ドルトムント香川真司、無事ベンチ入りを果たすも出番なし・・・今季は残り2節

香川真司、10試合ぶりにメンバー入りも出番なし。ドルトムントはドローで3位転落
2018年04月30日(Mon)2時54分配信
【ブレーメン 1-1 ボルシア・ドルトムント ブンデスリーガ第32節】

現地時間29日、ブンデスリーガ第32節が行われボルシア・ドルトムントはブレーメンと対戦した。試合は1-1の引き分けに終わった。ドルトムントに所属する日本代表のMF香川真司はベンチ入りするも出番はなかった。
リーグ戦2位を守るためには勝利が必要なドルトムントは19分に幸先よく先制点を奪う。ペナルティーエリアでフィリップからのパスを受けたロイスは右足でシュート、これが決まる。
その後もドルトムントが優位に試合を進めるも追加点を挙げられず。このまま前半終了かと思われた45分にブレーメンが左サイドからセンタリングを送るとゴール前でデライネが頭で合わせ同点でハーフタイムへ。
後半もドルトムントが優位に試合を進め66分にはロイスがペナルティーエリア内でフリーの状況からシュートを打つもボールはポストに嫌われ勝ち越し点とはならず。また直後の69分にはDFのアカンジがペナルティーエリアでシュートを打つもGKの好守にあい得点を奪えず。勝ち越しゴールが欲しいドルトムントは80分に交代出場のシュールレがフリーでシュート、GKが弾いたボールをサンチョがヘディングシュートするもバーに弾かれる。
その後も猛攻を仕掛けるドルトムントだが勝ち越しゴールを奪えず引き分けに終わる。。
【得点者】
19分 0-1 ロイス(ドルトムント)
45分 1-1 デライネ(ブレーメン)
【了】

柏木陽介、中島翔哉所属のポルティモネンセ移籍か。大学No.1左SB小池裕太も加入へ

続きを読む

ハリルの後任に岡田武史氏はあり得ない!?監督資格S級ライセンス返上!「もう監督やらないと決めた」

岡田武史氏が監督引退「決めた」W杯指揮あり得ない
4/9(月) 7:46配信
日刊スポーツ
サッカーW杯(ワールドカップ)で2度、日本代表を指揮した岡田武史氏(61)が「監督業」からの引退を決めていたことが8日、分かった。
日本代表、Jリーグの監督就任に不可欠な資格、日本協会(JFA)公認S級コーチライセンスを返上したことが判明。
W杯は日本が初出場した98年フランス大会と16強入りした10年南アフリカ大会、Jリーグでは横浜時代の03、04年に連覇した名将が去る。
後進に道を譲り、会長を務めるJFL・FC今治の経営に軸足を置く。
日本で最も実績ある「岡田監督」が第一線を退く。まだ61歳と若く、世界ではここから脂が乗るとも言える年齢だが、日本代表、Jリーグの監督を務めるのに必要なS級ライセンスの更新を見送った。
13年に中国・杭州緑城の監督を退いてから現場と距離を置いてきたが、正式に引退する。
資格だけ維持しておく指導者も多い中、異例のS級“返還”。覚悟の表れだった。
岡田氏はこの日、事実関係を全面的に認めた。JFLのFC今治-ヴァンラーレ八戸戦(夢スタ)を観戦後、S級の非更新について「そうそう。もう俺は監督やらないと決めたから」と即答した。
経緯について「資格を持っていると『俺の方が…』って色気が出ちゃうから」と冗舌に答えながら「監督として、やることはやってきた。俺がまた中途半端に戻るより、若い人がやるべき」と説明した。
かねて引退を考えながらもS級を維持してきたが、今年に入って具体的に登録抹消の手続きを取った。
自ら退会申請書の筆を執って日本協会に提出。「3月末で消えているはず」と既に資格を失った認識でいる。
これでもう「岡ちゃん監督」が見られない。2度、日本の危機に立ち上がった男だ。日本代表コーチ時代の97年、
加茂周監督の更迭を受けてW杯フランス大会アジア最終予選の佳境で監督昇格。
アジア第3代表決定戦(ジョホールバルの歓喜)を突破し、初のW杯出場に導いた。
本戦前には信念を持って「外れるのはカズ、三浦カズ」の歴史的決断をした。
07年には脳梗塞で倒れたオシム監督の後を継ぎ、2度目の緊急登板。
また4年かけてチームを成熟させられない中、南アフリカ大会で16強に導いた。
クラブでは横浜を率いて03、04年にJ1連覇。12年から中国に渡り、杭州緑城の2年間で指導者の海外挑戦に道筋を立てた。
FC今治のオーナーは4季目でJ3昇格を目指す。日本人の良さを最大限に引き出す「岡田メソッド」の構築に、日本協会副会長-。
活動の幅が広がる中で、自然とサイドラインから遠のいた。
これで今後、日本代表監督が緊急事態に見舞われても、日本協会は自ら定める規約上、もう岡田氏に頼れなくなった。「早くFC今治の経営を安定させて、のんびり老後を過ごすのが俺のプラン」とおどける岡田氏は、経営者目線でクラブから日本を突き上げる。
一方で協会には、後進の育成急務という問題が「岡田引退」で一気に差し迫った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00174128-nksports-socc

続きを読む

ハリル解任の理由・・・ハリルに代表を外された元代表選手たちが協会に働きかけたから!?

日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が電撃解任されると、フランス誌『France Football』電子版が報じた。
同誌は日本国内での報道を引用しつつ、ハリルホジッチ監督が2018 FIFAワールドカップ ロシア開幕まで2カ月というタイミングで解任されると伝えた。「ワールドカップまで2カ月、ヴァイッド・ハリルホジッチはもう日本の監督ではない」との見出しが掲げられた同記事では、「月曜日(9日)にも正式に発表される」と伝えられている。
また同誌は、ハリルホジッチ監督の関係者からの情報として、同監督がすでにフランスの自宅へ戻っていることも紹介。解任の理由としては成績不振だけでなく、同監督によって代表チームから外されている「元代表選手たちが協会に働きかけをした」ことを示唆する記載もある。
ハリルホジッチ監督は2015年3月、日本代表の指揮官に就任。2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選では6勝2分け2敗の成績でグループBを首位で通過。6大会連続6度目のワールドカップ出場権を獲得した。しかし、以後の国際親善試合では成績が奮わず、3月の国際Aマッチウイークではマリ代表に1-1と引き分け、ウクライナ代表には1-2と敗れていた。

ソース/サッカーキング

仏誌報道、ハリルホジッチ監督が電撃解任へ…すでにフランスの自宅に

続きを読む