アジア

Jリーグと本田圭佑がいる豪州リーグの違い


元オーストラリア代表監督で、現在は横浜F・マリノスを率いているアンジェ・ポステコグルー監督は、Jリーグでの最初のシーズンを終えて、オーストラリアへ帰国した。現地での取材に応じたポステコグルー監督は、Jリーグには多くのヒントがあると母国メディアに語っている。豪メディア「FTBL」が、53歳の監督のコメントを伝えている。
オーストラリアのクラブは、ヨーロッパや南米から外国籍選手を補強することを好む傾向にある。かつて元日本代表MF小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)がウェスタン・シドニー・ワンダラーズで活躍しても、今季からメルボルン・ビクトリーで元日本代表MF本田圭佑が活躍しても、その趣向は変わっていない。
オーストラリアサッカー連盟(FFA)は2017年から、自国のリーグであるAリーグに、従来の外国籍選手枠「4」に加え、アジア枠「1」を設けることにした。しかし、Aリーグの強化、そして発展を目的にしたこの施策が、機能しているとは言いにくい状況だ。実際に18-19シーズン、Aリーグで新たにプレーしているアジア人選手は、本田だけとなっている。
今季の横浜FMは、12勝5分17敗という成績を残し、12位でシーズンを終えた。それでもシティ・フットボール・グループ(CFG)が株を所有していることもあり、オーストラリアでは同国のクラブと日本のクラブには、設備面で差があると考えられている。これに関して、ポステコグルー監督は、きっぱりと否定した。
「正直なところ、両国のクラブに設備面でそれほど大きな差はない。CFGが保有している株は20%であり、クラブは設備面での向上を目指しているところだ。日本の中でも、決してビッグクラブではない。でも、それは問題ないんだ。それは承知していたことだし、設備を発展させることも、現在取り組んでいるチャレンジの一つだ。日本は良い。素晴らしい。私は(日本で)とても楽しんでいるよ」
設備面ではオーストラリアと日本に、大きな違いはないと語ったポステコグルー監督。彼が、両国のリーグで最も違いを感じたのは、近隣の国とのつながりだったという。
「日本はアジアで勝てなかった時期、すぐに海外の指導者や近隣の国から学ぶ体制を作り、自分たちのプレーを向上させていった。12カ月、日本で暮らして、彼らは常に向上したいと考えていることを強く感じたよ」
12/21(金) 7:40 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181221-00155663-soccermzw-socc&p=1

続きを読む

セルジオ越後「今のU-19日本代表に、俊輔や小野、香川はいるの?」

Jリーグでは“それなりの成長”しか期待できない。
日本の現状はどうかと言えば、A代表に引き上げられるような人材がいるとは思えない。
「飛び級でハリルジャパンに入れるべき!」といった記事もほとんど目にしない。世界を見渡せば、19歳ならA代表に入っていてもおかしくはないんだけどね。
ポルトガル代表のレナト・サンチェスなんて、今年のユーロ優勝に貢献しているからね。

