クラブ

劇的!イニエスタ効果!


5月、楽天の三木谷社長と移籍発表会見に臨むイニエスタ選手(撮影:鈴木紳平)
サッカー界の世界的スター、アンドレス・イニエスタ選手がJリーグデビューを飾ってからはや2カ月。ヴィッセル神戸のミッドフィルダーとして攻撃の起点となるだけでなく、鮮やかなシュートを決めるなどサポーターの期待を裏切らない活躍を続けている。
■ホームゲームの入場者数は加入後4割増
イニエスタ選手加入の効果は、数字上でも明らかだ。2017年度、ヴィッセル神戸のホームゲーム全17試合の1試合平均入場者数は1万8272人だったが、2018年は12試合を終えて同2万0416人まで増加。イニエスタ選手が合流したのは7月22日の第17節・湘南ベルマーレ戦からだが、その後の1試合平均入場者数は2万4959人に上っている。
■クラブ経営への影響は?
Jリーグクラブ1のインスタグラムフォロワー数(8.3万人、9月13日現在)を獲得するなど、一躍人気クラブとなったヴィッセル神戸だが、クラブ経営にはどのような影響があるのだろうか。
7月31日に発表された2017年度決算では、4年ぶりに最終赤字に転落。2017年に加入したもう一人のエース、ルーカス・ポドルスキ選手獲得などにより人件費(選手・スタッフへの給料)が11億円増加し、Jクラブ最高の31億円まで膨れ上がった。ただ、親会社・楽天などからの広告料収入も11億円増加しており、最終赤字幅は1億5000万円にとどまっている。

続きを読む

【画像】宮市所属のザンクト・パウリ、新しくなったロッカールームが異様すぎる・・・

ザンクト・パウリでプレシーズンを送っている宮市亮。
17日、Instagramでこんなものを紹介してくれた。
ザンクトパウリのロッカールームです!いかにもザンクトパウリらしいですね!今シーズンリニューアルしました!試合するのが楽しみです! Wow! Amazing;) #millentor

Ryo Miyaichi Official 宮市亮さん(@ryo381)が投稿した写真 –
2016 7月 17 12:47午後 PDT
こちらは、ザンクト・パウリのホームスタジアムであるミラントア・スタディオンの選手用通路の様子。宮市によれば、このほどスタジアム内部が改装されたのだそうだ。
“カルト”なクラブとして知られるザンクト・パウリ。
ホームタウンであるザンクト・パウリ地区はドイツ屈指の歓楽街であり、異様な雰囲気を醸し出すエリアだ。またクラブのエンブレムはドクロマークと2本の骨が交差するデザインであり、サッカー界ではとにかく異端な“ハードロック”なクラブだ。
そんなクラブのイメージを、ザンクト・パウリはスタジアムの内部にも反映させた。
壁には無数の落書きの跡(もちろんそうしたデザインではあるが)があり、さらには危ない匂いすら感じさせる赤い証明…。対戦相手の選手としては、なんだか萎縮してしまいそうな異様な雰囲気である。
ちなみに、スタジアムへと続く廊下はこんな感じ。宮市はInstagramで「試合するのが楽しみです!」を綴っている。
宮市擁するザンクト・パウリは8月13日、ホーム開幕戦であるブンデスリーガ2部の第2節にアイントラハト・ブラウンシュヴァイクを迎える。
http://qoly.jp/2016/07/18/millerntor-stadion-inside?part=2

続きを読む

細貝はブンデス1部でプレー!?ダルムシュタットも獲得に興味!

ヘルタ・ベルリンからの移籍が濃厚とみられるMF細貝萌に、ブンデスリーガ1部のクラブも興味を示しているようだ。ドイツ『キッカー』は、ダルムシュタットが同選手の獲得を検討していると伝えた。
2015-16シーズン、トルコのブルサスポルにレンタルで在籍していた細貝は、契約を1年残すヘルタで構想外となっている。今月はじめにヘルタに合流したが、古巣の浦和レッズ、そしてハノーファー、シュトゥットガルト、1860ミュンヘンといったブンデスリーガ2部の3クラブが獲得に興味を持っていると報じられた。
しかし、2部のクラブばかりではないようだ。『キッカー』によると、2015-16シーズンのブンデスリーガを14位で終えた1部のダルムシュタットが細貝の獲得に動いている。報道によると、細貝サイドとすでに接触した模様だ。
昨年夏、ダルムシュタットはヘルタからMFペーター・ニーマイヤーやFWサンドロ・ワグナーを獲得しており、クラブ間の関係は良いかもしれない。
『キッカー』によると、細貝は一時、浦和復帰に傾いていた。しかし、ブンデスリーガ1部・2部から複数オファーを受けたことでドイツでのキャリアを続けると考えている。細貝の新天地はどこになるだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160720-00000034-goal-socc

続きを読む

2020年東京五輪の主役を狙う逸材たち15選!

東京五輪の主役を狙う逸材たち――来季Jリーグ入り内定プレーヤー&有望株15選
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=18372

8月21日にリオ五輪が閉幕し、4年に一度の熱戦の舞台は2020年、いよいよ東京へとやってくる。
自国開催の五輪で主役の座を狙うのは、1997年1月1日以降に生まれた選手たち。ここでは、
その一翼を担う98年生まれの来季プロ入り内定者とプロ入りが噂される有望株の高校・ユース選手
15人を紹介する。
――◆――◆――
岩崎悠人(京都橘高/FW)→京都サンガF.C.
Jリーグ、さらにドイツ1部のクラブから興味を示された高校ナンバーワンストライカーだ。
抜群のスピードと強烈なシュートを携えて、1年時からモンスター級の活躍を見せており、
磐田の小川航基らとともに東京五輪世代のエース候補のひとりに挙がる。
高橋壱晟(青森山田高/MF)→ジェフユナイテッド千葉
昨年度の冬の選手権では、大社高戦で劇的な決勝弾を叩き込んで注目された。
エリア内でも慌てず正確なシュートを打てる冷静さとキック精度の高さを持ち、
前線への飛び出し、打点の高いヘッドも大きな武器。セットプレーも得意だ。
古賀太陽(柏U-18/DF)→柏レイソル
U-12からU-18まで柏の下部組織で育った生え抜き。U-18でキャプテンを務める今季は、
5月からトップチームで2種登録されている。両足のキックで局面を打開できる左SBで、
エアバトルにも自信をのぞかせる。
廣末 陸(青森山田高/GK)→FC東京
FC東京のアカデミー出身で年代別日本代表の常連(現在はU-19)。冷静な判断力、
高い瞬発力や跳躍力に定評があり、青森山田高では14年と16年のインターハイ、
昨年度の選手権でいずれも4強入りに貢献している。
杉岡大暉(市立船橋高/DF)
複数のJクラブからオファーがかかるなかで湘南入りが有力とされる「高校ナンバーワン・
センターバック」。対人プレー、カバーリングの隙のなさに加え、左足から繰り出される
正確なフィードで違いを見せる姿に、大物感が漂う。
原 輝綺(市立船橋高/MF)
一手先を読む判断を武器に、ピンチの芽をことごとく摘み取る。市立船橋では、
CBコンビを組む杉岡との相性も良く、阿吽の呼吸で鉄壁の守備を築くプレーぶりは秀逸。
複数のクラブからオファーを受け、プロ入りも濃厚だ。

続きを読む