ゴール

武藤嘉紀が日本代表で生き残る方法

2/14(水) 16:00配信
本田圭佑がカギ? 武藤嘉紀がハリルJで生き残るには…〈dot.〉
ブンデスリーガ1部のマインツに所属する武藤嘉紀はリーグ戦18試合に出場して、ここまで6得点を記録している。4カ月後に待つロシアW杯のメンバー入りを目指す武藤は“ゴールにこだわる”明確な目標をかかげて奮闘している。ここ3試合は結果が出ていないが、ゴール前の怖さという意味では日本でもトップレベルの選手であることは間違いない。
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が率いる日本代表は主に4-3-3と4-2-3-1のフォーメーションを使い分けているが、後者の場合でもトップ下に井手口陽介が入る場合は4-2-1-3に近くなり、森岡亮太なら4-2-3-1に近くなる。前者は中盤のインテンシティーを高める効果が、後者は高い位置に攻撃の起点を作る効果が期待できる。
見た目のフォーメーションは同じでも、選手起用や個々の要求で戦術のメカニズムがは違ってくるものであり、対戦相手の特徴や試合展開に応じてそれらを使い分けられるのがハリルホジッチの強みだ。4年前のW杯でアルジェリア代表を率いた時も4-2-3-1をベースに、選手起用でメカニズムに変化を起こしていた。
マインツでは日本代表と同じ4-2-3-1の1トップに加え3-1-4-2の2トップでも起用される日本人FWは、青年監督のサンドロ・シュバルツが掲げる“ゲーゲンプレス”の急先鋒として前線からハードワークして高い位置からのボール奪取を助け、速攻主体の攻撃でシンプルなポストプレーと鋭い飛び出しを精力的に繰り返している。
ゴールにこだわることを宣言してはいるが、そうしたディフェンスやポストプレーが自らのゴールチャンスにつながることは武藤もよく理解しているだろう。そうした仕事を当たり前にこなしながら、チャンスと見れば貪欲にゴールを目指す姿勢を打ち出しているわけだ。そのスタイルを考えればハリルホジッチ監督の下でも機能できそうだが、今のところ居場所を見いだせていない。
中央のFWは大迫勇也がファーストチョイスであり、欧州遠征で招集された国内組の杉本健勇と興梠慎三、さらに経験豊富な岡崎慎司も控えている。国内組で挑んだ昨年末のE-1選手権(旧東アジア選手権)では韓国に大敗したものの、小林悠や川又堅碁が存在をアピールした。左サイドは原口元気と乾貴士がポジションを争っており、未招集の選手としてはポルトガルでゴールを量産している中島翔哉が4年前にハリルホジッチ監督が率いたアルジェリア代表のリヤド・マフレズよろしく“ラストピース”として滑り込んでもおかしくない活躍を見せている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180214-00000020-sasahi-socc

続きを読む

【ゴール動画】鹿島、アウェイでACL2連勝達成!土居と植田のゴールで完封勝利

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループステージ第3節が7日に行われ、鹿島アントラーズ(日本)がシドニーFC(オーストラリア)と対戦した。
シドニーFCに攻め込まれていた時間が長かったものの、鹿島が先にチャンスを掴んだ。40分、CKのこぼれ球を鈴木優磨がペナルティエリアの中でシュートを放つと、ゴール前フリーになっていた土居聖真がコースを変えてゴールに流し込んだ。
後半に入ると、再びシドニーに攻め込まれる。62分、右サイドを突破されると、中央にフリーで待っていたアドリアン・ミエジェイェフスキに横パスを出される。1点もののピンチを迎えたが、曽ヶ端準がスーパーセーブを見せてチームの危機を救った。
さらに66分、ワンツーでペナルティエリア内に侵入したミエジェイェフスキ再びフリーでシュートを打たれるも、またもや曽ヶ端がファインセーブを見せてゴールを割らせない。
攻撃をしのいだ鹿島は87分に相手を追い詰める。左CKから山本脩斗がヘディングでコースを変え、ゴール手前にポジションを取っていた植田直通がボールに反応し、頭で押し込んだ。
最後まで相手にゴールを与えなかった鹿島が勝ち点3を獲得。ACLで2連勝を達成した。
【スコア】
シドニーFC 0-2 鹿島アントラーズ
【得点者】
0-1 40分 土居聖真(鹿島)
0-2 87分 植田直通(鹿島)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00725109-soccerk-socc

続きを読む

【動画】天国の大杉漣さんに届け!内田裕斗がワールドクラスのスーパーゴール!今季初白星!