日本にもそういう選手がいなかったわけではない。中村俊輔や小野伸二をはじめ、香川真司、内田篤人も19歳でA代表に選出されている。
でも、彼らのような選手が最近はめっきり少なくなってきているよね。
5大会ぶりのU-20ワールドカップ出場は、もちろん喜ばしいことだ。でも、満足していてはダメだし、浮かれてほしくない。過去を振り返って比べてみて、そこで今の日本の実力や成長をしっかりと見極めることが必要だ。
ケチをつけるつもりはないし、相手の国を悪く言うつもりもないけど、タジキスタンやベトナムに勝ったとはいえ、諸手を挙げて賞賛するのは少し違うんじゃないかな。
もっと言えば、アジアというカテゴリーで、勝った負けたと騒ぐような時代は、もう終わりにしなければならないと思う。
日本の実力に疑問が沸いてくるのは、Jリーグに問題があるのかもしれないね。U-19代表の何人かの選手たちは、所属クラブで試合に絡めてはいるけど、リーグ自体のレベルが落ちてきているから、それなりの成長しか期待ができない。
バーレーンで開催されているU-19アジア選手権で、日本は準決勝でベトナムに3-0と圧勝し、決勝進出を決めたね。
その前の準々決勝ではタジキスタンを4-0と退け、4強入りを果たし上位4か国に与えられる来年のU-20ワールドカップ出場件を獲得している。
この年代は過去4大会、ワールドカップに出られない時期が続いたけど、久々の世界行きを決めて、まずは一安心といったところかな。
バーレーンでの大会を通してみると、波乱が多かった印象を受けるよ。韓国やオーストラリア、北朝鮮がグループステージで姿を消す一方、タジキスタンやベトナムなど、アジアでそこまで強いと思われていない国の躍進が目立った。
これはいったいどういうことなのか。アジア全体のレベルが上がってきていると言えるかもしれないけど、ディフェンディングチャンピオンのカタールさえ、決勝トーナメントに進出できなかったんだ。不自然というか、どうにも違和感が拭えないよ。逆に、全体のレベルが下がってきているんじゃないのかな。
サッカーの質を見ても、みんな似たり寄ったりだよね。どの国も“早送りサッカー”というか、一生懸命にプレスをかけて、ボールを奪ったら縦に速く行こうとする。個々を見ても、飛び抜けた才能を持つ選手が見当たらない。
つづく
SOCCER DIGEST Web10/28(金) 17:05配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161028-00020083-sdigestw-socc

続きを読む

【動画】英紙も称賛する韓国代表ソン・フンミンの衝撃ミドル弾!


ペナルティーエリア外から左足一閃、トットナムの2-0勝利に貢献
トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは、現地時間8日に行われたレスター・シティ戦(2-0)に先発出場。前半終了間際にペナルティーエリア外から左足で強烈なミドルシュートを叩き込み、英メディアから「スペクタクル」と称賛された。
0-0で迎えた前半アディショナルタイム1分、ソン・フンミンはペナルティーエリア手前の右サイドでパスを受けると、ドリブルで中央へ切れ込む。そして対峙したDFのプレッシャーを受ける前に左足を振り抜くと、カーブのかかった鋭いボールが勢い良くゴール左隅に突き刺さった。
この一撃を英紙「デイリー・メール」は、「スペクタクルな先制点」「鮮やかカールショットがゴール左隅に」と報じた。今季序盤戦はアジア大会参加のために出遅れたソン・フンミンだが、直近4試合で3得点1アシストとゴールに絡む活躍を続けている。
また、ソン・フンミンはレスター相手に愛称が良いというデータも残っている。特に先発した際には確かな結果を残しているようで、データ分析会社「オプタ」によれば今節を含むスタメン出場したレスター戦では、2試合で3得点1アシストだと伝えた。
ドイツ時代には“ドルトムント・キラー”として知られていたソン・フンミンだが、イングランドでは新たに“レスター・キラー”ぶりを発揮している。
https://www.football-zone.net/archives/153024

