制。0-1と劣勢のG大阪も反撃に出ると、同29分に鮮やかなコンビネーションを披露する。
敵陣左サイドでMF今野泰幸が縦パスを入れると攻撃が一気に加速。ブラジル人FWアデミウソンがダイレクトでMF倉田秋にパスすると、その瞬間、左サイドライン際のDF藤春廣輝が猛然とスペースへ走り込む。倉田はトラップと同時に向きを変え、間髪入れずに藤春の前方にパスを送った。走り込んだ藤春はダイレクトで中央にグラウンダーのクロスを供給し、勢い良く飛び込んだ小野瀬が鮮やかに左足で蹴り込んで同点ゴールを奪った。
「Goles de Europa」公式ツイッターは「日本のバルセロナ?」と言及。昨夏バルセロナを退団し、J1ヴィッセル神戸に加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの名前を挙げながら次のように綴っている。
「イニエスタが西日本に魔法を持ち込み、他のチームが魅せた。ガンバ大阪が清水エスパルスに4-2と勝利したゲームで、コウスケ・オノセが決めた素晴らしいゴールを見逃すな」
ショートパスを主体に流れるような攻撃を繰り出すバルセロナにたとえられたG大阪。鮮やかな一撃は海外でも注目を浴びている。
3/8(金) 7:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190308-00174590-soccermzw-socc

続きを読む

日本代表には鈴木武蔵より伊藤翔を呼ぶべき!?公式戦6試合7ゴール!


◇明治安田生命J1第4節 鹿島3―1札幌(2019年3月17日 札幌ド)
横浜から今季加入した鹿島で好調をキープするFW伊藤翔(30)が敵地での札幌戦で2ゴールを挙げ、チームをリーグ戦2連勝へと導いた。
前半12分に華麗なループシュートで先制ゴールを決めると、同23分にはドリブル突破から斜めに走った安西の絶妙なスルーパスを決めて2点目を挙げた。
「GKが前に出てきているのが見えたのでGKの位置を見て冷静に流し込むことができた」と1点目を振り返った伊藤は、
2点目については「前の試合でも逆サイドでああいうシーンがあって、いい形で僕のことを見てくれてたんで、
あれは本当に0・5点ぐらいは幸輝(安西)のゴールかなと思います」と日本代表に初招集されたばかりの23歳を称えた。
今季出場した公式戦6試合で7ゴールの荒稼ぎ。「色々な要素が重なり合ってこういう風になってると思います」
と自己分析したヒーローは「皆に感謝して、地に足つけてやっていきたいなと思います」と今後に向けても最後まで冷静だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00000174-spnannex-socc
3/17(日) 16:23配信

鹿島が伊藤翔2発&レアンドロ復帰弾で連勝!札幌は代表初選出の鈴木武蔵が不発、苦手克服ならず
https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/score/2019/2019031703.html
試合スコア
https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/ranking/
得点ランク
https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/900520/120
成績
所属チーム名FC FERVOR愛知-中京大付属中京高-グルノーブルフット38/フランス-清水エスパルス-横浜F・マリノス-鹿島アントラーズ

続きを読む

大分の"和製バーディー"FW藤本(29)がスゴイと話題に!


[3.17 J1第4節 大分2-0横浜FM 昭和電ド]
J1第4節が17日に開催され、大分トリニータは昭和電工ドーム大分で横浜F・マリノスと対戦し、2-0で勝利した。
後半10分と同14分にFW藤本憲明がゴール。J1リーグ戦におけるホームでの白星は、2009年11月22日の第32節・川崎F戦(1-0)以来、約10年ぶりとなった。
前半こそチャンスを生かせなかった大分だったが、後半10分にスコアを動かす。
カウンターからピッチ中央の藤本がボールを収め、パスを受けたMFティティパンが前方のMF松本怜へ。
はたいた後に足を止めずに走っていた藤本がPA内中央にフリーで飛び込み、松本のマイナスの折り返しに右足で合わせる。
シュートはGK飯倉大樹に当たりながらもネットを揺らし、前節の磐田戦(2-1)に続く2試合連続ゴールを挙げた。
後半14分にはDF岩田智輝が右サイドに開いた松本に預け、内側から長い距離をランニング。
リターンパスを受けてゴールライン際から折り返すと、日本代表に初選出されたDF畠中槙之輔の背後から藤本がニアに入り、右足のヒールで流し込む。
背番号10の今季5得点目で2-0とリードを広げた。
横浜FMは後半18分にFW遠藤渓太を投入。FW仲川輝人やMF三好康児も含めた積極的な仕掛けから大分の守備を崩そうとする。
同41にはPA手前中央のいい位置でFKを獲得し、キッカーのMF天野純が左足で鋭いシュートを放つが、
GK高木駿が好セーブ。横浜FMは最後までゴールが遠く、今季リーグ戦初の無得点で初黒星を喫した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-39392744-gekisaka-socc
3/17(日) 17:55配信
https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/score/2019/2019031708.html
試合スコア
https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/1600220/207
成績
所属チーム名ガンバ大阪堺ジュニア-ガンバ大阪堺Jrユース-青森山田高-近畿大-佐川印刷SC-佐川印刷京都SC-SP京都FC-鹿児島ユナイテッドFC-大分トリニータ

