ゴール

日本のバルセロナは神戸ではなくガンバ?海外メディア注目!「小野瀬のゴールはバルサ級!」

清水戦でG大阪MF小野瀬が決めたバルサ級の一撃に海外メディア注目

2日に行われたJ1第2節、清水エスパルス対ガンバ大阪(2-4)で生まれたゴールが海外メディアの注目を集めている。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」の番組「Goles de Europa」公式ツイッターは「日本のバルセロナ?」と称賛した。
賛辞が送られているのは、G大阪の25歳MF小野瀬康介が決めたゴールだ。試合は前半17分にFW中村慶太のゴールで清水が先制。0-1と劣勢のG大阪も反撃に出ると、同29分に鮮やかなコンビネーションを披露する。
敵陣左サイドでMF今野泰幸が縦パスを入れると攻撃が一気に加速。ブラジル人FWアデミウソンがダイレクトでMF倉田秋にパスすると、その瞬間、左サイドライン際のDF藤春廣輝が猛然とスペースへ走り込む。倉田はトラップと同時に向きを変え、間髪入れずに藤春の前方にパスを送った。走り込んだ藤春はダイレクトで中央にグラウンダーのクロスを供給し、勢い良く飛び込んだ小野瀬が鮮やかに左足で蹴り込んで同点ゴールを奪った。
「Goles de Europa」公式ツイッターは「日本のバルセロナ?」と言及。昨夏バルセロナを退団し、J1ヴィッセル神戸に加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの名前を挙げながら次のように綴っている。
「イニエスタが西日本に魔法を持ち込み、他のチームが魅せた。ガンバ大阪が清水エスパルスに4-2と勝利したゲームで、コウスケ・オノセが決めた素晴らしいゴールを見逃すな」
ショートパスを主体に流れるような攻撃を繰り出すバルセロナにたとえられたG大阪。鮮やかな一撃は海外でも注目を浴びている。
3/8(金) 7:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190308-00174590-soccermzw-socc

続きを読む

【動画】乾貴士が2試合連続ゴール!メンディソローサのファンを魅了!

乾が2試合連続ゴールでメンディソローサのファンを魅了
ラ・リーガ・サンタンデール第27節アラべス対エイバルの一戦が現地時間9日(土)13:00(日本時間21:00)からエスタディオ・デ・メンディソローサで開催され、1-1で引き分けた。
元日本代表MFの乾貴士が2試合連続ゴールを決め、メンディソローサのファンを魅了した。
前節のビジャレアル戦で今季初ゴールとなる決勝点を記録した乾は、この試合でも右サイドハーフで先発起用され、フル出場を果たした。また、この試合は乾にとって昨シーズンまで所属したエイバルとの古巣対戦となった。
注目の乾の最初の見せ場は26分、ペナルティボックス内でパスを受け、得意な角度からシュートを放ったが相手DFにブロックされた。
38分には、乾同様古巣対戦のアラべスFWボルハ・バストンがボックス内で強烈なシュートを放つがGKがセーブした。
前半をスコアレスで折り返した両チームは、乾が49分に見せ場を作る。コーナーキックのサインプレーでボールを受けた乾は、右足を振り抜くがボールはわずかに枠を外れた。
そして乾がホームスタジアムのファンの前で輝きを放つ。58分、相手CKからのロングカウンターからジョニーのスルーパスを受けた乾が、巧みなキックフェイントでキーパーを欺き先制点をもたらした。(1-0)乾の2試合連続ゴールはメンディソローサでの初ゴールとなった。
失点を喫したエイバルは、バルセロナからローン移籍中のマルク・ククレジャを投入し攻勢を強める。リーガ4位のボール保持率を誇るエイバルは、71分にオレジャーナの折り返し途中出場のマルク・カルドナが決めて同点に追いついた。(1-1)
エイバル監督のホセ・ルイス・メンディリバルの采配が的中した。
試合はこのまま1-1で終了し、今季ホームのメンディソローサでは6勝5分1敗と無類の強さを見せるアラべスだがCLの出場権獲得に向け足踏みとなった。
(文:SPORT)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00010016-sportes-socc

続きを読む

メッシができることは香川にもできる?


バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは現地時間17日、リーガ・エスパニョーラ第28節のベティス戦でハットトリックを達成し、4-1の勝利に貢献した。
この日決めた3ゴールのうち、特に後半40分に生まれた華麗なループシュートに世界各国から称賛の声が寄せられているが、ドイツメディアは「メッシができることは香川にもできる」と、ベジクタシュに期限付き移籍中の日本代表MF香川真司がドルトムント時代に決めたゴールを引き合いに出して比較している。
今季絶好調のメッシは、この試合でも圧倒的なパフォーマンスを披露。前半18分、ペナルティーエリア手前で獲得したFKでは、力強く左足を振り抜くと鋭いカーブを描いた一撃がゴール左上に突き刺さった。さらに前半アディショナルタイム、相手守備陣を引きつけたウルグアイ代表FWルイス・スアレスの巧みなヒールパスを、抜け出したメッシが流し込んで追加点を奪った。
そして最大の見せ場は3-1で迎えた後半40分、ペナルティーエリア左のクロアチア代表MFイバン・ラキティッチからパスを受けると、ダイレクトで左足のチップキック。美しい弧を描いたループシュートは相手GKの手を越え、クロスバーをかすめてゴールネットに吸い込まれ、ハットトリックを達成した。
この意表を突いた技ありの一撃は世界各国で称賛を集めたが、独紙「エクスプレス」は「メッシのショーの後、なぜ誰も香川真司を称えない?」との見出しを打ち、「どんな選手でもメッシの領域に到達することはできない」と断言しながらも、メッシへの必要以上の賛辞にやや懐疑的な意見を述べている。
「メッシの3つ目のゴールにも同じことが言える。なぜか? もちろん、素晴らしいものだった。しかし、今はサッカー専門家の全員が彼のゴールを“別の惑星からやって来た”バルサのスーパースターだからこそできるものと思い込んでいる」
記事では、メッシによるゴールというだけで過剰な称賛が送られていることを指摘したうえで、「メッシができることは、香川にもできる。時々だが……」と綴り、昨年までドルトムントで活躍していた香川を引き合いに出し
「偶然の一致? しかし、この小さな日本人は同じことをやってのけている」
「それは真実とは言いきれない。平均をやや上回る(元)ブンデスリーガの選手でも、実際にこのようなゴールを何度か決めている。信じられない? 実例は、元ドルトムントのスターである香川真司だ」
香川が2015-16シーズンのシャルケ戦で決めた華麗なループシュートを挙げ、「偶然の一致に過ぎない? しかし、この小さな日本人は同じことをやってのけている」と、17-18シーズンのアウクスブルク戦で決めた同じようなループ弾も紹介。メッシだけの“十八番”ではないことを強調している。
メッシはこれまで数え切れないほどの度肝を抜くスーパーゴールを決めてきており、史上最高とも称えられる選手だが、その比較対象として香川の名前が海外メディアで挙げられたことは、一つの名誉と言ってもいいのかもしれない。
3/22(金) 11:45配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190322-00178008-soccermzw-socc&p=1

続きを読む

スペイン各紙が乾貴士の2戦連続弾を絶賛!「GKを欺く魔術師」「ベティスにいた時と真逆」

前節に続いて2試合連続弾

現地時間3月9日に開催されたラ・リーガ第27節、アラベスvsエイバルの一戦は、1-1のドローに終わった。この試合で先制点を叩き出したのが、アラベスの乾貴士だ。
4-4-2の右サイドハーフで先発した日本代表MFは、0-0で迎えた57分、自陣のペナルティーエリア付近でホニにパスを出し、そのまま敵のゴール前まで駆け上がる。
そして、ホニからリターンパスを受けると、そのまま敵陣深くまで持ち込み、一度シュートフェイントをかけてGKを倒してから、落ち着いてネットを揺らした。
これでアラベスでの初得点となった前節のビジャレアル戦に続いて、2試合連発。古巣のエイバルに強烈な恩返しをした格好だ。この技ありゴールをスペイン・メディアがこぞって称えている。
『As』紙が「大きなフェイントでGKを欺いた」と報じれば、『La Vanguardia』紙は「イヌイが難しい角度から見事に決めた」と称賛。『Marca』紙も「(GKの)ドミトロビッチの裏をかくクレバーなシュートだった」として、最高評価となる星3つを与えている。
1週間前と同じく、ホニからのアシストを巧みにゴールへ流し込んだ乾の評価は高まるばかり。3試合連続ゴールが懸かる次節の相手は、現在最下位に沈んでいるウエスカだ。
3/10(日) 6:00配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190310-00055272-sdigestw-socc

