イニエスタ

【動画】イニエスタの珍ハプニングに海外は驚愕・・・


清水戦でポドルスキの先制弾を演出も… 看板で転倒の瞬間に母国紙「恐怖のアシスト」

J1ヴィッセル神戸は17日、J1リーグ第4節で清水エスパルスと対戦し、1-1で引き分けた。
神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが先制ゴールを決めた際、アシストした元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが勢い余って看板に乗り上げ、するりと転倒する珍ハプニングが発生。
母国スペイン紙もその決定的瞬間に「恐怖」と注目を寄せている。
試合が動いたのは後半4分だった。左サイドでボールを保持したイニエスタは、ループパスを狙うが、これは相手DF立田悠悟がクリアするも、こぼれ球を拾ったイニエスタがドリブルでエリア内に侵入。
ゴールエリア内まで入り込んで中央にラストパスを送り、こぼれ球をポドルスキが流し込んで神戸が先制に成功した。
だが、ここで思わぬ出来事が起きている。アシストしたイニエスタは勢い余ってゴール裏まで駆け抜け、そこに設置してあったJリーグの三角看板に乗り上げると、足を滑らせてツルリと転倒。
その場で大きく転んで体を打ち付ける事態となった。
幸いにも大事には至らなかったが、ゴール映像ではイニエスタが転倒する様子が収められており、母国スペイン紙「AS」も「イニエスタの恐怖のアシスト」と言及。
転倒した決定的瞬間の1枚を公開し、「ポドルスキにアシストした後に転倒。広告につまづいた」と記している。
試合は後半43分、清水FW鄭大世に同点ゴールを奪われて1-1のドローに終わった。
あと一歩のところで勝利を逃した神戸だが、その結果以上に母国ではイニエスタのハプニングが大きく取り上げられている。
3/17(日) 20:13 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190317-00177025-soccermzw-socc

続きを読む

【動画】ビジャ・イニエスタ・ポドルスキの連携技にファンの心を鷲掴み!「今日のVIPはエグかった!」


神戸が誇るV(ビジャ)、I(イニエスタ)、P(ポドルスキ)の活躍で逆転勝利!
神戸が誇るワールドクラスのスターたちが圧巻のパフォーマンスを見せた。
3月10日、ユアテックスタジアム仙台で行なわれたベガルタ仙台対ヴィッセル神戸の一戦は、開始12分に神戸が先制を許すも、圧倒的なボール支配で主導権を奪う。そして、元スペイン代表のアンドレス・イニエスタにダビド・ビジャ、元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキの”VIP”トリオが敵地で猛威を振るう。


32分、イニエスタが極上のピンポイントクロスで古橋亨梧の同点ヘッドをお膳立てすると、後半立ち上がりの46分にはイニエスタの左オープンスペースへのスルーパスでカウンターを発動。古橋のクロスからビジャがねじ込み、逆転に成功する。
さらに、64分には中盤でのボール奪取からビジャが間髪入れずダイレクトで前方に走り込んでいたイニエスタにパスを送ると、後方から駆け上がったポドルスキへスイッチ。ポドルスキからイニエスタの折り返しを狙ったパスが相手DFのオウンゴールを誘発して3点目が神戸に入った。VIPトリオが全3得点に絡む大活躍を見せて、神戸は3対1で仙台に逆転勝利。2連勝を飾った。
このVIPトリオの活躍に、SNS上ではファンの称賛が止まらない。
「今日のVIPはエグかった」
「イニエスタさん半端なかった」
「イニエスタ、ビジャの飛び出し感じすぎ」
「イニエスタ凄すぎました」
「ビジャとイニエスタは別格」
「イニエスタ、ビジャ、ポドルスキの攻撃陣の破壊力やば過ぎ!」
などと3人を絶賛するコメントが並び、世界基準のパフォーマンスはファンの心を鷲掴みにしたようだ。

さらには「今日のヴィッセル神戸は良かった」「神戸の完成度が高まっている」「ビジャポドルスキイニエスタと組むことで古橋がどんどん上手くなって」「イニエスタとビジャのプレーをきょうごが一番感じれる」といった神戸の戦いぶりや1得点・1アシストを挙げた古橋への称賛ツイートも数多い。
このVIPトリオに加えて、神戸は3月7日にFCバルセロナからセルジ・サンペールを獲得。さらなる補強を行なった神戸は、一層その勢いを強めるのか。今後の戦いぶりが注目されるところだ。
3/10(日) 17:03 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190310-00055304-sdigestw-socc

続きを読む

「日本で興味深い都市は広島、長崎、そして大阪!」byイニエスタ


J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、YouTubeチャンネル「Designated Player」の対談で今季から同僚となった元スペイン代表FWダビド・ビジャと対談し、日本生活の“先輩”として「僕たちはここにいられて幸せだと思うよ」と語っている。
そのなかでイニエスタが日本での生活について触れている。
「ここは理想的だよ。というのも、快適にトレーニングができて、サッカーを楽しめるし、それに近くにはいくつもの歴史的な都市がある」
ビジャに向けてそう語ったイニエスタは、続けて3つの都市を挙げた。
「大阪にはさまざまなものがあるし、広島や長崎にもそれぞれ歴史が詰まっている」と言及している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190301-00173066-soccermzw-socc
続きを読む

3人の年齢を合計すると104歳・・・神戸のベテラン「VIP」ビジャ・イニエスタ・ポドルスキの本領発揮はいつ?


