オマーン

日本は憎き敵!?「日本に何回負けたと思ってるんだ!なぜ毎回、日本と同組になってしまうんだろうか…」byオマーン地元紙記者


◆アジア杯 ▽1次リーグ第2戦 日本―オマーン(13日、UAE・アブダビ)
オマーン代表取材歴12年の地元紙「トゥーファ」のマタル氏は、日本のサッカー事情にやたらと詳しい。「岡崎慎司はなぜ外れた?」「酒井宏樹と酒井高徳は兄弟だと思っていたよ。あれ、今回は高徳がいないな」「内田篤人は元気か?まだ老け込む年じゃないだろ?」―。なぜそれほどまでに詳しいのか。尋ねると、苦笑いが返ってきた。「日本に何回負けたと思ってるんだ!なぜ毎回、日本と同組になってしまうんだろうか…」
W杯予選では、日本が開催国だった02年大会を除き、98年フランス大会、06年ドイツ大会、10年南ア大会、14年ブラジル大会と、奇跡的に4度も同組に。2分け6敗と日本に勝てず、出場権を逃した。アジア杯でも国際大会初出場となった04年大会で敗戦。オマーンにとって日本は越えられない壁であり、越えなくてはならない壁なのだ。
悲願の日本戦勝利を目指し、韓国とオーストラリア代表監督時代に対日本戦3戦無敗のピム・ファーベーク監督(62)の招へいに成功。GKのA・ラワヒ(24)は「我々にプロとはなんたるかを教えてくれた」と感謝する。ピム監督は公式会見で「日本という偉大なチームに近づくためにも必ず勝ち点3を取る」と息巻いた。
「打倒・日本」へ、マタル記者は「一人ひとりの質はここ数年で一気に伸びた。穴がなくなったね」と自信を見せる。1次リーグ突破のためには、日本戦での敗北は許されない状況。88年の初対戦から31年。何度もはね返されてきた宿敵に、並々ならぬ闘志でぶつかる。(岡島 智哉)
◆オマーン 中東および西アジアに位置する絶対君主制国家。首都はマスカット。面積は約30万9500平方キロメートル(日本の約85%)。人口は約460万人(福岡県とほぼ同数)。1970年にイギリスの保護下から独立。石油や石油製品の輸出を主な産業する。公用語はアラビア語。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000017-sph-socc

続きを読む

日本代表、正念場のオマーン戦!“大迫依存“脱却なるか?


