イニエスタ

「イニエスタはオーストラリアへ!」byオーストラリアメディア

バルセロナに所属する33歳のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、日本ではなくオーストラリア1部に移籍するかもしれない。
8日にオーストラリアメディア『ニュース.com』が報じている。
今季限りでバルセロナを退団することが決定したイニエスタは、以前から中国スーパーリーグの重慶力帆に移籍する可能性が報じられていた。
しかし、重慶力帆が同選手の獲得を否定し、その可能性が消滅している。
次に浮上したのがJ1リーグのヴィッセル神戸に移籍する可能性。
神戸のメインスポンサーでもある楽天がバルセロナのスポンサーも務めていることから、
楽天の三木谷浩史社長がその関係性を活用して、イニエスタ獲得に向けた交渉に臨んでいるとの情報だった。
だが、ここにきてオーストラリアに行く可能性も浮上した。
同メディアによると、イニエスタはオーストラリアの生活環境を気に入っており、「優先的な行き先」として、移籍先候補の最上位に位置しているという。
過去にアレッサンドロ・デル・ピエロ(シドニーFCでプレー)など欧州で活躍した選手が、オーストラリアでプレーしたことも好意的に捉えているようだ。
フットボールチャンネル

イニエスタの移籍先、日本ではなく豪州?「優先的な行き先」と報じるメディアも


続きを読む

「イニエスタは魔法を生み出し続けている」byスペインメディア

イニエスタが相手守備陣を翻弄するループパスでポドルスキのゴールを演出


ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、3日に行われたJ1第31節の名古屋グランパス戦でセンセーショナルなループパスを披露し、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキのゴールをアシストした。このワールドクラスのプレーに、世界からも注目が集まっている。
天才司令塔が度肝を抜くプレーを見せたのは、0-0で迎えた前半10分だった。敵陣中央でボールを受けたイニエスタはブロックを築く相手守備陣の位置を見極めると、空中高く浮かした右足のループパスを選択。相手守備陣の足を一瞬止めると、裏に抜け出したポドルスキが左足のダイレクトボレーをゴール左に流し込み、先制点を奪った。
この見事なアシストに、海外メディアもこぞって反応している。母国のスペイン紙「マルカ」は「イニエスタが日本で魔法を唱えた」と報じると、スペイン紙「AS」も「バルサでも見せなかったようなパス。20mの獰猛なアシスト」と綴り、バルセロナの英雄による圧巻のアシストを称えた。
フランスのテレビ局「RMCスポーツ」は「イニエスタは34歳という年齢の重みを一切感じさせない」「彼のプレービジョンやテクニックは何も失われていない」と賛辞の言葉を送ると、英メディア「スポーツ・バイブル」は「イニエスタがポドルスキへ史上最高に華麗なループパス」と綴り、「イニエスタは我々が目にしたこともないようなことをやってのけた」と、圧巻のアシストを絶賛していた。
試合はその後同点に追いつかれるものの、終盤にポドルスキがこの日2点目となる強烈な決勝ゴールを叩き込み、神戸が2-1と勝利。リーグ7戦未勝利と不振に喘いでいたなかで、イニエスタの類稀なるアイデアが勝利への突破口を切り開く形となった。
11/4(日) 11:40 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181104-00145771-soccermzw-socc

続きを読む

「イニエスタはアイドル!ユニフォームは僕の宝物!神戸にとって重要な選手になる」by香川真司


香川真司「イニエスタはアイドル。一緒にプレーしたかった」。スペイン紙に語る
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181024-00294423-footballc-socc
ボルシア・ドルトムントに所属するMF香川真司は、J1のヴィッセル神戸でプレーする元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは憧れの存在であり、一緒にプレーしてみたかったと語った。スペイン紙『マルカ』がインタビューを伝えている。
ドルトムントは現地時間24日に行われるチャンピオンズリーグの試合でアトレティコ・マドリーと対戦する。試合を前に香川はスペイン紙による電話インタビューに応じた。
「日本のサッカーはスペインから大きな影響を受けています。僕自身も小さな頃からいつもスペインのサッカーを見て学んでいました」と香川。好きなスペイン人選手としてはイニエスタの名前を挙げ、「アイドルです」と述べている。
「マンチェスター・ユナイテッドにいた頃に一度対戦して、アンドレスとユニフォームを交換しました。そのユニフォームは僕の宝物のひとつです」と香川は振り返りつつ、「実は今の(神戸の)ユニフォームも頼みました」と明かした。
「今イニエスタは、僕が生まれた神戸でプレーしています。すごく嬉しいですし、アンドレスが自分の町でプレーすることをすごく誇らしく思います。気に入ってほしいですね」と香川はイニエスタへの思いを語った。
イニエスタを獲得しながらも、神戸はJ1で苦しい戦いが続いている。「残り3試合か4試合なので、劇的な変化はもう難しいと思います」と香川は見通しを示しつつ、「来季を考えればイニエスタは神戸にとって重要な選手になるはずです」と話している。
神戸に移籍するしかない

