クラブ

たとえ優勝しても昇格できない・・・J2町田の現状を欧州と比べてみた

「Realmente Emocionante」(本当にエモーショナルだった)
ジェフユナイテッド千葉の指揮官であるフアン・エスナイデル監督は試合後の監督会見でご機嫌に語っている。
残り15分、0-3からPK3本で3-3に追いついたのだから、その展開に興奮するのはわからないではない。
しかし、やり込められた町田ゼルビアのほうはたまったものではない。3点をリードしていた町田が3失点を喫して引き分けたのはなぜだろうか?
その答えは、現状の一端を示していた。

今シーズン、J2で首位争いをしている町田だが、現時点でJ1ライセンスを持っていない(ホームゲームを開催する町田市立陸上競技場は1万600人収容で、
1万5000人以上収容するスタジアムなどの条件を満たしていない)。
言い換えれば、たとえ優勝してもJ1へは昇格できない、という状況にある。
「2020年のJ1ライセンス取得を現場から後押しする」
それがチームの基本方針となっている。つまり今シーズン、選手たちは”健闘精神”だけでピッチに立っているのだ。
それを念頭に置くと、町田の戦いは賞賛に値する。第27節終了時点で2位。瞠目すべきはその順位だけではない。
「攻撃も守備も、形が見える。練度が高く、戦い方がデザインされている」
その戦いは、対戦相手からも塩を送られるほどだ。
前からプレスをはめ込み、出どころを塞ぐ。そこからのショートカウンターとセットプレーを武器に、戦局を有利に展開。
MF森村昂太の左足はアクセントになっており、MF平戸太貴はエリア内での技術に恵まれている。
サイドでタッチラインまで幅を取り、内側をコンビネーションで崩してチャンスメイクする形は、チームトレーニングの賜だろう。
この日の千葉戦も、サイドで鮮やかに起点を作っていた。前半終了間際、2トップの一角の中島裕希が右サイドへ流れる。
右サイドバックの大谷尚樹との連係でテンポを作り、その内側をゴールラインまで森本が走り込み、ヒールで落とす。
走り込んだ大谷がそれを拾ってエリア内に侵入。つっかけたボールを、エリア内で受けた平戸が冷静にシュートを突き刺した。
サイドを崩すコンビネーションは、J1でも通用するレベルにある。
それにしても、レギュレーションは尊重されるべきだが、同じ国内の大会で、収容人数や練習場の問題によって選手が不利益を被るべきなのか?
たとえば、世界最高峰リーガ・エスパニョーラでは、スタジアムや練習場についての条件はないに等しい。
絶対的な実力主義。今シーズン、クラブ史上初の1部昇格を決めたウエスカのスタジアム収容人数は、わずか5000人である。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180814-00010000-sportiva-socc
8/14(火) 6:40配信


続きを読む

7月に香川が凱旋!?ドルトムント&セビージャが浦和・鹿島と対戦!


ヨーロッパの強豪クラブが日本にやってくる。Jリーグは27日、今夏に『明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017』を開催すると発表した。
来日するクラブは日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと、セビージャの2クラブ。2016JリーグYBCルヴァンカップ王者の浦和レッズがドルトムントと、そして2016明治安田生命J1リーグチャンピオンの鹿島アントラーズがセビージャとそれぞれ対戦する。
Jリーグとして海外の強豪クラブを招へいする同大会は、「Jリーグインターナショナルシリーズ」という位置づけで開催される。これはJクラブが国際経験を積む機会を作り、また魅力あるサッカーをファン・サポーターに楽しんでもらう場を設けることを目的としている。第4回Jリーグ理事会後の記者会見で、村井満チェアマンは「真剣勝負が実現できることを大変楽しみにしている」と期待を寄せた。
7月15日(土)に埼玉スタジアムで浦和対ドルトムント、7月22日(土)に県立カシマサッカースタジアムで鹿島対セビージャを開催。大会はJリーグタイトルパートナー、トップパートナーの明治安田生命保険相互会社が特別協賛する。キックオフ時刻やチケット購入方法などの詳細は決定次第、順次発表される。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00580913-soccerk-socc

続きを読む

ゲンダイ「Jクラブ社長がエミレーツ航空との巨額の契約をブチ壊した!」

観光気分のJクラブ社長がエミレーツ航空との契約をブチ壊し
3/1(木) 9:26配信
日刊ゲンダイDIGITAL

C・ロナウドの胸に燦然と輝くエミレーツ航空のロゴ(C)AP
【Jリーグ 噂の真偽】
UAEのドバイに本社を構えるエミレーツ航空といえば、サッカー界屈指の高級ブランド。
スペインのレアル・マドリード、英プレミアのアーセナル、フランスのパリSG、セリエAのミランなどユニホームの胸にロゴが入っている。
「たとえばアーセナルでは06年にスタジアムの命名権を年間1億5000万円で契約。
本拠地球場はエミレーツ・スタジアムと呼ばれている。それから胸スポンサー契約などが加わった。
14年に見直しを行い、胸スポンサー料だけで5年総額225億円。命名権は28年まで延長された。
金額もさることながら、エミレーツのスポンサードを受けるということは、由緒正しき強豪クラブとして認知されたことに他ならず、
世界中のクラブにとってエミレーツは垂涎の的です」(放送関係者)
その強大ブランドがJリーグのあるクラブに白羽の矢を立て、スタジアム命名権と胸スポンサーなど巨額の契約話が進められたが、
そのクラブの社長の不手際で水泡に帰したともっぱら。前出の放送関係者が続ける。
「代理店Jが奔走して交渉が進み、エミレーツ本社からビジネスクラスのチケット2枚が送られていた。
サッカー事情に詳しい人が『このチケットは使わないように。足元を見られます。あくまで正規の値段で購入。監督とGMが赴くべき』とアドバイス。
ところが大口のスポンサー話に舞い上がったクラブ社長が『そのチケットを使って妻と一緒に行きたい』と言い出し、観光気分でドバイに向かった。
結局、監督もGMもいないことにエミレーツ側は不信感を抱き、夢のようなスポンサー話は立ち消えた」
何ともお粗末な顛末である……。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00000014-nkgendai-socc.view-000

続きを読む