ラウドルップ、ストイコヴィッチ、リュングベリ…ユーロでプレーした歴代外国人Jリーガーを振り返る

グループリーグ全日程が22日に終了し、出場24カ国から決勝トーナメントに進出した16カ国へと絞られたユーロ2016。 25日からはいよいよ一発勝負のノックアウトラウンドが始まる。今回は「ユーロでプレーした外国人Jリーガー」をまとめてみた。 知っているようで意外と知らない、ユーロとJリーガーの歴史を振り返ってみたい。
■ミカエル・ラウドルップ
ヴィッセル神戸(1996-1997)
デンマーク代表(1984、1988、1996)
弟のブライアンとともに、「ダニッシュ・ダイナマイト」と恐れられた80年代のデンマークを象徴するスーパースター。20歳で参加したユーロ84年大会でベスト4進出に貢献。88年大会でも1ゴールを挙げ、グループリーグ敗退に終わったチームのなかで気を吐いた。92年大会は予選を通じて活躍し、デンマークも内戦による制裁を受けたユーゴスラヴィアに代わって本大会の出場権を得たものの、メラー・ニールセン監督との意見の相違から参加を辞退。彼のいないチームは優勝を果たしている。4年後の96年大会では主将を務めたものの、1勝1分1敗の成績で大会を後にした。
クラブレベルでは1985-86シーズンにユヴェントスでスクデットを勝ち取り、バルセロナでリーグ4連覇を果たすなど、数々のタイトルを獲得。1994年に宿敵レアル・マドリードへ禁断の移籍を果たし、ここでもリーグ制覇を成し遂げた。
キャリア晩年の地として選んだのは日本。1996年に当時JFLのヴィッセル神戸に移籍し、Jリーグ昇格に貢献。翌年にJリーグで3試合に出場したのち、アヤックスからのオファーを受けて退団した。スター然とするのを嫌い、神戸時代の背番号にあえて5番を選んだのは彼の人柄を物語る有名なエピソードとなっている。
■ギド・ブッフバルト
浦和レッドダイヤモンズ(1994-1997)
ドイツ代表(1984、1988、1992)
80年代~90年代にかけて西ドイツ、統一ドイツ代表を支え続けたセンターバック。決勝戦でアルゼンチンのMFディエゴ・マラドーナをマンマークで封殺し、優勝の立役者の一人となった1990年のワールドカップがキャリアのハイライトだが、ユーロにも3大会連続で出場。84年、88年大会こそ控えだったが、92年大会ではレギュラーの座を守り、準優勝を成し遂げた。
1994年のワールドカップ・アメリカ大会を最後にドイツ代表を引退。その後、10シーズンにわたり所属したシュトゥットガルトに別れを告げて、当時、Jリーグの創設以来、不振に苦しむ浦和レッズに移籍した。彼の加入により劇的に守備が改善した浦和は、1995年の1stステージでは3位に輝くなど、成績も大幅に向上。浦和では1997年まで3年半にわたりプレーし、個人としても1995年、1996年に2年連続でJリーグのベストイレブンに選出された。さらに2004年には監督として浦和に復帰し、Jリーグと天皇杯の二冠優勝を達成した。
■ピエール・リトバルスキー
ジェフユナイテッド市原(1993-1994)
ブランメル仙台(1996-1997)
西ドイツ代表(1984、1988)
身長168㎝と小柄ながら、繊細なボールタッチと滑らかなドリブルで敵を置き去りにし、「ドリブラルスキー」の異名を取った80年代を代表する名ウィング。ベルリン生まれだが、父親の先祖はロシア系であり、当時の西ドイツでは珍しい移民系選手の先駆けとしても注目を集めた。
1981年に西ドイツ代表に初選出され、3度のワールドカップに出場。うち90年大会で優勝、82年、86年大会でともに準優勝に輝いた。一方のユーロはといえば84年大会は2試合に途中出場したのみでグループリーグ敗退、地元開催の88年大会ではレギュラーを確保していたものの、準決勝のオランダ戦でまさかのスタメン落ち。途中出場の10分後に相手FWマルコ・ファンバステンにゴールを決められ敗退するなど、失意を味わっている。
クラブキャリアの大半を過ごしたケルンを離れ、1993年のJリーグ開幕前にジェフユナイテッド市原に加入。衝撃的なプレーの数々で鹿島アントラーズのジーコらと共にリーグの黎明期を盛り上げた。1995年に引退したが、翌年に現役復帰して当時JFLのブランメル仙台(現・ベガルタ仙台)でもプレー。監督としても横浜FCなどを率いた。

続きは↓の記事から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00460658-soccerk-socc

続きを読む

メッシさん、コパ敗退はブラジルの審判買収と爆弾発言!?