続きを読む

J2選手たちが明かすJ1との格差・・・


日本プロサッカーリーグ、通称「Jリーグ」には39都道府県55チームが参加。チームの実力で分けられたJ1、J2、J3の3つのカテゴリーでリーグ戦が行われている。
今回特集したのはその中でもJ2。
J2には日本サッカーのレジェンド・三浦知良選手、元W杯日本代表の松井大輔選手、田中マルクス闘莉王選手、大黒将志選手など、J1に負けない一流選手が多数在籍しており、
1月に行われた「AFCアジアカップUAE2019」の日本代表でも、槙野智章選手や乾貴士選手など、23人の日本代表のうち13人がJ2経験者。
世界で活躍する日本人ストライカーの香川真司選手もJ2でプロデビュー。Jリーグ通算125試合のうち114試合をJ2でプレーし、日本でのキャリアをほぼJ2で過ごして世界へと旅立った。
さらに、J1とJ2の実力差も縮まり、1993年のJリーグ開幕時から参加している“オリジナル10”と呼ばれる10チームのうち、J2を経験していないのは「横浜F・マリノス」と「鹿島アントラーズ」の2チームだけ。
J2といえど侮れない。今、大注目のリーグなのだ。
3月17日放送の「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系列)では、大前元紀選手、大山啓輔選手、本間幸司選手、松井大輔選手、南雄太選手のほか、OBの岡野雅行さん、
久保竜彦さん、J2サッカークラブ「V・ファーレン長崎」の社長でもある高田明社長らが登場し、J1とのさまざまな面で違いを明かした。
ユニフォームの支給枚数が少ない!?
南アフリカW杯で日本の決勝トーナメント進出に貢献し、フランスリーグでも活躍した元日本代表で現在「横浜FC」に所属している松井選手。そして、そして、J1で246試合、J2で330試合に出場した、同じく「横浜FC」の守護神・南選手。
2人はJ1との違いを「ユニフォームが少ない」と訴えた。
松井選手は「J1の時は半袖も長袖もあったんですが、J 2は半袖の2枚だけ。アンダーウエアを着るのが嫌なので、半袖に手袋をしたりしてます。
ユニフォームは交換すると給料からの天引きになるんです」と告白し、番組MCの浜田雅功さんも驚きを隠せないでいた。
南選手も「キーパーも同じです。ユニフォームが(デザインなどが)新しくなった時、普通は着たものもすべて貰えるんですが、1枚だけ貰えて、もう1枚は育成の下部組織の子たちに回すんです。
息子が育成にいて同じキーパーなんですが、僕のユニフォームをもらって家に帰ってきました」と明かすと、浜田さんも思わず爆笑した。
一方で同じJ2でも「大宮アルディージャ」の大前選手は「大宮は8枚あります。長袖と半袖が4枚ずつ…」と明かし、チームによってもユニフォーム事情はそれぞれ違うようだ。
そこで年間300試合もJリーグの試合を観戦する芸能界きっての“Jリーグ通”である平畠啓史さんに、J1とJ2の収入面での違いを説明してもらった。
優勝賞金はJ1が3億円、J2は2000万円で、優勝と関係なく全チームがもらえるリーグからの年間分配金はJ1が3億5000万円、J2は1億5000万円で「これくらい差があるんです!」と熱弁。
さらに、J2になるメディアで取り上げられることが減り、人気チームも限られるため観客も減ってしまうという現状を説明。「チームの平均収入はJ1が40億円、J2は14億円、ほぼ3分の1です」と解説した。
「大宮アルディージャ」や「ジェフユナイテッド市原・千葉」は大企業がスポンサーについているので裕福だが、そうでないチームは経営が厳しいのが現状だという。
「水戸ホーリーホック」の本間選手は「あまり言いたくないですけど、僕たちはお金がないのを知っているので、自分たちでスポンサーを探してチームにつなげたり、ベテランはそうしなければいけないと思っています」と話した。
3/17(日) 20:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00010008-fnnprimev-ent&p=1

続きを読む

【J1試合結果!】トーレスが負傷退場・・・「鳥栖×磐田」!