2戦連続弾の乾貴士、ジョニーと共に最高評価! スペイン紙「GKを欺く魔術師」
スペイン紙『マルカ』は、乾とジョニーの2選手に3段階中「星3つ」の最高評価を与えている。
一方で、スペイン紙『アス』は「ゴールキーパーを欺く魔術師」として、2戦連続ゴールを決めた乾を称賛している。
3/10(日) 0:18配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190310-00312537-footballc-socc
アラベス乾、古巣GK翻弄の“無角度”フェイント弾に現地称賛 「重要だと感じさせた」
「乾貴士はベティスにいた時と真逆だ。キケ・セティエン監督の元で得られなかった出場機会を求めて、エリオポリス(ベティスの本拠地)を去り、アラベスへ向かった。
アベラルド監督の元で、彼はもう一度重要だと感じさせた。シーズン終盤までヨーロッパの舞台の切符を争っているほどだ。
そして土曜日(9日)、乾は人々に証明してみせた。後半、ほとんど角度のないところからドミトロビッチを欺く巧みなゴールを決めたのだ」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190310-00175112-soccermzw-socc

続きを読む

「真司くんはだれが見ても日本で一番実績のある選手」by日本代表・南野拓実


定位置をつかんだとの思いはない。
森保ジャパン12試合のうち10試合にトップ下で先発している日本代表MF南野拓実(ザルツブルク)。今年1月のアジアカップでも全7試合中6試合に先発し、準優勝に貢献したが、「アジアカップが終わってひと区切りというか、一からサバイバルが始まっている。これまでプレー時間が長かったからといってポジションが確立されているわけではない。今回またゼロからのスタート。地に足を付けて、チームの勝利に貢献したい」と力説した。
謙虚に足元を見つめるが、ロシアW杯以来の代表復帰を果たしたMF香川真司について「競争と捉えている」と言い切ったように、トップ下のポジションを争うライバルの存在もその意識を強めている。
「(香川)真司くんはだれが見ても日本で一番実績のある選手で、経験のある選手。(日本代表は)僕だけでなく、みんなが競争している場所。真司くんのいい部分を見て学んで、自分らしくプレーできれば」。日本の10番とのポジション争いにも堂々と立ち向かう決意だ。
森保一監督は「アジアカップで主力として戦った選手に、新たに加わった選手もまじえながらメンバーを編成して戦いたい」と話しており、南野やMF堂安律、MF柴崎岳、DF冨安健洋といったアジアカップ主力組の先発は濃厚。一方でFW大迫勇也不在の1トップ候補はFW鈴木武蔵とFW鎌田大地の初招集コンビで、南野も「サコくん(大迫)と2人はタイプが違う。考えながらプレーしないといけない」と認める。
南野と鈴木はともに16年リオデジャネイロ五輪を戦った同世代。「(鈴木)武蔵に関しては今までも一緒にプレーしているし、彼のスピードや裏に抜けるダイナミクスさを生かしていければ、チームとしてもいいと思う」とイメージは膨らむ。鎌田についても「武蔵より少し足元でボールを受けたり、引いてもプレーできる。(鎌田)大地が入ったとしたらポジションチェンジしながらプレーできる。そういうイメージは少し持っている」と指摘。「流動的に動きながらプレーするのは嫌いじゃない。いいイメージはある」と、どの組み合わせでも臨機応変にプレーするつもりだ。
3/21(木) 20:28配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-40893624-gekisaka-socc

