W杯

ドゥンガも西川潤を絶賛!スカウトが注目するU17W杯「金の卵」リスト!


開催中のU-17W杯は金の卵の宝庫。スタンドには世界中のクラブチームのスカウトがずらりと80人以上並んだ。そのほかにもエージェント会社や代理人、代理人を目指している弁護士などが観戦。試合は選手のショールームのようだ。
注目されているのは得点王争いをしている選手なのかといえば、実はそうではない。決勝トーナメント1回戦まで5ゴールでトップのオランダのソンチェ・ハンセンも、それを追うオーストラリアのノア・ボティチも、スカウトたちが興味を持っている上位の選手には入っていない。
逆に注目を浴びているのは、たとえば日本のGK鈴木彩艶(ざいおん)だ。彼はグループリーグで1失点もしていない。おかげで日本は24カ国中、唯一、無失点で決勝トーナメントに勝ち上がった。無失点がいかに貴重かは、ここまでのデータを見ればよくわかる。グループリーグ全36試合で、決められたゴールは123と、非常に多いからだ。
インテルのユースチームに所属するイタリアのデニャンド・ウィリー・ノントは今大会最年少の選手。ソロモン諸島相手にすばらしいゴールを決めたが、この時、彼はまだ15歳と11カ月だった。ここまですでに3ゴールをあげ、イタリア代表でレギュラーの座をしっかりとつかんでいる。パワフルでプレーのセンスもあり、なによりそのスピードには圧倒される。
ブラジルのガブリエル・ヴェロンは国内では人気の注目株だ。すでに名門パルメイラスに所属し”ガブリエル・ジェズス以来の有望選手”とも言われている。パルメイラスはすでに彼が契約途中で移籍する場合の違約金を6000万ユーロ(約72億円)までに釣り上げた。大会後はトップチームでプレーをするはずだ。ブラジルからのもうひとりはカイオ・ジョルジ。すぐにでもA代表に選ばれておかしくない選手だ。ネイマール、ロビーニョなど多くのスター選手を輩出しているサントスの所属で、U-15ブラジル代表時代には3試合で4ゴールを決めた実績を持つ。
フランスのアルノー・カリムエンド=ムインガは誰もが大会のトップ選手に選ぶストライカーだろう。韓国戦での彼のボールポゼッションとスピードあるプレーは、まるでワンマンショーのようだった。同じくフランスのアディル・アウシシュも危険なストライカーだ。2人は同じパリ・サンジェルマンの所属で、すでにトップチームでプレーしている。
11/8(金) 12:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191108-00877010-sportiva-socc

続きを読む

ブッフォンが日韓W杯の"疑惑"モレノ主審について語る!

疑惑の判定で敗退
ユヴェントスのGKジャンルイジ・ブッフォンが、イタリアメディア『メディアセット』のTV番組『ティキタカ』に出演した際に、2002年日韓ワールドカップを振り返った。
今夏、パリ・サンジェルマンから1年ぶりにユーヴェに復帰したブッフォンは、1995年にパルマでプロデビューを飾ると、2001年にユヴェントスへ移籍。以降、17年間にわたってトリノでプレーし、数々のタイトルを手にしてきた。イタリア代表としても長年にわたって不動の守護神を務め、2006年ドイツ・W杯を制したほか、EURO2012では準優勝に輝いた。
そんなブッフォンだが、2002年には苦い思いを経験した。守護神ブッフォンを擁するイタリアは、日韓W杯決勝トーナメント1回戦において、ホスト国の韓国と対戦。この試合をエクアドル人審判員バイロン・モレノ氏が裁いた。するとエクアドル人主審は、韓国選手によるラフプレーを見逃す一方、ダミアーノ・トンマージのゴールデンゴールを取り消すなどしてイタリアに不利な判定を続け、この結果、イタリアは延長戦に入った117分、アン・ジョンファンに決勝点を許して敗退が決定。試合の行方を左右する疑惑の判定を繰り返した主審に対し、大会終了後も数多くの批判が浴びせられた。
あれから17年の時を経て、TV番組の司会者は、「モレノのことを思い出すことはないか? 私は思い出してしまう」と切り出した。レギュラー出演する元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリ氏が即座に首を振る中、ブッフォンは自身の考えを明かした。「いや、思い出すことはない。なぜなら彼は、酷い末路をたどったからね。僕は彼に対して、少し哀れみの気持ちを持つこともできる」と告白。2010年には、約6キロのヘロインを米国へ密輸しようとしてニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で逮捕されたモレノ氏に対し、余裕の態度を示した。
10/29(火) 17:10配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00010022-goal-socc

続きを読む

FIFAがカタールから2022年W杯開催を剥奪を検討!?代替開催地の候補は…アメリカ

国際サッカー連盟(FIFA)は、2022年ワールドカップの開催を予定しているカタールから開催権を剥奪することを検討しており、イングランドあるいはアメリカが代替開催地の候補であるという。独誌『フォーカス』が23日付で伝えた。
ロシアで行われる今年の大会に続いて、4年後にはカタールでワールドカップが開催される予定となっている。だが、両大会の開催国が決定された投票をめぐって票の買収などの汚職が行われ、不正な形で開催国が決定されたのではないかという疑惑が持たれている。
また、ワールドカップ開催に向けたスタジアム建設の労働者の環境が劣悪であり人権を侵害しているとの批判や、酷暑の気候が大会にもたらす影響、カタールが昨年6月にサウジアラビアなど周辺諸国からの国交断絶措置を受けたことなど、様々な不安要素を抱えた大会となっている。
『フォーカス』がサウジアラビア外相の周辺筋からの情報として伝えたところによれば、カタールはワールドカップ開催権を剥奪される危機に立たされているという。FIFAはロシア大会終了後の今年9月にその決定を下す見通しだとされている。
代替開催国としては、開催地決定時の決選投票でカタールに敗れたアメリカ、あるいはイングランドが有力だと伝えられている。もしアメリカで開催されれば1994年大会以来、イングランドで開催されれば1966年大会以来でいずれも2回目となる。

2/25(日) 21:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180225-00257951-footballc-socc

続きを読む

2026年W杯はアメリカ・カナダ・メキシコの3カ国共同開催!?


アメリカ、カナダ、メキシコの3カ国が、2026年FIFAワールドカップを共同開催する計画が現実味を増してきたと、6日付のイギリス紙『ガーディアン』が報道した。
北中米カリブ海サッカー連盟、通称「CCCF」の会長であるビクター・モンタグリアーニ氏は、1日に行われたCCCFの会議の前に同紙に対して、2026年のワールドカップを3カ国による共同開催を目指すと明かした。この決定はアメリカの大統領ドナルド・トランプ氏が政権内の目標である「メキシコとの間に壁を作る」という政策に反抗してのものであることも明かしている。
モンタグリアーニ氏は「カナダ、アメリカ、そしてメキシコはワールドカップの共同開催を目指す。このプランは具体的に進んでおり、もし実現すればとても素晴らしいことになる。サッカーは国と国とをつなぐことができるというメッセージにもなるだろう」とコメントした。
同氏は続けて、「3カ国ともそれぞれに、ワールドカップを独自に開催するだけの設備は整っている。しかし、2026年われるワールドカップは48カ国が訪れ、80もの試合を予定している。合同開催は、初めての取り組みに適応するためのものだ」と3カ国共同開催のメリットについても語った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00573243-soccerk-socc

続きを読む