F・トーレス

あと2日・・・「まさか日本に来るとは想像もしていなかった。日本には期待以上のものがたくさんある」byトーレス


サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、23日のJ1リーグ第24節ヴィッセル神戸戦を最後に現役生活に別れを告げる。引退の瞬間が刻々と近づくなか、「DAZN」公式YouTubeチャンネルでは引退発表会見の裏側に密着した映像を公開。そのなかでスペイン人ストライカーは「好きになった日本は……」と“日本愛”を口にしている。
母国アトレチコ・マドリードでトップデビューを飾ったトーレスは「エル・ニーニョ」(神の子)の愛称で高い人気を誇り、リバプール、チェルシー、ACミランと数々のビッグクラブを渡り歩いた。昨夏に鳥栖へ加入したが熾烈な残留争いに巻き込まれて苦戦。シビアな戦いが続くなか、フォア・ザ・チームのプレーに徹してJ1残留に貢献した。
しかし、今季は度重なる負傷離脱なども重なり現役引退を決断。6月21日の自身のSNSを通じて引退を発表すると、23日には東京都内で引退会見を開き、「古くからの友人である(アンドレス・)イニエスタ選手との直接対決。そこでサッカー人生を終えることができるということでその日に決めました。神戸にはダビド・ビジャ選手もいます。そのなかで自分ができることを全て尽くしてやっていきたい」と語っている。
「DAZN」公式YouTubeチャンネルでは、引退発表会見の裏側を撮影した映像を公開。そのなかでトーレスは「良いことには必ず始まりと終わりがあって、これは素晴らしい18年間のフィナーレ」と語った一方、「一番苦しかったのは、引退という選択肢が頭に浮かんだ瞬間」と明かしている。
街並みを見ながら告白 「日本といえば、まさにこの風景を想像していた。けど…」
多くの人に愛された“神の子”は日本で18年のキャリアにピリオドを打つ。トーレス本人にとっても日本での現役引退は予想外だったという。「移籍する度に『このクラブでキャリアを終える』と思ってやってきたけど、まさか日本に来るとは想像もしていなかった」と率直な思いを口にしている。
そんなトーレスは引退会見で移動している際、東京の街並みを見ながら「来日前は東京の印象が強くて……」と切り出し、「日本といえば、まさにこの風景を想像していた。高層ビルが並んでいて、テクノロジーやイルミネーション、人通りの多い道路がたくさん」と語る。 ところが「でも……」と続ける。
「私が好きになった日本は、郊外や神社や日本家屋といった伝統的な日本だと気づいた。日本には期待以上のものがたくさんある」
日本愛を口にするトーレスは「初日から温かく応援してくれた鳥栖のサポーターに感謝している。残留に貢献したF・マリノス戦のゴール、みんなで泣いたことは忘れられない。最後まで彼らと一緒に楽しみたいね」と鳥栖愛も強調した。
キャリア最後の試合となる神戸戦で“神の子”はどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。
2019.08.20 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/211675

続きを読む

「僕は日本で幸せ!契約をまっとうしたい!」byトーレス


元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは今夏にサガン鳥栖へと加入し、Jリーグ初挑戦のシーズンを終えた。チームは厳しい残留争いを強いられることになったが、母国でのインタビューでは「日本で幸せだ」と語っている。スペイン紙「マルカ」が報じた。
トーレスはシーズン終了後、2017-18シーズン限りで離れたアトレチコ・マドリードを訪問し、かつての同僚たちと再会。現在も有意義なオフを過ごしている。アトレチコ退団後には世界各国から多くのオファーが届いていたが、最終的に新天地に選んだのが鳥栖だった。
しかし、鳥栖ではトーレスがこれまで体験したことのないような厳しい残留争いが待ち受けていた。なかなか攻撃的に試合を運べない鳥栖のなかで、トーレスはリーグ戦3得点2アシストを記録したが、本領を発揮することはできなかった。それでも、残留のかかったシーズン終盤、第33節の横浜F・マリノス戦(2-1)では値千金の決勝ゴールをマークし、15位という瀬戸際での残留に大きく貢献した。
シーズン終了後、母国でインタビューに応じたトーレスは、日本でのキャリアについて言及している。
「現時点で、僕は日本で幸せだよ。まだ契約も残っているし、それをまっとうしたいと思っている。そして、僕たちが最初に設定したクラブの目標を成し遂げることを望んでいる。
どうなるか見てみよう。引退後、何をするのかは分からない。あまり考えないようにしているんだ。まだまだ何年も選手でいられることを望んでいるし、まだピッチに立ち続けたいと感じているよ」
トーレスは日本での生活やプレーに満足感を示し、鳥栖に加入した際に共有したビジョンや目標の達成に向け意欲があることを強調した。鳥栖との契約は2019年いっぱいまで残っており、来季のJリーグではどのようなプレーを披露するかが注目される。
12/20(木) 19:30 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181220-00155657-soccermzw-socc

