クラブ

「1人だけ7試合連続って響きも悪くない」byガンバ宇佐美

「J1、G大阪1-0松本」(29日、万博)

2位のG大阪は日本代表FW宇佐美貴史(22)のクラブ記録に並ぶ6試合連続ゴールで松本を1-0で下し、6連勝を飾った。

ガンバの至宝の勢いが止まらない。FW宇佐美がクラブ記録に並ぶリーグ6戦連発をマークすれば、 チームもリーグ6連勝、公式戦8連勝となり、エースともども絶好調だ。
前半16分、ハーフライン付近で相手DFのこぼれ球を奪うと、ドリブルで一気に攻め上がる。右サイドを駆け上がったFWパトリックにスルーパス。
折り返しを直接右足で決めた。 「打ってくれても良ったけど、すごくありがたい」とチームメートに感謝したが、 クラブタイ記録とあって「あと1つ取らないと」と、感慨に浸るそぶりは見せなかった。
量産の秘けつは「ポジショニング」と「ワンチャンスで決めること」。この日のゴールも、パスの後の動きだしがカギだった。 「パトリックに出して(シュートの)こぼれ球を詰めようと思って動いたら、いいところにパスをくれた」。
決め続けている6戦8発のうち、ドリブルからの得点はわずか2点。5発は動きだしが重要なワンタッチゴールだ。 合計シュート数は22だから、決定率は36%。3本に1本以上はネットを揺らしている上、豊富な得点パターンも兼ね備える。
連発記録更新へ、気持ちは中2日で迎える浦和戦(5月2日、埼玉)へ向かう。昨季も優勝を争った宿敵との首位攻防戦。 「(連続試合得点は)6までは大勢いる。7試合目に高い壁がある」と警戒こそするが、 「1人だけ7試合連続って響きも悪くない」とニヤリ。背番号39が“偉業”を目指して突き進む。
デイリースポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150430-00000000-dal-socc
【サッカー】宇佐美弾に松本・反町監督ガックリ 皮肉っぽく「あとは体脂肪を落としたら、もっとね~」(c)2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1430315931/

続きを読む

【公式発表】マンU、モウリーニョ氏の新監督就任を正式発表!


2016年05月27日 17:45 発信地:ロンドン/英国
【5月27日 AFP】イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)は27日、ジョゼ・モウリーニョ(Jose Mourinho)氏の新監督就任を正式に発表した。
クラブが発表した声明によると、モウリーニョ氏は3年契約にサインし、2020年まで契約を延長するオプションが付いている。
モウリーニョ氏は「マンチェスター・ユナイテッドの監督になるということは、サッカー界において特別な栄誉だ。」とコメント。「ユナイテッドは世界中の誰もが知っているし、高い評価を得ているクラブだ」
ユナイテッドは23日、今季のチームをリーグ4位以内に導けなかったとして、ルイス・ファン・ハール(Louis van Gaal)氏を解任していた。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3088297

続きを読む

「(乾がいなくても)代わりに出場する選手がる。その選手が活躍すれば乾は苦しむことになる」byエイバル監督


クラブは外交上の問題のために日本政府からの申し出を受理したが、ホセ・ルイス・メンディリバル監督ら現場は混乱している様子。1日のビジャレアル戦を前に会見に臨んだ指揮官は不信感を語っている。公式サイトがコメントを伝えた。
エイバル監督
「我々には代わりに出場する選手がいて、もしその選手が活躍すれば乾は苦しむことになるだろう。 私はどの選手にも信頼を置いているが、誰かを特別視することはない」
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?212633-212633-fl

続きを読む

Jリーグの秋春制移行へ・・・田嶋会長力説!→J3は皆、ぽかーん

J1、J2、J3実行委員会が11日、都内のJFAハウスで行われ、日本サッカー協会の田嶋幸三会長(59)が出席。
各リーグごとに行われた会議で田嶋会長は約30分ずつ、Jリーグを現行の春開幕から欧州主要リーグと同じ夏に開幕し、春に終了する「夏春制」に移す意向を明かした。自身が留学していたドイツなどを例に挙げ、移行の重要性を伝えた。
ただ、降雪地域のクラブからは反対意見もあり「シーズン移行で入場者数が減った場合などの補填(ほてん)は」などの質問が出た。
議論を重ね年内に方向性を出す方針だ。
7/12(水) 6:04配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00000015-sph-socc

■J実行委 秋春制移行へ田嶋会長力説も状況に“変化なし”
J1、J2、J3の実行委員会が都内で行われ、日本協会の田嶋会長が各会議の冒頭30分間に出席し、現行の春秋制から秋春制へシーズン移行するメリットを力説。
欧州リーグと合わせることによる日本代表の強化などを挙げたが、あるJ3クラブの委員は「J3には日本代表選手がいないので、皆、ぽかーんとしていた」と説話した。
降雪地での冬季の試合開催が困難であることなどを理由に、Jクラブ側に慎重な意見が多い状況に変化はなかったようだ。
7/12(水) 6:01配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00000028-spnannex-socc
続きを読む

