ゴール

「ウルグアイ戦2ゴールの日本代表・三好は欧州で通用する!」byポルトガル紙記者


ウルグアイ戦で2ゴールの大活躍、現地取材のポルトガル紙記者も三好に衝撃
日本代表MF三好康児、ポルトガル人記者が“欧州移籍”に太鼓判「通用する」「驚かない」
森保一監督率いる日本代表は、現地時間20日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦ウルグアイ戦で2-2と引き分けた。衝撃の2ゴールを挙げたMF三好康児(横浜F・マリノス)は一躍脚光を浴びる存在となったが、現地取材したポルトガル人記者が三好の“欧州移籍”に「十分通用する」「移籍しても驚かない」と太鼓判を押している。
代表初先発の22歳アタッカーが鮮烈なインパクトを残した。17日のチリ戦(0-4)で途中出場し、ウルグアイ戦では4-2-3-1システムの右サイドハーフで先発を飾った三好が出色のパフォーマンスを見せる。
前半25分、MF柴崎岳(ヘタフェ)のパスを受けた三好が右サイドから持ち運ぶと、相手を翻弄する華麗なドリブルから強烈な一撃をネットに突き刺して代表初ゴールをマーク。日本に先制点をもたらし、会場を大いに沸かせた。
さらに1-1で迎えた後半14分、DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)のクロスをGKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)が弾き、嗅覚を発揮した三好が詰めて日本が再びリード。その後に追いつかれて2-2ドローに終わったが、三好は2ゴールでマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。
海外メディアがこぞって三好を称賛したが、ポルトガル紙「A BOLA」の記者であるジョアン・モレイラ氏も衝撃を受けた1人だ。
会場でそのプレーを見ていた同氏は感銘を受けた様子で、「今日の三好のパフォーマンスが、彼のなかで“ベスト”だったのかどうかは分からないけど、今夜の2ゴールで鮮烈なインパクトを与えたのは間違いない」と絶賛。そのうえで、三好の“欧州移籍”について次のように持論を展開した。
ポルトガル人記者がお墨付き 「例えばポルトガルのクラブに移籍しても…」
ポルトガル紙「A BOLA」の記者であるモレイラ氏【写真:Football ZONE web】
「三好の技術レベルであれば、例えばポルトガルのクラブに移籍しても十分通用するし、欧州クラブに移籍しても驚かない」
ポルトガル紙の記者であるモレイラ氏は、三好のハイパフォーマンスを受けて、母国リーグでも十分通用するとお墨付きを与えている。また「この日の日本代表であれば、全員が欧州でプレーしていると言われても不思議には思わないだろう。誰もが欧州でやれるだけのクオリティーを見せていた」と続けた。
一夜にして「MIYOSHI」の名前は世界に轟いたなか、2ゴールに「衝撃を覚えた」というポルトガル人記者は、三好に“欧州移籍”の可能性を感じ取ったようだ。
Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190623-00198888-soccermzw-socc

続きを読む

クロップの“監督人生最高のゴール”は香川真司のゴール!