続きを読む

「日本ではみんながいろいろしてくれる!韓国では、何かをするにも助けてくれなかった」by札幌FWアンデルソン・ロペス


清水戦で4ゴール&看板裏2m落下珍ハプニングのFWロペス、日韓の違いについて言及
北海道コンサドーレ札幌のブラジル人FWアンデルソン・ロペスは、9日のJ1リーグ第3節清水エスパルス戦(5-2)で4ゴールと大爆発した一方、
ゴール直後に看板を飛び越えて2メートル近く落下する珍ハプニングが注目を集めた。
そんな海外助っ人は昨季プレーした韓国と比較し、日本での快適さを称賛している。米スポーツ専門局「ESPN」ブラジル版が伝えた。
現在25歳のA・ロペスは、アヴァイやマルシリオ・ジアス、トンベンセ、アトレチコPR を経て、2016年夏から1年半にわたってサンフレッチェ広島でプレー。
2017年は32試合10ゴールと結果を残すも、2018年は韓国1部のFCソウルへ移籍した。韓国Kリーグでもコンスタントに出場し、30試合6ゴールを記録している。
今季札幌に加入し、リーグ戦4試合5ゴールで得点ランキングトップタイ(大分トリニータFW藤本憲明が同順位)と強烈なインパクトを放っているなか、韓国移籍について「韓国も似ていると思う。
だけど、移籍は失敗だったし、後悔している」という。
記事では「ロペスは、隣国で日本と同じような雰囲気になるだろうと思っていた。ところが、韓国のクラブでは選手やスタッフのクールな対応に直面し、サッカーも彼が慣れ親しんだものとは違った」と触れている。
さらにA・ロペス自身も日韓の差について次のように語った。
「日本では、僕にストレスがかからないようにして、みんながいろいろしてくれる」
「日本では、僕にストレスがかからないようにして、プレーに専念するようにみんながいろいろしてくれるんだ。
韓国では、何かをするにも助けてくれなかったし、歓迎してくれるような感じではなかったよ」
また、A・ロペスは日韓におけるサッカー面での相違についても言及。「(韓国では)基本的に力強さが求められる。
そこでは走って、蹴って、走って、蹴って、それがすべてだった。日本では、戦術やテクニックが重要で、リーグ自体の質も上だ」と指摘している。
A・ロペスにとって韓国時代は苦い思い出だったようだが、「私の家族はここだ」と語っているとおり、すっかり日本での生活に溶け込んでいるようだ。
新天地で躍動し、J1得点王の期待も懸かるストライカーは、このままゴールを量産し続けるのだろうか。今後のプレーに一層注目が集まりそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190320-00177488-soccermzw-socc
3/20(水) 6:40配信

続きを読む

「メッシ級ゴール!」「まさに魔法!」乾貴士、スペインのトレンドワードに!


乾貴士、スペインに旋風巻き起こす!「Inui」がSNSのトレンドとなり「メッシ級ゴール」「まさに魔法」など称賛続出
アラベスに所属する日本代表MF乾貴士が、スペインで時の人となっている。
乾は9日のリーガ・エスパニョーラ第27節、ホームに古巣エイバルを迎えた一戦で、チームの先制点を記録した。58分、速攻からMFジョニーが右サイドを突破し、ペナルティーエリア内右に走り込む乾にパス。ボールを受けた乾は一度フェイントを入れ、引っかかったGKディミトロビッチに尻餅をつかせると、ディミトロビッチとゴールポストの間にボールを通して見事ネットを揺らしている。前節ビジャレアル戦(2-1)で決勝点を記録した乾にとっては、これが今季2ゴール目となった。
その後アラベスはエイバルの同点弾を許してしまい、結局1-1で試合を終えることになったが、乾のゴールはスペイン国内に衝撃を与えている。
乾のゴール直後、スペインでリーガの試合を放送する『Beinスポーツ』の実況や解説は「センセーショナルなゴール」「見事なフェイント」など乾のフィニッシュを絶賛。それはSNSでも同じで、スペインの『ツイッター』では「Inui」がトレンドワードとなり「乾の今日のゴールはメッシ印」「あのフェイントはまさに魔法」「今節のベストゴールだろう」など称賛の言葉があふれた。
その一方で、乾が今季前半戦に在籍したベティスのサポーターらしき『ツイッター』ユーザーは、「なぜベティスは乾を生かせなかったのだろうか」「欧州カップ出場を争うライバルに何て贈り物をしてくれたんだ……」と、乾を生かすことができなかった自クラブに対して批判の矛先を向けていた。
またスペインのスポーツ紙『マルカ』の採点で、乾はジョニー、エイバルFWマルク・カルドーナと並び、最高点となる3点をつけられている。同紙は日本人MFのフィニッシュが「天才的」なものであったことを強調した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00010009-goal-socc

続きを読む