Jリーグと本田圭佑がいる豪州リーグの違い


元オーストラリア代表監督で、現在は横浜F・マリノスを率いているアンジェ・ポステコグルー監督は、Jリーグでの最初のシーズンを終えて、オーストラリアへ帰国した。現地での取材に応じたポステコグルー監督は、Jリーグには多くのヒントがあると母国メディアに語っている。豪メディア「FTBL」が、53歳の監督のコメントを伝えている。
オーストラリアのクラブは、ヨーロッパや南米から外国籍選手を補強することを好む傾向にある。かつて元日本代表MF小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)がウェスタン・シドニー・ワンダラーズで活躍しても、今季からメルボルン・ビクトリーで元日本代表MF本田圭佑が活躍しても、その趣向は変わっていない。
オーストラリアサッカー連盟(FFA)は2017年から、自国のリーグであるAリーグに、従来の外国籍選手枠「4」に加え、アジア枠「1」を設けることにした。しかし、Aリーグの強化、そして発展を目的にしたこの施策が、機能しているとは言いにくい状況だ。実際に18-19シーズン、Aリーグで新たにプレーしているアジア人選手は、本田だけとなっている。
今季の横浜FMは、12勝5分17敗という成績を残し、12位でシーズンを終えた。それでもシティ・フットボール・グループ(CFG)が株を所有していることもあり、オーストラリアでは同国のクラブと日本のクラブには、設備面で差があると考えられている。これに関して、ポステコグルー監督は、きっぱりと否定した。
「正直なところ、両国のクラブに設備面でそれほど大きな差はない。CFGが保有している株は20%であり、クラブは設備面での向上を目指しているところだ。日本の中でも、決してビッグクラブではない。でも、それは問題ないんだ。それは承知していたことだし、設備を発展させることも、現在取り組んでいるチャレンジの一つだ。日本は良い。素晴らしい。私は(日本で)とても楽しんでいるよ」
設備面ではオーストラリアと日本に、大きな違いはないと語ったポステコグルー監督。彼が、両国のリーグで最も違いを感じたのは、近隣の国とのつながりだったという。
「日本はアジアで勝てなかった時期、すぐに海外の指導者や近隣の国から学ぶ体制を作り、自分たちのプレーを向上させていった。12カ月、日本で暮らして、彼らは常に向上したいと考えていることを強く感じたよ」
12/21(金) 7:40 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181221-00155663-soccermzw-socc&p=1


>日本の中でも、決してビッグクラブではない。
マリノスwwwwwwwwwwww


ビッグクラブだと思ってるのは日本リーグ時代を知ってる輩ぐらいか


豪州は移民に頼ってるだけ


英語喋るっていう利点生かして寄せ集めでやってきた国だからな
移民に「頼る」という意識すらなさそう
学校教育も読み書き計算教えるより何より人間の多様性を教え込むんだとさ
日本人でも意識高い系の変な奴がそれに心酔して親子であっちに移住したりしてる
他の国じゃまず使い物にならん大人が出来上がりそうだが


言語的にやりやすいとこがあるなら自然にそうなるってだけじゃ


この人は自分達のサッカーやって
ハリルに負けた奴でしょ。


Aリーグも提携枠導入したらいいんじゃね
アジア枠より良いぞ
繋がりを強化したい国をリーグが選ぶことができる


日本人に向上心なんて無いよ。周りから怠惰な奴だと思われるのが怖いだけだよ。


そういうの自己紹介やで…
確証もないのに憶測でものを語るとき人はつい自分のことを語ってしまうものなのだ


横浜は来季降格もありえるね


Aリーグのアジア人の数で思うことは単にレベル云々ではない壁がアジアと欧州にはあるんだろうなってこと


オーストラリアあたりは東南アジアとか見下したりしてんじゃないの
よく知らないけど


オージーに名将なし
来期途中解任と予想しておくわ


マリノスはビッグクラブじゃないですよ
有力選手を放出する側のクラブだからね
スタジアムはでかいけどあれはマリノスの物じゃない

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。