W杯

崖っぷちに立つ韓国サッカー・・・ロシア行き失敗なら待ち受ける“危機”

韓国に来ている。明日8月31日にソウル・ワールドカップ・スタジアムで行われるロシア・ワールドカップ アジア最終予選の韓国対イラン戦を取材するためだ。
イラン、ウズベキスタン、カタール、中国、シリアと同じグループAに属する韓国。だが、ハリル・ジャパン同様に予選では苦戦中。最終予選以降、不甲斐ない戦いが続き、アウェーではシリア(0-0)、イラン(0-1)、中国(0-1)、カタール(2-3)と一度も勝っていない。
それでも現在、勝ち点13でグループ2位にあるが、3位ウズベキスタンとの勝ち点差はわずか「1」。油断を許さない状況にある。
事態を重く見た韓国サッカー協会(KFA)は、それまでチームを率いていたドイツ人指揮官ウリ・シュティーリケ監督を更迭。代わって、リオデジャネイロ五輪代表監督で5月に行われたU-20ワールドカップでは若きU-20韓国代表を率いたシン・テヨン監督が急きょ、指揮官の座に就くことになった。
一部で噂された60代のベテラン監督の再登板をひっくり返してシン・テヨン監督が登用された背景には、シン・テヨン監督と同世代の後押しというか、“不惑猛者たちの決起”もあったといわれているが、注目すべきは新監督が決戦に向けて選んだ選手たちだ。
8月14日に発表されたメンバーには、キ・ソンヨン(スウォンジー)、ソン・フンミン(トッテナム)、ク・ジャチョル(アウクスブルク)といったおなじみの欧州組が選ばれた。
シン・テヨン監督がリオ五輪で重用したファン・ヒチャン(ザルツブルク)や、フランスのディジョンでプレーするクォン・チャンフンも選ばれている。
ただ、ソン・フンミンは6月のカタール戦で右ひじを骨折、キ・ソンヨンは6月に右膝の炎症で手術したばかり。決して本調子ではなく、ク・ジャチョルも一時期ほどの勢いが見受けられないが、やはり大一番では欧州組を外せないといったところなのだろう。
また、キム・ヨングォン(広州恒大)やチョン・ウヨン(重慶当代力帆)といった中国組、キム・ジンヒョン(C大阪)、キム・スンギュ(神戸)、チャン・ヒョンス(FC東京)、キム・ボギョン(柏)といったJリーグ組も加入しているが、韓国で特に話題となっているが、イ・ドングッ(全北現代)を2年10か月ぶりに代表復帰させたことだ。
19歳で1998年のフランスW杯に出場し、2000年シドニー五輪、2000年アジアカップ(得点王)、2010年ワールドカップにも出場したイ・ドングッ。
国際Aマッチ出場歴は103試合33得点を数え、ブレーメン(2000-2001年)、ミドルズブラ(2006-2008年)などヨーロッパでもプレー。Kリーグでは得点王1回(2009年)、アシスト王1回(2011年)、シーズンMVPに至っては受賞4回(2009、2011、2014、2015年)を数える。
世代的には、日本の小野伸二、稲本潤一、小笠原満男と同じで、若かりし頃には日本の“黄金世代”と交流を深めた選手でもあるので、日本のサッカーファンにもその名が広くしられていることだろう。
そんな彼も今年で38歳。今季はKリーグでも先発よりもサブに回ることが多く、途中出場が多い。それでも現時点で19試合4得点3アシストを記録しているのはさすがだが、38歳4か月での代表抜擢は韓国サッカー史上2番目の最高齢だけに、その抜擢にはメディアもファンも驚かずにはいられなかった。
ただ、シン・テヨン監督は言っている。
「ベテランだから選んだのではない。十分戦力になる実力があるとして評価した。彼はベテランとして精神的リーダーの役割もできるし、ゴールを決めるためのプレーもできる」と。
実際、イ・ドングッはイランはもちろん、9月5日に敵地決戦に臨むウズベキスタンとも相性がいい。
イラン相手に2得点(2000年アジアカップ、2004年アジアカップ)を決めているし、ウズベキスタンには4ゴール(2005年ドイツ・ワールドカップ予選、2012年親善試合2得点、2012年9月のブラジル・ワールドカップ予選)を上げているのだ。
明日行われるイラン戦では、そんなイ・ドングッの起用法にも注目が集まるが、韓国はイランとの相性がすごぶる悪い。

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20170830-00075005/
(
続く)

続きを読む

韓国サッカー協会会長「2030年W杯を日本と北朝鮮と中国と共催したい!」←中国ネット「韓国と組むのだけはごめんこうむる」


2019年1月1日、中国メディアの騰訊体育は、韓国サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長が
韓国メディアとの新年インタビューで、2030年W杯の日本、中国、北朝鮮を含む4カ国共同開催の実現に向けて「北朝鮮と団結して日本と中国を説得しなければならない」と語ったことを伝えた。
記事によると、鄭会長は韓国・聯合ニュースとの新年インタビューで、
間もなく開幕するアジア杯での優勝に期待を寄せるとともに、30年W杯の日中韓朝4カ国共催構想について語った。
鄭会長は「26年W杯を米国、メキシコ、カナダの3カ国が共同開催するように、
W杯出場国が増え規模が大きくなり、1カ国で開催するのは難しくなってきている。
南北が団結し2カ国(日本と中国)を説得しなければならない。
十分に挑戦する価値があると思う」と述べた。
中国のサッカーファンの多くは共催に消極的なようだ。
この記事のコメント欄には「中国は単独開催する能力も自信もある」
「中国も日本も単独開催できるのに共催はあり得ない」
「02年W杯のこと(韓国による審判買収疑惑)は世界中の人々の記憶に今も鮮明に残っている。 韓国と組むのだけはごめんこうむる」「宇宙一の韓国が他国と共催?」などの声が上がっていた。
また、「開閉会セレモニーと準決勝、決勝をすべて中国で開催するという条件なら、
共催を考えてもいい」という声もあった。(翻訳・編集/柳川)
https://www.recordchina.co.jp/b676209-s0-c50-d0054.html

続きを読む