【EURO2016】「ポルトガルはチェコやトルコより弱かった!僕らの方がかなり良いチームだった」byクロアチア・チョルルカ

25日に行われたユーロ2016決勝トーナメント1回戦の試合で、クロアチアはポルトガルに0-1の敗戦を喫した。DFヴェドラン・チョルルカは、ポルトガルの戦いが守備一辺倒だったとして不満を口にしている。
ポルトガルに対して優位が予想されていたクロアチアは、ボールの支配では相手を上回りながらも、結局最後までゴールを奪うことはできず。0-0で迎えた延長後半の117分、FWクリスティアーノ・ロナウドのシュートから、最後はFWリカルド・クアレスマが決勝点となるゴールを押し込んだ。
チョルルカは試合後のミックスゾーンで次のようにコメントしている。
「すごく残念な思いだ。僕らの方がかなり良いチームだったと思うからね。彼らは守ってチャンスを待つつもりだった。サッカーはそういうものだよ。僕らには準々決勝へ進む資格があったと思うし、相手は少しラッキーだったと思うけど、受け入れるしかない」
C・ロナウドは得点の場面までシュートを放つこともなかったが、最後の最後に決定的な仕事をやってのけた。
「相手がずっと守ってばかりだとプレーするのは難しい。そういう戦い方だから、彼(C・ロナウド)にもボールが来ることはなかった。最後の2分まではすごく楽な仕事だったけど、そこからカウンターでやられてしまった。それがロナウドだよ。彼の時間は必ず来るんだ」
チョルルカにとっては、グループステージで対戦したトルコやチェコの方がポルトガルより手応えある相手だったと感じられたようだ。
「ポルトガルはトルコやチェコよりも弱かったよ。でも、2008年のトルコ戦(ユーロ準々決勝)とどちらの方がより悔しいかと言われると、ウィーンでの試合の方だけどね」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160626-00000015-goal-socc

続きを読む

"セルジオ節"、健在!「予選全勝で評価することはない!」


日本代表は17日、AFCアジアカップUAE2019・グループステージ第3戦でウズベキスタン代表と対戦し、2-1で逆転勝利。この結果、3戦3勝でグループF首位通過を決めた。
試合後、サッカー解説者のセルジオ越後氏にグループステージ3試合を総括してもらった。
「予選全勝で評価することはないね。全勝したけど第1戦、2戦は酷い試合だった。しかも、現状のベストメンバーで。 メンバーを大幅に入れ替えてウズベキスタンに勝ったけど、次の試合のスタメンはもう決まっているようなものでしょ?
この休息を生かして、いい状態で次の試合に臨めればいいけどね」
日本は中3日で“負けたら終わり”の決勝トーナメント1回戦に臨む。セルジオ氏は「アジアカップ本番はここから」と話す。
「ここまで3連勝でも、次の試合で負けたらもう終わり。ここからは全試合で勝たないと優勝はないわけだからね。グループ1位にはなったけど、弱い相手と戦うことはまずない。
勝てば勝つほど強い国と対戦するわけだし、優勝までの道のりはそう簡単ではないと思う」
「今大会から出場国が増えたけど、ここまでの顔触れを見れば全て順当。アジア強豪国を脅かすような力を持った国はそう出てこないし、全く“ハプニング”のない大会になっている。
ただ、アジアカップ本番はここから。グループステージの3カ国と比べて、対戦相手のレベルが違うことは想定しないといけないね」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00893768-soccerk-socc
1/18(金) 7:00配信

続きを読む