大宮 0-1 徳島
[得点者]
52′ 内田 裕斗(徳島)
スタジアム:NACK5スタジアム大宮
入場者数:6,989人
https://www.jleague.jp/game/
https://www.jleague.jp/match/
J2徳島 天国の大杉漣さんに届けた!今季初白星 内田裕スーパーVゴール
◇明治安田生命J2第3節第1日 徳島1―0大宮(2018年3月10日 NACK)
徳島が昨季J1の大宮に1―0で勝ち、開幕3戦目にして待望の今季初勝利。チームの熱烈なサポーターとして知られ、2月21日に急性心不全で急逝した俳優の大杉漣さん(享年66)に手向けの白星を送った。
徳島は後半7分、岩尾の右CKにファーサイドで内田裕が左足をダイレクトで合わせ、ボールはシュート回転がかかってゴール左隅へ。アウェーで決めた内田裕の見事な一撃が決勝点となった。
徳島県小松島市出身で、前身の大塚製薬時代から熱心なサポーターとして知られた大杉さんが急逝したのは開幕を4日後に控えた2月21日。関東近県のアウェー戦のみならず、徳島のホームや遠方のアウェー戦にもスタジアム観戦に駆けつける熱烈なサポーターとして知られ、昨年5月13日の岐阜戦ではホームで花束贈呈役も務めた大杉さんの突然の訃報にチームにも衝撃が走った。
2月25日に行われた岡山との開幕戦ではスタジアム内2カ所に記帳所を設置。試合前には黙とうが捧げられ、徳島の選手関係者は喪章を着用して試合に臨んだ。だが、相手に退場者が出て数的優位に立ちながらも0―1で敗れ、無念の黒星スタート。4日に行われた前節・熊本戦(えがおS)では前半7分に島屋のゴールで先制しながら後半に2点を失って逆転負けを喫し、まさかの開幕2連敗となっていた。
そして迎えた、この日の3戦目。内田裕のスーパーゴールで今季初勝利をつかみ、天国の大杉さんに待望の白星を届けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00000113-spnannex-socc

続きを読む

中島翔哉や久保裕也を召集していたらベルギーに勝てた?

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180703-00279648-footballc-socc
最終的にはベルギーの交代策が的中する結果となった。彼らのマルアン・フェライニとナセル・シャドリの投入には、「高さ」という明確なメッセージがあった。おそらくピッチ上の選手たちもロベルト・マルティネス監督の意図を即座に理解し、ゴールに向かう道筋をはっきりと描けていただろう。
74分のフェライニの同点ゴールが象徴的だった。エデン・アザールがお膳立てし、日本のDFの頭上から叩くヘディングシュートを決めて見せた。
そしてシャドリもサイドからゴールを狙って脅威であり続け、後半アディショナルタイムに有り余る総力を遺憾なく発揮して劇的な決勝点を奪った。
ここである疑問が浮かんでくる。2-2で同点にされた後、西野朗監督は最初の交代カードを切った。
だが、その場面で本田圭佑や山口蛍を投入するよりもふさわしい選択肢はあったのだろうか。あるいは大会前に捨ててしまってはいなかっただろうか、と。
グループリーグでは攻撃的に振る舞いゴールを目指したい局面で、武藤嘉紀や宇佐美貴史というカードが切られていた。2人は先発を6人入れ替えて臨んだぐるーぷリーグ最終戦のポーランド戦で長いプレータイムを得たが、十分なインパクトを残すことができなかった。
いずれもワールドカップのレベルでは大きな弱点を晒し、リスクになる可能性があった。
宇佐美であれば守備への意識とスキルの低さ、武藤はストライカーとしてのエゴがもたらす無謀さと判断ミスの多さが、勝ちにこだわらなければならない局面では取り返しのつかない状況を招きかねなかった。
日本はベルギーにかなり走らされ、延長戦でさらに勝負をかけるのは難しくなっていた。
ただ、90分で勝負を決めたいとなっても、リスクの大きさと見返りを天秤にかけたが故に
西野監督はベルギー戦で彼らをピッチに送り込むことをしなかったと思われる。
では、他に追加点の可能性を高められる選択肢はなかったのだろうか。
そこで浮かんでくるのが、ワールドカップ直前で招集メンバーから漏れた、中島翔哉や久保裕也の存在である。
仮にこの2人がロシアの地で戦う23人のメンバーに入っていれば、中島が左サイドの乾の控えを、久保が右サイドの原口の控えを担うことになっただろう。そして本田はトップ下の香川真司をベンチから支える。
乾も宇佐美も中島も左サイドからカットインしてからの右足シュートでゴールを狙う形が十八番である。ただ、宇佐美は守備面でのリスクがある。中島は密集に自ら突っ込んでいきがちな傾向こそあったものの、宇佐美以上の爆発力と攻守両面にわたる献身性があった。
一方、久保は右利きのため、右サイドから直線的にゴールへ向かっていける強みがあった。
ベルギー戦の後半途中から右サイドに入った本田はスピードに欠けるため、攻撃をノッキングさせがちになるが、久保の場合は周りと近い距離で絡みながらゴールに直結するプレーに徹することができたはずだ。
そして守備に対する献身性やスキルも、原口ほどではないにしろ、必要最低限は備えている。
また、宇佐美や武藤といった「前線ならどのポジションでもこなせるアタッカー」という
実は“同じような”特徴を持つ選手を多く揃えたことで、逆に戦術的なバリエーションが不足し、メンバー構成が偏ってしまった感は否めない。ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督が率いていた頃、彼らが冷遇されていた理由は世界のレベルで戦える能力がないと判断されていたからで、起用すればチーム全体がリスクを抱えた状態になる傾向は当時からあった。
その反面、幅広いポジションに対応しつつストライカー色の濃い久保や、役割は限定的ながら突出した打開力を秘める中島という、違うキャラクターの選手を複数混ぜておけば、戦い方の幅もより広がっていたかもしれない。彼らはハリルホジッチ監督が世界で戦う上で必要な人材と判断して目をかけてきた選手たちだった。
今大会、4試合を戦ってフィールドプレーヤーで全く出場機会がなかったのは遠藤航、大島僚太、植田直通といずれもリオデジャネイロ五輪世代の選手たちだった。
次世代を担う彼らがワールドカップのピッチを経験できなかった代償が今後高くつく可能性もある。
そして同じくリオデジャネイロ五輪世代の中島や久保は、先に挙げた3人以上にワールドカップの舞台でインパクトを残せた可能性があっただけに、今更ながら最終メンバーからの落選が悔やまれる。