オマーン戦予想フォーメーション

●グループステージ突破のかかる大切な一戦
13日22時30分(日本時間)、森保ジャパンはAFCアジアカップ2019(UAE)グループステージ第2節・オマーン戦に臨む。
9日のアジアカップ初戦・トルクメニスタン戦(3-2)で2ゴールをマークし、チームの窮地を救った大迫勇也(ブレーメン)。その絶対的1トップが13日のオマーン戦直前2日間のトレーニングを欠席した。
●大迫離脱、試されるチームの力
この重要な一戦の布陣を予想すると、まずGKは東口順昭(ガンバ大阪)の出場もあると目されたものの、彼は大迫とともに前日練習を欠席。その可能性はなくなった。
そこで、すでに警告を1枚もらっている権田修一(サガン鳥栖)をそのまま起用するのか、197cmという長身を誇るシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)かは判断の分かれるところ。ただ、最終ラインとの連係を重視するなら権田の連続出場が有力だ。
最終ラインは右から酒井宏樹(マルセイユ)、吉田麻也(サウサンプトン)、槙野智章(浦和レッズ)、長友佑都(ガラタサライ)の4枚が不変だろう。初戦はボランチに入った20歳の冨安健洋(シント=トロイデン)をセンターバックに下げ、
槙野に代えて使うプランもあり得るが、やはり次こそは相手を零封して、強固な守備を取り戻さなければいけない。チームの土台を固める意味でも初戦と同じ組み合わせが妥当と言える。
ボランチに関しては、初戦では本職でない冨安と柴崎岳(ヘタフェ)の急造コンビの距離が空いてしまい、バランスが悪く、機能したとは言い切れないものがあった。
中盤を安定させる意味でも、今回は体調不良から回復した遠藤航(シント=トロイデン)と柴崎のコンビに戻すはず。森保ジャパンにおけるボランチのファーストチョイスと位置付けられる2人に託されるものは少なくない。
●サイドの攻防が勝負を分ける
オマーンは日本と同じ4-2-3-1を基本としており、FIFAランクは82位。トルクメニスタン以上に底力のあるチームとも言える。今大会は初戦でウズベキスタンに1-2で敗れているため、
オランダ人指揮官ピム・ファーベク監督も「全力を尽くし、勝つために日本のあらゆる弱点を突いていくつもりだ」と、決意を新たにしている。
「彼らは速攻もできれば、ボールを動かしながら遅攻もできる。われわれも我慢しながらやっていかなければいけない」と森保監督も警戒を怠らない。
特に注意すべきなのが、組み立てに優れた左サイドバック・アルブサイディと鋭い攻め上がりを誇る右サイドバック・アルムハイニの攻撃参加だ。つまり、サイドの攻防が勝敗を分ける重要なカギになるのだ。
日本が有効なサイドアタックを数多く仕掛けられれば、初戦のような中央の網に引っかかることもなく、多彩な攻撃を繰り出せる。
屈強なフィジカルとヘディング力を持つ武藤も生かすことができ、南野がスペースに入り込む状況も作り出せるはず。
タテ関係に入るであろう武藤と南野は、2015年10月の国際親善試合イラン戦でともに招集されているが、試合終盤の88分に武藤から南野に交代したため一緒にプレーした経験はない。
しかし、南野は「よっちくん(武藤)は実績も含めて頼りになる選手」と全幅の信頼を寄せており、この背番号9がボールを収める役割を補完し、武藤の前線での負担を減らせれば、新1トップはゴール前での力強さをより出せる。
大迫不在時のオプションを確立する意味でも、2人の連係をより研ぎ澄ませていってほしい。
攻撃が活性化すれば、守備陣もメンタル的にラクな気持ちで戦える。「トルクメニスタン戦もゼロで抑えられたら簡単な試合になったと思う。1失点したから難しくなった。
そうならないように、次は1-0でもいいからしっかりゼロでいきます」と酒井も決意を新たにしていたが、後ろがゼロ封してくれれば勝利はそう遠くない。
ワールドカップやアジアカップ本戦のような短期決戦は、手堅い守備から入るのが鉄則。リスタートの守りを含め、キャプテン・吉田が軸となって約束事を再徹底し、苦境を乗り越えたい。
2位通過の場合、日本はB組2位が濃厚なオーストラリアとラウンド16でいきなり当たる可能性が大。1位通過を目指す意味でも、この一戦はやはり落とせない。
1/13(日) 15:00配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00010016-goal-socc

続きを読む

「オマーン戦日本代表は"FW不足""決定力不足"という言葉をまた使わざるを得ない」byセルジオ越後


アジア杯:日本1-0オマーン>◇1次リーグF組◇13日◇UAE・アブダビ
2連勝と結果は出ているが、内容はよくない。ビデオ判定があったら原口にPKは与えられず、長友のハンドがとられて負けていたかもしれない。引いたトルクメニスタンに手を焼き、攻めたオマーンにも苦しめられた。
大きな要因はコンディション不足と選手層だ。この試合では後半にピタッと足が止まった。故障者や体調不良の選手も多い。12月から準備してきたのに、柴崎は相変わらず動きがよくない。スタッフも含めたプロジェクト全体の問題かもしれない。
大迫の代わりに出た北川も武藤も、結果は出せなかった。南野は決定的チャンスを外し続けた。日本のサッカーにつきものの「FW不足」「決定力不足」という言葉をまた使わざるを得ない。本当は「実力不足」なんだけど…。途中から武藤と伊東を入れたが、いい効果は出なかった。それでも他に使える選手がいなかったんだ。本来なら格下相手に早めに勝利を決定づけて、主力を休ませる交代にすべき試合だった。
ウズベキスタンはトルクメニスタンに前半だけで4-0とし、そのまま勝ちきった。攻撃バリエーションが多く、大きくて足元も確かな選手が目立つ。1トップのショムドロフは190センチ、23歳の素晴らしい選手だ。左MFマシャリポフ、左DFゾテーフは強烈な攻撃力がある。昨年のU-23アジア選手権優勝メンバーもいて、世代交代がうまくいっているようだ。
こうしたチームを相手に日本はどういうメンバーで臨むのだろう? 吉田は「この2試合に出なかった選手にチャンスが与えられるだろう」というようなことを話していたが…。
オマーン戦の終盤、ベンチの大迫が立ち上がって指示を出すようなそぶりをしたり、原口がいら立たしげに怒鳴っている場面があった。優勝を狙うはずのチームが、うまくいかないストレスからか、もうピリピリしている。本当にシビれるのはこれからなのに。(日刊スポーツ評論家)
1/14(月) 17:52配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00446492-nksports-socc

