日本のバルセロナは神戸ではなくガンバ?海外メディア注目!「小野瀬のゴールはバルサ級!」

清水戦でG大阪MF小野瀬が決めたバルサ級の一撃に海外メディア注目

2日に行われたJ1第2節、清水エスパルス対ガンバ大阪(2-4)で生まれたゴールが海外メディアの注目を集めている。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」の番組「Goles de Europa」公式ツイッターは「日本のバルセロナ?」と称賛した。
賛辞が送られているのは、G大阪の25歳MF小野瀬康介が決めたゴールだ。試合は前半17分にFW中村慶太のゴールで清水が先制。0-1と劣勢のG大阪も反撃に出ると、同29分に鮮やかなコンビネーションを披露する。
敵陣左サイドでMF今野泰幸が縦パスを入れると攻撃が一気に加速。ブラジル人FWアデミウソンがダイレクトでMF倉田秋にパスすると、その瞬間、左サイドライン際のDF藤春廣輝が猛然とスペースへ走り込む。倉田はトラップと同時に向きを変え、間髪入れずに藤春の前方にパスを送った。走り込んだ藤春はダイレクトで中央にグラウンダーのクロスを供給し、勢い良く飛び込んだ小野瀬が鮮やかに左足で蹴り込んで同点ゴールを奪った。
「Goles de Europa」公式ツイッターは「日本のバルセロナ?」と言及。昨夏バルセロナを退団し、J1ヴィッセル神戸に加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの名前を挙げながら次のように綴っている。
「イニエスタが西日本に魔法を持ち込み、他のチームが魅せた。ガンバ大阪が清水エスパルスに4-2と勝利したゲームで、コウスケ・オノセが決めた素晴らしいゴールを見逃すな」
ショートパスを主体に流れるような攻撃を繰り出すバルセロナにたとえられたG大阪。鮮やかな一撃は海外でも注目を浴びている。
3/8(金) 7:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190308-00174590-soccermzw-socc

続きを読む

「アジアカップ後、状況は思ったよりも深刻だった・・・」by武藤嘉紀


イングランド・プレミアリーグのニューカッスルに所属する日本代表FW武藤嘉紀が地元メディア『クロニクルライブ』の取材に応じた。
同メディアが現地時間の8日に武藤のインタビュー記事を掲載している。
今季からニューカッスルに加入した武藤は開幕から出場機会を重ねていたものの、昨年11月に行われたワトフォード戦で負傷交代。
同12月のリバプール戦で戦列復帰したものの、アジアカップに出場した影響もあり、
今年の1月2日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦以降の出場がない。
アジアカップから合流後も状況は変わらず。合流後1試合も出場できていない。
厳しい状況に立たされている武藤は、同メディアのインタビューで「アジアカップ後、僕はポジションを奪う自信があった。でも、状況は思ったよりも深刻で、僕がいない間にチームの状態が良くなっていた」と話した。
同メディアによると、先月行われたスペインでのCSKAモスクワとのトレーニングマッチで45分間の出場を果たした武藤は、
試合出場に向け好感触だったと話していたようだ。
だが、結局は現地時間の2日に行われたウェストハムとの一戦ではプレーできていない。そのことに関して武藤は「タフな状況が続いている。
僕はウェストハム戦でプレーできると思ったんだ。だが、できなかった。あの日は不運だった。怪我の影響でプレーすることができなかったんだ」と説明した。
http://news.livedoor.com/article/detail/16129617/
2019年3月8日 17時0分 フットボールチャンネル

続きを読む