コンフェデ

新クラブW杯開催、コンフェデ杯は廃止・・・


国際サッカー連盟のジャンニ・インファンティーノ会長は、来週に米マイアミで開かれる理事会で、新たなフォーマットのクラブW杯の計画を加速させ、コンフェデレーションズカップの廃止を進めたいと考えている。ドイツ公共放送ZDFが10日に報じた。
14日と15日に開かれる理事会でインファンティーノ会長は、クラブW杯の参加チーム数を現行の7から欧州の12チームを含む24に拡大する方針について議論を深めたいと考えている。
またインファンティーノ会長は、W杯ホスト国で大会前年に開催されるコンフェデレーションズカップの廃止を望んでいるという。
ZDFの報道によると、新たなクラブW杯は2022年W杯カタール大会(2022 World Cup)前年の2021年から開催される見通しだという。これに対して欧州サッカー連盟(UEFA)は、過密日程を理由に2021年からの実施に反対している。
FIFAの理事を務めるブラジル人のフェルナンド・サルネイ氏はZDFに対し、「その通りだ。そういう方向になるだろう。われわれは(現行のフォーマットの)クラブW杯に別れを告げたいと思っているし、そういう決定をするつもりだ」とコメントしている。
一方、インファンティーノ会長は世界規模のネーションズリーグ導入の計画については先送りしたいと考えているという。
【翻訳編集】 AFPBB News
3/11(月) 10:50配信 AFP時事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000008-jij_afp-socc

続きを読む