続きを読む

日本代表・原口の"ハリウッドアクション"が反則に当たる可能性!?

サッカーでハンドしたのに審判に気付かれなかった時、ハンドした選手には「神の手」という汚名がかぶせられる。アジアカップの2019年初の神の手は、日本代表チームのベテランDF長友佑都(32)=ガラタサライ=だった。
長友は13日、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで行われたオマーンとのグループリーグF組第2戦後半45分、オマーンMFヤハヤエイの強烈なシュートを左腕に当て、ボールの方向を軽く変えた。ボールはゴールを外れ、オマーンの選手たちは一斉に主審に抗議したが、主審は笛を吹かなかった。もしPKになっていたら、1-0でリードしていた日本は決勝トーナメント進出確定を次の試合に先送りすることになっていたかもしれない状況だった。
後半ロスタイムにも追加点がないまま、日本は1-0で勝って勝ち点6(2勝)とし、ウズベキスタン(勝ち点6・2勝)と共に決勝トーナメント進出を決めた。2敗を喫したオマーンはグループリーグ最終節にトーナメント進出を賭けることになった。長友はスタジアムを後にした際、「(私は)神の手になった」とハンドを認めた。そして、「体を持って行こうとしたが、ボールが腕に当たった。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)があればハンドの可能性が高かった。運が良かった」と語った。今大会は準々決勝からVARが適用される。
この試合の前半28分に決まった原口元気のPKによる先制ゴールも議論の余地があった。その直前、原口はシュートを試みてオマーンのDFマハイリと競り合って倒れ、主審がPKを宣言した。しかし、スロー再生で見ると、審判によっては原口の「ハリウッドアクション」が反則に当たる可能性もあった。オマーンのピム・ファーベーク代表監督は試合終了後、「先制ゴールを許したPK判定は理解できる。しかし、長友のハンドは100%PKだった」と不満を口にした。
ユン・ドンビン記者
ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<サッカー:長友の「神の手」で命拾いした日本>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/15/2019011580002.html

