アジア

ベトナムでは左足でボールを蹴ると「ホンダ」と呼ばれる?


東南アジア地域で唯一の8強入りを果たしたベトナムの快進撃が続いている。W杯アジア最終予選への出場は一度もなく、FIFAランクは日本のちょうど2倍となる100位。
しかし、侮ることなかれ。2014年にベトナムの第2の都市、ホーチミンに2週間滞在し、社会人リーグの公式戦2試合に助っ人外国人として出場した岡島智哉記者が、
日本に憧れる“隠れたサッカー大国”ベトナムのサッカー事情を「見た」。
ベトナム人はサッカーを知っている―。
それが第一印象だ。欧州のサッカーリーグが頻繁にテレビ放送されており、覚えたテクニックを見よう見まねで披露する。
小柄だが、動きは俊敏でプレーの選択も賢い。左足でボールを蹴ると「ホンダ!」と言われ、と笑われた。
日本サッカーにもかなり精通している。多くの子供たちが日常的に芝生でボールを蹴り、土のグラウンドは一度も目にしなかった。文化としての成熟度という面だけなら、ベトナムは日本よりも“サッカー大国”だった。
滞在期間中、ベトナムで女子のアジア杯が開催された。なでしこジャパンは1次リーグでベトナムと対戦。約2万人収容の会場は8割ほどが埋まり、ピッチに熱烈な声援が送られていた。サッカー熱の高さはここでも感じられた。
準決勝の日本―中国では驚きの光景を目にした。ベトナム人グループが太鼓やシンバルなどの楽器を鳴らし、なでしこに大声援を送っていたのだ。どこで購入したのか、日本のユニホームを着ている人や、
「合格」と書かれた日の丸ハチマキをしている人もいた。
聞けば、澤穂希選手の存在すらも知らないという。それでも「ベトナム戦争後、どの国よりも支援をしてくれたから」「日本企業が今度地下鉄を作ってくれる。その恩返しだ!」
「アジア人の誇り・ケイスケホンダを生んだ国だからね」とさまざまな理由から集まってくれたようだ。応援団は決勝にも登場。なでしこ初のアジアVに大きく貢献してくれた。
そんな日本と、アジア杯4強をかけた舞台での対決である。ここ数日、私のフェイスブックのタイムラインが騒がしい。ベトナムの友人たちが、アジア杯8強の躍進、次戦日本戦というワクワクに大興奮しているのだ。
実力に大きな開きがあるが、サッカー後進国だと甘く見ると痛い目に遭うだろう。(岡島 智哉)
1/23(水) 6:10配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00000241-sph-socc

続きを読む

アフリカ欲張りすぎワロタwww出場枠が48か国に拡大する2026年W杯で5枠から10枠を希望!


サッカーW杯の参加国が2026年大会から48か国に増えることについて、国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長に対し、アフリカ側が出場10枠を求めていることが明らかになった。
インファンティーノ会長は現在、数日間の日程でアフリカ大陸の各国協会会長と会談し、出場枠拡大と新しいサッカー発展プロジェクトについて説明を行っており、南アフリカサッカー協会のダニー・ジョーダン会長は22日、国内のラジオで「どの協会も拡大を支持しているし、アフリカは10枠を希望する」と語った。
現行の32か国から48か国に拡大する案は、1月にFIFAの評議会で承認され、2026年大会から実施されることが決まった。48か国が3チームずつ16組に分かれてグループリーグを戦い、1位と2位のチームが決勝トーナメントに進む形となる。
1998年のフランス大会から、アフリカは出場枠5を維持しているが、目立った成績は残せておらず、ベスト8が過去最高となっており、大陸から2か国が決勝トーナメントに進めたのも、2014年ブラジル大会が初めてだった。
南アフリカとは別の協会の会長は、匿名を条件にインファンティーノ会長との会談について明かし、「有意義な会合だった。FIFAの会長と直接、われわれの組織運営にかかわることについて話し合えたのは良かった」とコメントしていた。
インファンティーノ会長本人は、滞在していた南アフリカ・ヨハネスブルクで報道陣に口を開かず、ジンバブエサッカー協会のフィリップ・チヤングワ会長の誕生パーティーが行われるハラレへ飛んだ。
24日にはウガンダを訪問し、同国連盟のヨウェリ・ムセベニ会長と会う予定となっている
AFP=時事2/23(木) 11:43配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000015-jij_afp-socc

続きを読む

カタールW杯の出場枠・・・「アジア枠」は8枠か8.5枠?