名将クロップが“監督人生最高のゴール”に香川の一撃を選出 「計画通りの完璧なイメージだ」
自叙伝でドルトムント1年目の香川が決めたゴールを振り返る
リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督の自叙伝『ユルゲン・クロップ』が、このほどイングランドで販売が開始された。2014-15シーズンまでドルトムントを率いた稀代の名将が、「監督人生最高のゴール」に日本代表MF香川真司のドルトムント1年目の一撃を挙げ、話題になっている。地元紙「リバプール・エコー」が、「クロップ~完璧なゴール、計画遂行、そして愚かなミスについて」と特集している。
クロップは2010-11シーズンの第6節ザンクトパウリ戦(3-1)で生まれた決勝弾を、監督人生における「完璧なゴール」と振り返っている。主役は香川だった。
1-1で迎えた後半5分のことだった。元パラグアイ代表FWルーカス・バリオスが相手DFのパスを奪い突進。相手DFと1対1を仕掛けながら、スペースに巧みなパスを出すとドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが反応する。ゲッツェはタッチライン際までボールを持ち込み、クロス。これに最高のタイミングで飛び込んだのは香川だった。右足でゴール左隅にダイレクトで決勝弾を叩き込んだ。香川にとってはこれが、シーズン4点目となる一撃だった。
「この瞬間に起きた以上に、ペナルティーエリアに自分の選手が4人も良いポジションに位置取りすることはありえない。組織立った攻撃の場面で、少なくとも3人はエリア内にいてほしい。願わくは、相手のペナルティーボックス内に4人、そしてエリアの近くには少なくともあと2人は必要だ」
完璧な位置取りで「ゴールの隅にパス」
高い位置でボールを失った直後に高速プレスをかけて相手から奪い返し、その勢いのままショートカウンターを仕掛ける独自の戦術「ゲーゲンプレス」の使い手であるクロップ監督は、このザンクトパウリ戦の2点目で、フィニッシュの場面でエリア内にいた4選手のポジショニングの素晴らしさを振り返っている。
「ゲッツェはゴールの右でボールを受けた。そして、ゴールラインまで突進し、ペナルティースポットには(ケビン・)グロスクロイツが立っていた。彼はシュートを打つこともできたが、そうしなかった。おとりになったんだ。なぜなら、それが我々のゲームプラン通りだったんだ。ケビンがシンジにシュートを打たせた。ゴールの隅にパスしたんだ」
香川の兄貴分で、現在シュツットガルトでプレーする元ドイツ代表MFケビン・グロスクロイツが、ゲッツェからのクロスを巧みにスルーした。グロスクロイツはこの試合で先制点を決めており、2点目も狙えるシーンだったが、指揮官の指示通りにあえてスルー。そして才気溢れる当時21歳の香川が、ゴールの隅にパスをするような正確さで決勝弾を決めたという。
「もしも、シュートがポストを叩いていても、ベンダーが押し込めるように待っていた。それも計画通りだ。完璧なイメージだ」と指揮官は、この一連の攻撃シーンを振り返っている。
香川を輝かせたクロップとの師弟関係
香川とクロップ監督の師弟関係は有名だ。2012年夏にドルトムントからユナイテッドに移籍した際には、抱き合いながら号泣したことを指揮官は明らかにしていた。そして、ユナイテッドでベンチを温める苦境を目の当たりにすると、「心が張り裂けそうだよ」とも語っていた。
リバプール就任2年目でプレミア屈指の強豪に引き上げようとしているクロップの愛弟子は、ドルトムントと日本代表でよもやの苦境に直面している。名将の眼鏡の奥には、“監督人生最高のゴール”の主人公となった香川の現状は、どのように映っているのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161017-00010007-soccermzw-socc

続きを読む

ウルグアイ戦2発!三好康児が欧州移籍が秒読み!?


南米王者を目指してガチンコ勝負が繰り広げられている南米選手権(コパ・アメリカ)。強豪ウルグアイから2ゴールを奪った日本人選手が、横浜MでプレーするMF三好康児(22)である。
2020年東京五輪世代の三好が、レアル移籍で注目のMF久保を“ベンチに追いやって”右MFで先発すると序盤から持ち味の<スピードに乗ったドリブル><俊敏な身のこなし>で相手ゴールに迫っていった。前半25分、味方からのロングボールを受けて利き足ではない右足で先制点をゲット。後半14分には、巧みなポジション取りからコボレ球に反応。左足でゴールに押し込んだ。
「U―16代表の主軸として、13年U―17W杯の出場権獲得の原動力になるなどキレ味鋭いドリブル突破を武器に頭角を現した。川崎から、出場機会を求めて18年はJ札幌に、19年は横浜Mにレンタル移籍。
Jリーグでのプレーを通して、着実にレベルアップしている。ウルグアイ戦での2ゴールで欧米のスカウト陣の目に留まるだろうし、10代から世界を意識してプレーする三好なので20年東京五輪後、欧州クラブに引き抜かれるでしょう」(サッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏)
日刊ゲンダイ 公開:19/06/23 06:00 更新:19/06/23 06:00
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/256747

続きを読む

ソンフンミンはドルトムントと相性が良すぎる件!