続きを読む

「Jリーグは間違いなくアジアで一番強い!世界一流のリーグになる条件は揃っている!」byトーレス


Jリーグ長期滞在を希望するトーレス 「ファン、サポーターを喜ばせ続けたい」

今夏、J1サガン鳥栖へ加入した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは契約が2019年いっぱいとなっているが、Jリーグの公式YouTubeチャンネルで公開された独占インタビューで、「日本に何年も滞在したい」と明言。また、Jリーグは「世界一流のリーグになるための条件は揃っている」と、そのレベルの高さにも太鼓判を押した。
トーレスは昨季限りでアトレチコ・マドリードを退団し、世界各国から数多くのオファーが届いていたなかで新天地にJリーグを選んだ。 鳥栖では自身の経験したことのないような厳しい残留争いが待ち受けていた。その戦いのなかでリーグ戦17試合に出場し、3ゴールを挙げるに留まった。
一方で、第33節の横浜F・マリノス戦(2-1)では値千金の決勝ゴールをマークし、順位を15位まで押し上げて瀬戸際の残留に大きく貢献。救世主としての仕事を全うした。
リーグ公式YouTubeチャンネルでは、トーレスのインタビューを公開。サポーターについては「応援がとても心強い。勝っても負けても、声援を送ってくれる」と感謝の意を述べ、
と、日本での長期滞在にも意欲を示していた。続けて、Jリーグのレベルについても高い評価を与えている。
「Jリーグは間違いなくアジアで一番強い。選手はテクニックに優れ、モチベーションも高い。Jリーグが世界一流のリーグになるための条件は揃っていると思う。あとはチーム力を上げることが課題だ」
インタビューの最後には「サッカーは喜びや楽しさ、チームで戦う良さを感じさせる競技であるべきだ。僕は常に情熱的なプレーをしたい。 情熱がなければ良いサッカーはできない」と、サッカーという競技への熱い思い入れを口にしており、世界的ストライカーはJリーグのさらなる飛躍に情熱を捧げる姿勢を一貫していた
12/24(月) 6:40配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181224-00156471-soccermzw-socc

続きを読む

「トーレス」や「ポドルスキ」は給料泥棒?

J1サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(35)が6月21日、現役引退を発表した。
その業績を讃えるメッセージが世界中から寄せられている。しかし、日本にいる間に限れば彼の成績は惨憺たるものである。
鳥栖入団は昨年7月だから、まるまる1年在籍していたことになるが、その間に彼がチームにもたらした得点はわずか3点。推定年俸8億円というから、1得点あたりのコストは約2億7千万円である。
「チーム成績も、17年は8位だったのが、トーレス加入後の18年には14位にダウン。あやうくJ2落ちするところでした」
と語るスポーツ紙サッカー担当記者によると、
「財政状況も約6億円の赤字を計上。鳥栖には踏んだり蹴ったりの1年でした」

引退試合は8月23日のヴィッセル神戸戦。スペイン代表で同僚だったイニエスタとの対戦を楽しみにしているというのだが、 「そのイニエスタは今、妻の第4子出産立ち会いのためスペインに帰国中です」
ちなみに、イニエスタの年俸は推定33億円である。
神戸には元ドイツ代表FWで推定年俸6億円のポドルスキ(34)もいるが、
「体調不良を訴え、1カ月ほど前にドイツに帰国してしまった。そこで中耳炎の手術を受けたそうで、“しばらく飛行機に乗れないので日本に戻れない”と。だったらなぜ日本で手術を受けなかったのでしょうか」
むろん外国人が皆トーレスやポドルスキのような“給料泥棒”というわけではない。ジーコなど日本サッカーに貢献した外国人選手や指導者も少なくはない。

「トーレスは引退後も“アドバイザー”という肩書で鳥栖に留まります。“若手の育成に寄与したい”なんて言ってましたが……」
汚名返上に期待。
2019年7月7日 5時56分 新潮
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16734984/