カタール一国では厳しく、周辺国と連携できればあるいは…
現地時間3月15日の金曜日、アメリカのマイアミで開催されるのがFIFA(国際サッカー連盟)評議会だ。複数の重要な議題が話し合われるということで、世界中のメディアが注目している
今回の3大テーマとされているのが、以下の案件だ。
・カタール・ワールドカップから出場枠を48に増加すべきか。
・現行のクラブワールドカップを廃止して、4年に一度の24チーム参加による大会にモデルチェンジする。最短の開催は2021年夏。
・UEFA(欧州サッカー連盟)が始めたネーションズリーグのワールドワイド版、「グローバル・ネーションズリーグ」の創設。
なかでも最大の関心事は、やはり2年後のワールドカップの出場枠だろう。2026年大会(アメリカ・カナダ・メキシコの共催)から採用される公算が高かったが、ジャンニ・インファンティーノFIFA会長がみずから陣頭指揮に立ち、強力にカタール大会での前倒しを推進しているという。日本代表にも直結し、今年秋からスタートする予定のワールドカップ予選にも当然影響するトピックスだ。
はたして実現の可能性はいかほどなのか。アメリカの大手スポーツネットワーク『ESPN』がFIFAの狙いと実現性を徹底解析しているので、その見解をお伝えしよう。
同メディアは結論として、「今大会ではまず難しいだろう」と見ている。
カタールは国土が狭く人口も少ない。ホストカントリーとしての開催能力は現行の32か国を迎えるだけでも手いっぱいの状況。そもそも2026年大会の3か国はカタールと比べて、人口で200倍、国土で2000倍もの差があるため、48か国での開催も問題なしとFIFAがお墨付きを与えていたのだ。
しかしながらインファンティーノ会長とその推進グループは、2026年大会と同様にカタールの周辺国を巻き込めば、2022年大会でも開催できると踏んでいるという。クウェートやオマーンが該当国なのだが、『ESPN』は「数か所のスタジアムを改装・改築するにしても、この2か国が開催条件を満たすのは厳しい」と予測。「やはりサウジアラビア、バーレーン、エミレーツ(UAE/アラブ首長国連邦)の3国の協力が不可欠だ」と論じている。
日本時間土曜日のAM2時から記者会見を予定
ご存知の通り、カタールはそれらの国々とほぼ国交を断絶している状態だ。カタールが国際テロ組織を支援しているという理由で、物とひとの往来が基本的に禁止されている。『ESPN』が48枠への増枠を不可能と見ているのはまさにこれが最大の要因なのだが、インファンティーノ会長に別の野心があるのではないかと推測している。
「インファンティーノの反対勢力からは、こんな声が聞こえてくる。もし共同開催に漕ぎつけ、中東のこの緊迫した状況をフットボールによって平和的に緩和できたとしたなら、彼はノーベル平和賞の有力候補となるだろう、と。いずれにせよ、今回の評議会での決定が最終ではない。7月にパリで行なわれるFIFA総会で“青信号”かどうかが決まるのだ」
ちなみに「16枠」増えることで、FIFAはおよそ4億ドル(約444億円)の増収が見込まれるという。そして気になる「アジア枠」だが、こちらは8枠か8.5枠へと倍増する可能性が高く、開催国のカタールを加えれば9枠または9.5枠となる計算だ。今秋以降に予選を戦う森保ジャパンにとっては驚くほどハードルが低くなるが……。結果的にどんな採決が下されるのか、注目だ。
FIFAは評議会の結果を受けて、日本時間の3月16日午前2時から記者会見を行なうと発表。その模様は公式YouTubeでもライブ中継される予定だ。
3/15(金) 5:45配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190315-00010004-sdigestw-socc&p=1

続きを読む

トゥールーズ昌子源、ロシアW杯以来の日本代表へ!


日本協会は14日、キリンチャレンジ杯(22日のコロンビア戦、26日のボリビア戦)に向けて、日本代表選手を発表する。DF昌子源(26)=フランス1部トゥールーズ=が昨夏のW杯ロシア大会以来、約8カ月ぶりに復帰することが13日、複数の関係者への取材で分かった。新天地で定位置を確保する日本屈指のディフェンダーが、森保ジャパンに初めて招集される。
2022年W杯カタール大会に向けて強化を進める森保ジャパンに、頼もしい男が戻ってくる。今季フランス1部で活躍するDF昌子の代表復帰が明らかになった。複数の関係者によると、指揮官は移籍後のリーグ戦全8試合にフル出場中の昌子を、キリンチャレンジ杯のメンバーに入れることを決断したという。
1月のアジア杯で準優勝した日本にとって、6月の南米選手権(ブラジル)が次のターゲットになる。その前哨戦として22日にコロンビア、26日にボリビアと対戦する。森保監督は「アジア杯から多少選手を入れ替えながらやっていきたい」と明かしており、移籍先で奮闘する昌子に白羽の矢を立てた。
昌子は昨夏のW杯ロシア大会で守備の要として活躍。国内組(当時鹿島)で最多の4試合中3試合に出場した。その後のけがや、今年1月に海外移籍したこともあり、森保監督就任後の日本代表に招集されていなかった。
1月のアジア杯で、20歳のDF冨安が成長を示したが、指揮官は欧州5大リーグで主力として活躍する昌子を高く評価。アジア杯後の欧州視察では、昌子の元を訪れていた。
「代表は戻らなければいけない場所。まずはしっかりと成長して帰ってきたい」と移籍前に話していた昌子。渡欧からわずか3カ月だが、得たものは大きい。成長した姿を日本のファンに見せる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000024-sanspo-socc

続きを読む

日本代表・森保監督、海外視察で香川真司・中島翔哉は見に行かない模様・・・


2/16(土) 19:54配信
<富士ゼロックス・スーパー杯:川崎F1-0浦和>◇16日◇埼玉
J1で2連覇中の川崎フロンターレが、1-0で前年度の天皇杯王者・浦和レッズを下した。新加入のブラジル人FWレアンドロ・ダミアン(29=前インテルナシオナル)の1発で平成最後の王者になった。
日本代表の森保一監督(50)が視察した。アジア杯代表の浦和DF槙野、負傷離脱した川崎FのMF守田らの動きを確認し「槙野はW杯から休みがない中でタフに状態を整えている。守田も、いつでも出られる状態と示してくれた」と評価。
来週にも出発する2度目の海外視察に関しては、今冬に新天地を選んだトルコ1部ベシクタシュ香川、カタール1部アルドハイル中島について「今のところ行く予定はないです」と話した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-60000997-nksports-socc
続きを読む