続きを読む

【動画】フローニンゲン堂安律、今季10ゴール達成!日本代表入りは・・・

現地時間29日に行われたオランダ・エールディビジ第33節でフローニンゲンはエクセルシオールと対戦し、ホームで4-0と快勝した。堂安律は9試合連続のフル出場で1ゴールを記録。今季公式戦のゴール数を10とした。
10位エクセルシオールと12位フローニンゲンの中位対決。この日も先発で出場した堂安は、序盤からゴールへの意欲をのぞかせた。
前半の終盤に立て続けに2ゴールを決めたフローニンゲンは、2点をリードして折り返す。
すると71分、堂安が勝負を決定づける3点目を決めた。左サイドの低めの位置からファン・ニーフがクロスを入れると、前に出た相手GKが処理を誤る。これを見逃さなかった堂安が、無人のゴールに流し込んだ。
2試合ぶりの得点となった堂安は、これがリーグ戦9点目。カップ戦での1ゴールを合わせると、今季2桁ゴールを達成だ。
その後、さらに1ゴールを加えたフローニンゲンは、4-0で快勝した。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00267491-footballc-socc

続きを読む

【動画】最も印象的なサッカー日本代表名場面は?

https://ranking.goo.ne.jp/column/5182/
2018年06月11日 12:00
4年に一度のサッカーの祭典、2018年FIFAワールドカップ(W杯)が6月14日に開幕します。
常にドラマチックな展開から目が離せないW杯。そこで今回は、過去の日本代表の試合の中で印象に残る名シーンを探ってみました。
1位 ドーハの悲劇 507票
2位 本田圭佑の無回転FK 150票
3位 本田圭佑のど真ん中PK 142票
4位 ジョホールバルの歓喜 116票
5位 川口能活のPKセーブ 105票
6位 マイアミの奇跡 101票
7位 アジアカップ李忠成のボレー 79票
8位 中村俊輔のFK 78票
9位 中山雅史のW杯日本代表初ゴール 65票
10位 稲本潤一の決勝ゴール 56票
11位 鈴木隆行の「つま先ゴール」 55票
12位 柳沢敦のシュート 27票
13位 玉田圭司のブラジル戦の先制点 25票
14位 名波浩のボレー 21票
15位 高原直泰のドイツから2ゴール 10票
16位 その他 271票
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,808票
調査期間:2018年4月29日~2018年5月13日

続きを読む