「僕は表彰式には出なかった。なぜならこの大会の汚職の一部である必要はないからだ。僕らに対するリスペクトが欠けている!」
「審判のせいで僕たちは決勝進出できなかった!」
「僕はいつだって正しい!いつだって正直だ!」
「この大会はブラジルが優勝することが決まってる!ブラジルは審判買収してるからペルーが可哀想だけどね!」


続きを読む

元日本代表監督・アギーレさん、エジプト代表の監督も解任される


エジプト代表を率いていた元日本代表監督のハビエル・アギーレ氏が解任された。英メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。
現在エジプトで開催中のアフリカ・ネーションズカップ2019で、リバプールのFWモハメド・サラーなどを擁する地元エジプト代表はグループステージを順調に首位通過。だが現地時間6日に行われた決勝トーナメント1回戦(ベスト16)の南アフリカ戦に0-1で敗れ、まさかの早期敗退に終わった。
エジプトサッカー協会のハニ・アボ・リダ会長は試合終了から数時間後にアギーレ監督の解任を発表。その上で自身も辞任することを発表し、他の協会首脳陣に対しても辞任を求めている。
メキシコ出身のアギーレ氏は2014年夏に日本代表監督に就任したが、翌年1月のアジアカップを終えたあと、スペインでの八百長疑惑裁判の影響で契約を解除。その後UAEのアル・ワハダ監督を経て、昨年8月に2022年カタールワールドカップまでの4年契約でエジプト代表監督に就任していた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190707-00329725-footballc-socc

続きを読む

【画像】スペインへ出発する久保建英!


スペイン1部レアル・マドリードに移籍した日本代表MF久保建英(18)が7日、成田空港発の航空機でスペインに飛び立った。
“日本サッカー界の至宝”はマスクをし、白いTシャツにグレーのスウェットの出で立ちで姿を現した。空港スタッフに付き添われ、一番最後に搭乗。報道陣から声を掛けられた際には言葉こそ発しなかったものの、会釈で応えた。
今後は8日にチームに合流し、9日に合宿地カナダに出発予定。17日に開幕するインターナショナル・チャンピオンズ杯(アメリカ)では20日にバイエルン・ミュンヘン、23日にアーセナル、26日にアトレチコ・マドリードと対戦し、“銀河系軍団”の一員としてお披露目される可能性もある。
久保は1季目は3部所属のBチームでプレーする見通し。ただ、元フランス代表MFのジダン監督の要望もあり、まずはトップチームで記念すべき第一歩を刻む。
7/7(日) 11:40配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00000162-spnannex-socc

続きを読む

サッカー解説・松木さんの「いいボールだ!」は本当にいいボールか検証してみたw

サッカー日本代表がアジアNo.1の座をかけてカタールと戦うアジア杯決勝は、2月1日23時(日本時間)にキックオフとなる。今大会の決勝トーナメントはいずれもテレビ朝日系列で中継されており、決勝戦の解説は松木安太郎氏と中山雅史氏が務める。
松木氏の解説でよく耳にするのが「いいボールだ!」という言葉だろう。だが、松木氏のいう「いいボールだ!」は本当に「いいボール」なのか。松木安太郎研究家で、ライターの岡野誠氏が検証する。
まずは、決勝トーナメントに入ってから松木氏が「いいボールだ!」(同義と判断できるサウジ戦後半28分の「ナイスボーおう!」も含む)と叫んだ時の状況と結果を挙げてみよう。
以下、選手が蹴った直後の「いいボール」に限定して列挙する。ラインを割った後の「いいボール」、VTRを見ながらの「いいボール」は除く。大きく逸れた場合は×、クリアされたが角度的に合っていれば△、わずかな競り負けは○、日本選手が競り勝てば○とした。
【決勝トーナメント1回戦 サウジアラビア戦】
前半26分:「おお、いいボールだ!」 南野が右サイドからクロス → × 大きく逸れる
前半28分:「ナイスボーおう!」 堂安が右サイドからクロス → △ 相手がヘッドでクリア
後半15分:「おーいいボールだ! いいボール!」 柴崎のCK → ○ 惜しくも吉田麻也に合わず。相手がヘッドでクリア
後半39分:「よし、いいボールだ! きた!」 柴崎のFK → ○ 惜しくも遠藤に通らず。相手がヘッドでクリア(結果はゴールキックに)
【準々決勝 ベトナム戦】
前半8分:「うん、いいボール」 酒井宏樹が右サイドからクロス → △ 相手クリア
前半23分:「いいボールだ!」 柴崎のCK → ○ 吉田麻也ゴールも、VARにより取り消しに
前半42分:「いいボールだ!」 柴崎のCK → ○ 冨安ヘッドで逸らす
まとめると、以下のような結果だ。
サウジ戦:2勝1敗1分
ベトナム戦:2勝0敗1分
イラン戦:1勝0敗0分
3試合合計:5勝1敗2分
なんと勝率8割3分3厘。△判定を×判定に変えても、勝率6割2分5厘。意外にも今大会の松木氏の「いいボールだ!」は本当にいいボールである確率が高い。いずれもゴール前のクロスに反応しており、選手がシュートする前に「いいボール」と言っている。決して結果論で「いいボールだ!」と言っているわけではない。
https://www.news-postseven.com/archives/20190201_861313.html