2019/02/25 11:40 Numder
https://number.bunshun.jp/articles/-/838430
理想と現実の狭間に、ヴィッセル神戸がいきなり立たされた。
2019年のシーズン開幕をいち早く告げる一戦として、ヴィッセルは2月22日にセレッソ大阪と対戦した。舞台となったのは大阪のヤンマースタジアム長居だが、試合前の注目はアウェイチームに集中していたといっていい。
名字の頭文字を並べて“VIP”と呼ばれるダビド・ビジャ、アンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキのトライアングルが、いよいよJリーグのピッチに立つからである。
ビジャとイニエスタはスペイン代表として、ポルディことポドルスキはドイツ代表として、ワールドカップで優勝した経験を持つ。世界チャンピオンの一員となった外国籍選手が3人同時に出場するのは、Jリーグの27年の歴史で初めてのことだ。
3人の年齢を合計すると104歳のベテランたちは、フィジカルを強みに世界のトップレベルで戦ってきたタイプではない。全盛期は過ぎたものの、衰えは感じさせていない。
現役のブラジル代表がチームを牽引した1990年代の鹿島アントラーズ、横浜フリューゲルス、ジュビロ磐田などを差し置いて、Jリーグ史上最高の外国人トリオが誕生した、と言ってもいいだろう。
【全文はソース先で】
続きを読む

【画像】イニエスタ、大阪・心斎橋筋商店街に出没!大阪の街を堪能!


チームのオフ日にインスタグラム更新、大阪の有名商店街で妻との記念ショットを投稿
J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、今季Jリーグ2シーズン目を迎えるなかで昨季以上の活躍が期待されている。
日本での生活にも慣れ始めたなか、19日に自身の公式インスタグラムを更新。大阪を代表する商店街のひとつ「心斎橋筋商店街」で妻との私服2ショットを公開している。
2002年にスペインの名門バルセロナでトップチームデビューを果たしたイニエスタは、ラ・マシア(バルセロナの下部組織)の最高傑作と称されるなど台頭。
以降はコンスタントに出場を重ね、バルセロナ一筋で16シーズンにわたってプレーした。
昨夏のロシア・ワールドカップ後に神戸への移籍が決まり、7月のリーグ第17節湘南ベルマーレ戦の後半途中からピッチに立ってJリーグデビュー。
8月の第21節ジュビロ磐田戦でJリーグ初ゴールをマークし、最終的に14試合3ゴールの結果を残した。
今季はスペイン代表とバルセロナで共闘した経験を持つFWダビド・ビジャが加わり、在籍3年目の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを含めた海外助っ人トリオに大きな注目が集まっている。
そんななか、イニエスタはチームのオフを利用し、妻のアンナ・オルティスさんとともに大阪に足を運んだようだ。
公式インスタグラムのストーリー(24時間で自動的に削除される動画・写真)に妻との2ショットをアップ。橙色のアウターと同じ色が入ったシューズを着用したイニエスタが、
有名な商店街のひとつである心斎橋筋商店街のアーケード街をバックに妻と記念撮影をしている。これまでも一家揃って様々な場所に赴いているが、大阪の街を堪能したようだ。
22日にJリーグ開幕戦を控え、敵地でセレッソ大阪と対戦する。新戦力ビジャを組み込んだ新生神戸のお披露目となるなか、司令塔のイニエスタはどのようなプレーを見せるのか注目が集まる。
2/20(水) 6:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190220-00171375-soccermzw-socc
続きを読む

「日本のサポーターは負けても喝采を送ってくれるんだ」byイニエスタ


ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、日本で充実した日々を過ごせているようだ。
昨夏に、ここまでの全キャリアを過ごしてきたバルセロナを離れて、Jリーグに挑戦したイニエスタ。スペイン紙『マルカ』の日曜版『プリメーラ・プラナ』とのインタビューに応じた同選手は、日本行きを選択した理由について次のように述べている。
「あれだけ要求が厳しく、激しい日々を過ごしたのだから、もっと個人や家族を大事にできる生活を探していた。でも日本、ひいてはアジアのフットボールを推進する野心的なプロジェクトの一員になることも望んでいた」
イニエスタは来日当初こそ、文化的な違いにとまどいを覚えたようだが、神戸での生活を気に入っている様子だ。
「僕たちはしっかりと適応した。これだけ文化が違うから、最初の数ヶ月こそ厳しいものだったけどね。神戸には海も山もあって、バルセロナに似ている町だ。人々は優しく、敬意を払ってくれる」
また、スペインの辛辣なサポーター文化に慣れてきたイニエスタは、日本サポーターの振る舞いに感銘を受けたという。
「サポーターは敗戦を違う形で受け入れる。彼らは負けても喝采を送ってくれるんだ。それに、もし自分について悪く話していたとしても理解はできない。日本語だからね」
言語に関して冗談も飛ばしたイニエスタではあるが、妻のアンナさんとともに毎週日本語のレッスンを受けているなど、言葉の壁を取り払う努力も怠らない。
また食事のメニューにはラーメン、蕎麦、寿司と、日本食も取り入れているという。
神戸は先に元スペイン代表FWダビド・ビジャも獲得。イニエスタは「ダビドの加入で、攻撃面の効果性は間違いなく改善される。グアヘ(ビジャの愛称、少年の意)とは、ピッチ内外でいつだって理解し合ってきた」と、
バルセロナ、スペイン代表でともに過ごした戦友がチームに力になることを確信している様子。さらに「大きな野心を持って今季に臨むよ。成長するという目標とともに」とも語り、ビジャと一緒に神戸を成功へ導く意欲を示している。
2/18(月) 23:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000035-goal-socc
続きを読む