ACL

浦和・阿部への暴行騒動で謝罪の仲介を頼まれた高萩洋次郎、仲介を拒否!「クラブ同士で直接やり取りしたほうが良い」」

浦和対済州での乱闘騒動の件で、済州関係者から「連絡は受けた」とFC東京・高萩洋次郎。仲介役となることはない模様

5月31日に行われたACLラウンド16第2戦・浦和対済州(韓国)の一戦で起きた乱闘騒動において、浦和のMF阿部勇樹に暴力行為をした済州DFペク・ドンギュが来日にし、直接謝罪したい意向であるということが日韓両国で報道されている。その中で、韓国紙は昨季までFCソウル(韓国)でプレーしていたFC東京MF高萩洋次郎が両者の仲介役を行う予定と報じた。
それを受けて9日、高萩自身が東京・小平のFC東京練習場で取材に対応し、「自分が助けになるようなことはしていない」と今回の件に直接関与していないことを明かした。
済州関係者は浦和と橋渡し役となれる人物を探していたようで、実際にKリーグ関係者から高萩のもとに連絡が来たことは事実。「ペク選手が阿部さんに謝りたいということを伝えて欲しいという連絡は受けた」と高萩も語る。
浦和には元広島の選手が多数在籍。高萩も広島時代にともにプレーした選手が多いことから、韓国側も高萩に依頼を持ちかけたようだ。しかし結局は両選手間、さらには浦和と済州の両クラブ間の問題でもあり、「やはりクラブ同士で直接やり取りしたほうが良い」(高萩)という結論に至った。
韓国の朝鮮日報によると、ペク・ドンギュの妻は在日韓国人で日本語会話ができることから、妻の通訳のもと阿部に謝罪の意を伝えたい考えだという。さまざまな報道が飛び出す中で、思わぬところから高萩の存在も浮上。しかし、やはり最後は両者間だけでの問題決着となりそうだ。
文:西川結城(エルゴラッソFC東京担当)
http://fn.elgolazo.jp/?date=2017-06-09&target=&all=1#8448

続きを読む

セルジオ越後さん、鹿島・鈴木優磨と安部裕葵を・・・褒める!

“大会のMVP”に相応しかったのはセルジーニョ

越後氏はコンスタントにゴールを挙げたセルジーニョをMVPに相応しいとしたが、完全アウェーでの鈴木の堂々とした存在感を絶賛。
アントラーズが初めてのアジア制覇を果たした。敵地でのACL決勝第2戦をスコアレスドローとして、2戦合計2-0でイランの強豪ペルセポリスを下した。日本サッカーの力を示す意味では、昨年のレッズに引き続き本当に喜ばしい結果になったね。

大きかったのは、やはりホームでの2点目だったと思う。1点だけであれば、向こうももう少し戦略的に攻めてきたかもしれないけど、2点差があったことで最初からちょっと焦りが見えていた感じだった。アントラーズが1点取れば、4点取らなくてはいけない状況もあるから、ペルセポリスも攻めたいんだけどリスクを掛け過ぎずに放り込むような攻撃が多かった。アントラーズにしてみれば守りやすかったんじゃないかな。
アントラーズはダブルボランチとセンターバックの4人の守備がしっかりと機能していた。GKのクォン・スンテも守護神らしい存在感があったね。まあ、MVPは鈴木が取ったけど、決勝2試合を通して無失点に抑えた守備陣は、もっと讃えられてしかるべきじゃないかな。
ただし、大会を通じて最も貢献度が高かったのは、やっぱりセルジーニョだったのではないかな。MVPがどんな基準で選出されているのかは分からないけど、“大会のMVP”というならセルジーニョが相応しかった。準々決勝からの参戦とはいえ、決勝第2戦以外はすべての試合でゴールを決めている。しかも、その多くは勝負の行方を左右する重要なゴールばかりだ。まあ、後半戦しか活躍していないからと言ってしまえばそれまでだけど、選出理由については聞いてみたいところだね。
ただ、だからと言って大会を通じての鈴木の存在感は見過ごせないし、何より金崎が抜けた後の奮闘ぶりは、リーグ戦で巻き返したアントラーズにとっては欠かせないものだった。それに、決勝の第2戦ではゴールこそなかったものの、本当に頼もしいファイティングスピリットを見せていた。あの10万人の入った完全アウェーで悪者になれる度胸は大したものだよ。あれを経験できたのなら、どんなアウェーでも動じることはないんじゃない?
もちろん、鈴木はFWだから今大会で通算2得点という結果には、満足できないだろう。そういう目に見える結果をコンスタントに出していく、というところが今後の課題になるだろうね。
11/12(月) 17:02 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00050159-sdigestw-socc

続きを読む

ACL決勝・・・試合中に乱入してきたサポーターに驚きの声!「イラン国旗持った人が乱入してきた」「これが国際試合か…」


アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の決勝第1レグ、鹿島アントラーズ対ペルセポリスの一戦が11月3日、県立カシマサッカースタジアムで15時にキックオフされた。鹿島アントラーズにとっては初の決勝進出、そして念願のタイトルを賭けての初戦とあって、ホームスタジアムは真っ赤に染まった。
先発には2列目にU-19アジア選手権でベスト4に進出した立役者、安部裕葵を起用。CBにはつい先日フル出場を果たした昌子源を配し、元スペイン代表のシャビを擁するアル・サッドを破って決勝進出を決めたイラン王者を迎えた。
試合は序盤、ペルセポリス優勢で進んだが、22分、鹿島が攻め込んでいる間にペルセポリスのサポーターがイランの国旗を手にフィールドに乱入し、ゲームが中断するという珍事件が発生。その後、鹿島も徐々にペースを掴み始めたが、前半は両チーム得点なく終わった。
鹿島にとって記念すべき20冠を獲得するべく奮闘する選手たちに、ネット上でも応援の声が上がっている。また、サポーター乱入事件には驚きの声も。いくつかピックアップして紹介する。
「さあ20個目のタイトル獲ろうぜ」
「さあ、獲るぞACL!さあ、獲るぞ20冠!絶対に勝ってイランに乗り込もう!」
「チョン・スンヒョンの魂こもってる顔面クリアで危機一髪脱出」
「いや今のはスンヒョンがマーク外したのがそもそも」
「ペルセポリス、プレスが速いな」
「相手さん体を巧妙に当てたり上手いことやってくるな」
「イラン国旗持った人が乱入してきた」
「あの乱入で鹿島のチャンスが潰れた。腹立たしいが、これが国際試合という醍醐味もちょっと感じてしまった」
「レオ・シルバ素晴らしいボール奪取、あれがレオ・シルバだよな」
「優磨おしかった!決まってたらゴラッソだった」
「イランキーパーのとんでもないロングスロー」
「相手、失点が少ないの分かるわ。隙がない」
「イラン国民の70%がペルセポリスのサポーターらしい」
「よくアウェイのスタジアムに乱入出来るよな。 こんなヤツらが7万人集まると思うと怖すぎる」
前半はスコアレスで折り返した鹿島アントラーズ。後半、果たして敵の堅守を破り、得点を決められるだろうか。
11/3(土) 15:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181103-00049771-sdigestw-socc

続きを読む