続きを読む

日本代表・伊東純也はベルギーリーグで通用する?


2/1(金) 2:50配信
スポーツ報知
【柏】MF伊東がベルギー・ゲンクに期限付き移籍…日本代表“スピードスター”が初の欧州挑戦
今季からJ2に所属する柏の日本代表MF伊東純也(25)が、ベルギー1部で現在首位に立つゲンクに期限付き移籍することが31日、分かった。既に両クラブ間で条件面などは合意に達しており、近日中にも発表される見通し。アジア杯でも決勝まで4試合に出場している俊足のアタッカーが、初の欧州挑戦を迎える。
日本代表の“スピードスター”が、さらなる成長を求めて海を渡る。ベルギーリーグに精通する関係者によると、ゲンクは伊東のスピードや得点力を評価し、以前から注目。ドイツ1部のフランクフルト、デュッセルドルフなども興味を示していたが、獲得を強く望んだゲンクと、完全移籍のオプションも付いた期限付き移籍がまとまった。アジア杯後にベルギーへ渡り、チームに合流する。
伊東は16年に甲府から柏に移籍し、3シーズンでリーグ戦19ゴールを挙げ、Jリーグを代表するサイドアタッカーに成長した。しかし、昨季、柏はJ2に降格。伊東も主力としてその責任を痛感した。一方で、日本代表の大半が欧州組となり、競争を勝ち抜くためには自身にも海外でのプレーが必要と決意。伊東には複数のJクラブも興味を示したが、“柏愛”もあり、国内移籍は封印し、ゲンクでのプレーを選んだ。
ゲンクはかつて日本代表FW鈴木隆行氏(スポーツ報知評論家)が、02年の日韓W杯・ベルギー戦で決めたゴールも評価されて加入したクラブ。ベルギー1部で3度の優勝を誇るが、近年は2010―11年シーズン以来、タイトルに届いていない。しかし、今季はここまで首位を快走。8季ぶりの優勝へ、伊東には後半戦のキーマンとして期待がかかる。
優勝すれば来季、欧州チャンピオンズリーグの本戦出場権も獲得し、さらなるステップアップのチャンスもつかむことになる。アジア杯決勝でも試合の流れを変えるスーパーサブとして、その快足に期待がかかる背番号14が、ベルギーの地で勝負をかける。
◆伊東 純也(いとう・じゅんや)1993年3月9日、神奈川・横須賀市生まれ。25歳。逗葉高から神奈川大を経て、2015年に甲府に入団。16年に柏へ移籍。J1リーグ通算131試合23得点。17年に日本代表デビューし、11試合2得点。176センチ、68キロ。血液型A。独身。
◆ゲンク 1988年設立。ベルギー・リンブルフ州のゲンクに本拠地を置く。ホームスタジアムはルミヌス・アリーナ(2万4956人)。クラブカラーは青、白。獲得タイトルはリーグ戦優勝3回(98―99年、2001―02年、10―11年)、リーグ杯4回(97―98年、99―00年、08―09年、12―13年)。かつて02―03年には日本代表FW鈴木隆行が所属。ロシアW杯で日本と対戦したベルギー代表GKティポ・クルトワ(レアル・マドリード)は同クラブ出身。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00010000-spht-socc
https://amd.c.yimg.jp/im_siggp56IBuNMDN6kj0.GkHt8LQ—x562-y900-q90-exp3h-pril/amd/20190201-00010000-spht-000-1-view.jpg

続きを読む