続きを読む

「日本代表のオマーン戦は恥ずかしい勝利・・・恥ずかしいベスト16」by韓国紙


2019年1月15日 7時10分
原口が倒されて決勝点につながるPKを獲得、長友の腕にシュートが当たるも笛吹かれず
森保一監督率いる日本代表は13日、アジアカップ・グループリーグ第2戦でオマーンを1-0で破り、大会2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。
前半28分にMF原口元気(ハノーファー)が獲得したPKを自ら決めて先制。同44分にゴール前でピンチを迎えたなか、相手のシュートがDF長友佑都(ガラタサライ)の腕に当たる形となったがハンドの判定は下らず、日本はなんとか虎の子の1点を守り切った。海外メディアでも判定への“疑問の声”が多く浮上しており、なかでも韓国では「アジアカップ最悪の試合だった」と辛辣な報道が続いている。
日本は序盤から押し込みながらもゴールを割れずにいたなか、前半26分にMF南野拓実(ザルツブルク)のシュートのこぼれ球に飛び込んだ原口がペナルティーエリア内ギリギリのところでオマーンのFWラエド・サレフに倒されてPKを獲得。背番号8がこれを自ら決めて、日本が先制点を奪った。
1-0で迎えた前半44分、オマーンにサイドから攻められ、中央でフリーとなっていたMFサラー・アルヤハヤエイにシュートを打たれるも、体を投げ出した長友が決死のブロックで阻止。このブロックの際、シュートが左腕に当たったような形になったが、主審はコーナーキックを命じ、オマーンの選手たちが激高して主審を囲んで猛抗議。しかし、今大会ではVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)は準々決勝からの導入予定で、判定が覆ることはなかった。
結局、日本は虎の子の1点を守り切って1-0で辛勝したが、韓国スポーツ紙「MKスポーツ」は、「明白なPK誤審2回…恥ずかしい日本のベスト16進出」と日本戦の判定について見解を述べている。
「日本は誤審により得ないはずのPKを得て、与えなければならないPKを与えなかった」
「明白な誤審だった。サレフは原口の足ではなくボールを蹴り、位置もペナルティーエリアの外だった。日本は前半終了目前に危機を迎えた。オマーンの左サイドからの攻撃に守備が乱れ、アルヤハヤエイのシュートを長友が体で阻止した。ハンドだった。シュートは長友の左腕に当たって直接的に影響を与えたが、主審はPKではなくコーナーキック宣告した。オマーンの選手たちが強く抗議したが、判定は覆らなかった」
記事では、モフド・アミルル・イズワン主審に対して、「明確な誤審を二度もしたマレーシア主審が試合を支配した」と言及。「日本は誤審により得ないはずのPKを得て、与えなければならないPKを与えなかった。この二つの判定が勝負に大きな影響を与えた。日本はこのPKが決勝ゴールとなり、オマーンを1-0で下した。恥ずかしく、気まずい勝利だった」と記し、一言で試合を総括している。
「オマーン対日本の試合は2019年のアジアカップ最悪の試合だった」
何が起こるか分からない――。アジアでの戦いはそう評されるが、まさにそんな一戦となった。
(Football ZONE web編集部)
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15873123/

続きを読む

「アジアだから1-0に満足できないは違う」by堂安律


日本代表は13日のアジアカップ・グループリーグ第2戦オマーン戦で1-0と勝利し、2連勝で決勝トーナメント出場を決めた。数多くのチャンスを作り出しながらも追加点は奪えずに終わったが、20歳MF堂安律(フローニンゲン)は「アジアだから1-0に満足できないは違う」と主張している。
初戦のトルクメニスタン戦は先制されるも、FW大迫勇也(ブレーメン)の2ゴールで逆転すると、堂安が左足で技ありの一撃を叩き込んで追加点を奪った。終盤にPKで1点返されるも3-2で逃げ切り白星スタートを切った。続くオマーン戦では、序盤から好機を創出したなか、前半28分にMF原口元気(ハノーファー)のPKで先制。決定力を欠いて追加点は奪えなかったが、そのまま1-0で勝利を収めている。堂安はオマーン戦の後半39分にMF伊東純也(柏レイソル)と交代してピッチを去った。
「前半に数多くチャンスを作れたので、そこで決めていればもっと楽なゲームになった。(南野)拓実くんと僕のところで、後ろに付かれていても(パスを)出すと話しているし、厳しいところでも(ボールを)つけるという意見を出していたなかで、元気くんのPKは素晴らしい攻撃から生まれたと思う」
PK奪取から時間を少し巻き戻すと、原口の横パスを相手ペナルティーエリア手前で受けた堂安が左足ダイレクトで前方に送る。相手最終ラインの隙間に入り込んでいた南野が、トラップと同時に前を向いてシュートを放った。これは相手GKに防がれるも、そのこぼれ球に飛び込んだ原口がPKを奪取している。
1-0のスコアも無失点勝利を評価 「しっかりゼロで抑え、厳しい戦いを勝ち切れた」
日本のシュート11本、決定機8回を考えれば、1-0のスコアに物足りなさを感じても不思議ではない。しかし、堂安は「結果を見てネガティブになる必要はない」と言い切っている。
「アジア相手だから1-0で満足できないという言い方は違うと思う。しっかりゼロで抑えたことと、1-0で厳しい戦いを勝ち切れたことは評価していいこと」
もっとも攻撃の課題は堂安も感じており、「前線4枚はきつかったと思うし、僕たちの動きが少なかった」と振り返っている。17日の第3戦ウズベキスタン戦に向けて「もっとアグレッシブにいって良かったと思うし、ワクワクするようなゲームも見せられるはず。次の試合も期待してほしい」と改善を誓った。
大迫が右でん部痛でオマーン戦の出場を回避しており、決勝トーナメントを見据えて第3戦もベンチが予想されるなか、2試合6得点1失点のウズベキスタンからゴールを奪い、2試合連続完封勝利を飾れるか。
1/15(火) 20:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190115-00162282-soccermzw-socc

