W杯

W杯は次回のカタール大会から48チーム出場・・・アジア枠は「8.5」に!?


国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は、カタールで開催される2022年ワールドカップの出場チーム数を32チームから48チームに拡大する可能性に言及している。英メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えた。
1998年大会以来32チームで開催されてきたワールドカップは、アメリカ・メキシコ・カナダの北米3ヶ国で共催される2026年大会から48チームに拡大されることが決まっている。2022年カタール大会までは現行の32チームで開催される。
だがインファンティーノ会長は、予定を前倒ししてカタール大会から参加チーム数を拡大することに取り組む姿勢を示した。アジアサッカー連盟(AFC)年次総会で見通しを述べている。
「2026年からワールドカップの参加国数を増やすことを決めたが、2022年からそうなるだろうか? 検討を行っているところだ。可能なのであればもちろんだ」とインファンティーノ会長は語った。
出場国数を拡大する場合、大会をカタールだけでなく周辺諸国でも開催する可能性にも言及した。「可能なのかどうか、カタールの友人たちと話し合っているし、地域の友人たちとも話し合っている。実現することを願っているが、そうならないとしても少なくともトライはする」
現状の32ヶ国開催では、アジアの出場枠は開催国カタールとは別に「4.5」となっている。48チームに拡大する場合、アジアには「8.5」枠が与えられることが見込まれるという。
10/31(水) 22:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00295333-footballc-socc

続きを読む

WBCに代表選手を多数送り込んでいるNPB・・・JリーグはW杯に何人選手を送り込むことができるか?


【No Ball、No Life】
先日、プロ野球担当時代に交流があった巨人のスコット・マシソン投手(32)と久々にLINEのやりとりをした。3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のカナダ代表に選ばれていることもあり、新シーズンへ向け、例年以上に気合が入っている様子だった。
マシソンの他にも、オランダ代表のバレンティン(ヤクルト)、バンデンハーク(ソフトバンク)やキューバ代表のデスパイネ(ソフトバンク)らWBC代表に選ばれている外国人選手がNPBには数多く在籍している。
ある球団の外国人スカウト担当者は、「編成の立場でいえば選手が代表で抜けるのは正直痛手です」と前置きしたうえで、「チームにとっても、選手本人にとっても名誉なこと。われわれは、そういう選手を抱えているんだという誇りと責任みたいなものがわきますね」と所属選手の代表選出に胸を張った。
日本代表だけでなく、外国チームの代表選手をWBCにこれだけ送り込めているということは、NPBが米大リーグに次ぐ世界の第二勢力であることの証しだ。サッカーW杯と比べて、野球のWBCは後発で、権威が低い大会なのは事実だが、それでも世界大会。そこに代表選手を多数送り込んでいるのは、NPBが誇っていいポイントだ。
一方、Jリーグは2018年に行われるロシアW杯に何人の代表選手を送り込むことができるだろうか? 日本代表だって、今や半分以上が海外組だ。日本代表がアジア最終予選を勝ち抜いても“Jリーグ枠”はそんなに確保できない。W杯に選ばれるような助っ人を連れてくることでしか、W杯出場Jリーガーの数を稼ぐ手段はない。
Jリーグは今季から動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」を運営する英国のパフォーム・グループと10年で総額2100億円の放映権契約を締結。大型契約により、J1優勝賞金は3億円に上がり、優勝クラブには3年に分けて計15億5000万円の理念強化配分金も支払われることになった。
C大阪が日本代表MF清武弘嗣(27)をスペイン1部セビリアから買い戻したり、神戸が元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(31)の獲得に動いたりと、さっそく景気のいい話題が入ってきた。
世界大会にどれだけの代表選手を送り込めるかは、リーグとしての魅力を計る評価尺度になる。2018年W杯に何人のJリーガーが出場するかで、村井チェアマンが行った改革の成果が見えるはずだ。(清水公和)
サンケイスポーツ2/21(火) 15:06配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000530-sanspo-socc

続きを読む

FIFA新会長が2026年W杯から出場国数を40ヶ国に増やす計画があることを示唆!「1大会早く実行」

FIFAの新会長に就任したジャンニ・インファンティーノ氏が、2026年のワールドカップから出場国数を40ヶ国に増やす計画があることを示唆した。
英紙『デイリー・ミラー』が伝えている。
2026年のワールドカップは開催国が未定となっており、1998年フランス大会から従来の32ヶ枠となっている。 インファンティーノ会長の就任により、当初は2030年から出場国数が増えるともいわれていたが、 「我々はもっと多くのことを話さなければならない。 アイデアは2026年からだ。これについては、選手や協議会と議論していくつもりだ」と、 1大会早く実行する考えがあると明かしている。
フットボールチャンネル 3月31日(木)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160331-00010025-footballc-socc

FIFA国際サッカー連盟
http://www.fifa.com/

続きを読む

2026年W杯開催地はアジア、欧州以外に決定!

FIFAは14日、スイス・チューリヒで開いた理事会で、26年W杯開催地に立候補できる大陸連盟を原則的にアジアと欧州以外にすると決めた。
18年大会がロシア、22年大会がカタール開催のためで、94年米国大会を最後に開催がない北中米カリブ海連盟が有力候補となる。
共催での立候補も認められ、現行の32から40または48への出場チーム増については来年1月の理事会で決める方針。
また、4月の熊本地震で被災したピッチの改修のため75万ドル(約7800万円)を寄付することも承認した。
関係者によると、19年女子W杯(フランス)の出場枠についてアジアは15年カナダ大会と同じ5に決まった。
スポニチアネックス / 2016年10月15日 7時3分
http://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20161015_0069/

続きを読む