続きを読む

【GIF】フェルナンド・トーレスがプロ野球の始球式に挑戦した結果・・・www


F・トーレス、始球式で制球乱れ苦笑「カーブを練習しないといけない」
2019.7.2 18:23
サッカーJ1鳥栖のFWフェルナンド・トーレス(36)がソフトバンク-楽天戦(ヤフオクドーム)で始球式を務めた。
投球は左打者の背中の後ろを通過して、制球の乱れに「カーブを練習しないといけない」と苦笑い。 それでも球威十分の速球で場内がわいた。
ソフトバンクが鳥栖とともに実施する少年少女にスポーツの楽しさを伝える
「スポーツキッズプロジェクト2019」のPRで来場。今季限りで引退を発表しており
「こういう機会に感謝している。引退までにいろいろ経験をしたい」と語った。
サンスポ
https://www.sanspo.com/baseball/news/20190702/haw19070218230003-n1.html

続きを読む

「日本のサッカー選手たちは技術を信じすぎてチームの戦術を忘れがち」byトーレス

「神の子」からのご神託!!
J1サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(34)が西日本新聞社の独占インタビューに応じた。クラブによると7月の来日以降、国内の新聞社、テレビ局の単独取材に応じたのは初めて。来季の残留を明言している世界的ストライカーは14位で苦しみながら残留した現状を踏まえ、クラブにチームの課題や今後について提言する考えを明かした。ワールドカップ(W杯)と欧州チャンピオンズリーグ(CL)を制した実績と経験を積極的にクラブに注入し、日本サッカーのレベル向上にも貢献する覚悟だ。
謙虚なストライカーがついに動く。残留の救世主となったフェルナンドトーレスが来季は積極的にチームづくりに関与する意欲を明かした。7月に途中加入して3得点をマーク。攻守に献身的なプレーを見せた今季は「シーズン中だったので、チームの戦い方や目指すものに早く適応しなければいけなかった」と我慢を重ねたが、来季はクラブの飛躍のために意見を惜しまずに出していく。
「鳥栖にはたくさん改善しないといけないことがある。社長やスタッフとのミーティングを通じ、どうすればトップのチームになれるか相談したい」
具体的に挙げた課題は、二つ。一つは後半の戦い方だ。鳥栖に限らずJリーグでは後半に攻守が目まぐるしく入れ替わる「オープンゲーム」になることが多い。この傾向を問題視した。
「日本の選手たちは技術に自信を持ってプレーするが、技術を信じすぎてチームの戦術を忘れがち。特に試合後半では攻撃をする人と守備をする人に分かれ、中盤に誰もいないことがある。戦術は守備だけでなく、得点のチャンスを増やす上で大切なんだ」
今夏、スペイン代表でともにプレーしたイニエスタ(神戸)と同じタイミングでJリーグに移籍。2人の世界的スタープレーヤーのJクラブ入りは大きな話題を呼んだ。試合での問題点について「イニエスタも私と同じように感じていたよ」と明かした。
さらに敗戦後も悔しさをあらわにしない希薄さにも「怒らないなんて理解しづらい」と首をかしげる。常に厳しい目を向けられる欧州でプレーし続けてきたベテランFWは野球人気が高い日本で本格的に初めてプレーし、Jリーガーの覚悟不足が目に映ったようだ。
「1試合負けたのが原因で、タイトルを取れなくなるかもしれない。たとえ1ポイントの勝ち点でも命綱と感じなければ選手として問題だ。時間がたてば、欧州のように周りからの重圧を感じなければいけない状況になる。そうすれば、Jリーグの選手はもっと強くなる」
イニエスタが在籍する神戸に、来季は元同国代表で2010年W杯得点王のビジャが加入する。「Jリーグにはこれからもっとうまい選手が日本に来て、年々厳しいリーグになる。神戸のようなチームと競り合いたいならば、鳥栖も早く準備を進めないと」と危機感を示した。ピッチの内外で世界基準の考えを鳥栖に注ぎ込む。 (末継智章)

2018年12月9日 6時0分西日本スポーツ
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15713027/