ワールドクラス”ソン・フンミン、「ワールドベストに選定されるべき」=BBC
ソン・フンミンは、0-0で迎えた後半2分、ヤン・フェルトンゲンのクロスに反応。ゴールネットを揺らした。
このゴールでソン・フンミンは、ドルトムント戦の通算11試合で9ゴール目、直近プレミアリーグ3試合の連続ゴールに続き4試合連続ゴールを決めた。
現地メディアは、ソン・フンミンの活躍に大注目。BBCは「ソン・フンミンはヨーロッパで最高の選手の一人で、ワールドクラス。ワールドベストに選定されるべき」と称賛した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000007-wow-socc

続きを読む

「ウルグアイの猛攻によく耐えた!でも、ドローで悔しくないのか?」byセルジオ越後

2ゴールの三好は今日のヒーローだ。

防戦一方の展開で少ないチャンスをモノにして、最後の最後まで耐えきった。シュート本数はウルグアイが29本で日本が12本。数字からも分かる通り、本気のウルグアイに攻め込まれながらも、よく勝点1を獲れたよね。

2ゴールの三好は今日のヒーローだ。25分にはドリブルから強烈な先制点を突き刺したし、59分にはゴール前のこぼれ球を押し込んで追加点も決めた。前回のチリ戦で決定力不足に泣かされた日本にとって、まさに「砂漠の水」みたいな選手だよ。
54分にはカバーニに最終ラインの裏を突かれたけど、川島は1対1で見事なビッグセーブを見せたね。何度もクロスを放り込まれながら、守備陣はよく撥ね返していた。空中戦に関して言えば、特にボランチの板倉が効いていたよ。
最前線では岡崎が身体を張って、献身的にプレスをかけて奮闘していた。ただし、チャンスがあったのにゴールを決められないようでは、ストライカーとして評価できない。岡崎と最前線でコンビを組んだ安部も、思うようにプレーできなかったんじゃないかな。柴崎もバランサーとしては良かったかもしれないけど、2試合連続スタメンで少し疲労感があったように映る。
同じく2戦連続で先発した中島は、ちょこちょこドリブルしているけど、相手に囲まれたら終わり。はたくべきところはシンプルに味方に預けないと。実際、2ゴール目のシーンでは、左サイドでオーバーラップをした杉岡を簡単に使って、クロスを上げたこぼれ球を三好が詰めて得点につながった。プレーを楽しむ考え方かもしれないけど、ほとんどボールを取られているようでは、ダメだ。良いプレーはあったんだから、改善しないとね。
やっぱり、2回もリードしたのに、追いつかれたのは悔やまれるよね。1失点目はVARによってPKを取られてしまったけど、ブロックに入った植田は完全に足の裏を見せていた。あれでは、PKとジャッジされても仕方がない。2失点目ではCKで冨安がヒメネスに競り負けてしまった。
2-2になってから投入された上田と久保は、押し込まれた時間帯での投入だったから難しかったかもしれないけど、ほとんどボールに触れなかった。タイスコアからもう一度勝ち越したかっただけに、残念だ。
6/21(金) 17:58 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190621-00060426-sdigestw-socc

続きを読む

【香川真司タッチ集!】途中出場で決勝弾の起点に!ベシクタシュ3連勝!


現地時間15日、トルコ・スュペル・リグは第22節が行われ、香川真司の所属するベシクタシュは敵地でマラティアスポルと対戦した。
香川の加入後、2連勝で3位に浮上したベシクタシュ。4位マラティアスポルとの上位対決に、香川はベンチからのスタートとなった。
立ち上がりから上位対決らしい拮抗した試合展開の中、地力で上回るベシクタシュが徐々にチャンスの数を増やしていく。決定機は30分、右サイドを抜けたブラク・ユルマズの折り返しを、ゴール前でアデム・リャイッチが受ける。しかし、トラップを浮かしてしまい、放ったボレーはGKに当たってゴール左へと外れる。
39分には、試合の大勢を左右する出来事が起こる。レンスに対して後ろから足をかけたアデム・ビュユクにイエローカードが提示されるが、ここでVARが発動。よく見ると足裏で故意に蹴っており、レッドカードへとジャッジが変更される。
これで数的優位を得たベシクタシュは、スコアレスのまま迎えた後半、立ち上がりから積極的にマラティアゴールへと攻め込んでいく。49分、ジャネル・エルキンの左CKがニアサイドでそらされ、ゴール前のアティバ・ハッチンソンが押し込んで攻勢のベシクタシュが先制する。
そして62分、ギュヴェン・ヤルチュンに代わって香川が投入される。さらにリードを広げることが期待されたが、直後にマラティアスポルが同点に追いつく。65分、素早いリスタートでロングパスに抜け出したオメル・シシュマノールが一瞬の隙を突いてネットを揺らした。
まさかの同点に追いつかれたベシクタシュは68分、レンスに代えてリカルド・クアレスマを投入。すると直後の70分、香川のパスを左サイドで受けたエルキンのクロスを、ニアサイドのリャイッチが流し込んで勝ち越しに成功する。しかしリャイッチは喜びのあまりゴールパフォーマンスでコーナーフラッグを折ってしまい、イエローカードを貰ってしまう。これにより次節フェネルバフチェとのダービーを欠場することに…。
勝ち越しゴールに絡んだ香川はその後もトップ下の位置で比較的自由に動き回りながらボールを引き出し、攻撃のリズムを作り出していく。75分には、香川のサイドチェンジをエリア内左でフリーとなっていたクアレスマが受け、落としをリャイッチがシュートもDFがブロックした。
90分には、香川のサイドチェンジから、右サイドのクアレスマのクロスにゴール前フリーで合わせたのは香川。しかし、ヘディングはゴール右へと外してしまい、移籍後3ゴール目はお預けに。リードは広げられなかったものの、ベシクタシュは1点差を守り切り、香川加入後3連勝を飾った。
■試合結果
マラティアスポル 1-2 ベシクタシュ
■得点者
マラティアスポル:シシュマノール(65分)
ベシクタシュ:ハッチンソン(50分)、リャイッチ(70分)
2/16(土) 4:29配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00010000-goal-socc

