ACL

ACLでFC東京に敗れた上海上港のエリクソン監督の言い訳が酷い!?「地震の影響で休めなかった」

2016年5月18日、新快報によると、サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の試合のために来日した上海上港のエリクソン監督が、FC東京との試合に敗れたことについて、地震が影響したことを示唆した。
試合の前日の16日午後9時ごろに、茨城県で最大震度5弱の地震が起き、試合会場のある東京も震度3~4の揺れを観測した。この時、ホテルにいた上海上港の選手たちは相当な恐怖心を感じていたという。
その影響からか17日の試合では動きが重く、上海上港はFC東京に2-1で敗れた。エリクソン監督は、「我々は先週土曜日に北京で厳しい試合を行い、日本に来てからもしっかりと休めなかった」と語り、試合結果は地震の影響を受けたとの考えを示した。
一方で、「こうした状態は一時的なものだと信じている。選手たちのコンディションは問題ないし、ホームに戻ったらもっと良くなる」と自信をのぞかせた。
http://www.recordchina.co.jp/a138936.html
2016年5月17日、東方網によると、AFCチャンピオンズリーグの決勝トーナメントで東京FCとの試合のため日本を訪れていた中国のサッカークラブ・上海上港の選手が試合の前夜、茨城県南部を震源とする地震に遭い、「もう運を天に任せるしかない」とその恐怖をつづった。
地震が発生した当時、選手たちは練習を終え、ホテルで休息中だった。チームの中心的存在の武磊(ウー・レイ)は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、
「宿泊先は32階。かなり揺れ、警報や携帯電話が鳴ったが、この階では逃げようがない。どうしたらいいか、頭の中が真っ白になって、もう運を天に任せるしかないと思った。震度5クラスだったと後で知ったが、地震に遭うのは初めてで、本当にびっくりした。日本人はもう慣れっこのようだけど」と書き込んだ。
http://www.recordchina.co.jp/a138867.html

続きを読む

【ACL】川崎のサカダイ採点&寸評・・・大久保に容赦ない評価に

【ACL採点&寸評】川崎1-2蔚山現代|大久保はまるで機能せず…軽率ミスの守備陣も軒並み低評価
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=35904

5 谷口彰悟 4
序盤からつなぎのパスがミスになる場面多数。ただそこから立て直していただけに 2失点目のきっかけを作ったミスはいただけなかった。
25 守田英正 4
攻撃に顔を出してチャンスに絡むが、クロスなどのラストパスの精度が上がらなかった。 1失点目につながるミスの場面は反省材料。
4 大久保嘉人 4(71分 OUT)
川崎でのワーストゲームと言っていいような内容。パスでミスし、シュートも足に乗らず 守備でも走れず。珍しいくらいに悪かった。

続きを読む

【ゴール動画】<ACL試合結果>広島、広州恒大にリベンジ成功!ACL4連勝!首位通過!


[5.8 ACL第5節 広島1-0広州恒大 Eスタ]
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグ第5節で、グループFのサンフレッチェ広島はホームで広州恒大(中国)と対戦し、1-0で勝利した。4連勝の広島は勝ち点を12として、首位通過を確定させた。
ACL3連勝で首位に立った広島は、引き分け以上で1節を残してのグループリーグ突破を決めることになった。第5節の相手である広州恒大は、今大会初戦で0-3で完敗を喫しており、広島にとってはリベンジマッチだった。
先制点は前半15分に決まった。広島は左サイドからのCKを獲得。MF森島司が蹴ると、ニアに走り込んだDF佐々木翔が触る。さらに相手DFに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれていった。記録はオンゴールと発表になった。
そしてこの日も広島の守りが固い。前半4分にはMFジャン・シウェイに強烈なシュートを許すが、カバーに入ったDF野上結貴が体に当てて、ゴールラインを割らせない。
さらにA代表招集が噂される19歳GK大迫敬介が安定。後半も広州の厚みのある攻撃を跳ね返し続ける。日本代表の森保一監督が見守った一戦で、無失点勝利に導いた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-43466787-gekisaka-socc

続きを読む