ゲッツェ

バイエルン戦のドルトムント香川、採点は「3.5」でチームワースト2位!

独スーパー杯バイエルン戦で、チームワースト2位タイの低評価に
日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは14日(日本時間15日)に、ドイツ・スーパーカップでバイエルン・ミュンヘンと対戦し、0-2で敗れた。トップ下で先発出場した香川は前半には見せ場も作ったが、バイエルン守備陣の前に完封された。 独地元メディアの評価でも、香川はチームワースト2位タイと振るわなかった。
独地元紙「ルールナハリヒテン」が、この試合の採点(1点が最高、6が最低)を公開。香川はワースト2位タイとなる3.5点と評価された。前半は動きも良く、同7分にはエリア内に侵入して右足でシュートを放ったが、枠を捉えることはできず。後半には存在感が薄くなってしまった背番号23に対して、寸評ではもっとできるはずとの見方をされている。
「活発で、足取りも軽く、クリエイティブだったが完璧ではなかった。日本人はゲッツェとの争いになるだろう。もっとできる」
今夏の移籍市場で、バイエルンから3シーズンぶりの復帰となるドイツ代表MFゲッツェがチームに加わった。この試合は欧州選手権参加の影響からコンディションの整っていないゲッツェは欠場となったが、今後は中央のポジションを争うライバルになると推測されている。
2失点は喫したものの、ビッグセーブを披露したGKビュルキ、右サイドバックで奮闘した18歳のパスラックがチームトップタイの2点。バイエルンへ渡ったDFフンメルスの後継者として期待のDFバルトラが2.5点で続いた。
MFカストロ、MFローデら4人が3点。FWオーバメヤン、DFシュメルツァーが香川と並ぶ3.5点で、FWラモスが単独ワースト評価の4点となった。

http://www.football-zone.net/archives/38595/2
ドルトムント香川が独スーパー杯先発も得点に絡めず バイエルンが2-0で4季ぶり5度目の制覇
http://www.football-zone.net/archives/38592

続きを読む

ゲッツェがドルトムント復帰で合意!独紙ビルトが報じる!

MF香川真司が所属するドルトムントは、Bミュンヘンのドイツ代表FWマリオ・ゲッツェ(24)と合意したと、独紙ビルトが報じた。実現すれば12-13年シーズン以来、4季ぶりの復帰となる。
同紙によると、すでに両クラブでほぼ合意に達しているという。問題となっているのは移籍金で、ドルトムント側は2300万ユーロ(約25億3000万円)での獲得を希望。一方のBミュンヘンは2700万ユーロ(約29億7000万円)での放出を目指している。
ドルトムントのバッツケ代表取締役は「何も確定させたくない。それ以上のことは言えない」と明言を避けた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00000114-nksports-socc

続きを読む

「ゲッツェと香川はドルトムントで構想外に」by独メディア


「ゲッツェと香川の代わり?」 ドルトムント、“MF過多”も新戦力獲得に関心と独報道
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180921-00136870-soccermzw-socc
アタランタMFフロイラー獲得を狙うか 独メディア「二人は構想外」
「ドルトムントに加入した場合、フロイラーは中期的にゲッツェと香川の代役を務めることになるかもしれない。二人はルシアン・ファブレ監督の構想には、もはや入っておらず、次の移籍ウィンドーでクラブを去る可能性がある」と伝えている。

続きを読む

ドルトムント・ゲッツェ、ついにベンチ外に・・・

ゲッツェ、アルカセル、ヴァイグルは次節ホッフェンハイム戦に同行せず


続きを読む