続きを読む

まさにチート!メッシ、11年連続で30ゴール達成!


バルセロナのFWリオネル・メッシが、11シーズン連続で公式戦30ゴール超えを達成した。
現地時間16日、バルセロナはリーガエスパニョーラでバジャドリーと対戦し、1-0の勝利を収めている。メッシは終盤にPKを外してしまったが、前半のPKは決めており、これで今季公式戦30得点を達成。同選手の30ゴールは11年連続のことだ。
31歳となった今も圧倒的な存在感を放つメッシは、今季リーグ戦で22得点を記録。チャンピオンズリーグで6得点、スペイン国王杯で2得点を決めている。
ただし、メッシにとって30ゴールは通過点。2009/10シーズン以降9年続けて40ゴール超えを達成しており、今季もさらなる活躍に期待できそうだ。
2/17(日) 8:24配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190217-00309796-footballc-socc

続きを読む

【動画】明らかな誤審!?サンフレッチェ広島の“幻ゴール”に海外メディアも疑問符…


薄氷を踏むような戦いぶりで、なんとか本戦に辿り着いた。
2月19日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフが開催され、サンフレッチェ広島は本拠地にチェンライFC(タイ)を迎え、一発勝負に臨んだ。終始主導権を握ってチャンスを掴みながらも、広島は前半にあったPKを外すなどなかなか均衡を破れない。0-0のまま延長戦を終え、かろうじてPK戦を4-3でモノにした。3年ぶりのACLグループリーグ参戦である。
動画【AFC公式】広島vsチェンライ戦のハイライトはこちら。だが問題の119分のシーンは…

とはいえ、広島サイドにしてみれば釈然としないだろう。延長後半の119分、パトリックのゴールが“幻”と消えていたからだ。
柴﨑晃誠が放ったシュートが相手DFにディフレクトし、ゴール前のパトリックの元へ。ブラジル人エースがこれを難なく押し込んだが、オフサイドとジャッジされてノーゴールとなったのだ。だがこれがかなり微妙なタイミング。納得がいかない広島の選手たちが副審を取り囲んだが、結局判定は覆らなかった。
このシーンを大きく取り上げたのが、世界的ネットワーク『Fox Sports』アジア版だ。「広島は何度もゴールを奪うチャンスがありながら決め切れず、みずからゲームを難しくした」と評しつつ、「ただあのゴールが認められなかったのは誤りだ。パトリックは間違いなくオンサイドだった」と論じた。「見よ! これがオフサイドだろうか? 明らかな誤審である」と記し、問題の場面を動画付きで紹介している。

同メディアはさらにPK戦をレポート。「チェンライにとって波乱を起こす千載一遇のビッグチャンスだったが、経験値で上回る広島が落ち着いてこれを制した」と伝えた。もしPK戦で敗れていたら……。バーレーン人審判団だっただけに、またしても“中東の笛”と波紋を広げたかもしれない。
不格好でもJリーグ勢の意地を見せ、川崎フロンターレ、浦和レッズ、鹿島アントラーズとともに本戦に駒を進めた広島。グループFでは広州恒大(中国)、大邱FC(韓国)、そして本田圭佑を擁するメルボルン・ヴィクトリー(豪州)と同居することとなった。
2/20(水) 5:12 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=54350

続きを読む