練習無断欠席のデンベレ、ドルトムント関係者との接触拒否独誌「さらなるストライキ」

練習無断欠席のデンベレ、ドルトムント関係者との接触拒否 独誌「さらなるストライキ」
Football ZONE web

過熱するデンベレの騒動。クラブとの関係はこじれたままのようだ
クラブ側はバルセロナからのオファーを拒否 レンヌ時代に前科も…
日本代表MF香川真司の所属するドルトムントのフランス代表MFウスマン・デンベレは、バルセロナ移籍を求めて練習をボイコットするなどの強硬手段に出たことでクラブから処分を受けた。クラブとの関係はこじれたままのようで、現在はクラブ職員との接触を拒否しているという。ドイツのサッカー専門誌「キッカー」が報じた。
デンベレは現地時間10日に行われたチーム練習を、ペーター・ボス監督をはじめ、クラブ側に無断で欠席。これを受けてドルトムントは、デンベレに来週までの全ての練習と試合に参加させることを禁止とした。バルセロナからのオファーについても、デンベレの価値に見合うものではないとして拒否したとの声明も発表していた。
移籍の道を閉ざされたデンベレは現在、ドルトムントの職員との接触を拒否。キッカー誌では「さらなるストライキ」と報じられている。20歳のアタッカーはレンヌ時代にも、移籍を要求して練習不参加という“ボイコット”を決行していた前科も明らかにされている。
ドルトムントは今夏、エースのFWピエール=エメリク・オーバメヤンの慰留に成功しているが、ブンデスリーガ開幕が迫るなかで若き逸材の去就問題は複雑な展開へと発展している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170812-00010005-soccermzw-socc
続きを読む

「タレント不在、クラブ数の増加、経営不振、過熱気味の久保報道…25年目を迎えたJは問題だらけ!」byセルジオ越後


◆今のJリーグにはタレントがいない。
1993年の5月15日に開幕したJリーグは、25シーズン目に突入した。その歴史のなかでいろんな出来事があった。当初の参加は“オリジナル10”と呼ばれる10チームのみだったが、1999年にはJ2が開幕し、2014年にはJ3が新設された。クラブ数は年々、増加している。今年もJ3にはアスルクラロ沼津が新規参入した。
さらにレギュレーションも目まぐるしく変わったね。一時は2ステージ制から1シーズン制に変更され、2015年に2ステージ制に戻ったかと思ったら、今年から再び1シーズン制が導入された。さらにJ1・J2の入れ替え戦やチャンピオンシップが開催されたり……、これだけ多岐に渡って変化するリーグも珍しいんじゃないかな。
こうした試行錯誤を経たJリーグだけど、正直、年を重ねるごとに魅力を失っているのが現実だ。今、お金を払ってでもスタジアムで観たい選手ってどれだけいるのか。かつてはジーコ、ジョルジーニョ、レオナルド、ドゥンガら、スーパ―スターがピッチで活躍していた。でも、それは遠い昔の話だ。
今夏にはヴィッセルにポドルスキが加入するけど、ドイツ代表などで見せていたワールドクラスのプレーを、日本でも披露できるかは未知数だよ。現に2014年にセレッソに加入したフォルランは、実力の半分も示せないまま日本を去った。それに、ヴィッセルに続いて、「じゃあ、うちも大物選手を獲得しよう」という意気軒高なクラブが存在しないのも寂しい。これでは、タレントの質はますます落ちていくだけだよ。
◆クラブ数の増加より選手の育成に力を入れるべき。
僕は以前からクラブ数を増やしたことが、リーグ発展の足枷になっていると感じていた。各地にプロクラブが誕生すれば、地元の人たちは喜ぶのかもしれない。でも、経営に苦しんでいるクラブが多いのが実情だよね。
つい最近の話では、J2のV・ファーレン長崎が約3億円の累積赤字を抱えていることが発覚した。地元企業のジャパネットホールディングスの創業者である髙田氏が新社長に就任し、再建に乗り出すようだけど、こういった資金面で問題を抱えるクラブは過去にいくつもあった。
チーム数が増えれば、自ずと観客の数は分散される。するとクラブの収入は減少する。Jリーグは多くのクラブを誕生させてきたけど、その後のフォローはあまり考えていないようだ。そこはプロクラブだから自分たちの手で生き残っていくしかないのかもしれない。でも、それではなかなかクラブは育たないよ。
だからこそ、Jリーグはクラブ数を増やす前に、選手の育成面に力を入れてもらいたい。最近のJリーグが魅力をなくしているのは、さっきも話した通り、ファンやサポーターがスタジアムで「観たい!」と思える選手が減っているからなんだ。ただ、選手の移籍金が高騰している今のサッカー界では、ヨーロッパからトッププレーヤーを引っ張ってくるのは簡単なことではない。では、どうすればいいか。ひとつの案として、優れた才能を持った日本人選手を自国で育てるしかないんだ。
つづく
SOCCER DIGEST Web5/15(月) 6:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170515-00025494-sdigestw-socc&p=1
続きを読む

ポルティモネンセ中島翔哉の移籍、ハードルが高すぎる?


ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉の高額な移籍金に注目が集まっている。
昨シーズンからポルトガルリーグのポルティモネンセでプレーする中島。今シーズンからは10番を背負い、ここまでリーグ戦で5ゴール5アシストを記録するなどエース級の活躍を見せる。
プレミアリーグのウォルヴァーハンプトン移籍の可能性が高いと伝えられてきたが、ここに来て契約解除金である4000万ユーロ(約50億円)をウルブスは払う意思がないとされる。
さらに、ポルトガル『A Bola』によると、レスター・シティも中島の獲得を狙っているが、やはり4000万ユーロを支払えた場合のみ、移籍が成立するようだ。
経済的に豊かではないポルティモネンセはあくまでも契約解除金満額を要求する模様で、その条件を満たせるかが今冬の移籍のカギとなるようだ。
ポルト、ベンフィカ、セビージャといったクラブも興味を寄せる中島。どのクラブが50億円を支払うことになるのだろうか。
1/2(水) 11:20配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000001-goal-socc
続きを読む

Jクラブ初!ヴィッセル神戸がアメリカツアー!!

ヴィッセル神戸USAツアー2019のお知らせ
この度、アメリカ合衆国のロサンゼルスを拠点にプレシーズンツアーを実施することになりましたので、お知らせいたします。
Jクラブによるアメリカでのプレシーズンツアーは史上初となります。なお、プレシーズンツアーに合わせて楽天トラベルにて限定ツアーを実施いたします。
■日程:1月24日(木)~2月7日(木)
■練習拠点:オレンジカウンティ・グレートパーク(Orange County Great Park)
■住所:6950 Marine Way, Irvine, CA 92618 U.S.A.
■チームスケジュール:
1月24日(木) 移動
1月24日(木)~1月27日(日) トレーニング予定
1月28日(月) PSM vs. コロンバス・クルーSC 19:00@オレンジカウンティ・チャンピオン・スタジアム
1月29日(火)~1月30日(水) トレーニング予定
1月31日(木) PSM vs. ロサンゼルスFC 19:00@バンク・オブ・カリフォルニア・スタジアム
2月1日(金) トレーニング予定
2月2日(土) PSM vs. トロントFC 19:30@オレンジカウンティ・チャンピオン・スタジアム
2月3日(日)~2月4日(月) トレーニング予定
2月5日(火) PSM vs. オレンジカウンティSC 時間未定@オレンジカウンティ・チャンピオン・スタジアム
2月5日(火) 移動
※PSM=プレシーズンマッチ
※表記は全て現地時間(日本との時差は-17時間)
https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/15644.html
続きを読む

「スペインで香川に給料を払えるのはトップクラブのみ・・・だが必要としてない」byキッカー紙


ドルトムントからスペインへの移籍を希望しているMF香川真司だが、実現は難しいのかもしれない。ドイツ『キッカー』が伝えた。
今季ここまでブンデスリーガでの出場時間は98分にとどまるなど、首位を走るドルトムントで苦しむ香川。ルシアン・ファーブル監督の構想外となっており、本人も移籍希望を明らかにするなど、クラブへ残ることはないと見られている。
香川自身は憧れのスペインへの移籍希望を公言しているが、実現は難しいのかもしれない。
『キッカー』によると、スペインへの移籍は「現実的ではない」という。リーガの中で香川の給料を支払えるクラブはトップに限られており、それらのクラブは現在日本代表MFを必要としていないとしている。
ドルトムント側は2020年まで契約を残す香川を1月で放出することも考えていると言われており、シュトゥットガルトなどブンデスリーガのクラブも獲得に興味を持っていると言われている。
ブンデスリーガ首位を走るクラブで難しい状況の続く香川だが、今後どのような選択をするのだろうか。
GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00000030-goal-socc
続きを読む

日本代表・中島翔哉、今冬のプレミア移籍がなくなる可能性!?


ポルトガル1部のポルティモネンセに所属する24歳の日本代表MF中島翔哉を狙っていたプレミアリーグのウォルバーハンプトン(愛称:ウルブス)などが、ここにきて補強ターゲットを別の選手にかえたようだ。24日に英メディア『スポーツ・ウィットネス』が報じている。
先日、ポルティモネンセのロドネイ・サンパイオ会長が「まだ100%完了はしていないが、1月にも可能性はある。論点は契約解除金の全額を支払うかどうかだ。まだ完了はしていないが、中島は80%ウォルバーハンプトンの選手だ」と語った事で、ウォルバーハンプトンへの移籍が近づいたと考えられていた。
だが、ウォルバーハンプトンやサウサンプトンが、補強ターゲットを別の選手にかえるかもしれない。同メディアによると、両クラブは中島の日本代表招集による長期の離脱を懸念しているという。
アジアカップは1月5日に開幕するが、決勝戦まで進めば2月1日までクラブの活動に戻ることは出来ない。即戦力を求めている両クラブにとって、それは痛いようだ。ウォルバーハンプトンはライプツィヒ所属のブルーマに興味を示しているとのこと。
12/25(火) 13:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181225-00302453-footballc-socc
続きを読む