続きを読む

「オマーン戦日本代表は"FW不足""決定力不足"という言葉をまた使わざるを得ない」byセルジオ越後


アジア杯:日本1-0オマーン>◇1次リーグF組◇13日◇UAE・アブダビ
2連勝と結果は出ているが、内容はよくない。ビデオ判定があったら原口にPKは与えられず、長友のハンドがとられて負けていたかもしれない。引いたトルクメニスタンに手を焼き、攻めたオマーンにも苦しめられた。
大きな要因はコンディション不足と選手層だ。この試合では後半にピタッと足が止まった。故障者や体調不良の選手も多い。12月から準備してきたのに、柴崎は相変わらず動きがよくない。スタッフも含めたプロジェクト全体の問題かもしれない。
大迫の代わりに出た北川も武藤も、結果は出せなかった。南野は決定的チャンスを外し続けた。日本のサッカーにつきものの「FW不足」「決定力不足」という言葉をまた使わざるを得ない。本当は「実力不足」なんだけど…。途中から武藤と伊東を入れたが、いい効果は出なかった。それでも他に使える選手がいなかったんだ。本来なら格下相手に早めに勝利を決定づけて、主力を休ませる交代にすべき試合だった。
ウズベキスタンはトルクメニスタンに前半だけで4-0とし、そのまま勝ちきった。攻撃バリエーションが多く、大きくて足元も確かな選手が目立つ。1トップのショムドロフは190センチ、23歳の素晴らしい選手だ。左MFマシャリポフ、左DFゾテーフは強烈な攻撃力がある。昨年のU-23アジア選手権優勝メンバーもいて、世代交代がうまくいっているようだ。
こうしたチームを相手に日本はどういうメンバーで臨むのだろう? 吉田は「この2試合に出なかった選手にチャンスが与えられるだろう」というようなことを話していたが…。
オマーン戦の終盤、ベンチの大迫が立ち上がって指示を出すようなそぶりをしたり、原口がいら立たしげに怒鳴っている場面があった。優勝を狙うはずのチームが、うまくいかないストレスからか、もうピリピリしている。本当にシビれるのはこれからなのに。(日刊スポーツ評論家)
1/14(月) 17:52配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00446492-nksports-socc
続きを読む

日本代表・遠藤「オマーン戦でもまずは縦を突く」柴崎岳「オマーンはコンディションは非常に良さそう」


遠藤、次戦オマーン戦に準備万端「まずは縦を突く」
【AFCアジア杯2019 1次リーグF組 日本3―2トルクメニスタン ( 2019年1月9日 )】 MF遠藤は次戦オマーン戦に向け、準備は万端だ。発熱により合流が遅れたが、この日も元気にフルメニューを消化した。
出場すればボランチでの出番が濃厚。「まずは縦を突くのが自分たちの生命線。うまくいかなかったら幅を使うのがいいと思う」と話した。初戦のトルクメニスタン戦では後半からサイドの幅を使ったことで攻略に成功したが、まずは攻撃のスイッチとなる“縦パス”を軸としてイメージを膨らませていた。
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/01/11/kiji/20190111s00002014005000c.html
続きを読む