続きを読む

フェルナンド・トーレスが自身の引退理由を明かす・・・


サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが23日、東京都内で現役引退会見に出席した。
2018年にアトレティコ・マドリーから鳥栖入りしたF・トーレスは21日、「エキサイティングな18年間を過ごした後、僕のフットボールキャリアの幕を閉じる時が来た」と現役引退を表明。そして23日、引退会見に出席したF・トーレスは、「私はサッカー選手としての人生を引退します。ラストマッチは8月23日のヴィッセル神戸戦です」と、明治安田生命J1リーグ第24節、ホームでのヴィッセル神戸戦が自身の引退試合になることを明かした。
また、その理由としては「古くからの友人であるイニエスタとの直接対決を、それを日本でできるということで決めました。神戸には友人でW杯を共に戦ったダビド・ビジャもいます。最後の試合で自分ができることを尽くしながらやりたいと思います」と話した。
また、引退理由として、F・トーレスは「自分の中でサッカーのパフォーマンスに対するレベルというものがあります。引退を決めた理由は、自分のベストのレベルに到達できていないのではないかという疑問点があったからです。自分がベストのコンディションで最後までやり続ける、そこに到達できなくなるのであれば、自分の今のレベルでサッカー人生を終えたいと思い、引退を決意しました」と語った。
現在35歳のF・トーレスは、2001年に17歳でアトレティコ・マドリーのトップチームデビュー。2007年夏に移籍したリヴァプールで4シーズンにわたって活躍した後は、チェルシー、ミランと渡り歩き、2015年1月にレンタルでアトレティコに復帰した。2016-17シーズンに完全移籍すると、翌シーズンにはヨーロッパリーグ制覇を経験。2018年からは鳥栖で新たな挑戦をしていた。
また、F・トーレスはスペイン代表としても長く活躍。2006年のドイツ大会から3大会連続でワールドカップ出場を記録し、2010年の南アフリカ大会では史上初の優勝に貢献。同じく2004年から3大会連続で出場したEUROでも2008年、2012年大会の連覇を経験した。
GOAL 6/23(日) 10:26
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00010014-goal-socc

続きを読む

「日本のサッカーを世界に広げていくことに貢献したい!」byフェルナンド・トーレス


6月23日、サガン鳥栖に所属する元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレスが、都内で現役引退会見を開いた。
F・トーレスのキャリアはとても輝かしいものだ。アトレティコ・マドリー、リバプール、チェルシー、ミラン、そして鳥栖と渡り歩いたクラブシーンでは、チャンピオンズ・リーグ1回、ヨーロッパリーグ2回の優勝を経験。スペイン代表でもEURO連覇(2008、12年)と同国史上初のワールドカップ制覇(10年)に大きく貢献した。
それだけ華々しいスター街道を歩き、11歳で入団したアトレティコではクラブのアイコンとしても崇められた男が、なぜシーズン途中、それも鳥栖がJ1リーグで最下位に沈んでいるタイミングで引退を発表したのか――。疑問を抱かずにはいられなかった。
だが、その理由は、実にシンプルなものだった。世界の頂点に立った経験を持つがゆえに自身のパフォーマンスへ不満を抱いていたのだ。
かつて“エル・ニーニョ(神の子)”と呼ばれた天才FWも35歳となり、身体は万全の状態ではなかった。とくに今シーズンは、右太ももを痛めたこともあり、公式戦11試合で0ゴールとチームに貢献できていないことに納得がいっていなかった。
「常に高い意識を持ち、高いレベルでサッカーをしてきたなかで、自分の求めている(プレー)レベルに達していないのが理由の一つ。シーズンの途中ではあるが、ベストコンディションで最後までやり続けられないならば、サッカー人生を終えたいと思い、引退を決意した」
コンディション面を理由に挙げたF・トーレスだが、日本で引退するのにはもう一つ訳がある。それは今後も鳥栖で仕事を続けるからだ。
「選手として引退はするが、クラブを離れるつもりはない。アドバイザーとして残るよ。日本のサッカーを世界に広げていくことに貢献したい」と、セカンドキャリアへの野心を口にし、その具体的なプランを明かした。
「まずは組織改革に取り組みたいと思っている。特にユース、若手の育成に目を向けたいんだ。鳥栖のユースには素晴らしいプレーヤーがいるから、そういった選手たちをどんどん成長させて、クラブを大きくしたい。そして、ポジティブな人たちと働き、改革をしていきたい。ネクストステップを考えて行動したい。アドバイザーとしての仕事はチームのためにできることを全てしたい」
会見に同席した鳥栖の竹原稔社長も「まずは世界のサッカーファミリーに(ラストマッチに決まった)8月23日の神戸戦をしっかり見てほしいという思いがある。未来はこれからもフェルナンドとともにある」と明言し、今後も“共闘”していくことを誓った。
スペイン・サッカー界が生んだカリスマは、この先、日本サッカーにいかなる功績を残すのか――。「改革していきたい」と凛々しくセカンドキャリアを展望した男の力強い言葉には、並々ならぬ闘志が感じられた。
サッカーダイジェスト6/23(日) 13:45
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190623-00060508-sdigestw-socc

続きを読む