明治安田生命J1リーグ第4節が17日に行われ、サガン鳥栖とジュビロ磐田が駅前不動産スタジアムで行われた。
開幕3試合を無得点で全敗とルイス・カレーラス体制で結果を残せていない鳥栖。0-2で敗れた前節のFC東京戦から出場停止中の高橋秀人と趙東建に代わり、福田晃斗と原川力がスタメンに入った。ルヴァンカップでは原川の一撃で勝利を収めた鳥栖だけに、この勢いをリーグ戦にも持ち込みたい。一方で新加入のイサック・クエンカは前節に続いてベンチスタートとなった。
対する磐田も開幕3試合を2分1敗とここまで勝利なし。1-2で敗れた前節の大分トリニータ戦からスタメンを4名変更して鳥栖との一戦に臨んだ。
試合は序盤から引き締まった展開に。9分、右サイドの敵陣深くでFKを得た磐田がチャンスを作る。クロスはGKにパンチングでクリアされてしまうも、こぼれ球に反応したアダイウトンがペナルティエリア手前からオーバーヘッドでシュートを放つ。しかし、このシュートはゴール左に外れてしまい先制点とはならなかった。
21分、鳥栖が反撃に出る。GKからのロングキックをフェルナンド・トーレスが収め、そのままペナルティエリア手前まで持ち込み右足を振り抜いた。ゴールの枠を捉えた鋭いシュートになったが、磐田守護神カミンスキーの好セーブに遭い、ゴールとはならず。
さらに鳥栖が攻め立てる。25分、ペナルティエリア手前左でボールを受けた原川力が相手を引きつけて右足でシュートを狙う。しかし、このシュートは惜しくもゴール左に外れてしまった。両者引き締まった守備を見せ、前半はスコアレスで折り返した。
後半に入り、直後にアクシデントが起こる。51分にトーレスが足のトラブルを訴え、ベンチに下がることに。しかし、トーレスに交代して出場した豊田陽平を攻撃のターゲットにして、鳥栖が何度も磐田ゴールに迫る。
59分には、金崎夢生が右サイド敵陣深くまで持ち運び、グラウンダーのクロスを供給。高橋義希が左足で合わせるも、ゴール前のディフェンスに防がれゴールとはならなかった。
さらに攻勢を強めていきたい鳥栖であったが、61分に高橋祐治が2枚目のイエローカードを受けて退場に。鳥栖は1人少ない状態となってしまった。
数的有利となった磐田が攻撃を仕掛けるが、鳥栖守備陣が体を張ってゴールを破らせない。その守備陣に応えるようにこの男が奮起する。後半アディショナルタイムに途中加入のクエンカが左からのクロスに頭で合わせて、ゴールネットを揺らし、鳥栖の今季初得点を記録した。
磐田は終盤、ゴール前に迫ったが、最後までゴールは生まれず。鳥栖が1-0で磐田に勝利し、今季初勝利を手にした。
■試合結果
サガン鳥栖 1-0 ジュビロ磐田
鳥栖:イサック・クエンカ(90分+2分)
磐田:なし
3/17(日) 15:01配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00010016-goal-socc

続きを読む

【J1試合結果!】<ゴール動画>伊藤翔、爆発!ポドルスキは相撲パフォ!「札幌×鹿島」!「神戸×清水」!

札幌 1-3 鹿島
[得点者]
12’伊藤 翔 (鹿島)
23’伊藤 翔 (鹿島)
76’レアンドロ (鹿島)
86’アンデルソン ロペス(札幌)
スタジアム:札幌ドーム
入場者数:23,002人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/031701/live/#live
神戸 1-1 清水
49’ルーカス ポドルスキ(神戸)
88’鄭 大世 (清水)
スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
入場者数:22,542人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/031702/live/#live
J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

続きを読む