続きを読む

中国スーパーリーグに日本人選手が来ない理由


2018年11月21日、中国のポータルサイト捜狐に、「サッカーの中国スーパーリーグ(1部)
に日本人選手がいない秘密を暴く、彼らはお金に全く興味ないのか?」とする自メディア(新興メディア)の記事が掲載された。
記事はまず、「中国スーパーリーグを長く見ていると、多くのファンは日本人選手がいないことに気づくだろう。アジア圏の選手のほとんどが韓国人だ。実力から言えば、日本サッカーのレベルは韓国より上なのに」とした。
その上で、日本人選手がいない原因として、まず「中国クラブが求める外国人選手のタイプ」が関係しているとした。記事は「中国スーパーリーグの各クラブは一般的に、アジア人選手を1人登録しているが、
そのポジションの多くがDFやボランチだ。日本人はテクニックにたけているがフィジカルが弱い選手が多く、中国スーパーリーグのフィジカル重視のスタイルに合わない」とした。
これには「外国人枠」の問題もあり、これまでは非アジア圏の選手3人とアジア圏の選手1人の計4人が試合に出場できたが、現在は出場できるのは延べ3人までとなったため、アジア圏の選手は出場機会を失っていると指摘した。
次に「日中関係」を挙げた。記事は「中国との歴史上のもつれは深い。日本人選手は、たとえ国内や小国のリーグで控えに甘んじるとしても中国には来たがらないようだ。
近年の日中関係の緊張もあり、中国クラブのオーナーも大金をはたいて日本人選手を獲得する気はない」とした。
さらに「中国サッカーの実力」も関係しているとし、「日本人選手は、レベルの低い中国でプレーすることはキャリアの後退と考えているようだ。南米や欧州のピークを過ぎた選手が金目当てに中国に移籍するのとは異なる。
香川真司や本田圭佑のように世界5大リーグでプレーすることが日本人選手の目標なのだ」とした。
記事はこうした分析をした上で、2016年のサッカーのクラブワールドカップ決勝で、スタメンがオール日本人の鹿島が欧州王者のレアル・マドリー相手に大善戦したことなどを挙げ、
「将来的に、中国スーパーリーグのピッチに立つ日本人選手も出てくるだろう。彼らが中国サッカーのレベルアップに貢献してくれるのなら大歓迎だ。だが金もうけのためという考えならお断りだ」と結んだ。(翻訳・編集/柳川)
2018年11月24日(土) 14時0分
https://www.recordchina.co.jp/b664353-s0-c50-d0054.html

続きを読む

リオ五輪代表・手倉森監督がフル代表のコーチへ!?ハリル監督、日本人参謀を熱望!

◇W杯アジア最終予選B組 日本2―0タイ(2016年9月6日 ラジャマンガラスタジアム)
日本代表はタイ戦から一夜明けた7日、本隊が中部国際空港着の航空機で帰国した。W杯アジア最終予選最初の2試合を終えて1勝1敗。苦難のスタートを受け、バヒド・ハリルホジッチ監督(64)は選手のパイプ役となる日本人コーチの重要性を痛感。リオデジャネイロ五輪で日本を率いた手倉森誠氏(48)と8日に話し合いを持ち、コーチ復帰の可能性を探るが、霜田正浩ナショナルチームダイレクター(ND=49)がコーチに就任する可能性も浮上している。
解任危機を脱したハリルホジッチ監督が、チームの強化を加速させるために動く。リオ五輪で日本を指揮した手倉森氏と、8日に都内で会談。元A代表コーチで、昨年11月から五輪代表に専念した同氏と2人で話し合い、コーチ復帰の可能性を探る。西野技術委員長は「監督に、チームに戻ってきてほしいという思いがなければ、2人の話し合いは持たないと思う。サッカー観とか現状について話し合ってもらい(正式要請は)それからです」と語った。
苦難のスタートとなったW杯アジア最終予選を受け、ハリルホジッチ監督は日本人コーチの必要性を痛感した。現在A代表には早川コンディショニングコーチと浜野GKコーチがいるが、練習中に監督と選手の間に入る機会が多いボヌベー・コーチ、モワンヌ・フィジカルコーチはフランス人で日本語での会話はできない。選手との距離が近く、成長が期待される浅野、大島らリオ世代の信頼も厚い手倉森氏は“潤滑油”として、うってつけの存在といえる。
この日、都内のJFAハウスに姿を見せた手倉森氏は「日本サッカー界のために力を尽くしたい気持ちは強い」とした上で「どんな役割で必要とされているのか、直接、監督から聞きたい。(W杯アジア最終予選の)UAE戦、タイ戦は日本代表にとって試練だった。そこにいなくて、急に戻るのはどうなのかという思いもある」と語った。
コーチ復帰が実現するかは流動的。手倉森氏との交渉が決裂すれば、霜田NDがコーチに就任する可能性もある。霜田NDはハリルホジッチ監督の招へい時に技術委員長を務めており、試合でベンチに入るなど信頼関係は強い。現在は技術委員長職から外れており、コーチ就任に支障はない。
スポニチアネックス9月8日 7時28分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160908-00000065-spnannex-socc

続きを読む