日本代表での歩み方が中村俊輔とそっくりな香川真司!

歴史は繰り返されるのと言うのか・・・・
2002年 2010年
中村俊輔が外されるが 香川真司が外されるが
代表は健闘 代表は健闘
↓ ↓
2006年 2014年
中村俊輔が中心選手になるが 香川真司が中心選手になるが
代表は惨敗 代表は惨敗
2010年 2018年
代表は健闘 代表は健闘(予測)

続きを読む

タイ戦は劣悪ピッチ!現地は女子バレーの因縁重ね対日本への強い感情…

日本代表は5日、タイ・バンコク市内にあるラジャダムナン・スタジアムにおいて6日のタイ代表戦へ向けた前日練習を行った。
ピッチに登場した選手たちはまずボール回しで体を慣らし、その後全員でミーティングに移行。ミーティングは普段の倍以上の6分30秒ほど行われ、明日の試合に向け、ハリルホジッチ監督も入念に選手たちに指示を出している様子だった。終了後はランニング、ジョギングで汗を流し、15分経過時点で練習は非公開となった。
気になるのは芝の状態だ。選手らが走る前から既に土がめくれていた。でこぼこのピッチは足の踏ん張りがきかなくなる。さらにスコールでもあるようなら、最悪の状態になってしまうだろう。日本や欧州ではあまりない劣悪な環境には注意は必要だ。
また、当日は6万人以上がタイ代表を応援するサポーターで埋め尽くされることが予想されている。タイも初戦サウジアラビア戦を落としたことから必勝を期しているのはもちろん、対日本への強い感情もあるという。
フットボールチャンネル・タイのマルワク・タンニョム編集長は「打倒日本という強い感情がある。リオ五輪を懸けた女子バレーボールの試合で、タイは接戦の末、日本に敗れた。あの試合のジャッジに不信感を持っているタイ人は多い。そういう感情も重なって、いつも以上に勝ちたい気持ちが強い」と解説する。
とはいえ、アウェイが厳しい環境であることは当たり前のこと。W杯でこれまで以上の成績を残したいのならば、そういうディスアドバンテージも跳ね返す実力は必要だ。負けは許されなくなったタイ代表戦。運命の一戦は現地時間明日19時15分(日本時間21時15分)キックオフだ。
(取材・文:植田路生【バンコク】
フットボールチャンネル9月5日 20時39分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160905-00010035-footballc-socc

http://www.j-cast.com/2016/05/19267273.html?p=all

続きを読む

元日本代表選手「ハリルが監督になって後半に追いつかれることが増えた・・・それは、選手交代がヘタだから」

「99%イラクに勝てた」「選手交代がヘタ」 元日本代表選手からも、ハリルへの不満が爆発!

元日本代表選手たち多くのは、イラクに99%勝てたと感じていた。
後半62分に井手口陽介が負傷し、交代枠を1枚使わざるを得なくなったあたりから、
ハリルホジッチ監督が迷走し始める。70分には、「まだまだやれた」と試合後に語った原口元気も途中交代させる。この采配に、とある元日本代表選手はあきれていた。
「原口はまだ全然プレーができたし、試合の流れも決して悪くなっていなかった
ハリルが日本代表の監督になってから、後半に追いつかれることが増えた。
それは、選手交代がヘタだから。“またいつものパターンか”って、みんなで話していましたよ」。
その不安が的中する。原口を交代させた直後、久保裕也がドリブル突破後に足を痛め、
さらに酒井も足を引きずり始める。
そして、原口を交代させた2分後に痛恨の同点ゴールを奪われる。
酒井は棒立ち状態で、GK川島永嗣と吉田麻也のミスをフォローすることができなかった。
http://news.livedoor.com/article/detail/13203145/

続きを読む