続きを読む

【ハイライト動画】無敗優勝が掛かっているバルセロナ、メッシに休息与えた結果・・・【レバンテvsバルセロナ】

■リーガ・エスパニョーラ第37節 レバンテ 5-4 バルセロナ
レバンテ:エマニュエル・ボアテング(9分、31分、50分)、バルディ(46分、56分)
バルセロナ:コウチーニョ(39分、59分、64分)、ルイス・スアレス(71分)
13日のリーガ・エスパニョーラ第37節、バルセロナは敵地シウター・デ・バレンシアでのレバンテ戦を4-5で落とした。
リーガ史上初となる無敗優勝達成まで、あと2試合に迫っているバルセロナ。バルベルデ監督はその記録を目標に定めていることを認めながらも、休みを与えるためにメッシを招集外とした。GKテア・シュテーゲン、DFセメド、ミナ、ヴェルメーレン、ジョルディ・アルバ、MFラキティッチ、ブスケッツ、コウチーニョ、イニエスタ、デンベレ、FWルイス・スアレスをこの試合のスタメンとして、4-2-3-1のシステムを採用している。
イニエスタを中心とする流麗なパス回し、ボールロスト時の素早いプレッシングと、立ち上がりはバルセロナがいつも通りの試合運びを見せるように思えた。が、次第に守備のフィルター密度の薄さが浮き彫りとなり、9分にレバンテが先制点を決めた。ペナルティーエリア手前でボールを受けたモラレスが、その驚異的な突破力を誇るドリブルを駆使してエリア内左深くまで突きみ、折り返されたボールをエマニュエル・ボアテングが押し込んだ。
ビハインドを負ったバルセロナだが、メッシや、レバンテで言えばモラレスのようにアタッキングサードで仕掛けられる選手がおらず、決定機を生み出せぬまま時間を過ごす。そして29分にはヴェルメーレンが負傷して代わりにピケがピッチに立ち、31分に再び失点を許す……。イニエスタ&ラキティッチのプレッシングをかわしたルキッチのスルーパスから、E・ボアテングがペナルティーエリア内に侵入。ガーナ人MFは眼前のGKテア・シュテーゲンを置き去りにして、ミナの当たりをものともせず無人のゴールにボールを押し込んだ。
2点差とされたバルセロナは意地を見せ、39分にはコウチーニョが強烈なミドルシュートを突き刺して1点差で試合を折り返す。だが、その後も脆弱な守備を修正することはできない……。後半開始から1分後には、ジョルディ・アルバの縦パスを奪われたことをきっかけにバルディにネットを揺らされて再び2点のビハインドを負う。さらに50分にはルナのお膳立てからE・ボアテングにキャリア初のハットトリックを達成され、56分にはバルディの2ゴール目も許して、スコアはついに5-1となった。
歓喜に沸くシウターと、5失点に呆然とするバルセロナの面々。それでもバルセロナは、一縷の望みにすがるように攻撃を仕掛け続け、58分にコウチーニョがまたも1点を返す。バルベルデ監督はその2分後、デンベレ&イニエスタをパコ・アルカセル&デニス・スアレスに代えて交代枠を使い切った(シウターの観客は、イニエスタに対して大喝采を送る)。
バルセロナは濃厚に見えた敗戦の色を、ここから限りなく薄くしていった。64分にはコウチーニョがペナルティーアークからのシュートでハットトリックを達成して5-3。そして70分にはE・ボアテングがブスケッツを倒したとしてPKを獲得し、キッカーのL・スアレスがしっかりと決め切って5-4…。ついに1点差まで迫った。
しかしながら、バルセロナの怒涛の反撃はここまで。同点に追いつく、敗戦を回避できる5ゴール目は最後まで決めることができず、結局1点ビハインドのままメレロ・ロペス主審による試合終了のホイッスルを聞くことになった。バルセロナの無敗優勝の夢は潰え、昨季から継続するリーガ無敗記録は43試合でストップしている。
GOAL 5/14(月) 5:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000041-goal-socc

続きを読む